NAXS Corp

Render Ghost
Render Ghost 是由新媒體藝術團隊NAXS Corp.所創作的虛擬實境結合沉浸式場作品。參與的六名觀者將換上白色無塵衣,由服務人員協助配戴虛擬實境裝備,緩步進入白色充氣帳篷之;藉由虛擬場景的誘導,徒步繞行於螺旋構造的高塔,開啟一場肉身的科幻儀式。當步入高塔的頂端,觀者將卸除虛擬實境裝備,沉浸於燈光、雷射、煙霧、聲響、漂浮粒子與風共同構成的超現實景觀之中,並在聲響漸次驅動的高頻閃與濃霧中漸漸進入出神狀態。

SHIRO TAKATANI

高谷史郎
史郎の高谷
La chambre claire
La Chambre Claire (or Camera Lucida) is a show built up from precise, symmetrical movements, inviting spectators to embark on a thought-provoking journey into their most intimate and personal territory. In this, his first solo work as creative artist and director, Shiro Takatani pays homage to the French writer Roland Barthes and his essay on photography, La chambre claire (1980). The result is a performance that blends theatre, the art of movement and installation to compose a great fresco full of subtle, elegant minimalist images that advance towards an aesthetic climax. Reflecting on photography and memory, the production invites us to embark upon an intimate, solitary journey to look inside ourselves and formulate a personal interpretation of what we see.
.
La Chambre Claire (oder Camera Lucida) ist eine Show, die aus präzisen, symmetrischen Bewegungen aufgebaut ist und die Zuschauer zu einer zum Nachdenken anregenden Reise in ihr intimstes und persönlichstes Gebiet einlädt. In seiner ersten Soloarbeit als kreativer Künstler und Regisseur huldigt Shiro Takatani dem französischen Schriftsteller Roland Barthes und seinem Aufsatz über Fotografie, La chambre claire (1980). Das Ergebnis ist eine Performance, die Theater, Bewegungskunst und Installation miteinander verbindet, um ein großartiges Fresko voller subtiler, eleganter minimalistischer Bilder zu komponieren, die sich einem ästhetischen Höhepunkt nähern. Die Produktion reflektiert Fotografie und Erinnerung und lädt uns ein, eine intime, einsame Reise zu unternehmen, um in uns selbst zu schauen und eine persönliche Interpretation dessen zu formulieren, was wir sehen.
.
La Chambre Claire(またはCamera Lucida)は、正確で対称的な動きから構築されたショーであり、観客を招待して、最も親密で個人的な領域への示唆に富む旅に出ます。この中で、クリエイティブアーティスト兼ディレクターとしての彼の最初のソロ作品である高谷史郎は、フランスの作家ロラン・バルトと彼の写真に関するエッセイ、ラ・シャンブル・クレア(1980)に敬意を表しています。その結果、劇場、動きの芸術、インスタレーションを融合させて、美的クライマックスに向けて前進する繊細でエレガントなミニマリストのイメージに満ちた素晴らしいフレスコ画を構成するパフォーマンスが生まれました。写真と記憶を反映して、この作品は私たちを親密で孤独な旅に乗り出し、自分自身の内部を見て、私たちが見ているものの個人的な解釈を定式化するように誘います。

 

milo moiré

Nackte Leben
2014年,她曾有過2度全裸上。一次是結合認知心理學的《劇本系統》,她在身上寫字取代穿衣,挑戰人類大腦認知。另一次是《生育的藝術》,將灌滿顏料的蛋塞進陰道,「彩蛋」自下體擠出來後落地破裂,顏料潑灑成抽象畫,連結生命誕生與藝術創作,兩種不同形式的「創造」。Milo Moiré不只是行為藝術家,她還身兼心理學家和畫家,目前住在德國杜塞道夫,每次出動都掀起話題。她對社會現有價值觀和體制發出挑戰書,保守人士批評她譁眾取寵,相反地,也有些人讚賞她刺激思考,你得呢?

sankai juku

山海塾
Kagemi: Beyond the Metaphor of Mirrors

山海塾(さんかいじゅく)は、1975年に設立された天児牛大(あまがつ うしお)主宰の舞踏グループ。日本国外での評価が高く、世界のコンテンポラリーダンスの最高峰である パリ市立劇場 (Theatre de la Ville, Paris) を拠点として、およそ2年に一度のペースで新しい作品を発表し続けている。1980年に日本国外での公演を開始して以来、世界43ヶ国のべ700都市以上で公演を行っている。

EVELYN BENCICOVA

人体の表現力は無限大です。 裸の体は、性的な意味合いを超えて、純粋な芸術です。 身体の概念についての概念的な写真は、EvelynBencicovaが彼女のシリーズEcceHomo(ラテン語で「ここに男がいる」を意味し、暴力や戦争の観点から引用されている)で私たちにもたらしたものであり、そこでは多くの身体が見られます 積み重なって奇妙な彫刻の形を形成します。 参加している各俳優の人物を非人格化するのに役立つ顔は、決して見られません。 結果はやや気がかりです。なぜそれらの体がそこにあるのか、彼らが何をしようとしているのかはわかりません。 振り付け、美学、演劇のミックスです。 芸術的な感性が非常に高いこれらの図には、人間の集合体の感覚を呼び起こす何かがあります。 表面への感情。

Adam Putnam

Stilts
その感覚の多くは不明瞭ですが、パトナムの作品が生み出すより衝撃的な感覚と並んで、そしておそらくそれを超えて残っています。 この意味で、衝撃は劇場のセットやイメージに直接具体化されますが、より静かに不安定化することは述べられておらず、場所を特定することもできません。 彼の作品のこれら2つの一見相反する側面の関係は、おそらくここで最も強力なものです。 パトナムが言う不安なことの中には、郷愁と子供時代の世界はセクシュアリティと欲望の世界から切り離せないというものがあります。 地下室の内外を問わず、2つの世界は、時には美しいが、しばしば厄介な方法で衝突し続けます。

 

ZILVINAS KEMPINAS

リトアニアの芸術家ジルビナスケンピナスの作品は、動的であるだけでなく、ミニマルでもあります。現在ニューヨークに住んでいるケンピナスは、最もシンプルな手段を使用して、複雑で雰囲気のある素晴らしい美しさの部屋の状況を作り出しています。彼のインスタレーションは空気と軽さで遊びます–レリーフは時間とチャンスに基づいています。 Zilvinas Kempinasの芸術は、「月の明るい側」で繰り広げられます。重力は廃止されたように見え、光のパレットは彼のインスタレーションの素材に浸透して活性化します。 彼のアートワークが私たちを連れて行く旅は、私たちをここと今、知覚の装置、エネルギーの集合体、スケッチ、そして宇宙への介入へと導きます。彼の芸術は、光学的に物理的であると同時に、酔わせるような美的イベントで構成されています。彼が採用している手段は、シンプルで日常的でありながら、型にはまらないものです。ビデオテープ、ファン、FLチューブ、空間、リズム、空気、光との共生です。このようにして達成される効果は非常に複雑で、すべての感覚を含み、場所の感覚と自分の時間と動きの知覚を変えます。それは常に、彼自身が演劇の、しばしばミニマルな環境でプレーヤーになる見る人を対象としています。

 

 

ARNO FABRE

Арно Фабр
Les Souliers
Les Souliersは、踏みつけとコンピューター制御によって機械的にキューに入れられた30足の靴のアンサンブルです。これらの靴は床にぶつかってこすり、数値のMIDIスコア(max / mspソフトウェアで実行)によって開発されたオリジナルの構成に従ってアコースティック音楽を作成します。靴の選択、彼らが演じる作曲、そして舞台美術は、エレクトロニック・アーツや人形劇のフェスティバルでよりユニークなプレゼンテーションとともに、国際的な現代アートや音楽祭で展示されている特異な作品を作ります。
歩く人を見ることは、ひどく刺激的で有益な活動です。
ウォーキングは、その生理学的な複雑さに魅了されています。筋肉、骨、関節、感覚器官、および神経系は、動的平衡を維持しながら体の変位を引き起こすことができる構造を形成します。この「機械的」システムが実際に動作しているのを見るのはエキサイティングです。
多くの点で、この注意深い観察は、歩行者を理解することの豊かさを引き出すのに役立ちます。意識的なコミュニケーションまたは無意識の表現として、歩くことは、脅迫、服従、挑発、さらには誘惑を言う別の言い方です。それはまた、社会的所属、非対称性、障害、怪我、および倒錯のスピーチを明らかにします。歩くことは、存在の物語によって特徴づけられる古風な言語です。それらのメッセージを無視するのは恥ずべきことです。