AES+F

世界はひっくり返る
作品のタイトルであるインヴェルソは、イタリア語の「逆、反対」と旧イタリア語の「詩」の両方であり、ムンディはラテン語の「世界」であり、現実の再解釈、詩的なビジョンを示唆しています。私たちの解釈では、中世のカーニバルの不条理なシーンは、マルチチャンネルのビデオインスタレーションで現代の生活のエピソードとして表示されます。キャラクターは、不条理な社会的ユートピアや交換マスクのシーンを演じ、物乞いから金持ちへ、警官から泥棒へと姿を変えます。メトロセクシャルのストリートクリーナーが街にゴミを浴びせています。女性の異端審問官は、IKEAスタイルの構造で男性を拷問します。子供と高齢はキックボクシングの試合で戦っています。インヴェルソワールドはキメラがペットであり、黙示録が娯楽である世です。