MAKOTO TOJIKI

The Man with No Shadow

“ Makoto Tojiki是一位艺术家和设计师,他以光为主要表达手段。 Tokiki是1998年近畿大学(Kinki University)工业设计工程专业的毕业生,他的个人时间是在受雇担任工业设计师的同时,致力于光的实验。 2003年,他开始了他的全职艺术家生涯。 他最近的“无影”系列作品受到光影相互联系以及如何进行操纵和控制的启发。 Tojiki通过分解光线和阴影来捕捉其共生的本质,从而开始了他的创作过程,从而产生了短暂的图像,就像阴影本身一样短暂而神秘。”

MAKOTO SEI WATANABE

K-Museum Tokion
渡辺誠が設計した共同溝展示館です。 これは、このような美しい建物を設計するための驚くべき作業の複雑さの完璧な例です。 多くの家はシンプルでミニマルなデザインに関連していますが、多くの美術館、大学、アートギャラリーなどは、K-Museumと同じくらい複雑です。 日本の建築家は、このような畏敬の念を起こさせるが安全なデザインを作るために無限の時間を費やしています。 このような建物は、現代の日本建築の実行に注入された進歩と技術的卓越性のレベルへの賛辞であり、未来の方向にうなずくことができます-イノベーションがこの指数関数的な改善の道をたどり続けるならば、 創意工夫と機能のレベルは時間とともにエスカレートします。

AZUMA MAKOTO

あずままこと
אזאמה מקוטו
아즈마 마코토
Адзума Макото
Plant Sculptures

フラワーアーティスト東信さんの作品をご紹介します。 彼がすることはすべて、これらの母なる自然の宝石が持つ独特で神秘的な形を探しに行くことによって、花や植物の価値を高めることを目的としています。 自然を綿密に尊重し、保存することにより、彼はこれらの壮大な要素を美的な芸術作品に変えます。 アイスフラワー展も同様です。

GEBHARD SENGMÜLLER

平行图像
这项工作由2500条电磁电缆组成,这些电缆连接一个发射(由环氧树脂制成的一平方米),该发射器由一个50×50的栅格与光电传感器组,光电传感器在接收器中带有与之对应的灯泡栅格。因此,传感器检测光并以其相应的亮度效果并行地将每个像素(“图像元素”)传输到接收器中的灯泡。与传统的电子图像传输过程不,“平行图像”使用技术透明的过程,向观看者传输现实世界及其传输之间的对应关系。