DANIEL ROZIN

木製の鏡
木製ミラーは、アナログとデジタルの境界線を探ります。この作品の本質は、それが得るのと同じくらいアナログである素材、つまり木材にデジタル注文を与えるという概念です。コンピューターとビデオカメラの計算能力を利用して、木製の鏡の物理性、暖かさ、美しさにシームレスに統合したいと思っていました。