Yugo Minomo

《time in space, space in time》は、エッジ(辺)とジョイント(頂点)を組み合わせることでリアルタイムに変形する構造体を作る体験型作品である。

エッジは、自動で伸び縮みを繰り返す「自動伸縮エッジ」、体験者が好きな長さに調節できる「固定エッジ」、および2つのジョイント間を受動的に繋ぐ「自由エッジ」の3種類から構成される。エッジとジョイントが磁力で接合することで、体験者は直感的に形状を組み立てることができる。そして、自動伸縮エッジが構造の中に組み入れられることで、作成した形状に変化が加わる

Andrius Arutiunian

The Irresistible Powers of Silent Talking
サイレントトーキングの魅力的な力は、自動化された欺瞞検出システムとその国境監視への使用を調査する施設です。これは、EUに入る移民の顔の微妙な表情をスキャンするために開発されたiBorderCtrlアルゴリズムに基づいています。仮想アバターが最初に人にインタビューした後、iBorderCtrlは、非公開の一連の基準を使用して、その信憑性のレベルを決定します。基本的に、それは真実または欺瞞についてのアルゴリズムの仮定に基づいて決定を下します。

TEIJI FURUHASHI

古橋悌二
Dumb Type
Lovers
360 VR Video

情報化による全自動的な資本主義社会のなかで、制度により規制された私たち現代人の身体と愛の在り方を静謐に表した映作品です。作者の古橋悌二は、京都を拠点として1984年に結成されたアーティスト集団「ダムタイプ」の中心メンバーとして活躍し、1995年にHIV感染のため他界しました。
≪LOVERS≫は1994年に発表された後、幾度かの改訂を経ていますが、本作は、2001年のせんだいメディアテーク開館記念展に際してダムタイプの高谷史郎氏が再現制作したもので、当館の寄託作品となっています。現在、ニューヨーク近代美術館(MOMA)に収蔵されているもの以外では唯一展示可能な状態として残る作品です。なお、仙台で12年ぶりの公開となる今回は、2001年の際には省略された部分も再現し、オリジナルに近い仕様で公開します。

Allen Glatter

彫刻は、空間を移動する単一の閉じた連続した偏心線を明確に表現します。
線の動き、速度、軌道は、アーティストが振り子を使用してスタジオで作成したドローイングによって通知されます。 これらの図面は、CADベースのソフトウェアを使用して、彫刻の作成に使用されるショップ図面に転記されます。
グラッターのアルミニウム彫刻は、視点に応じて優雅にうねり、根本的に反ります。 彫刻は、音楽理論に基づいて自動描画を行うためのビクトリア朝時代の装置である、アーティストのハーモノグラフの描画を参照しています。 ビクトリア朝のポップテクノロジーと洗練された超近代的な素材の融合は、概念的に厳密な一連の作業をもたらします。

CHRISTOPHER DANIEL

كريستوفر دانيال
克里斯托弗·丹尼尔
כריסטופר דניאל
Кристофер Дэниел
California Roll House
その極端な環境に自己適応する構造、韓国の練習暴力的なボリュームによってプレハブの「カリフォルニアロールハウス」は最新のものを使用します
周囲の砂漠で快適な雰囲気を維持するための持続可能な技術と機械化されたシステムで。 カーボンファイバートラスフレーム
システムは不規則なラッピングフォームをサポートし、軽量で強力なスケルトンを提供し、その上に頑丈な外部シェルが取り付けられて、
強烈な太陽。 透明なガラスパネルは、太陽の角度に応じて不透明度を自動的に変更し、夜間の涼しさを吸収し、日中を拒否します
ソーラーゲイン。 次に、屋根要素が中庭に変わり、水圧で入ることができる平らな人工地表面を提供します。
家の内外で唯一のドアであり、すべてのスペースにサービスを提供する電動ドア。 インテリアカーテンは、天窓でプライバシーのために部屋を細分化します
余分な光のために。

BOT & DOLLY

box
Bot&Dollyは、自動化、ロボット工学、映画製作を専門とする設計およびエンジニアリングスタジオです。 クリエイティブメディアとしてモーションコントロールと自動化を推進し、他の人が同じことを行えるようにする世界クラスのツールを構築することが私たちの使命です。 当社の技術の中核は、6軸産業用ロボットの正確で表現力豊かな制御を提供する統合ソフトウェア/ハードウェアプラットフォームです。 このコアプラットフォームに加えて、プロトタイプから製造までのクリエイティブプロセスをサポートするために、IRISなどの業界固有のツールセットを提供しています。 これまで、私たちのツールは長編映画、全国テレビ広告、ラスベガスのショー、大規模なアートインスタレーションで使用されてきました。 次にどこで使用されるかを夢見ています。

JONPASANG

hyper-matrix
vertical kinetic landscapes

jonpasangによる「ハイパーマトリックス」垂直運動風景 ソウルを拠点とするメディアアート集団のジョンパサンは、韓国の現代自動車グループの展示パビリオンのために、クリエーター「ハイパーマトリックス」の動的な垂直景観インスタレーションを持っています。 展示会は、建物の内部ファサードを構成する何千もの30x30cmの立方体で構成されています。 個々のボリュームを制御する統合ステッピングモーターをサポートするために、鋼製の基礎が開発されました。 軽量ブロックのコレクションが構造物の表面から突き出て、事実上無限の一連の構成を作成します。 ピクセルが部屋を一掃するとき、音は聴衆と周囲の空間との間の壮大な相互作用の感覚を呼び起こします。 波のパターンが内部環境全体に波打つと、追加のデジタルマッピング効果が表面を覆い、パフォーマンスの次元を視覚的に強化します。