Teamlab

Moss Garden of Resonating Microcosms
チームラボは色の概念を更新することを試みている。Ovoidは「固形化された光の色」と名付けられた新しい概念の色、61色で変化していく。コケ植物は、陸上にはまだ生物のいない、岩と砂ばかりの世界に現れた、はじめての陸上生物だと言われている。コケ植物やシダ植物が現れて森ができたことにより、陸上にさまざまな動物も住めるようになっていった。生物は、細胞内部における水が欠かせないため、体の水分が足りなくなると死んでしまう。これに対し、コケ植物は、周囲の湿度の変化により細胞内の含水率が変動する変水性という特殊な性質から脱水耐性を持ち、乾燥状態で長期間死なず、水が与えられれば生命活動を再開する。コケは、変水性であるため、空気が乾燥している時と、雨や靄があるなど濡れている時で、色も姿形も大きく変化する。苔の間に生活しているクマムシも、周囲が乾燥すると、無代謝の休眠状態である乾眠状態になり、活動を停止するが、水が与えられると復活し活動を開始する。生命活動はないが死んだわけでもないクマムシのこの状態は,「生」でも「死」でもない第三の生命状態としてクリプトビオシス(cryptobiosis「隠された生命活動」の意)と呼ばれる。生命とは一体何なのかと考えさせられる。

IAN CHENG

ボブ
チェンの作品は、突然変異、人間の意識の歴史、そして変化に関係する種としての私たちの能力を探求しています。チェンは、ビデオゲームのデザイン、即興、認知科学の原則に基づいて、ライブシミュレーションを開発しています。これは、自然界に見られる容赦のない因果関係に従って、行動ドライブでプログラムされているが、権威の意図なしに自己進化するエージェントが住む、無期限の仮想エコシステムです

TAIYO KIMURA

Sleep Walkers
木村太陽の作品世界は「批判」という言葉に端的に象徴されるのではないでしょうか。誤解されがちですが「批判」とは決して何かを悪く言うとか、否定的であることを前提としてはいません。むしろ、省察や精査を重ねることでより良い可能性を模索しようとする、極めてポジティブな態度です。
その意味で木村太陽の批判の対象となるのは、因習やシステム、自然や人間の生理と政治性の関わりなど、我々自身を取り囲む日常の些細な事象で、愚直なまでに根気の要る作業を積み重ねる制作プロセスは、大いなる回り道を辿るかのようです。そして個々の作品の仕掛けやギミックは、真摯でありながら、とてもユーモラスでシャイにすら感じられます。
それは、木村が威圧的で教条的な視点に立つことや、意味ありげな態度をとることを忌避しているからに他なりません。このことは、コンセプチュアルアートやミニマリズムそのものへの批判でもあり、こうした「批判の入れ子状態」こそが、木村太陽のアーティストとしての在り方を、独自のものにしています。

Adam Putnam

Stilts
その感覚の多くは不明瞭ですが、パトナムの作品が生み出すより衝撃的な感覚と並んで、そしておそらくそれを超えて残っています。 この意味で、衝撃は劇場のセットやイメージに直接具体化されますが、より静かに不安定化することは述べられておらず、場所を特定することもできません。 彼の作品のこれら2つの一見相反する側面の関係は、おそらくここで最も強力なものです。 パトナムが言う不安なことの中には、郷愁と子供時代の世界はセクシュアリティと欲望の世界から切り離せないというものがあります。 地下室の内外を問わず、2つの世界は、時には美しいが、しばしば厄介な方法で衝突し続けます。

 

ANA REWAKOWICZ

Inflatable suit
コミュニケーションに関する公的および私的な談話の中で、カンバセーションバブルの作品は、「合意」の異なる、時には不条理な考えと、それが個人、家族(グループ)であるかどうかにかかわらず、「同一性」に対する私たちの欲求が違いを受け入れることに不寛容を生み出す可能性があることを指摘しています または社会的に政治的なレベル。 私の作品は、人間性の一部であるこの対立について言及しています。 2006年にニューヨーク州のOMIインターナショナルアーティストレジデンシーで最初に演奏され、2008年にノルウェーで演奏された会話バブルは、5人用のインフレータブル構造を備えています。 いつでも、5人の参加者が同じ空気を吸いながら、膨張可能な泡の共通の空間を共有しています。 彼らの頭は自由に動くので、彼らの体の残りはビニールの2つの層の間に挟まれます。 誰も自分の意志で離れることはできず、公演の期間は、それを終了するための5人の合意に依存します。

Brenna Murphy

Liquid Vehicle Transmitter
アーティストのブレンナマーフィーは、彼女の迷路のような仮想空間を物理的な現実に重ね合わせる現実のフラクタル環境を作成します。
ポートランドを拠点とするアーティスト、ブレンナマーフィーは、彫刻、ゲームデザイン、インスタレーション、パフォーマンス、サウンド、インターネットに携わっており、人間の意識を結び付け、拡大するデジタルテクノロジーの能力に関心を持っています。マーフィーにとって、デジタルツールは、人間の経験の外にある異星人としてではなく、意識と認識を深める電子補綴物として機能します。迷路はマーフィーの実践における継続的なテーマです。彼女のインスタレーション、ウェブサイト、仮想環境は、放浪、移動、発見を促進する一連の連動スペースとして設定されています。彼女の作品で参照されている自然に発生する幾何学的形態のように、それらは展開構造の密な配列として互いに有機的に分岐しています。 YBCAでの彼女の展示会のタイトルであるLiquidVehicle Transmissionerは、マーフィーの作品の多くに見られる流動性をほのめかしています。
彼女の新しいインスタレーション、創発的な実体の聖歌の配列のために、マーフィーはさまざまなスケールで自己相似パターンを含む一種のフラクタルを設計しました。 3D印刷された彫刻、LEDライト、ライトボックス、木製のカットフォームの正確に構成された集合体から構築されたインスタレーションは、彼女の複雑で目がくらむようなインターネットベースの作品の実際のバージョンに似ています。マーフィーの仮想ビデオゲーム環境のように、創発的なエンティティのチャントアレイは、訪問者の空間と次元の両方の認識に基づいて再生され、意識の高い状態の探索を促します。
マーフィーは、彼女のアプローチにおいて深くポストヒューマニストであり、彼女の創造的なプロセスを、作品を制作するために使用されるツールとの直感的で調和のとれた関係を模索する瞑想の一形態と見なしています。彼女の複雑な形の配置は、彼女自身のエネルギーと視聴者のエネルギーに焦点を合わせ、それらを引き込みます。観客との調和のとれたつながりのこの感覚は、彼女がメンバーであるアートコレクティブ、MSHRおよびオレゴン絵画協会のアクティブな要素でもあります。

ANOUK VOGEL AND JOHAN SELBING

Johan Selbingはスウェーデンのリンシェーピングで生まれ、チャルマース大学、ストックホルム王立芸術アカデミー、オーフス建築大学で建築を学びました。 JohanSelbingとAnoukVogelは、庭園、公園、芸術作品、橋、家具、インテリア、小さな建物など、さまざまな国でさまざまなプロジェクトに協力してきました。 彼らの介入はしばしば本質的に詩的であると説明され、特定の場所の意味と経験を強めます。 さらに、彼らの実現した作品は、素材と職人技への強い関心を証明しています。

ALLORA & CALZADILLA

Аллора и Кальсадилья
Algorithm
彫刻、写真、パフォーマンス、サウンド、ビデオを通じて、AlloraとCalzadillaの作品は、概念的、比喩的、空間的な方法で、マークの作成、トレース、生存の問題から情報を得ています。 カップルとしての素材と比喩についての彼らの理解は非常に重要です。 彼らにとって、資料はその意味において単純に自明ではなく、問題の資料に一度に既約であり、不可分である歴史、文化、および政治で常にマークされています。 彼らの仕事におけるもう一つの繰り返しの比喩は、動物性の比喩と、人間の領域との不安定な関係です。 最近では、今日の世界的な戦争状態の中で軍国主義と音の相互作用を探求する一連の作品を作成しました。