JENNY HOLZER

珍妮•霍尔泽
ג’ני הולצר
ジェニー·ホルツァー
제니 홀저
Дженни Хольцер
all fall

Jジェニー・ホルツァーは1950年米国・オハイオ州生まれ。現在NY州在住。 70年代後半より自作のテキストを使用した、様々なメディアの作品を発表しています。その中でもLEDを使用した表現が代表的です。 使用されるテキストは、格言的で、として暴力的で過激にも感じられ、多様な現代社会の状況を反映しているといえます。本展ではホルツァーの代表的な表現方法であるLEDを使用したインスタレーションと、モノクロームの写真作品を展示します。 インスタレーションは、84個もの小型のLEDサインがミニマルに配置され、それぞれ同じ内容のテキストが反復していきます。文字が間に反響するかのように、暗闇の中を増幅していくイメージを醸しだし、言葉の表現だけでなく視覚的にも非常に迫力のあるプレゼンテーションとなります。

JEPPE HEIN

回転ミラーオブジェクトII
壁に取り付けられたミラーリングされたオブジェクトは、中心軸を中心にゆっくりと回転し、周囲の壁にさまざまな光の状態を反射します。それぞれの動きで、ミラーリングされた表面は天井、床、壁のセクションを反映します。その結果、オブジェクトは、反射された断片の絶え間なく変化する組み合わせによって部屋が永続的に再構築されたかのように、空間のばらばらな知覚を作成します。線、色、形の抽象的な構成は、万華鏡を通しての眺めを彷彿とさせます。

WOW INC

Bakeru
作品について
東北に古くから伝わる祭りや伝統行事をモチーフにした体験型の映像インスタレーション作品。この作品では、人間以外の存在に“化ける”という不思議な行為を、インタラクティブな映像表現によって体験できる。「なまはげ」「鹿踊」「加勢鳥」「早乙女」の4種類の伝統行事をモチーフにし、WOWの解釈を加えてビジュアライズした。スクリーンの前でお面を付けると、自分のシルエットがそれぞれの姿に変化して、その行事が人々にもたらす恵みがアニメーションで映し出される。自分以外の存在、人間以外の何者かへと“化ける”という不思議な力を、楽しみながら体験する試み。東北の風土が生んだ伝統文化に、まったく新しい表現を通して触れてもらうことで、その価値を次の世代へ受け継いでいきたいという願い込めた作品。

teamlab

チムラボ
soft black hole

人が触れることができるところのすべてが、沈み込むほど、やわらかい空間。空間は真暗で、床と壁の境目はない。人々が作品空間に入ると、空間自体が、人々の身体の重さに影響を受け変化する。そして、人々の身体は、変化する空間に影響を受ける。人々は、互いに作品空間を通して、それぞれの影響を受け合う。
あなたの身体は空間を変化させ、そして、その空間は他者の身体を変化させる。

EXONEMO

BODY PAINT
SERIES
私たちスマートフォンに夢中になっている同時代の人々にとって、いつでもどこでもインターネットに接続することは、私たちの人を完成させることです。この作品は、ボディペインティングを使用して、ネットワーク化された情報デバイスの世界で、私たちの物理的な定義、私たちの身体性を調べます。
このポートレートシリーズの各作品は、画面上の人間の被写体を除いて完全に同じ色で塗装されたLCDに表示された、ヌード、剃毛、および完全に単一の色合いで塗装された人物を特徴としています。これらの境界線が消され、背景と前景が人体と電子ディスプレイ体であり、それぞれが同じ色の絵の具で覆われているため、主題は曖昧さと混乱の感覚になり、かどうかの定義の疑問になっていると言えます。描かれている個人は人間または表現です。
これらの形式的な側面とは別に、この作品はメディア内の「存在」の問題も扱っています。人体にはかなりよく理解されている長寿の地平線がありますが、データ、ペイント、アートの長寿の地平線はまだ議論の余地があります。ボディアート、フィギュラティヴペインティング、メディアアートの複数の時間スケールは、作品が現在と存在自体に関する共通の基盤を模索しているときに互いに関与します。

g. mazars

the un-built
提案は、エル・リシツキーのさまざまな作品を反映した記念碑を設立することです。目的は、3次元構造で空間と奥行きの概念を知覚できるようにすることです。このシステムは、空虚さ、深さ、投影を明らかにするためのツールになります…
最初に、このシステムは不在、言い換えれば未構築を明らかにすることを提案します。ウォルケンブルーゲルはエルリシツキーの最も有名なプロジェクトの1つですが、残念ながら身体的な症状はありません。このプロジェクトは、wolkenbrugelのサイズに一致する3次元の直交グリッドで構成されています。次に、成形の方法で差し引くことにより、物理的にそれ自体を再構築することなく、エル・リシツキープロジェクトの空間的存在を再構築します。架空のプロジェクトは見えないが知覚できるままです。この刻印から、記念碑の仮想投影を完了するのは訪問者の想像力です。
夜になると、光のネットワークがウォルケンブルーゲルの仮想輪郭を明らかにします。構造全体に分布する輝点は、招待されたアーティストの介入を動的にサポートするものでもあります。
2番目のステップでは、フレームはグラフィックラインのステージングの構造的サポートです。エル・リシツキーが最もよく使う色である赤く塗られたさまざまな構造要素が、それぞれの視点に応じて独自のグラフィック構成を作成します。一緒に空間に配置されたこれらの赤い線は、さまざまなグラフィック構成を形成します。変位によって、訪問者はこれらの構成を構築および分解し、深さを表示します。これらの赤い線はスペースを定義します。

MARIN MAGUY

Маги Марин
マギー・マラン
Cendrillon
「1985年に作成されたマギー・マランによるこのシンデレラは、振付師の現在の創造物(過激で献身的)を見ると驚くべきものです。これは確かに必ずしも妖精ではありませんが、光景と不思議の側面を想定した物語です。シンデレラは幼稚な世界で巨大な人形に変身したキャラクターを作成します(プリンスチャーミングはロッキングホースで彼の美しさを求めます)。ダンサーは全員、顔をハードマスクで覆っているため、表現ができません。ただし、ステージ上の各キャラクターは不穏な方法で生きているこれらのパフォーマーは、それぞれの動きが強い意図を持っている栄養のある身体言語を通して彼らを生き返らせます。この作品がその期間に完全に刻まれているのは彼らと彼らを通してであり、パフォーマーがそれを呼吸している限り生命を見つけます彼らの人形のキャラクターに。
したがって、このシンデレラから発せられる香りは常にとても気がかりです。私たちは幼稚な世界にいますが、悪夢は決して遠くにはありません。二人の姉妹は、人形のファンタジーが生き返るホラー映画からほとんど出てくるでしょう。オーレリー・ガイヤールによって繊細に踊られたシンデレラは、最初の行為に甘さと空想をもたらすことによってバランスを取ります。その瞬間、幼稚な世界が点線で描かれています。私たちは巨大なプレイルームのようですが、2つの界の間にある幻想的で夢のようなものです。しかし、このフェアバランスはロングボールシーンには現れなくなりました。ここでは、音楽が止まり、幼稚なせせらぎの余地ができます。すべてのキャラクターが遊び場のように演奏します。そして、さまざまな読書グリッドが消える2度目は、子供向けのシンプルな眼鏡の前にいるだけの印象を残します。ここでは、大人はもう自分自身を見つけることができません。」AmélieBertrand

NOBUYUKI HANABUSA / ENRA

primitive

「この新しい作品は、原始的な生物、微生物、ウイルスを象徴しており、彼らにとっては意味がないように見える彼らの生活のダイナミクスを表現しています。」 「エンラのパフォーマーは非常に才能のある武道家、ジャグラー、ダンサーであり、それぞれが私たちの作品で独自の専門性を示しています。」 「最終的なビデオは、プロジェクターを介してスクリーンにビデオを投影することで簡単に実現できます。 グループは、グラフィックと同期して体の位置を維持し、繰り返し練習することでこれを完成させます。」 花房信行