TETSUYA ISHIDA

تيتسويا إيشيدا
石田哲也
테츠야 이시다
石田哲也

石田徹也は武蔵野美術大学を卒業した日本画家です。 彼の作品は、信じられないほどの才能と、おいしい批判的感覚を明らかにしています。 都市、技術、産業のシーンに強く影響を受けた彼は、現代社会に存在する窒息、苦悩、憂鬱の感情を可能な限り捉えませんでした。 彼の作品は、シュルレアリスムによる肖像画、痛みと鬱病の完全に悲観的な感情を反映しています。 石田徹也は、古典的なシュルレアリスム作品の特徴である想像上の強く抽象的なシナリオを作品から取り除き、しっかりとした線と提示されたテーマに強く存在する現実の文脈を挿入します。 残念ながら、彼は早死になり、2005年5月に鉄道事故で31歳で亡くなりました。 彼は素晴らしい芸術作品を残しました。それは再解釈するだけでなく、シュルレアリスムを更新します。この場合、これまで以上に現実的です。

TOMMI GRÖNLUND-PETTERI NISUNEN

液体図
展示スペースには12台の設置ユニットが並んでいました。各ユニットは、垂直ガラス管が取り付けられた、ステンレス鋼スタンド内の丸底フラスコで構成されていました。各フラスコは蒸留で約4分の1が満たされていました。抵抗コイルがフラスコ内の空気を加熱すると膨張し、水をガラス管に押し上げました。空気が加熱されているときに水位が上昇し、冷却されるにつれてゆっくりと水位が下がり始めました。

.

Flüssigkeitsdiagramm

Zwölf Installationseinheiten standen im Ausstellungsraum. Jede Einheit bestand aus einem Rundkolben in einem Edelstahlständer, der mit einem vertikalen Glasrohr ausgestattet war. Jeder Kolben wurde etwa ein Viertel mit destilliertem Wasser gefüllt. Wenn die Widerstandsspule die Luft im Kolben erhitzte, dehnte sie sich aus und drückte das Wasser in das Glasrohr. Der Wasserstand stieg an, als die Luft erwärmt wurde, und begann langsam zu fallen, als sie abkühlte.

FUJIKO NAKAYA

霧の彫刻
1970年、中谷は、芸術技術実験グループ(E.A.T)から、大阪万国博覧会のペプシパビリオンの作品を制作するよう依頼されたときに、最初の霧の彫刻を作成しました。建物を囲む白い霧の作品を制作するにあたり、中谷は霧を彫刻媒体として使用した最初の芸術家になりました。 E.A.Tは、アーティストとエンジニアの間の協力関係を促進することに専念している組織です。中谷はアメリカ人エンジニアのトーマス・ミーと協力して、大阪委員会の霧を作成しました。この技法は、その後の霧の彫刻のために、わずかな節度を残して使用し続けています。中谷は、映画やビデオにも携わっていますが、彼女です。彼女が最もよく知られている霧の使用。ナカヤは、純水霧を使用して、インスタレーション、パフォーマンス、ステージセット、環境公園のデザインを作成し、他のアーティストやパフォーマー、振付家、作曲家と協力することがよくあります。中谷の霧への関心は、私たちの視覚との関係から発展してきました。濃い霧の中で、私たちは方向感覚を失い、見えないことに不満を感じます。このように、中谷の彫刻は私たちの他の感覚を活性化し、私たちの失明を補います。