CERITH WYN EVANS

S=U=P=E=R=S=T=R=U=C=T=U=R=E
静かに壮観なS = U = P = E = R = S = T = R = U = C = T = U = R = Eを通る膨大な量の電気コース– 123,000ワット–浅く、冷たく、根底にある動機の溢れ…」)(2010)、Kunsthallの高い天井を支えているように見える7本の光の柱で作られたインスタレーション。フィラメントストリップランプで構成されたこれらの柱は、変化する光で部屋を埋めるだけでなく、まばゆいばかりの白にクランクアップされてから暗くなり、レモンから残り火までのスペクトルを通過し、光が徐々に消えますが、暖かさを備えています。熱の壁は各柱から発せられます。

Soichiro Mihara

三原 聡一郎
The Blank to Overcome
file festival
Part of the ”blank” project that the artist has been creating since 2011, “The Blank to Overcome” utilizes air pumps, power supply control circuitry, water, solution, glycerin, ethanol and electricity to produce bubbles in the air. The theme of ”blanks” denotes a space for an unsolved ”inquiry” through the perspectives for thinking about the post-3.11 present: how the bubbles are always shifting as a giant cluster, almost without mass or structure, and the facing up to this; and the framework since modernity that has prescribed society, and the ”involved” or the ”other”. From this work debate will surely emerge.

.

克服するための空白

アーティストが2011年から作成している「ブランク」プロジェクトの一部である「TheBlankto Overcome」は、エアポンプ、電源制御回路、水、溶液、グリセリン、エタノール、電気を利用して空気中に気泡を生成します。 「空白」のテーマは、3.11以降の現在について考えるための視点を通して、未解決の「問い合わせ」のためのスペースを示しています。泡は、ほとんど質量や構造がなく、巨大なクラスターとして常にシフトしており、これに直面しています。 ; そして、社会を規定してきた近代以来の枠組み、そして「関与する」または「その他」。 この仕事から議論が確実に浮かび上がるでしょう。

ポンプ

Kishi Yuma

META-SELF : Redefine humanity through the gaze of AI
岸裕真 1993年栃木県生まれ。2019年に東京大学大学院工学科電気専攻修了。以降東京を拠点に活動開始。多次元空間の差しをシミュレートし平行世における”幽霊”の姿を見つめることで、次元を超えるエネルギーとしての”愛”について思考する作品を制作。他にもMVや広告など多領域で活動中。

 

Marcel·lí Antúnez Roca

Epizoo
Epizooのパフォーマンスにより、観客はメカトロニクスシステムを使用してMarcel.líの体を制御できます。このシステムは、パフォーマーが着用する外骨格であるボディロボット、コンピューター、機械的なボディ制御デバイス、垂直投影スクリーン、2つの垂直照明装置、および音響機器で構成されています。
整形外科用ロボットのメカニズムは、空気圧メカニズムが取り付けられたベルトとヘルメットの2つの金型によって身体に固定されています。これらのメカニズムにより、アーティストがパフォーマンス中に回転する円形のプラットフォームに直立したまま、Marcel.lÌの鼻、臀部、胸筋、口、耳を動かすことができます。空気圧装置は、コンピューター制御の電気バルブとリレーのシステムに接続されています。ビデオゲームに似たインターフェースを備えた専用アプリケーションがコンピューターによって実行されます。その11のインタラクティブなシーンには、アーティストの姿を再現し、メカニズムの位置と動きを示す、コンピューターで生成されたアニメーションシーケンスがいくつか含まれています。このようにして、ユーザーはマウスを使用して、照明、画像、音声、およびアーティストの体を制御できます。
アートの世界では、Epizooはコンピューター技術を人体に応用した初期の例です。このパフォーマンスは、おそらく、観客がアーティストの体を含むステージ上の要素を制御できるようにするリモートコントロールデバイスを備えた最初のパフォーマンスです。 Epizooはオープン以来大きな関心を呼んでおり、現在までにヨーロッパ、アメリカ、アジアの50を超える都市で上演されています。

ANDRÉ BROESSEL AND RAWLEMON

spherical glass solar energy generator concept
Rawlemonの太陽エネルギー設計者は、太陽光(および月光)を最大10,000回集中させることができる球形の太陽追跡ガラスグローブを作成しました。同社は、そのß.toricsシステムは従来の2軸太陽光発電設計よりも35%効率的であり、完全に回転する耐候性の球体は月明かりから電気を集めることさえできると主張しています。
ß.toricsシステムは、バルセロナを拠点とするドイツの建築家AndréBroesselによって発明されました。彼は、建物の壁に埋め込んで、窓とエネルギー発生器の両方として機能できるソーラーシステムを作成しようとしました。しかし、このプロジェクトは、太陽光効率の機能だけでなく、月のエネルギーを生成するように設計されています。
球体は、拡散した月光を安定したエネルギー源に集中させることができます。未来的なß.toricsシステムは、そのすっきりとした美しいデザインで大きな注目を集めています。 (太陽光発電の大きな可能性にもかかわらず、私たちはあまり多くの美しい太陽光発電技術を見たことがありません)。建築家がこれらのエネルギー生成オーブを代替エネルギーアジェンダや将来の建物の設計にどのように組み込むかを楽しみにしています。