Nobumichi Asai

Kagami / Real-Time Face Generator
人間の顔を立体的に生成する「立体鏡」インスタレーション「kagami / Real-Time Face Generator」。体験者の顔をフェイススキャナーでスキャンすると、コンピューター上で3Dモデルデータが生成。そのデータをもとに、約5000本のロッドがモーターにより押し出され、リアルタイムに立体的な「顔」が造り出されます。その「顔」に、「花鳥風月」をテーマにした朝顔、竹、蝶、カワセミ、トキ、夕焼け、桜、金(月)などをモチーフとしたエレクトリック・メイクアップアートがプロジェクションされます。本作は、「OMOTE」にインスピレーションを受けた花王株式会社のプロジェクトチームとWOWがコラボレーションして制作。企画から完成まで約1年を費やして完成し、本年9月に新設されたKao COCOLABミュージアムに設置されました。

NOBUYUKI HANABUSA / ENRA

FUMA-KAI
日本の集団エンラの最新のパフォーマンス「fuma-kai」は、忍者のグループがオリンピックのリングを日本に持ち込むことを示しています。 「ふま会」は、東京でIOC評価委員会の訪問のために行われ、IOC評価委員会は最終的に2020年のオリンピックを日本の首都に授与しました。

AES+F

世界はひっくり返る
作品のタイトルであるインヴェルソは、イタリア語の「逆、反対」と旧イタリア語の「詩」の両方であり、ムンディはラテン語の「世界」であり、現実の再解釈、詩的なビジョンを示唆しています。私たちの解釈では、中世のカーニバルの不条理なシーンは、マルチチャンネルのビデオインスタレーションで現代の生活のエピソードとして表示されます。キャラクターは、不条理な社会的ユートピアや交換マスクのシーンを演じ、物乞いから金持ちへ、警官から泥棒へと姿を変えます。メトロセクシャルのストリートクリーナーが街にゴミを浴びせています。女性の異端審問官は、IKEAスタイルの構造で男性を拷問します。子供と高齢はキックボクシングの試合で戦っています。インヴェルソワールドはキメラがペットであり、黙示録が娯楽である世です。