EGLE RAKAUSKAITE

Rakauskaiteの作品は、「概念的に純粋でクリーン」であると同時に、「感情的に非常に印象的」です。 彼女は、このパラドックスは、「いくつかの異常で不可解な感覚を引き起こす」「非伝統的な」素材の使用から生じていると考えています。 それでも、作品は私的な人間の経験、親密さの感覚を呼び起こします。

TUNDRA

ハイパージャンプ
「ハイパージャンプ」は、サンクトペテルブルク州立大学の学習スペースとして現在再建されている旧ファーストカデッツ隊のホールの1つのサイトスペシフィック作品として作成されました。 19世紀のホールには、ソビエト時代にここに建てられたバスケットボールコートのある運動場があります。「ハイパージャンプ」は、この逆説的な組み合わせによって設定されたアイデアを探求します。バスケットボールコートは、人間の合理性の象徴である古典主義時代の建築とともに、自然から得た身体性を表しています。