Soichiro Mihara

三原 聡一郎
The Blank to Overcome
file festival
Part of the ”blank” project that the artist has been creating since 2011, “The Blank to Overcome” utilizes air pumps, power supply control circuitry, water, solution, glycerin, ethanol and electricity to produce bubbles in the air. The theme of ”blanks” denotes a space for an unsolved ”inquiry” through the perspectives for thinking about the post-3.11 present: how the bubbles are always shifting as a giant cluster, almost without mass or structure, and the facing up to this; and the framework since modernity that has prescribed society, and the ”involved” or the ”other”. From this work debate will surely emerge.

.

克服するための空白

アーティストが2011年から作成している「ブランク」プロジェクトの一部である「TheBlankto Overcome」は、エアポンプ、電源制御回路、水、溶液、グリセリン、エタノール、電気を利用して空気中に気泡を生成します。 「空白」のテーマは、3.11以降の現在について考えるための視点を通して、未解決の「問い合わせ」のためのスペースを示しています。泡は、ほとんど質量や構造がなく、巨大なクラスターとして常にシフトしており、これに直面しています。 ; そして、社会を規定してきた近代以来の枠組み、そして「関与する」または「その他」。 この仕事から議論が確実に浮かび上がるでしょう。

ポンプ

CHRISTOPHER DANIEL

كريستوفر دانيال
克里斯托弗·丹尼尔
כריסטופר דניאל
Кристофер Дэниел
California Roll House
その極端な環境に自己適応する構造、韓国の練習暴力的なボリュームによってプレハブの「カリフォルニアロールハウス」は最新のものを使用します
周囲の砂漠で快適な雰囲気を維持するための持続可能な技術と機械化されたシステムで。 カーボンファイバートラスフレーム
システムは不規則なラッピングフォームをサポートし、軽量で強力なスケルトンを提供し、その上に頑丈な外部シェルが取り付けられて、
強烈な太陽。 透明なガラスパネルは、太陽の角度に応じて不透明度を自動的に変更し、夜間の涼しさを吸収し、日中を拒否します
ソーラーゲイン。 次に、屋根要素が中庭に変わり、水圧で入ることができる平らな人工地表面を提供します。
家の内外で唯一のドアであり、すべてのスペースにサービスを提供する電動ドア。 インテリアカーテンは、天窓でプライバシーのために部屋を細分化します
余分な光のために。