DAVID SPRIGGS

ストラタクローム
仮死状態のように提示される発光インスタレーションは、表現された身体と大衆、その色の共鳴が軍事、芸術、社会、技術の領域に属する現代の力の指示対象の合成された知覚を提供します。 Spriggsのアプローチの目的は、現実を固定するために現実を驚かせることであり、権力を支配する人物を特定する方がよいでしょう。この点で、彼の戦略はアナモルフィックプロセスと同じです。視聴者の目の消失点を作成するのではなく、遠近法の慣習を逆にして、視聴者が消失点になるようにします。

ANNE NGUYEN

自給自足
Autarcie(…。)は、前向きのダンスの動きと自由な余談を交互に繰り返す戦略ゲームで、ブレイクダンスとポップの2つのヒップホップダンスの専門分野が接触します。 50分間、4人のダンサーが、非常に異なるパフォーマンススペースとテクニックを使用して、必死の儀式を行います。舞台の正面は、4人の力強い個性が集結し、観客を対象とした戦士の踊りを考案するラリーポイントです。彼らはこの共通の調和のポイントを超えて空の空間に引き寄せられ、各ダンサーは領土、同盟、階層を追求してその空間に身を投じます。

TOMAS SARACENO

クラウドシティ
ベルリンのハンブルガーバーンホフにあるトマスサラセノの「クラウドシティ」インスタレーションは、場所、空間、未来、重力の概念に挑戦する幾何学的で膨らんだ形のコレクションで構成されています。サラセノは、展示を通して、人間がどのように環境と組み合わせて生きているかを説明しようとしています。 「クラウドシティ」は、視聴者とコレクションの間の相互作用がインスタレーションの重要な側面である建築作品です。これらの膨らんだ泡と蜘蛛の巣のような庭園は、地球と空の間に共同の地面を形成し、環境の影響の物理的表現の方向転換を支援します。

Kenji Shinohe

Small Talk in Iwate
年岩手県滝沢村生まれ。 幼少の頃より競技ダンスを始め、世界 出場や内閣総理大臣杯優勝など受賞歴多数。 日本大学芸術学部に入学し、20歳の頃より創作活動をはじめる。カンパニーluluと大東京舞踊を主宰し、並行してソロ作品も創作。国内外のダンスフェスティバル等で作品を上している

MATT PYKE

最高の信者
25メートルの画面では、ダンサーの特大の画像が手付かずの空間を横切っています。彼らは、ダンサーの体から引き裂かれたデジタル形状によって具体化された地獄のハリケーンと激しく戦います。彼が何を望んでいるのか、優雅で壊れやすいのかはわかりませんが、画面の反対側に到達するための彼の圧倒的な必要性は理解しています。 「私はキャラクターのシーシュポス側が好きです。彼のあきらめられないことは、パイクを笑う。ダンサーがバランスを求めているだけで、風と戦っているような錯覚を与えるために、傾斜面を構築したところです。私はとても古い学校に泊まりました。 「」

EVELYN BENCICOVA

人体の表現力は無限大です。 裸の体は、性的な意味合いを超えて、純粋な芸術です。 身体の概念についての概念的な写真は、EvelynBencicovaが彼女のシリーズEcceHomo(ラテン語で「ここに男がいる」を意味し、暴力や戦争の観点から引用されている)で私たちにもたらしたものであり、そこでは多くの身体が見られます 積み重なって奇妙な彫刻の形を形成します。 参加している各俳優の人物を非人格化するのに役立つ顔は、決して見られません。 結果はやや気がかりです。なぜそれらの体がそこにあるのか、彼らが何をしようとしているのかはわかりません。 振り付け、美学、演劇のミックスです。 芸術的な感性が非常に高いこれらの図には、人間の集合体の感覚を呼び起こす何かがあります。 表面への感情。

REIN VOLLENGA

儚く、空気のような、アーティストRein Vollengaの作品は、彼の「ウェアラブル彫刻」で特に注目に値します。 Vollengaのユニークで内臓的な作品は暗く魅惑的であり、彼の作品は、より深く動物的なセクシュアリティを祝い、個性と断片化されたアイデンティティを崇拝する、より暗く、よりフェティッシュな領域に挑戦し続けるファッションの先見者の多くに受け入れられてきました。 Vollengaはベルリン出身で、彼の作品に浸透しているチュートンの前衛的な性質に反映されています。また、戦前のベルリンの退廃と「官能的なパニック」の時代を思い起こさせる、危険で少し不吉で快楽主義的な感覚もあります。彼の作品は、未来的なボール仮面舞踏会の退廃の魅力をすべて思い起こさせます。彫刻の帽子やアクセサリーで形作られるウェアラブルアートで有名なこのアーティストは、今やファッション業界のエリートたちの注目と後援を得ています。あなたがそうするならば、より厳しくてゴシックな、21世紀のダリ。 ChasseurはRein自身と座り、彼の仕事について話し合った。その起源と性質、そして何が男をマスクの後ろに追いやるのか。

Kate Gilmore

كيت غيلمور
קייט גילמור
케이트 길모어
КЕЙТ ГИЛМОР
Leak from the Top
この写真は、メイン州スカウヒーガンで2012年夏に行われたパフォーマンス/ビデオで撮影されました。 この作品では、4人の女性がバケツの穴からこぼれ出る濡れた絵の具を保持しようとしています。
ケイト・ギルモアは、ポストフェミニストの性とジェンダーに対する批判において、彼女自身の身体性を押し付けています。 ギルモアは、ダダイスムの不条理、風刺漫画の誇張、政治的正しさの厳格さを思い起こさせる、自主規制と挑戦的な目的を持って、パフォーマンス、ビデオ、彫刻、写真の集合体を形作っています。 したがって、ギルモアは、自分の構造の文字通りの壁を乗り越えようとする謙虚な努力の中で、かかとの高い靴に邪魔されていることに気付くかもしれません。 ギルモアは、自我と自我の本質と仮定を活気づけるだけでなく、個人の誠実さのためにそれらを決闘に配置します。

PRAVDOLIUB IVANOV

Pravdoliub Ivanovは、1964年にブルガリアのプロブディフで生まれたビジュアルアーティストです。彼は現在ソフィアに住み、働いています。彼は1993年にソフィアの美術アカデミーを卒業し、最近では特に2006年のヴェネツィアビエンナーレへの目覚ましい参加のおかげである程度の成功を収めています。彼の作品は芸術の主題に強い影響を与えています。西向きの東のブロック。数年前から、彼は皮肉とユーモアを帯びた作品を始めており、マウリツィオ・カテランを紛らわしく挑発的な精神で思い起こさせます。 Pravdoliubは私たちの西洋の習慣を乗っ取って、状況をより良く逆転させ、正常性を不条理に変えます。この不条理は、単なるユーモアではなく、冷戦の終結とベルリンの壁崩壊以来の東の国々とその状況をテーマに展開しています。 Pravdoliubの手にある日常の物の変容は、変わった、風変わりで想像を絶する作品を生み出します。
習慣

OLGA NORONHA

Incarcerated Bodies

オルガの作品は単なる装飾品ではなく、頑丈な力学と繊細な解剖学の融合を祝う芸術作品です。 常に挑戦し、双方向性の関係を探求しているオルガは、「る」と「見られる」の関係を示しています。 良いか悪いかにかかわらず、彼女の仕事に無関心にならないように人々に願って、オルガは彼らが驚きにつながるかもしれないという疑いを歓迎します。 彼女の作品は、型にはまらない魅力、絶妙な、そして境界を押し広げる一貫した組み合わせであり、他のジュエリーデザイナーの間で彼女の個性を区別することを不可能にする組み合わせです。

FABIAN BÜRGY

Фабиан Бюрги
Smoke

この作品は、バージーが視聴者とのランダムな出会いを通して素材の美学を探求しているところを示しています。 彼が使いがちな素材は、通常の環境から取り出されて他の場所に置かれ、それによってそれらはミニマリストの彫刻になります。 その場合、彼らは外見が暴力的であると認識される可能性があり、部屋を満たす黒い煙は明らかに信じられないほど速く不快になる可能性があります。 しかし、彼の作品は、現実のものとそうでないものの境界に挑戦しています。 美学と象徴性の間。 視聴者とインスタレーションが同じものを共有するようになり、視聴者は空間について考えるようになります。 それはまた、その持続時間としての作品の重要性のエーテル的な性質に疑問を投げかけます

ANDY GOLDSWORTHY

安迪戈兹沃西
アンディ·ゴールズワージー
Энди Голдсуорти
Clay Wall

ゴールズワージーが作る作品は素材がすべて自然物、石、植物の花や枝や葉や茎、氷などだ。しかもそれらをつかって、絶えず変化する自然の中に、海、川、湖、森などに長い長い時間をかけて作品を作る。汀で積み上げていた石が途中で崩れてしまうなどというアクシデントが起こり、満潮までに間に合わないかもしれないという時間との戦いも作品の一部である。しかも、首尾よく作品が完成したとしても、当然時間の経過につれて、それらの作品は流されたり、満潮時に波間に消えたり、氷の作品の場合は解けたりする。つまり消滅する。一種の時間芸術でもある。だから、彼の作品の実物を見るには、ある限られた時間内に現場に行かなくてはならない。それが出来る人は限られる。そこで彼は作品をすべて写真に収め、何冊も写真集を出している。まるで古代の遺跡、遺物の記録のようでさえある。

PHILIPS DESIGN

長期的な技術と製品戦略を開発する企業グループの交差点で働き、科学、技術、設計、芸術のスキルをビジョンプロジェクトに統合するための新しい方法を開発し、戦略コンサルタントと協力して新しい製品ロードマップを開発しました。

ALLORA & CALZADILLA

Аллора и Кальсадилья
Algorithm
彫刻、写真、パフォーマンス、サウンド、ビデオを通じて、AlloraとCalzadillaの作品は、概念的、比喩的、空間的な方法で、マークの作成、トレース、生存の問題から情報を得ています。 カップルとしての素材と比喩についての彼らの理解は非常に重要です。 彼らにとって、資料はその意味において単純に自明ではなく、問題の資料に一度に既約であり、不可分である歴史、文化、および政治で常にマークされています。 彼らの仕事におけるもう一つの繰り返しの比喩は、動物性の比喩と、人間の領域との不安定な関係です。 最近では、今日の世界的な戦争状態の中で軍国主義と音の相互作用を探求する一連の作品を作成しました。