Refik Anadol

潜伏者
潜伏者是一个新装置,它将柏林 Kraftwerk 像大教堂一样的混凝土规模转变为一个动态的人类人工智能生态系统。大量与柏林相关的视觉和声音记忆、建筑和参观者都成为表演的参与者。 Anadol 让游客沉浸在他们观察机器思维并与之互动的世界中。

CHRISTIAN BOLTANSKI

基督教波尔坦斯基
בולטנסקי
クリスチャン·ボルタンスキー
Кристиан Болтански

Homage

R.I.P 1944-2021

Preoccupied with collective memory, mortality, and the passage of time, Christian Boltanski creates paintings, sculptures, films, and mixed-media installations that approach these themes in a range of styles, symbolic to direct. Boltanski often makes metaphorical use of found objects, as in No Man’s Land (2010), an enormous pile of discarded jackets set to the soundtrack of thousands of human heartbeats, suggesting the anonymity, randomness, and inevitability of death. In Monuments (1985), electrical bulbs cast a seemingly bittersweet light on pictures of child holocaust victims. Describing his interest in personal histories, Boltanski has said, “What drives me as an artist is that I think everyone is unique, yet everyone disappears so quickly. […] We hate to see the dead, yet we love them, we appreciate them.”

TATSUO MIYAJIMA

宫岛达男
在日本当代先锋艺术家宫岛达男眼中,数字是抽象的,又是有具象意义的,它们象征着巨大的可能性,时间和空间的永恒,生命、死亡和重生的无限循环。他围绕着 ——“持续变化”、“关联一切”、“永无止尽”为主题进行艺术创作,这些源自古老的东方佛教哲学的概念,结合他运用的LED、计算机集成电路和视频投影技 术后,散发出充满现代感的全新魅力。

TATSUO MIYAJIMA

宫岛达男
mega death

在日本当代先锋艺术家宫岛达男眼中,数字是抽象的,又是有具象意义的,它们象征着巨大的可能性,时间和空间的永恒,生命、死亡和重生的无限循环。他围绕着 ——“持续变化”、“关联一切”、“永无止尽”为主题进行艺术创作,这些源自古老的东方佛教哲学的概念,结合他运用的LED、计算机集成电路和视频投影技 术后,散发出充满现代感的全新魅力。
宫岛达男的很多作品中都采用了精密的LED设计,使从9到1(或从1到9)的数字——人类最为通用和极简的语言,循环跳转。当他们同时熄灭,整个房间会浸 入一片黑暗,但是在他的作品中却从未出现数字0,因为艺术家认为0意味着否定,否定了人类存在的无限循环,艺术家以让0缺失的方式引发更多对于虚无的思 考。

艺术家自述

从1988 年起,我就开始尝试用LED 和数字化的计算排列方式来进行艺术创作。其中,我想要表达的主旨有三个:“持续变化”,“关联一切”,“永无止尽”。作品的数字排列是从9 到1(或从1 到9),变化的速度因不同数字而异。0 则不被表现出来,用灯光的熄灭来代替。数字运行时所发出的光代表了“生”,而表示0 的黑暗部分则意味着“死”。我把这个计算和排列系统视为生命的象征,这是多年来我一直想表达的观念。这种思想最早源于佛教。中国为佛教的传播做了很大贡 献,因此这次来到中国举办个展,我感到很荣幸。

SIDI LARBI CHERKAOUI

佛经
在佛经中表演的17位僧侣直接来自位于中国河南省登封市附近的原始少林,由来自印度的僧侣于公元495年建立。 1983年,国务院将少林寺确定为国家重点佛教寺。僧侣遵循严格的佛教教义,功夫和太极武术是其日常政权不可或缺的一部分。西迪·拉尔比(Sidi Larbi)拜访了中国的少林寺,并与少林僧侣一起工作了几个月,一生都对探索少林传统背后的哲学和信仰,与功夫的关系及其在当代艺术中的地位感兴趣。语境。

THOMAS HEATHERWICK

种子大教堂
大教堂的建筑是Heatherwick 2003年在英国埃塞克斯(Essex)的Sitooterie II作品中的精美画。英国馆的最初设计策略确立了三个目标,以满足外国联邦办公室的主要期望,即该馆应成为世博会上最受欢迎的五个景点之一,但要用其他西方国家的一半预算来建造。第一个目的是设计一个展馆,其建筑风格是其所展内容的直接体现。第二个想法是确保在其周围有较大的公共空间,以便游客可以放松身心并选择进入凉亭建筑,或者从一个安静,无排队的有利位置清楚地看到它。三,在其他数百个相互竞争的展馆,活动和计划中,它将是独一无二的。

JASON HOPKINS

生物结构IV
杰森·霍普金斯(Jason Hopkins)致力于人类的未来进化,将几何形状和有机形状结合在一,创造出具有有趣结构和类似于大型肿瘤形状的物体。我喜欢皮肤纹理方面的出色工作,在他的博客上,您可以找到一些有趣的纹理和程。

ALEJANDRO MUNOZ MIRANDA

恰帕拉尔教育中心
学校没有比这更好的了:由建筑师亚历杭德罗·穆尼兹·米兰达(AlejandroMuñozMiranda)建造的辉煌的彩虹般的避风港,于2010年在他的祖国西班牙建造。院子,所有教室都通向该院子。建筑物的外部设有矩形窗,具有不同的主要阴影,这些彩色的光线沿着走廊投射出五彩缤纷的光影,生了神奇的效果。

Luis Barragán

路易斯·巴拉甘(Luis Barragán;1902年-1988年)是最偉大的現代主義者之一,也是20世紀最重要的拉丁美洲建築師。他出生在墨西哥的一個牧場中。在牧場周圍,大片的紅色土地上有著噴泉和花園的小房子,教堂和熙攘的鄉村市集散落在這些私家宅院之間。來自童年時的生活環境帶給了巴拉甘極為深刻的印象。色彩成為了巴拉甘的鮮明的個人標誌,後來也成為了墨西哥建築中的重要設計元素。

Mario Cucinella Architects

CSET – Centre for Sustainable Energy Technologies, Ningbo, China
由Mario Cucinella设计的,于中国宁波的CSET中心(可持续能源技术)尽量使用天然的资源,如雨和低耗能材料。中国是世界上最大的能源消耗国之一,该建筑对环境友好的态度给世界上的其它建筑树立一个样例:绿色、美丽加上可持续能源技术。 可持续能源技术中心的中心任务是推广可持续能源技术,包括太阳能、光电池风力等。1300平方米建筑面积包括了游客中心,研究实验室和进行硕士教育的教室。建筑立于一片校园内的草地和溪流边。该设计的灵感来自于中国传统的木帘子。

TAIYO KIMURA

Sleep Walkers
木村太陽の作品世界は「批判」という言葉に端的に象徴されるのではないでしょうか。誤解されがちですが「批判」とは決して何かを悪く言うとか、否定的であることを前提としてはいません。むしろ、省察や精査を重ねることでより良い可能性を模索しようとする、極めてポジティブな態度です。
その意味で木村太陽の批判の対象となるのは、因習やシステム、自然や人間の生理と政治性の関わりなど、我々自身を取り囲む日常の些細な事象で、愚直なまでに根気の要る作業を積み重ねる制作プロセスは、大いなる回り道を辿るかのようです。そして個々の作品の仕掛けやギミックは、真摯でありながら、とてもユーモラスでシャイにすら感じられます。
それは、木村が威圧的で教条的な視点に立つことや、意味ありげな態度をとることを忌避しているからに他なりません。このことは、コンセプチュアルアートやミニマリズムそのものへの批判でもあり、こうした「批判の入れ子状態」こそが、木村太陽のアーティストとしての在り方を、独自のものにしています。

Jeroen van der Hulst

unfixed constructions
耶隆·范·德·赫尔斯特(Jeroen van der Hulst)是海牙的一位艺术家和作家。 从乌得勒支艺术学院获得美术学士学位后,他在柏林工作和生活。 在此期间,他参与了Agora Collective,在那里他制作和管理了有关艺术,文学和技术的教育平台。 他撰写了多篇文章,将艺术与社会评论相结合,以研究社会对话中的知识传播和艺术。

Gerrit van Bakel

異世界への憧れと、クリエイティブな個性そのものを指針とすることがロマンティックアートの特徴です。 ロマン派の芸術家は、彼の合理主義と達成への焦点でブルジョア社会から離れます。 対照的に、彼は彼自身のインスピレーションだけに従う創造的な個人の自由を提案します。 この個人主義が伴う社会的孤独の中で、ロマン派は連帯と調和を切望しています。 彼は自然に夢中になりたいと思っており、宗教的な安全を求め、伝統的な伝統と結びついています。
彼の時代の唯物論に反して、Gerrit vanBakelは理想主義者として自分自身を提示しました。 強力で効率的な技術とは対照的に、彼だけが無駄なマシンを思いついた。そのパフォーマンスは賞賛に加えて、笑顔を生み出した。 ロマンチックなユートピアのように、彼は世界に直面しました。

TIM HAWKINSON

蒂姆·霍金森
ティム·ホーキンソン
تيم هاوكينسون
蒂姆·霍金森(Tim Hawkinson)的作品有多种艺术形式,包括绘画,绘画,摄影,录像,装置和声音,但他最受欢迎的作品是雕塑。他以使用简单的方法,工具和零件制作复杂的结构而闻名。例如,用电工和塑料布制成的风笛大小相当于足球场的大小。这不是他唯一以音乐为特色的作品。还有他的作品《五旬节》。它的特征是在纸板树上竖立了十二个与自己一样大小的雕塑。这些都被编程为播放宗教赞美诗。他还以创造动感和发声元素的纪念性作品和微观作品而闻名。总而言之,他的作品既以科学为基础,也以艺术为基础,尤其是因为他经常为自己的作品创造新的发明和工具。
蒂姆·霍金森(Tim Hawkinson)的灵感来自他自己的身体,并试图对其进行重新想象。确实,有时甚至会牵涉到他的身体,例如当他使用自己的指甲剪和头发做雕塑时。他还喜欢表达生命,死亡和时间的流逝。

CHRISTIAN BOLTANSKI

基督教波尔坦斯基
בולטנסקי
クリスチャン·ボルタンスキー
Кристиан Болтански

CHRISTIAN BOLTANSKI

基督教波尔坦斯基
בולטנסקי
クリスチャン·ボルタンスキー
Кристиан Болтански
Monument-Children of Dijon

FRANCESCA FINI

Liszt
20世紀初頭で、3人の子供が家族写真のポーズをとっています。子供たちはエルサレムのキリスト教移民の植民地の若い開拓者です。写真家のその後の介入は、彼らの当惑した顔にその時代の写真の偽色を追加しました。色合いとクッキーやホットミルクの匂い、磁器人形、長い海の旅、ほこりっぽい古い本、そして人工的な「無垢」の組み合わせ。これは、私の顔の下部が子供たちの顔の下部に置き換わるデジタルトランスフォーメーションの出発点であり、時間と意味の逆転で、別の種類の物語が来るにつれて、非時間と非意味で結晶化されます写真が撮られた独特の状況にそれ自体を重ね合わせて、その比喩的な重要性を探す光。このようにして、3人の子供は家族写真の永遠の枕に閉じ込められた3人の人間の原型になります。それは強制的な聖体拝領であり、相互の焦りと言葉の暴力の増加につながり、言葉に重なり、あらゆる種類の相互作用を防ぎます。コミュニケーション不能の感覚は、インターネット上で見つかったフレーズの断片をマッシュアップで並置することによって得られます。マッシュアップは、聞いていない単語が、意識的かどうかにかかわらず、純粋な状態での暴力であるかを明らかにする現代の無意味な対話に解き放たれます。したがって、この写真に隠された宇宙、これらの古代の開拓者による失われた無実の探求の家族アルバムの人間の夢と幻想の叙事詩は、歴史を通して極端な結果をもたらした暴力の形に変換されます。自分の言葉しかないときは、口が武器になります。それにもかかわらず、私がこれらの3人の知らない祖先を通して世界に委託するという希望の一種のメッセージで、聞くための招待は最終的に回復します。

SUN K. KWAK

ニューヨークのアーティストSongK Kwakは、ダクトテープを唯一の表現素材(ほとんどの場合黒)として使用して感情を表現し、その言語は壁の彼女の体のジェスチャーに投影されます。キャリアとして、黒いマスキングテープは2Dと3Dの表面の間を自由に移動します。通常のテープの柔軟性とアクセスしやすさから、彼はストロークを身体の延長として指定します。このプロセスは、さまざまな視覚的および環境的空間を妨げられることなく流れる環境と統合する試みです。黒い線は、独特の建築とその周辺の間に生じる多くのエネルギーのダイナミズムを伝えています。韓国で生まれ、アーティスト、クワクとして教育を受けました。ニューヨークで勉強している間、彼は独自のフリーハンドマスキングテープ技術を開発し、階段、公共の建物のロビー、小さなアートギャラリー、建物のファサードなどの建築空間の表面に直接ペイントしました。彼は暴露します。彼のインスタレーションは、ドローイングと彫刻の中間にある空間と体験を生み出します。

CHRISTIAN BOLTANSKI

基督教波尔坦斯基
בולטנסקי
クリスチャン·ボルタンスキー
Кристиан Болтански