rAndom International

Audience

Audience - rAndom International 8

source: random-international
Mounted on small metal feet, the horde of mirrors are clearly mechanical yet the demeanour of their movement gives a sense of abstracted, human-like behaviour making them appear oddly anthropomorphic.
Through simple pan and tilt gestures akin to turning one’s head, the mirrors convey individual characters but when a person approaches, they all turn to face the visitor in one inquisitive, synchronised gesture. Reflected in every mirror, the onlooker becomes the subject of their own gaze and that of the artwork.
.
.
.
.
.
.
.
source: pacegallery
Random International is a collaborative studio for experimental practice within contemporary art. Founded in 2005 by Hannes Koch and Florian Ortkrass, the studio now includes a larger team in London and Berlin. Questioning aspects of identity and autonomy in the post-digital age, Random International’s work invites active participation. Their work Rain Room—a large-scale environment of continual, responsive rainfall—has been exhibited at Los Angeles County Museum of Art (2015); Yuz Museum, Shanghai (2015); Museum of Modern Art, New York (2013); and London’s Barbican (2012). The studio’s work formed part of the Lichtsicht Biennale (2015), Ruhrtriennale (2013), and Moscow Biennale of Contemporary Art (2011). Solo presentations of their work have been exhibited at Lunds konsthall, Sweden (2014) and Carpenters Workshop Gallery, Paris (2012). Their work is in the collections of MoMA, LACMA and Victoria & Albert Museum, where their Swarm Study III is on long-term display.
.
.
.
.
.
.
.
source: cbc-net
《Pixelroller》以降、本格的にスタジオとして始動後、復数の鏡が一斉に鑑賞者の方に向く《Audience》や、非物質的である”時間”を光の動きで表す《Study Of Time / I》など、一貫して人間や物理現象そのものに対する興味から、2D の画面だけで完結する作品はつくらず、インタラクションとフィジカリティを伴ったキネティック作品やインスタレーションを多く制作してます。その作品が物理現象に由縁するものであるかないかに関わらず、僕らの作品とその鑑賞者がどのように振舞うのかが最大の楽しみだったりします。

イギリス、ロンドンに拠点を置くアート・スタジオ rAndom International。クオリティの高いインタラクティブ・インスタレーションを多く制作しているアーティスト・グループ だ。2012年にロンドンにあるヨーロッパ最大の総合文化施設バービカン・センターで発表された大規模なインタラクティブ・インスタレーション《Rain Room》は、「雨の中を濡れずに歩くことが出来る部屋」という、この字面だけ見るととんでもない作品。この作品は地元ロンドンではかなり大きな評判を呼んだらしく、なんと作品を体験するのに「7時間待った」というブログ記事まで発見した。

rAndom Internationalは、日本ではまだ United Visual Artist や Troika ほどの知名度はないスタジオであると思うが、地元ロンドンでは非常に注目されているグループである。そして、このスタジオにはSatoru Kusakabe(※以降 クサカベさん)という日本人デザイナーが1人在籍している。以前から個人的にスタジオのことや、この日本人デザイナーの彼が非常に気になっていて、今回ロンドンに滞在する機会があり、クサカベさんにアポを取りrAndom Internationalのスタジオに訪問しインタビューを敢行。rAndom Internationalやクサカベさんの仕事について、ざっくばらんに話を聞いてみた。