Laurie Simmons

劳丽西蒙斯
ローリー·シモンズ
로리 시몬스
Лори Симмонс

The Love Doll

Laurie Simmons   The Love Doll

source: myguideiolpt

Laurie Simmonds, fotógrafo e não só, e o seu último trabalho “a boneca do amor”. São bonecas feitas de silicone, em tamanho real e assustadoramente realistas. É uma encomenda do Japão para serem utilizadas em diversas cenas de um filme.
.
.
.
.
.
.
.
source: dollpblogspot

Laurie Simmons הינה אמנית\צלמת אמריקאית בת 62 שבמשך הקריירה שלה הפגינה התעניינות רבה באנטומיית הגוף של בובות. סימונס התפרסמה בשנת 1976 בזכות עבודתה הראשונה שהייתה מורכבת מתמונות בשחור לבן שצולמו בבית בובות. בעבודה זו ובעבודות רבות אחרות שלה, סימונס מצלמת ומתעדת בובות בחדרים שונים ובסביבות אנושיות ובכך הופכת את הבובה לאנושית. היא צילמה את אותה דמות שוב ושוב בתפקידים שונים, באזורים שונים- על יד השולחן, בפינה ובמטבח.
.
.
.
.
.
.
.
source: kulturologiaru
Японские куклы для взрослых, несмотря на свою достаточно высокую цену, становятся все популярнее и популярнее. И не удивительно, ведь они ну очень похожи на настоящих женщин. Причем, на женщин мечты. И потому некоторые их хозяева относятся к таким куклам практически так же, как к реальным женщинам. Точно так же к ним решила отнестись и фотограф Лори Симмонс (Laurie Simmons), создавшая серию из тридцати снимков под названием «The love doll: days 1-30», рассказывающая про месяц из жизни куклы для взрослых.
Конечно, в этой серии снимков нет откровенных сцен. Ведь Лори Симмонс хотела рассказать именно историю такой куклы, а не показать все подробности ее сексуальной жизни. Но историю не с точки зрения куклы, а с точки зрения реальной женщины, коей она представила эту куклу для любовных утех.
История эта получилась как немножко забавной, так и немножко грустной. Начинается она с момента прибытия куклы-женщины в коробке в дом своего хозяина. После этого состоится свадьба, ну а дальше начинаются суровые будни.
Во-первых, оказывается, что дома у мужчины уже есть две других подобных куклы для взрослых, которые, конечно, весьма настороженно относятся к своей новоиспеченной сопернице за сердце и тело мужа-хозяина.
В итоге женщина-кукла становится очень одинокой. Контакт с хозяином у нее происходит лишь только раз в несколько дней, а единственными ее друзьями являются домашние животные и книги.
Но постепенно жизнь героини серии фотографий «The love doll: days 1-30» от Лори Симмонс налаживается. У нее появляются привычки, друзья, хобби. В общем, она становится обычной домохозяйкой, пусть и ненастоящей, кукольной. Но эта судьба, на самом деле, куда лучше, чем судьба большого количество настоящих, живых женщин.
Но все таки, главный месседж этих работ от Лори Симмонс – это показать реальное положение огромного количества женщин по всему миру, к которым их мужья относятся как к вещам, своей собственности, а не живым людям.
.
.
.
.
.
.
.
source: tomiokoyamagallery
Laurie Simmons is known for her photographs and films using human surrogates like puppets, toys, dolls, and magazine cut-outs, among other props. A brief narrative summary of her photographic bodies of work includes the following: “Early Color Interiors”(1978-79), where vintage dolls resembling housewives are set in 50’s interior decor;“Tourism”(1983-84), where the dolls are found sightseeing at the Eiffel Tower or a casino in Las Vegas; “Talking Objects”(1987-89) and“Walking and Lying Objects”(1987-91), which are portraits of hybrids of dolls’legs topped with the body of an object like a cake, a gun, or a house; and “The Boxes (Ardis Vinklers)”(2005) where dolls are actors set up in mid-performance of a play on a stage.
Simmons has long investigated human performance as it relates to specific environments through a deep documentation and profound choreography of dolls and objects in and on a stage. The boundaries between fiction and reality are often blurred, and the artist’s tableaus are evocative of a sincere humanity, emotion and character. The critic Kate Linker remarked that Simmons is placed in a generation of artists who came out of the mid 70’s and approached photography as a conceptual medium. She also points out:“These artists — Richard Prince, Louise Lawler, Barbara Kruger, and Sarah Charlesworth among them — inherited the photo-based conceptual practices of Ed Ruscha, Jan Dibbets, and others and applied the radical new definition of photography as a medium of discourse to the examination of social and cultural representations.” (Kate Linker, Reflections on a Mirror, Laurie Simmons, Walking, Talking, Lying, 2005, p.8 Aperture Foundation). Linker has also stated that“Simmons’ work is a deceptively simple response to a complex transformation in American culture centered on the increasing importance of objects.” (op. p.9).

» Artist Biography:
Laurie Simmons was born in Long Island, NY in 1949. She graduated from Tyler School of Art, Philadelphia with B.F.A. in 1971 and lives and works in New York. Her works are collected in major institutions in the U.S. including The Metropolitan Museum of Art, The Museum of Modern Art, The Whitney Museum of American Art, Solomon R. Guggenheim Museum, The Los Angeles Museum of Contemporary Art, Philadelphia Museum of Art and Walker Art Center, as well as The Stedelijk Museum in Amsterdam, The Israel Museum, The National Museum of Art, Osaka and Hara Museum, and 21st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa in Japan. She recently had a solo exhibition of her major works including the Love Doll series at Gothenburg Museum of Art in Sweden in 2012. This year she will participate in Venice Biennial with Allan McCollum, showing “Actual Photos” series in 1985.
She has extended the scope of the artistic practice to collaborations with fashion brands such as COMME des GARÇONS and Chanel.
.
.
.
.
.
.
.
source: baldwingallery
Simmons has staged and photographed scenes using dolls, dollhouses and other toy objects to create self-contained worlds that function as psychological spaces and blur the boundaries between the real, the unreal, and the surreal. These intricate alternate-realities, though staged with toys and inanimate objects, reflect our real human emotions, dreams, and fears and enable the viewer to ponder the human psyche more objectively. In her latest series, The Love Doll, Simmons photographed an anatomically correct “Real Love Doll” from Japan in a human-scale home. Each photograph in the series depicts the chronological progression of the artist’s relationship with the Doll and its increasing familiarity – the earlier photos show the lifelike latex doll in formal poses while the most recent represent the subject engaging in seemingly personal thoughts and actions. The emotional intimacy of the images affords the subject a dignity that divorces her from her material function: the presence of an inner life creates a sense of personhood which contrasts with the innate objectification of Love Dolls as well as human sex workers. Simmons dignifies The Love Doll by dressing her in the clothing of the traditional Japanese courtesan. The increasingly personal nature of the images not only engages the desires, fantasies, and emotions of the audience but also humanizes the inanimate subject and gives her an agency that is far from intrinsic.
Laurie Simmons received a BFA from the Tyler School of Art at Temple University in Philadelphia in 1971. Her prolific and distinguished career has led to many awards, including the National Endowment for the Arts Grant in 1984 and the Roy Lichtenstein Residency in Visual Arts from the American Academy in Rome in 2005. In addition, her work has been shown throughout the world in prestigious venues including the Museum of Modern Art and the Whitney Museum of American Art in New York, the Museum of Contemporary Art in Chicago, and the Tate Modern in London. Her work has also appeared in the Wiener Internationale Biennale (1981), Whitney Biennial (1985 and 1991), Bienal de São Paulo (1985), and Austrian Triennial on Photography in Graz (1996). She currently lives in New York City.
.
.
.
.
.
.
.
source: japoniablizejblogspot
Laurie Simmons w jednym ze swoich fotograficznych projektów postanowiła przyjrzeć się bliżej niecodziennemu raczej zjawisku jakim sa japońskie Love Dolls. To jeden z tych aspektów japońskiej (pop?) kultury, który może budzić kontrowersje, chociaż z moich obserwacji wynika, że częściej chyba jednak wzbudza zainteresowanie albo śmiech. Japońskie Love Dolls, czy “plastikowe panie do towarzystwa”, które się kupuje, wypożycza, można z nimi nawet wziąć ślub, a na koniec wyprawić im pogrzeb.
Laurie Simmons pokazała Love Dolls w całkiem zwyczajnej oprawie, jednak fakt, że modelki są z plastiku, a ich przeznaczenie jest takie, a nie inne, sprawia, że całość wcale już taka zwykła nie jest.
.
.
.
.
.
.
.
source: baikebaidu
20世纪70年代中期以来,西蒙斯用她的相机布置洋娃娃的场景、口技假人、腿,有时以人为对象,创建具有强烈的心理subtexts图像。
其经费,操作和模拟各种摄影流派的核心成员深刻改变了后期20世纪的艺术课程。在70年代中期,然而,西蒙斯女士是一个年轻的艺术在纽约高中毕业生希望支持自己作为一名自由摄影师的商业。 针对找工作说明一玩具公司的产品目录,她拍摄玩具屋家具。她没有得到转让,但她发现了一个共振的可能性,其能在这个迷人的黑色展览看到愿景黑白图像可追溯到1976年和1977年为主。
3第一个成熟的作品
西蒙斯的第一个成熟的作品,拍摄于1976年,在儿童游乐室,联合国人居住的每个房间里的变化,特别是浴室,用阳光和不同角度,以创造一个“令人目眩的,梦幻般的舞台背景,采取黑白图像。 “接着,她加入到厨房设置一个家庭主妇娃娃,”…拍摄的数字十多年,各种立场:站在坐在桌子,柜台,在一个角落里,就站在她的头在混乱的厨房。的心情是显着的不同意见,在浴室里。似乎歇斯底里的家庭主妇…“
西蒙斯在1978年开始拍摄的彩色玩具屋的数字,以创建“早期颜色内饰”系列。 当时,彩色摄影是“…更普遍的商业摄影,而黑色的手腕,相关的时间和白色被认为更真实。通过使用技术和广告,时尚认定的电影,西蒙斯联系她的工作提高到一个悬浮信仰领域-的幻想小说,持续的和她的记忆和渴望许多领域。“设置在这些娃娃的小房间是一个带给我的经验而不考虑我的相机去街上拍摄。我觉得我可以建立自己身边的世界的权利,而不必离开工作室…我会设立这些内部,然后在白天的光线变化在不同时间拍摄他们,也成了为我,像动画的类型。 来回走动的数字,我是,事实上,他们的动画,即使我正在拍照…规模仍然不是我的问题。 如果面包一半的妇女自己的规模,这不是一个问题。 这似乎喜欢它给了它一个神奇的一种的椅子,食品,炉,水槽,该名女子。 我很喜欢他们都占据了图片中的同等的重视。我喜欢这样的厨房,它总是在6 5。总是晚宴小时。 在内地的图片空间似乎很幽闭恐惧症,我不能想像也不止一个娃娃。 这是一个非常紧凑空间,每英寸的空间上有一定的准备,不管是颜色或对象,或空气,你可以品尝和感觉,所以我不能想象两个娃娃能够呼吸到这一领域。 我看到这些照片被作为有点寂寞,像在哪里世界其他地区,那里是其他人,哪里还有家里的其他人?有趣的是对我来说,图片可以如此丰富多彩,如此明亮,如此活泼,同时让孤独。
西蒙斯曾于1979年在一个非空的利润的纽约画廊,举办了她作为艺术家首场个人展览,表现出了“早期颜色内饰”。
80年代初西蒙斯是在一个新一代艺术家的前沿,以妇女为主,其利用媒体为主体开始当代艺术的新的对话。
5第一部电影“音乐的遗憾”
2001年,西蒙斯设计,与建筑师彼得赖特,一个互动的现代玩具屋称为万花筒之家。这所房子装饰微型艺术品和当代艺术家和设计师的家具。2006年,西蒙斯了她第一部电影“音乐的遗憾,”三幕的首演于纽约现代艺术博物馆和主演梅丽尔斯特里普小型音乐。
“席梦思”结合到一个40分钟的音乐为她写的字和迈克尔罗哈廷组成的音乐,她以前的工作。 第一部分提出的赔率为2比1的傀儡家庭促进就业,第二个特点梅丽尔斯特里普与一个虚拟(谁是亚当葛特表示);第三显示了腿的物体,由阿尔文艾利二公司体现了浪漫的二重奏,到舞台试演为他们的作用。
这部影片,因为在节日博物馆和全球放映包括沃克艺术中心的锤博物馆 ,在泰特现代的蓬皮杜中心的孔斯特电影双年展在科隆 ,与21世纪的当代艺术博物馆在日本金泽举行。
2008年,西蒙斯合作与设计师Thakoon Panichgul创造了2009年春季系列面料。 该模式包括就西蒙斯系列散步“躺在对象从八十年代后期,涉及的都是由不同立场的各种对象的动画腿”的变化。 对于Thakoon的线布是基于与玫瑰搭配腿。
她的作品在纽约大都会博物馆永久收藏的古根海姆博物馆的现代艺术和惠特尼美国艺术博物馆 ,纽约市博物馆 ,是在洛杉矶当代艺术博物馆 ,在科科伦艺术画廊中华盛顿特区,在东京原美术馆,在里斯本,葡萄牙和现代艺术市立博物馆在阿姆斯特丹椭圆基金会,等等。
.
.
.
.
.
.
.
source: tomiokoyamagallery
ローリー・シモンズは、人間の代わりである腹話術人形やおもちゃ、人形、雑誌の切り抜きなどをその他の小道具と共に登場させる写真や映像作品で知られています。彼女の写真作品のシリーズを短く物語的に要約すれば、以下のようなものが含まれます:50年代のインテリアの中に、主婦のようなヴィンテージの人形を配した「Early Color Interiors」(78年-79年)、人形たちがエッフェル塔やラスベガスのカジノなどを背景に奇妙な観光を繰り広げる「Tourism」(83-84年)、ケーキや銃、家などのオブジェの上半身と、人形の足とのハイブリッドの肖像である「Talking Objects」(87-89年)や「Walking and Lying Objects」(87-91年)、舞台の上でパフォーマンス中の俳優であるかのようにセットされた人形たちの「The Boxes (Ardis Vinklers)」(05年)などです。
シモンズは舞台上の、あるいはその中に入り込んだ人形やオブジェたちの意味深い記録と完全な振り付けを通じて、ある特定の環境に結びついた人間のパフォーマンスについての考察を長く続けてきました。虚構と現実の境界線がしばしば曖昧になり、作家の作り出すタブローは、偽りのない人間性や感情、人格といったものを呼び起こします。評論家のケイト・リンカーは、シモンズが70年代半ばに登場した、写真をコンセプチュアルな媒体として捉えたアーティストたちの世代に位置づけられるとし、「リチャード・プリンス、ルイーズ・ローラー、バーバラ・クルーガー、そしてサラ・チャールズワースのようなこれらのアーティストたちは、エド・ルシェやジャン・ディベッツらの、写真をベースにしたコンセプチュアルな実践精神を受け継ぎ、社会的文化的な表現の実験について論じる手段という、写真にとっての新たな定義を与えることになった」(Kate Linker, Reflections on a Mirror, Laurie Simmons, Walking, Talking, Lying,2005,p.8 Aperture Foundation)と指摘しました。バーバラ・クルーガーの作品と言葉をまとめた書籍”Love for Sale”の編著者でもある彼女はまた、「シモンズの作品は、物質の重要性に焦点を当てたアメリカ文化における、複雑な変換に対してのシンプルを装った回答である」と述べています。(前掲書、p.9)
» 展覧会について
本展では、新作の写真シリーズ『LOVE DOLLS』14点と、映像作品『Geisha Song』を展示いたします。2009年、小山登美夫ギャラリーでの初個展の際来日したシモンズは、秋葉原の書店で女子高生の制服を着たラブドールの小さなポスターを見つけました。シモンズは、「日本への旅の前に、私の作品を変え、前に進ませてくれるような何かを見つけられるような予感が強くしていました」(Laurie Simmons, The Love Doll, p.10)と後に語っています。彼女はさっそくこの高性能にカスタマイズされた、等身大の日本のラブドールを2体購入することになりました。
もとはセックス・パートナーの代理品として作られた人形は、薄いスリップを身にまとっただけの姿でクレートの中に入れられ、シモンズのニューヨークのスタジオに届きました。付属品の箱には、婚約指輪と女性器が添えられていました。シモンズは、この人間サイズの「女の子」との写真的な関係を記録し始めます。結果として生まれた写真では、まるで生きているかのようなラテックスの人形が進行中の「アクション」シリーズを演じる様子が表現され、作品は作家とこの進化する人形との関係性を追い、クロノロジカルなタイトルがつけられています。 シモンズは人形のために洋服を選び、ジュエリーや小道具を用意し、リビング、台所、バスルーム、あるいはプールの中や庭など、様々な場所で様々なポ―ズのポートレートを撮影しました。彼女は人形たちを刻一刻と移ろう太陽の光、変わる季節の中で、フィルムに記録しています。映像作品「GEISHA SONG」では、日本の伝統的な芸者に仕立てられたラブドールが、ゆっくりと動くカメラワークと、細部まで行き届いたクローズアップで映し出され、マレーネ・ディートリッヒの”Falling in Love Again”の英語の歌詞を日本語のアクセントで歌う、軽快な歌声が流れます。
本シリーズは写真集『THE LOVE DOLL』として刊行され、作品はニューヨーク、ロンドン、パリ、アスペン(コロラド州)、スウェーデンのヨーテボリで発表されています。2011年ニューヨークのSalon 94で行われた個展の展評でジェフリー・カストナーは、人形の大きさという物質的な問題にとどまらない彼女の作品の変化について、「シモンズは明らかに感情的な度合いを強め、彼女自身も彼女のプロジェクトもより豊かに、心理学の領域に終始しない広がりを見せている。これまでのより物質的で心理学的な、いわば毒を抜かれた演出ではしばしば失われていた“アニメーション”的な要素をも、巧みに使いこなしている」と評しています(Jeffrey Kastner, ARTFORUM, May 2011)。同シリーズは、森美術館で開催される10周年記念展『LOVE展:アートにみる愛のかたちーシャガールから草間彌生、初音ミクまで』(2013年4月26日〜9月1日)へも出品されます。いよいよ日本で初公開となる待望の新シリーズを、是非ご高覧ください。
» 作家プロフィール
ローリー・シモンズは、1949年米国ニューヨーク州ロングアイランド生まれ。1971年、タイラー・スクール・オブ・アート(フィラデルフィア)芸術課程修了。現在ニューヨーク在住。作品はメトロポリタン美術館、ニューヨーク近代美術館、ホイットニー美術館、グッゲンハイム美術館、ロサンゼルス現代美術館、フィラデルフィア美術館、ウォーカー・アート・センターを始めとするアメリカの名だたる美術館にコレクションされているほか、アムステルダム市立近代美術館、イスラエル美術館、日本でも国立国際美術館、原美術館、金沢21世紀美術館で所蔵されています。近年では2012年、スウェーデンのヨーテボリ美術館にて、ラブドールシリーズを含めたこれまでの代表作の個展が開催されされたほか、今年のベニス・ビエンナーレでは、アラン・マッカラムとの共作による『ACTUAL PHOTOS』シリーズ(1985年制作)を出品予定です。コムデギャルソンやシャネルほか、ファッションブランドとの コラボレーションプロジェクトも多く手がけています。