RICHARD DUPONT

デュポン氏は、コンピューターで自分の体の3Dスキャンを操作し、ラピッドプロトタイピングやコンピューター数値制御ミリングなどのデジタル製造方法と、従来の石膏鋳造やその他の面倒な手作業を組み合わせて、古風で未来的な姿を表現します。古代ギリシャのクーロス像に似た姿勢の彼の立っているヌードの1つは、1つの軸で見ると波紋に溶け込んでいるように見え、現代世界における人間の精神的な経験を示唆しています。