Jonathan Latiano

Colony III

ジョナサン・ラティアーノ自身が説明しているように、彼の足跡を残した最初の芸術体験の1つは、素晴らしい美術館の廊下ではありませんでした。「フィラデルフィア自然科学アカデミーの陳列棚とジオラマの前でした。私の周りの物理的な世界についての私の理解を形作り、文脈化するようになったのは、まさにこれらの物語と科学的探求です。私がすべての作品のインスピレーションを見つけるための出発点として使用するのは、生物学、天文学、物理学、地質学の研究を通してです。」日常のあらゆる素材を使ったインスタレーションを通じて、自然現象を静的に再現する作品。したがって、自然と人工の間に詩的なコントラストを作成します。 しかし、ラティアーノの彫刻作品が力を発揮するのは、彼が特定の空間、いわゆるサイトスペシフィックアートのインスタレーションを行う機会があるときです。場所自体が作品を形作るアイデアの引き金となることを可能にします。したがって、空間自体とその視聴者との関係についての考察を促進します。 「私は、定義された領域の境界内に存在するゾーンを強調するよう努めています」と、この物理的な宇宙における彼の位置を理解するための個人的な試みとして、ジョナサンは言います。