Yugo Minomo

《time in space, space in time》は、エッジ(辺)とジョイント(頂点)を組み合わせることでリアルタイムに変形する構造体を作る体験型作品である。

エッジは、自動で伸び縮みを繰り返す「自動伸縮エッジ」、体験者が好きな長さに調節できる「固定エッジ」、および2つのジョイント間を受動的に繋ぐ「自由エッジ」の3種類から構成される。エッジとジョイントが磁力で接合することで、体験者は直感的に形状を組み立てることができる。そして、自動伸縮エッジが構造の中に組み入れられることで、作成した形状に変化が加わる

ADI MEYER

アポセマ
感情認識アルゴリズムと拡張現実の時代に、私たちのパーソナルデバイスとソーシャルメディアの乱用は、人々が意味のある対面の相互作用に代わる技術的な選択肢をますます選択する社会につながりました。顔の表情を読む能力が大幅に低下し、人間関係を築く能力が制限され、共感するのに苦労します。

WOW INC

Bakeru
作品について
東北に古くから伝わる祭りや伝統行事をモチーフにした体験型の映像インスタレーション作品。この作品では、人間以外の存在に“化ける”という不思議な行為を、インタラクティブな映像表現によって体験できる。「なまはげ」「鹿踊」「加勢鳥」「早乙女」の4種類の伝統行事をモチーフにし、WOWの解釈を加えてビジュアライズした。スクリーンの前でお面を付けると、自分のシルエットがそれぞれの姿に変化して、その行事が人々にもたらす恵みがアニメーションで映し出される。自分以外の存在、人間以外の何者かへと“化ける”という不思議な力を、楽しみながら体験する試み。東北の風土が生んだ伝統文化に、まったく新しい表現を通して触れてもらうことで、その価値を次の世代へ受け継いでいきたいという願い込めた作品。

EDWARD KRASINSKI

「ここに展示されているインスタレーションは、同じサイズの12枚の吊り下げられた鏡で構成されています。青いテープの連続線が各鏡の壁と表面に沿って走っています。テープは130cmの固定高さで貼り付けられています。実空間と反射空間の違いを消し去る。重なり合う鏡の列は、作品にも反映されている観客の視点に応じて、空間が後退したり前進したりするような動きを生み出します。 彫刻は鏡との関係に引き込まれ、順番にそれらを取り巻く観客が描かれました。 クラシンスキーは、環境内の作業だけでなく、環境全体がどのように体験されたかに関心を持っていました。 彼はキャリアが終わるまで、アートを展示するという伝統的な慣習に疑問を投げかけ続けました。「ヘレン・オマリー

 

DAVID BERKOVITZ

The Tree

アーティストは、彼の「連続線」を、さまざまなワークシップのオブジェクト、多かれ少なかれ知られているさまざまな性質の要素、およびアーティスト自身を表す古典的なキューブに適用します。個人的な主題や個人的な世界を描くためにそれを使用することに加えて。その後、「Berkovitz’s Cube」から、アーティストが使用する一連のバリエーションに分割されました。 「CascadeofCubes」から「Universe」Berkovitzまで。 Berkovitzは、単純な素材でArtePoveraの仕事をほとんどしていません。大きな石積み。材料の絵画とあらゆる種類の寸法。より多くの解釈を提供しようとする機械的作業。彼の作品に隠されたメッセージは、他の人が見ることができないものを見て、見る忍耐力を持っている人が報われることを確実にすることによって。 Berkovitzは、発信者に最下位に到達するように要求します。見た目や見た目にとどまらない。研究と文化は私たちが利用できる2つの非常に強力な武器であり、無防備な者を犠牲にして強者に報いる新世界秩序に服従することを忘れないように、そしてそれらを使用します。 第一印象にとどまらず、深めてみてください。 これはベルコビッツの仕事を必要とするディクタットです 実線は、自分自身を変容させて果てしなく生まれ変わる物質と精神を表しています。永遠のものはなく、すべてが変容します。デビッドバーコビッツはジョバンニロッシの分身です。ロッシが神経衰弱の苦しみの中で、不在の社会に対する彼の復讐をすることを決心した秋の午後に生まれました。これを行うために、彼は印象的なジェスチャーを探します.. テレビ番組のように、重要な地位を獲得するには、子供を殺したりレイプしたりして、たくさん盗む必要があります。 彼の作品を通して、ベルコビッツは「世界の超大国」の時間はすべてを消し去り、すべてが変わると警告しています。 Berkovitzは主にストリートアーティストです。 彼は「ストリートライティング」から来ています。

FRANCESCA FINI

Liszt
20世紀初頭で、3人の子供が家族写真のポーズをとっています。子供たちはエルサレムのキリスト教移民の植民地の若い開拓者です。写真家のその後の介入は、彼らの当惑した顔にその時代の写真の偽色を追加しました。色合いとクッキーやホットミルクの匂い、磁器人形、長い海の旅、ほこりっぽい古い本、そして人工的な「無垢」の組み合わせ。これは、私の顔の下部が子供たちの顔の下部に置き換わるデジタルトランスフォーメーションの出発点であり、時間と意味の逆転で、別の種類の物語が来るにつれて、非時間と非意味で結晶化されます写真が撮られた独特の状況にそれ自体を重ね合わせて、その比喩的な重要性を探す光。このようにして、3人の子供は家族写真の永遠の枕に閉じ込められた3人の人間の原型になります。それは強制的な聖体拝領であり、相互の焦りと言葉の暴力の増加につながり、言葉に重なり、あらゆる種類の相互作用を防ぎます。コミュニケーション不能の感覚は、インターネット上で見つかったフレーズの断片をマッシュアップで並置することによって得られます。マッシュアップは、聞いていない単語が、意識的かどうかにかかわらず、純粋な状態での暴力であるかを明らかにする現代の無意味な対話に解き放たれます。したがって、この写真に隠された宇宙、これらの古代の開拓者による失われた無実の探求の家族アルバムの人間の夢と幻想の叙事詩は、歴史を通して極端な結果をもたらした暴力の形に変換されます。自分の言葉しかないときは、口が武器になります。それにもかかわらず、私がこれらの3人の知らない祖先を通して世界に委託するという希望の一種のメッセージで、聞くための招待は最終的に回復します。