TUNDRA

ハイパージャンプ
「ハイパージャンプ」は、サンクトペテルブルク州立大学の学習スペースとして現在再建されている旧ファーストカデッツ隊のホールの1つのサイトスペシフィック作品として作成されました。 19世紀のホールには、ソビエト時代にここに建てられたバスケットボールコートのある運動場があります。「ハイパージャンプ」は、この逆説的な組み合わせによって設定されたアイデアを探求します。バスケットボールコートは、人間の合理性の象徴である古典主義時代の建築とともに、自然から得た身体性を表しています。

VÍCTOR ENRICH

NHDK
NHDK (2013)は、建築形態の不条理を語るプロジェクトです。21世紀の社会では、一部の建築家が奇行への道を選んだ方法を目の当たりにしてきました。この道は、残念ながら、以前の時代に建築が社会で果たした役割の回復には役立たないものです。このプロセスの通常の進化を妨げる試みとして、このプロジェクトは、建物が単一の形状を採用できるだけでなく、形の自由が非常に広い未来に向けて、おそらくありそうもない、おそらくそうではない、大きな飛躍を遂げることを意図しています。たくさんの。

REIN VOLLENGA

儚く、空気のような、アーティストRein Vollengaの作品は、彼の「ウェアラブル彫刻」で特に注目に値します。 Vollengaのユニークで内臓的な作品は暗く魅惑的であり、彼の作品は、より深く動物的なセクシュアリティを祝い、個性と断片化されたアイデンティティを崇拝する、より暗く、よりフェティッシュな領域に挑戦し続けるファッションの先見者の多くに受け入れられてきました。 Vollengaはベルリン出身で、彼の作品に浸透しているチュートンの前衛的な性質に反映されています。また、戦前のベルリンの退廃と「官能的なパニック」の時代を思い起こさせる、危険で少し不吉で快楽主義的な感覚もあります。彼の作品は、未来的なボール仮面舞踏会の退廃の魅力をすべて思い起こさせます。彫刻の帽子やアクセサリーで形作られるウェアラブルアートで有名なこのアーティストは、今やファッション業界のエリートたちの注目と後援を得ています。あなたがそうするならば、より厳しくてゴシックな、21世紀のダリ。 ChasseurはRein自身と座り、彼の仕事について話し合った。その起源と性質、そして何が男をマスクの後ろに追いやるのか。

Verena Friedrich

VANITAS MACHINEの設置は、永遠の命への欲求と延命措置の可能性に対応しています。技術的介入によって非常にゆっくりと燃え尽きるろうそくに基づいて、VANITAS MACHINEは、科学技術の助けを借りて人間の寿命を延ばす努力に現代的なアナロジーを作成します。 古典的なヴァニタスのシンボルの1つである燃えるろうそくは、瞬間の無益さ、人間の生活の一時性、そしてすべての存在の終わりの確実性を思い起こさせます。しかし、この目的は本当にまだ避けられないのでしょうか? 過去2世紀の間に、工業国では平均余命が大幅に伸びました。さらに、科学的研究の文脈では、老化の生物学的原因が調査されています。老化の多くの理論は、生理学的要因と環境要因の両方に向けてすでに開発されています。 老化の最初の理論の1つは、いわゆる「生存率理論」でした。これは、生物の寿命がエネルギー代謝回転に相互に関連しているため、カロリー摂取量、酸素消費量、心拍数に関連していると主張しています。代謝率、生物の寿命が短くなります。 VANITAS MACHINEでは、実験装置の中央にキャンドルが置かれています。人間の呼吸プロセスと同様に、燃えているろうそくは酸素を消費し、二酸化炭素と水を生成します。酸素とエネルギーの代謝回転が高いほど、キャンドルの燃焼時間は短くなります。 VANITAS MACHINEは、制御された条件下でキャンドルを「生きた」状態に保つために特別に開発されました。環境要因からそれを保護し、酸素供給を正確に調整することによって、キャンドルの「代謝」、したがってその「寿命」に影響を与えることができます。

PAULINE OLIVEROS

bye bye butterfly
«ByeBye Butterfly(1965)8’00 “は、サンフランシスコテープミュージックセンターで作成された2チャンネルのテープコンポジションです。2つのヒューレットパッカードオシレーター、2つのラインアンプをカスケード接続、ターンテーブルとレコード、2つのテープレコーダーを遅延で使用します。 作曲家は機器を配置し、発振器を調整し、リアルタイムで作曲を演奏しました。「19世紀の音楽だけでなく、その時代の礼儀正しい道徳体系とそれに付随するものにも別れを告げます。 女性の性の制度化された抑圧。 タイトルは、当時スタジオで手元にあり、進行中の作曲ミックスに自発的に組み込まれた、ジャコモ・プッチーニのオペラディスク「蝶々夫人」に言及しています。」-PO»トランスペアレントテープミュージックフェスティバル、サンフランシスコ