panGenerator

Icons
アイコン–デジタルプロセスの不可解な複雑さを、私たちの、まだ非常に新石器時代の心がアクセスできる領域に転置する一連のシンボル。テキストファイルをゴミ箱にドラッグすることで、私たちは有用な幻想に屈します。正直なところ、輸送中のものは何もありません。ゴミ箱は存在しません。テキストファイルでさえ、ハードウェア内のまとまりのある物理エンティティを構成していません。しかし、クリック、タップ、スワイプのこの体系化された儀式主導のダンスを実行することによって、私たちはイベントの幸せなターンをもたらすためにデジタルプロセスを想起させます。

Cerith Wyn Evans

СЕРИС ВИН ЭВАНС
ケリス·ウィン·エヴァンス
FORM IN SPACE…BY LIGHT
アートワークは、ほぼ2 kmのネオン照明から作られ、天井から吊り下げられ、直線、曲線、らせん状に構成されています。
ウィン・エバンスは、実験的な映画やコラボレーション作品を制作する映画製作者として最初に注目を集めました。 その後、彼は、言語と知覚への関心を伝えるために、彫刻、写真、映画、テキストを組み込むように実践を拡大しました。

JENNY HOLZER

珍妮•霍尔泽
ג’ני הולצר
ジェニー·ホルツァー
제니 홀저
Дженни Хольцер
all fall

Jジェニー・ホルツァーは1950年米国・オハイオ州生まれ。現在NY州在住。 70年代後半より自作のテキストを使用した、様々なメディアの作品を発表しています。その中でもLEDを使用した表現が代表的です。 使用されるテキストは、格言的で、として暴力的で過激にも感じられ、多様な現代社会の状況を反映しているといえます。本展ではホルツァーの代表的な表現方法であるLEDを使用したインスタレーションと、モノクロームの写真作品を展示します。 インスタレーションは、84個もの小型のLEDサインがミニマルに配置され、それぞれ同じ内容のテキストが反復していきます。文字が間に反響するかのように、暗闇の中を増幅していくイメージを醸しだし、言葉の表現だけでなく視覚的にも非常に迫力のあるプレゼンテーションとなります。

PAUL VANOUSE

Ocular revision
1990年代初頭以来、彼のアートワークは、これらの非常にテクノサイエンスを媒体として使用して、さまざまな新しいテクノサイエンスによって提起された複雑な問題に取り組んできました。 彼の作品には、世論調査と分類の影響を調べるデータ収集装置、人種とアイデンティティの科学的構造を弱体化させる遺伝子実験、制度化と企業化をふざけて批判する一時的な組織が含まれています。 これらの「オペレーショナルフィクション」は、現代の電子ランドスケープの同様に超現実的なコンテキストで共鳴することを目的としたハイブリッドエンティティ(同時に現実のものと空想的な表現)です。

FASE – ANNE TERESA DE KEERSMAEKER & MICHELE ANNE DE MEY

Rosas

ロサスは、振付師でダンサーのアンヌテレサデケアスメーカーを中心に構築されたダンスアンサンブルとプロダクションの構造です。彼女は1982年にデビューしたFase、スティーブ・ライヒの音楽への4つの動きで、すぐに国際的なダンスシーンの注目を集めました。過去27年間、彼女はダンスカンパニーとともに、印象的な一連の振り付け作品を作成してきました。ロサスのダンスは、時間と空間の動きを伴う純粋な文章です。その中心にあるのは、動きと音楽の関係です。いくつかの作品では、ダンスとテキストの関係も調べられます。 (続きを読む) ロサスは、ダンサーの恒久的なアンサンブルを持つ数少ない会社の1つです。 Anne Teresa De Keersmaekerは、プロジェクト指向を超越した組織モデルを決定的に選択し、個々のダンサーとの集中的な作業を継続できるようにしました。同社の主要な作品では、アンサンブル全体がステージに登場します。さらに、DeKeersmaeker自身が踊る小規模な作品もあります。ロサスは、新しい作品を制作する一方で、30年の期間をカバーする蓄積されたレパートリーも実行し続けます。このようにして、独自の芸術的過去を新世代のダンサーや観客に引き継ぐことができます。

STUDIO MAKKINK & BEY

単一の製品がより大規模なプロジェクトに進行し、独自の設定を動機付けることができます。 逆に、建築や都市計画の規模のプロジェクトは、元のコンテキストに関連する一連の製品を等しく生成できます。 このズームインとズームアウトの動きは、建築と都市デザインの領域と製品の領域との間の相互作用を示しています。 都市計画、建築、ランドスケープアーキテクチャは、製品設計に不可解に結びついています。 電球は建築に影響を与えてきました。家の建て方は必然的にその内部に影響を与えます。 エレベーターの発明は超高層ビルを生み出しましたか、それとも高層ビルはエレベーターを必要としましたか?

AKIHISA HIRATA

平田晃久
아키 히사 히라 타
Акиша Хирата
この投稿は、有望な若手建築家平田晃久の建築に対する考え方を紹介するものです。それは彼の仕事を調べている今日の2つの投稿のうちの1つであり、もう1つは構築されたプロジェクトです:ブルームバーグパビリオン。
今のところ、ArchitectureFarmは投機的なままです。それはコーヒーカップから花の成長を作成することから始まります。この静止画像は、単純なオブジェクトを複雑で美しい形に発展させる方法を示しています。ビデオループに示されている2番目の演習では、トーラスの形でプロセスを繰り返し、進化したフォームのいくつかにテキストを追加して、アーキテクチャの可能性を提案します。
粗雑にレンダリングされたアパートの建物は、花の形からさらに発展し、今では建築が出現しているのがわかります。別の段階では、現在確立されている同じルールセットから複数のアパートの建物がどのように成長するかを調べます。やがて、私たちは住宅の自己複製成長を遂げます。十分な開発資金で水をまくと、週末にフルスケールで3Dプリントできるバラ色の不思議の国に耕作される可能性があります。 。