RICHARD DUPONT

デュポン氏は、コンピューターで自分の体の3Dスキャンを操作し、ラピッドプロトタイピングやコンピューター数値制御ミリングなどのデジタル製造方法と、従来の石膏鋳造やその他の面倒な手作業を組み合わせて、古風で未来的な姿を表現します。古代ギリシャのクーロス像に似た姿勢の彼の立っているヌードの1つは、1つの軸で見ると波紋に溶け込んでいるように見え、現代世界における人間の精神的な経験を示唆しています。

ANGELIN PRELJOCAJ

フレスコ画
“アンジュランプレルジョカイのラフレスコ画のインスピレーションは、古代と現代の両方です。表面的には、修道院に到着した2人の巡礼者が、5人の女性を描いた壁画(フレスコ画)に出くわした、700年前の中国のおとぎ話に基づいています。男性の一人(チューという名前)は、絵の中の女性のイメージに夢中になり、彼女の世界に夢中になります。彼らは、男がフレスコ画の内側の聖域から嫉妬深いクランスタイルの黒人の騎士に襲われて絵から投げ出される前に結婚します。チューはその後、死すべき世界でほんの数秒しか経過していない間に、彼がこの別の人生を生きてきたことを発見します。プレルジョカイの現代的なひねりは、ポケモンゴーの流行が絶頂に達した2016年にこの作品を作成したことから生まれました(若者は携帯電話で漫画の生き物の画像を探していました)。彼は、仮想現実のこれらの遠い類似点をつかみ、古代でも現代でもなく、物語と抽象の両方であるこのフルレングスの作品を作成しました。” Graham Watts

SCOTT HESSELS

Shadow Play
via highlike submit
(via alexa)

皮影戏的古代艺术的轮廓是通过光线穿透半透明的屏幕来实现的,该雕塑使用风车的旋转作为动力来产生演示的背光。 此外,风还旋转了一系列使木偶动画的齿轮和盘子,并移动了背景立体模型以创建一分钟的皮影戏表演

FRANCESCA FINI

Liszt
20世紀初頭で、3人の子供が家族写真のポーズをとっています。子供たちはエルサレムのキリスト教移民の植民地の若い開拓者です。写真家のその後の介入は、彼らの当惑した顔にその時代の写真の偽色を追加しました。色合いとクッキーやホットミルクの匂い、磁器人形、長い海の旅、ほこりっぽい古い本、そして人工的な「無垢」の組み合わせ。これは、私の顔の下部が子供たちの顔の下部に置き換わるデジタルトランスフォーメーションの出発点であり、時間と意味の逆転で、別の種類の物語が来るにつれて、非時間と非意味で結晶化されます写真が撮られた独特の状況にそれ自体を重ね合わせて、その比喩的な重要性を探す光。このようにして、3人の子供は家族写真の永遠の枕に閉じ込められた3人の人間の原型になります。それは強制的な聖体拝領であり、相互の焦りと言葉の暴力の増加につながり、言葉に重なり、あらゆる種類の相互作用を防ぎます。コミュニケーション不能の感覚は、インターネット上で見つかったフレーズの断片をマッシュアップで並置することによって得られます。マッシュアップは、聞いていない単語が、意識的かどうかにかかわらず、純粋な状態での暴力であるかを明らかにする現代の無意味な対話に解き放たれます。したがって、この写真に隠された宇宙、これらの古代の開拓者による失われた無実の探求の家族アルバムの人間の夢と幻想の叙事詩は、歴史を通して極端な結果をもたらした暴力の形に変換されます。自分の言葉しかないときは、口が武器になります。それにもかかわらず、私がこれらの3人の知らない祖先を通して世界に委託するという希望の一種のメッセージで、聞くための招待は最終的に回復します。

ANDY GOLDSWORTHY

安迪戈兹沃西
アンディ·ゴールズワージー
Энди Голдсуорти
Clay Wall

ゴールズワージーが作る作品は素材がすべて自然物、石、植物の花や枝や葉や茎、氷などだ。しかもそれらをつかって、絶えず変化する自然の中に、海、川、湖、森などに長い長い時間をかけて作品を作る。汀で積み上げていた石が途中で崩れてしまうなどというアクシデントが起こり、満潮までに間に合わないかもしれないという時間との戦いも作品の一部である。しかも、首尾よく作品が完成したとしても、当然時間の経過につれて、それらの作品は流されたり、満潮時に波間に消えたり、氷の作品の場合は解けたりする。つまり消滅する。一種の時間芸術でもある。だから、彼の作品の実物を見るには、ある限られた時間内に現場に行かなくてはならない。それが出来る人は限られる。そこで彼は作品をすべて写真に収め、何冊も写真集を出している。まるで古代の遺跡、遺物の記録のようでさえある。

RON FRICKE

Рон Фрике
론 프릭
ロン·フリッケ
罗恩·弗里克
samsara
SAMSARAはサンスクリット語で「常に回転する人生の輪」を意味し、映画製作者が私たちの生活を貫くとらえどころのない相互接続の流れを探す出発点です。 ほぼ5年間、25か国で撮影されたSAMSARAは、私たちを神聖な場所、災害地帯、工業用地、そして自然の驚異に連れて行ってくれます。 SAMSARAは、対話や説明文を省くことで、伝統的なドキュメンタリーに対する私たちの期待を覆し、代わりに、古代から現代へと吹き込むイメージや音楽に触発された私たち自身の内面の解釈を奨励しています。