JEPPE HEIN

回転ミラーオブジェクトII
壁に取り付けられたミラーリングされたオブジェクトは、中心軸を中心にゆっくりと回転し、周囲の壁にさまざまな光の状態を反射します。それぞれの動きで、ミラーリングされた表面は天井、床、壁のセクションを反映します。その結果、オブジェクトは、反射された断片の絶え間なく変化する組み合わせによって部屋が永続的に再構築されたかのように、空間のばらばらな知覚を作成します。線、色、形の抽象的な構成は、万華鏡を通しての眺めを彷彿とさせます。