TUNDRA

ハイパージャンプ
「ハイパージャンプ」は、サンクトペテルブルク州立大学の学習スペースとして現在再建されている旧ファーストカデッツ隊のホールの1つのサイトスペシフィック作品として作成されました。 19世紀のホールには、ソビエト時代にここに建てられたバスケットボールコートのある運動場があります。「ハイパージャンプ」は、この逆説的な組み合わせによって設定されたアイデアを探求します。バスケットボールコートは、人間の合理性の象徴である古典主義時代の建築とともに、自然から得た身体性を表しています。

RICHARD DUPONT

デュポン氏は、コンピューターで自分の体の3Dスキャンを操作し、ラピッドプロトタイピングやコンピューター数値制御ミリングなどのデジタル製造方法と、従来の石膏鋳造やその他の面倒な手作業を組み合わせて、古風で未来的な姿を表現します。古代ギリシャのクーロス像に似た姿勢の彼の立っているヌードの1つは、1つの軸で見ると波紋に溶け込んでいるように見え、現代世界における人間の精神的な経験を示唆しています。

IAN CHENG

ボブ
チェンの作品は、突然変異、人間の意識の歴史、そして変化に関係する種としての私たちの能力を探求しています。チェンは、ビデオゲームのデザイン、即興、認知科学の原則に基づいて、ライブシミュレーションを開発しています。これは、自然界に見られる容赦のない因果関係に従って、行動ドライブでプログラムされているが、権威の意図なしに自己進化するエージェントが住む、無期限の仮想エコシステムです

EVELYN BENCICOVA

人体の表現力は無限大です。 裸の体は、性的な意味合いを超えて、純粋な芸術です。 身体の概念についての概念的な写真は、EvelynBencicovaが彼女のシリーズEcceHomo(ラテン語で「ここに男がいる」を意味し、暴力や戦争の観点から引用されている)で私たちにもたらしたものであり、そこでは多くの身体が見られます 積み重なって奇妙な彫刻の形を形成します。 参加している各俳優の人物を非人格化するのに役立つ顔は、決して見られません。 結果はやや気がかりです。なぜそれらの体がそこにあるのか、彼らが何をしようとしているのかはわかりません。 振り付け、美学、演劇のミックスです。 芸術的な感性が非常に高いこれらの図には、人間の集合体の感覚を呼び起こす何かがあります。 表面への感情。

ISHIBASHI YUI

Ишибаши Юи
石橋ユイ

石橋ゆいは、自然の神話表現に焦点を当てた日本人アーティストであるため、別の現実の領域に属しているように見える野生の子供たちを彫刻することにしました。 淡い人体は根やブドウの木と融合しているように見え、木、粘土樹脂、糸、絵の具の混合物によって生き返りました。 彫刻は、人間の居住者から力を取り戻す力として自然を体現しています。

TAIYO KIMURA

Sleep Walkers
木村太陽の作品世界は「批判」という言葉に端的に象徴されるのではないでしょうか。誤解されがちですが「批判」とは決して何かを悪く言うとか、否定的であることを前提としてはいません。むしろ、省察や精査を重ねることでより良い可能性を模索しようとする、極めてポジティブな態度です。
その意味で木村太陽の批判の対象となるのは、因習やシステム、自然や人間の生理と政治性の関わりなど、我々自身を取り囲む日常の些細な事象で、愚直なまでに根気の要る作業を積み重ねる制作プロセスは、大いなる回り道を辿るかのようです。そして個々の作品の仕掛けやギミックは、真摯でありながら、とてもユーモラスでシャイにすら感じられます。
それは、木村が威圧的で教条的な視点に立つことや、意味ありげな態度をとることを忌避しているからに他なりません。このことは、コンセプチュアルアートやミニマリズムそのものへの批判でもあり、こうした「批判の入れ子状態」こそが、木村太陽のアーティストとしての在り方を、独自のものにしています。

EXONEMO

BODY PAINT
SERIES
私たちスマートフォンに夢中になっている同時代の人々にとって、いつでもどこでもインターネットに接続することは、私たちの人を完成させることです。この作品は、ボディペインティングを使用して、ネットワーク化された情報デバイスの世界で、私たちの物理的な定義、私たちの身体性を調べます。
このポートレートシリーズの各作品は、画面上の人間の被写体を除いて完全に同じ色で塗装されたLCDに表示された、ヌード、剃毛、および完全に単一の色合いで塗装された人物を特徴としています。これらの境界線が消され、背景と前景が人体と電子ディスプレイ体であり、それぞれが同じ色の絵の具で覆われているため、主題は曖昧さと混乱の感覚になり、かどうかの定義の疑問になっていると言えます。描かれている個人は人間または表現です。
これらの形式的な側面とは別に、この作品はメディア内の「存在」の問題も扱っています。人体にはかなりよく理解されている長寿の地平線がありますが、データ、ペイント、アートの長寿の地平線はまだ議論の余地があります。ボディアート、フィギュラティヴペインティング、メディアアートの複数の時間スケールは、作品が現在と存在自体に関する共通の基盤を模索しているときに互いに関与します。

Brenna Murphy

Liquid Vehicle Transmitter
アーティストのブレンナマーフィーは、彼女の迷路のような仮想空間を物理的な現実に重ね合わせる現実のフラクタル環境を作成します。
ポートランドを拠点とするアーティスト、ブレンナマーフィーは、彫刻、ゲームデザイン、インスタレーション、パフォーマンス、サウンド、インターネットに携わっており、人間の意識を結び付け、拡大するデジタルテクノロジーの能力に関心を持っています。マーフィーにとって、デジタルツールは、人間の経験の外にある異星人としてではなく、意識と認識を深める電子補綴物として機能します。迷路はマーフィーの実践における継続的なテーマです。彼女のインスタレーション、ウェブサイト、仮想環境は、放浪、移動、発見を促進する一連の連動スペースとして設定されています。彼女の作品で参照されている自然に発生する幾何学的形態のように、それらは展開構造の密な配列として互いに有機的に分岐しています。 YBCAでの彼女の展示会のタイトルであるLiquidVehicle Transmissionerは、マーフィーの作品の多くに見られる流動性をほのめかしています。
彼女の新しいインスタレーション、創発的な実体の聖歌の配列のために、マーフィーはさまざまなスケールで自己相似パターンを含む一種のフラクタルを設計しました。 3D印刷された彫刻、LEDライト、ライトボックス、木製のカットフォームの正確に構成された集合体から構築されたインスタレーションは、彼女の複雑で目がくらむようなインターネットベースの作品の実際のバージョンに似ています。マーフィーの仮想ビデオゲーム環境のように、創発的なエンティティのチャントアレイは、訪問者の空間と次元の両方の認識に基づいて再生され、意識の高い状態の探索を促します。
マーフィーは、彼女のアプローチにおいて深くポストヒューマニストであり、彼女の創造的なプロセスを、作品を制作するために使用されるツールとの直感的で調和のとれた関係を模索する瞑想の一形態と見なしています。彼女の複雑な形の配置は、彼女自身のエネルギーと視聴者のエネルギーに焦点を合わせ、それらを引き込みます。観客との調和のとれたつながりのこの感覚は、彼女がメンバーであるアートコレクティブ、MSHRおよびオレゴン絵画協会のアクティブな要素でもあります。

REYNOLD REYNOLDS

레이 놀드 레이놀즈
Рейнольд Рейнольдс
secret life

シークレットライフはシークレットトリロジーの最初のものです。人生を構成する知覚できない状態を探求し、その後にシークレットマシン(2009)とシックスイージーピース(2010)が続くサイクル シークレットライフは、アパートに閉じ込められた女性が自分の人生を送っている様子を描いています。人間の欲望の物語の地平を超えて、映画は私たちに共有された神聖な現実を垣間見ることができます。新しい技術と勇敢な哲学的ビジョンを組み合わせることにより、一時性の究極の形而上学的タブーに逆らう作品。そして、芸術的な媒体で描かれることはめったにないものをあえて提示します。 ありえないことは、レイノルズの特徴的な美学、ありふれたものへの畏敬の念で満たすことができるレンズによって可能になります。 あなたは今までに何時を見、経験するのか疑問に思いましたか?時間についての致命的な仮定がなければ、アパートの居住者はもはやユニークな場所に限定されませんが、ここでは、時間の目を通して見ると、空間自体が生き生きとしています。空間と時間の文脈がなければ、女性の心は崩壊し、彼女の経験の組織化を無視し、感覚だけを残します。視聴者は尋ねるかもしれません:それは彼女の心ですか、それとも制御不能で制御不可能な環境を作り出すのは時間そのものですか?この作品は、すべての生物が意識を持っていることを示唆しています。つまり、すべての生物が意識を持っているということです。空間がその活動で増加する間、女性は彼女の世界でこれまで以上に受動的な要素になります。彼女は機械的な速度で動き、彼女の心は時計のようであり、その手は彼女の人生の出来事を時間のタペストリーに固定します。その間、真実はカメラの機械的な目に超越的に反映されます。彼女の考えは彼女を逃れ、生き返り、彼女の周りの空間に生息する植物のように成長します:生きる、探す、感じる、呼吸する、そして死ぬ。

Verena Friedrich

VANITAS MACHINEの設置は、永遠の命への欲求と延命措置の可能性に対応しています。技術的介入によって非常にゆっくりと燃え尽きるろうそくに基づいて、VANITAS MACHINEは、科学技術の助けを借りて人間の寿命を延ばす努力に現代的なアナロジーを作成します。 古典的なヴァニタスのシンボルの1つである燃えるろうそくは、瞬間の無益さ、人間の生活の一時性、そしてすべての存在の終わりの確実性を思い起こさせます。しかし、この目的は本当にまだ避けられないのでしょうか? 過去2世紀の間に、工業国では平均余命が大幅に伸びました。さらに、科学的研究の文脈では、老化の生物学的原因が調査されています。老化の多くの理論は、生理学的要因と環境要因の両方に向けてすでに開発されています。 老化の最初の理論の1つは、いわゆる「生存率理論」でした。これは、生物の寿命がエネルギー代謝回転に相互に関連しているため、カロリー摂取量、酸素消費量、心拍数に関連していると主張しています。代謝率、生物の寿命が短くなります。 VANITAS MACHINEでは、実験装置の中央にキャンドルが置かれています。人間の呼吸プロセスと同様に、燃えているろうそくは酸素を消費し、二酸化炭素と水を生成します。酸素とエネルギーの代謝回転が高いほど、キャンドルの燃焼時間は短くなります。 VANITAS MACHINEは、制御された条件下でキャンドルを「生きた」状態に保つために特別に開発されました。環境要因からそれを保護し、酸素供給を正確に調整することによって、キャンドルの「代謝」、したがってその「寿命」に影響を与えることができます。

ABSALON

cell No. 1
ABSALONは、体系的かつ連続的な方法でスペースに取り組んでいます。人間の本質的な活動や、長方形、正方形、三角形、円などの基本的な形を出発点として、遭遇した空間を空にしてから、単純な形で再構築して補充することから始めます。これらのテストアセンブリは、後でオブジェクト、ドローイング、写真、フィルムを使用してさらに開発され、アーティスト自身の体の測定に基づいて熟考するための個別の禁欲的な生活ユニットであるABSALONのセルルで完全に一周します。厳密に幾何学的な形の語彙に還元されたこれらの作品は、ユートピア的なアイデアをほのめかすことなく、絶対的な抽象化の感覚を伝えます。代わりに、彼らは、アブサロンが彼の身体的存在を社会のコーパスと対峙させるために6つの大都市に公に配置することを計画していた異所性の空間を開きます。彼らは社会生活のために作られました。」 (アブサロン)

SIMON BIRCH

beanbag

香港を拠点とするアーティスト、サイモン・バーチによって作成されたフリークショープロジェクトは、芸術の名の下に彼らが着た風変わりな衣装のために奇妙にされた人間でいっぱいです。 フリークショープロジェクトはかなり気紛れです。 それでも、それはまったく予想外の方法で気紛れです。 これは、「フリークショー」という用語には、暗いカーニバル、奇妙な獣、奇妙な人間のビジョンが含まれていることが多いためです。

CLAUDIA ROGGE

كلوديا روج
克劳迪娅·罗格
クラウディア·ロゲ
클라우디아 로게
КЛАУДИА РОГГЕ
lost in paradise paradise lost III

ドイツの芸術家で写真家のクローディア・ロッジは、群衆の肖像画、魅了され、邪魔をする真の均質な人間の集団に感銘を与えます。 彼の名前は、モザイクやパターンと非常によく似た、繰り返しを探求するシナリオでパフォーマンスと写真を組み込むことにより、現代アートシーンで最大の指数の1つとして浮上しています。 彼の最近の作品、ロスト・イン・パラダイスでは、ロッジは彼の以前の作品と同様に、ルネサンスとバロックの構成を参照する古典的なシーンを通して表される、不死、死、美と衰退、欲望と罪などのテーマを求めています。ミケランジェロによるフレスコ画。 また、ワックス、液体ガラス、ゼラチンなどのさまざまな素材を使用し、新しい光の中での静物を強調し、風景の形や質感が恒久的に変化しているような感覚を与えます。

典的な

EGLE RAKAUSKAITE

Rakauskaiteの作品は、「概念的に純粋でクリーン」であると同時に、「感情的に非常に印象的」です。 彼女は、このパラドックスは、「いくつかの異常で不可解な感覚を引き起こす」「非伝統的な」素材の使用から生じていると考えています。 それでも、作品は私的な人間の経験、親密さの感覚を呼び起こします。

FRANCESCA FINI

Liszt
20世紀初頭で、3人の子供が家族写真のポーズをとっています。子供たちはエルサレムのキリスト教移民の植民地の若い開拓者です。写真家のその後の介入は、彼らの当惑した顔にその時代の写真の偽色を追加しました。色合いとクッキーやホットミルクの匂い、磁器人形、長い海の旅、ほこりっぽい古い本、そして人工的な「無垢」の組み合わせ。これは、私の顔の下部が子供たちの顔の下部に置き換わるデジタルトランスフォーメーションの出発点であり、時間と意味の逆転で、別の種類の物語が来るにつれて、非時間と非意味で結晶化されます写真が撮られた独特の状況にそれ自体を重ね合わせて、その比喩的な重要性を探す光。このようにして、3人の子供は家族写真の永遠の枕に閉じ込められた3人の人間の原型になります。それは強制的な聖体拝領であり、相互の焦りと言葉の暴力の増加につながり、言葉に重なり、あらゆる種類の相互作用を防ぎます。コミュニケーション不能の感覚は、インターネット上で見つかったフレーズの断片をマッシュアップで並置することによって得られます。マッシュアップは、聞いていない単語が、意識的かどうかにかかわらず、純粋な状態での暴力であるかを明らかにする現代の無意味な対話に解き放たれます。したがって、この写真に隠された宇宙、これらの古代の開拓者による失われた無実の探求の家族アルバムの人間の夢と幻想の叙事詩は、歴史を通して極端な結果をもたらした暴力の形に変換されます。自分の言葉しかないときは、口が武器になります。それにもかかわらず、私がこれらの3人の知らない祖先を通して世界に委託するという希望の一種のメッセージで、聞くための招待は最終的に回復します。

ALLORA & CALZADILLA

Аллора и Кальсадилья
Algorithm
彫刻、写真、パフォーマンス、サウンド、ビデオを通じて、AlloraとCalzadillaの作品は、概念的、比喩的、空間的な方法で、マークの作成、トレース、生存の問題から情報を得ています。 カップルとしての素材と比喩についての彼らの理解は非常に重要です。 彼らにとって、資料はその意味において単純に自明ではなく、問題の資料に一度に既約であり、不可分である歴史、文化、および政治で常にマークされています。 彼らの仕事におけるもう一つの繰り返しの比喩は、動物性の比喩と、人間の領域との不安定な関係です。 最近では、今日の世界的な戦争状態の中で軍国主義と音の相互作用を探求する一連の作品を作成しました。