TOMAS SARACENO

クラウドシティ
ベルリンのハンブルガーバーンホフにあるトマスサラセノの「クラウドシティ」インスタレーションは、場所、空間、未来、重力の概念に挑戦する幾何学的で膨らんだ形のコレクションで構成されています。サラセノは、展示を通して、人間がどのように環境と組み合わせて生きているかを説明しようとしています。 「クラウドシティ」は、視聴者とコレクションの間の相互作用がインスタレーションの重要な側面である建築作品です。これらの膨らんだ泡と蜘蛛の巣のような庭園は、地球と空の間に共同の地面を形成し、環境の影響の物理的表現の方向転換を支援します。

ANOUK VOGEL AND JOHAN SELBING

Johan Selbingはスウェーデンのリンシェーピングで生まれ、チャルマース大学、ストックホルム王立芸術アカデミー、オーフス建築大学で建築を学びました。 JohanSelbingとAnoukVogelは、庭園、公園、芸術作品、橋、家具、インテリア、小さな建物など、さまざまな国でさまざまなプロジェクトに協力してきました。 彼らの介入はしばしば本質的に詩的であると説明され、特定の場所の意味と経験を強めます。 さらに、彼らの実現した作品は、素材と職人技への強い関心を証明しています。