BART HESS & NANINE LINNING


過去数十年の間に、私たちが日常的に取り巻くテクノロジーほど根本的に変わったものはありません。現代のコミュニケーション手段は、世界をポケットサイズのグローバルビレッジに縮小させます。医療技術は、その自然の限界を超えた人生を約束します。ロボット工学、サイバネティックス、および人工知能の分野での開発により、人工生命の不穏な考えと同じくらい魅力的なものが私たちの手の届くところにあります。ナニン・リニングの新作SILVERは、人間と技術の親密な、そしてますます押し付けがましい関係に取り組み、その美学の美しさを示していますが、進歩と自己改善がますます高まるという約束にも疑問を投げかけています。

ADI MEYER

アポセマ
感情認識アルゴリズムと拡張現実の時代に、私たちのパーソナルデバイスとソーシャルメディアの乱用は、人々が意味のある対面の相互作用に代わる技術的な選択肢をますます選択する社会につながりました。顔の表情を読む能力が大幅に低下し、人間関係を築く能力が制限され、共感するのに苦労します。