NOBUYUKI HANABUSA / ENRA

primitive

「この新しい作品は、原始的な生物、微生物、ウイルスを象徴しており、彼らにとっては意味がないように見える彼らの生活のダイナミクスを表現しています。」 「エンラのパフォーマーは非常に才能のある武道家、ジャグラー、ダンサーであり、それぞれが私たちの作品で独自の専門性を示しています。」 「最終的なビデオは、プロジェクターを介してスクリーンにビデオを投影することで簡単に実現できます。 グループは、グラフィックと同期して体の位置を維持し、繰り返し練習することでこれを完成させます。」 花房信行

TROIKA

ダークマター
「トロイカの形而上学的に奇妙なぶら下がっている彫刻ダークマター(2014)、立っている場所に応じて円、正方形、または六角形のように見える大きな黒いオブジェクトは、(オールドウォルバーのビデオのように)主観的な視点と客観的な真実。
.
Dark Matter, a large black object that looks like a circle, a square or a hexagon depending on where you’re standing, probes (like Olde Wolber’s video) a very contemporary disturbance about the irreconcilability of subjective point-of-view and objective truth.

.

Un grand objet noir qui ressemble à un cercle, un carré ou un hexagone selon l’endroit où vous vous trouvez, sonde (comme la vidéo d’Olde Wolber) une perturbation très contemporaine sur l’inconcilabilité du point de vue subjectif et de la vérité objective.

MARCELO JÁCOME

Planos-pipas n17
「マルセロ・ヤコームのプラノスピパス(アーティストの母国ポルトガル語で「凧の飛行機」)は、ダイナミックで直感的なドローイングの品質を維持しながら、紙を彫刻素材として扱います。竹のフレームに張られた鮮やかな色のティッシュペーパーのシートが綿の糸でつながれているこの作品は、さまざまなコンポーネントが半混沌とした一体感で動いていることを示唆しています。立ち直る:角が出会って建築の形を模倣するか、半屋根のほぼ避難所になります。立体的な形とのそのちらりと見える関係は、三次元性へのヤコムの遊び心のあるアプローチの一部です。この作品は、凧自体と同じように、文字通り説明を回避しているように見えます。凧の本質は広告でのみ明らかにされます。 istance、スレッドの終わりに。ヤコムの作品は物事の端で踊り、まばゆいばかりの色と線の閃光で私たちの手から滑り落ちます。」Ben Street

TOBIAS REHBERGER

Тобиас Ребергер
‘nothing happens for a reason’

Tobias Rehbergerは、彼のインスタレーションで空間の知覚を巧みに操っています。理由は何も起こりません。 フィンランドのモダン家具メーカーとの2回目のコラボレーションでは、ArtekはLogomoCaféを作品の舞台として使用しています。 今回、レーバーガーはヴェネツィアビエンナーレのコンセプトを再検討し、同じくアルテックと共同で、エスポジツィオーニ宮の常設インスタレーションで最優秀アーティストのゴールデンライオンを獲得しました。 白い背景の黒い線がカフェの表面(床、壁、椅子)を蛇行しています。 カウンターや一部のテーブルでミラーを使用すると、オブジェクトが失われたように見える場所に作成された目の錯覚を反映および強化するスペースが複製されます。