SCOTT SNIBBE

深い壁
ディープウォールは、映画のような思い出の投されたキャビネットです。人がその投影ビームに入ると、インタラクティブな壁が彼の影とそれに続く人の影の記録を開始します。最後の人がフレームを離れると、影は16個の小さな長方形の戸棚の1つで再生され、無期限にループします。構造主義映画のように、反復的なビデオのコレクションは、厳密に表象的な映画ではなく、それ自体がオブジェクトになります。