TROIKA

ダークマター
「トロイカの形而上学的に奇妙なぶら下がっている彫刻ダークマター(2014)、立っている場所に応じて円、正方形、または六角形のように見える大きな黒いオブジェクトは、(オールドウォルバーのビデオのように)主観的な視点と客観的な真実。
.
Dark Matter, a large black object that looks like a circle, a square or a hexagon depending on where you’re standing, probes (like Olde Wolber’s video) a very contemporary disturbance about the irreconcilability of subjective point-of-view and objective truth.

.

Un grand objet noir qui ressemble à un cercle, un carré ou un hexagone selon l’endroit où vous vous trouvez, sonde (comme la vidéo d’Olde Wolber) une perturbation très contemporaine sur l’inconcilabilité du point de vue subjectif et de la vérité objective.

RICHARD DUPONT

デュポン氏は、コンピューターで自分の体の3Dスキャンを操作し、ラピッドプロトタイピングやコンピューター数値制御ミリングなどのデジタル製造方法と、従来の石膏鋳造やその他の面倒な手作業を組み合わせて、古風で未来的な姿を表現します。古代ギリシャのクーロス像に似た姿勢の彼の立っているヌードの1つは、1つの軸で見ると波紋に溶け込んでいるように見え、現代世界における人間の精神的な経験を示唆しています。