Akiko Nakayama

Alive Painting
私は絵を描いている。動き続ける光景を描きたい。私は、絶えず変容する姿を描くため、流動性を用いた”Alive painting” を始めた。”Alive painting” では、様々な性質を持つ材料を用い、相互に反応させることで絵を描く。それによって、要素の流れと色彩がもたらす美的な快楽と、生々流転をその場に現すことを試みる。材料の化学的性質に加え、風、重力、振動などの外的要因によって予期せぬ反応が現れてくるので、二度と再現不能の景色がゆるやかに出現し、その経験そのものを鑑賞者と共有する