MAKOTO SEI WATANABE

K-Museum Tokion
渡辺誠が設計した共同溝展示館です。 これは、このような美しい建物を設計するための驚くべき作業の複雑さの完璧な例です。 多くの家はシンプルでミニマルなデザインに関連していますが、多くの美術館、大学、アートギャラリーなどは、K-Museumと同じくらい複雑です。 日本の建築家は、このような畏敬の念を起こさせるが安全なデザインを作るために無限の時間を費やしています。 このような建物は、現代の日本建築の実行に注入された進歩と技術的卓越性のレベルへの賛辞であり、未来の方向にうなずくことができます-イノベーションがこの指数関数的な改善の道をたどり続けるならば、 創意工夫と機能のレベルは時間とともにエスカレートします。

TUNDRA

ハイパージャンプ
「ハイパージャンプ」は、サンクトペテルブルク州立大学の学習スペースとして現在再建されている旧ファーストカデッツ隊のホールの1つのサイトスペシフィック作品として作成されました。 19世紀のホールには、ソビエト時代にここに建てられたバスケットボールコートのある運動場があります。「ハイパージャンプ」は、この逆説的な組み合わせによって設定されたアイデアを探求します。バスケットボールコートは、人間の合理性の象徴である古典主義時代の建築とともに、自然から得た身体性を表しています。