New Movement Collective

ネスト
ホメロスのオデッセイに大まかに基づいたマシュマロレーザーフィーストの照明設備は、礼拝堂のかすんでいる内部ドーム内の主要なパフォーマンススペースを照らしました。アジャイルボディが多くの照明付きの塔や表面を通り抜けるときに、グリッドのような突起が可動構造(建築設計事務所Studio Weaveによって設計された)と交差しました。この最初の行為は、上の左右のバルコニーから観客に見られました。 2番目の行為であるコンクリートの地下室にあるロープで裏打ちされた階段の下り飛行は、三角形のネオン管と開いたドアから染み出した不気味な輝きだけで照らされ、より方向感覚を失いました。カナダの作曲家クリストファー・マヨと電子音楽の作曲家/パフォーマーのアンナ・メレディスによる、より速くてパーカッシブなスコアに合わせたダンスのスタイルは、聴衆に立ち向かい、ダンサー(一部はストリートウェアを着ていた)と境界なしで上演されました。視聴者。

QUASAR

违规
“观众沉浸在充满声音和音乐的图形银河,他们可以用手臂的手势和凝视的方向进行控制:视觉,声音组成的不断创建,修改和破坏的过程”

TARIK KISWANSON

父亲形式
每个“父亲形态”都成为一种门,是一种for般体验的器皿。进入,旁观者将被多重反射倍增,消除和脱节。作品的深刻声音放大了这种感觉。这些雕塑容器模糊了内部和外部,开放与围护,个人与集体之间的界限。

Refik Anadol

潜伏者
潜伏者是一个新装置,它将柏林 Kraftwerk 像大教堂一样的混凝土规模转变为一个动态的人类人工智能生态系统。大量与柏林相关的视觉和声音记忆、建筑和参观者都成为表演的参与者。 Anadol 让游客沉浸在他们观察机器思维并与之互动的世界中。

LUCID CREATES

先物
フューチャーズは、光、音、鏡の目の錯覚を利用して、観客を良いことが起こった場所に連れて行き、私たちが望む未来が今存在します。フューチャーズは、観客が空間と時間の処理から意識の知覚まで何でも明らかにすることができる幻想を体験する没入型の空間です。さまざまな形をとるモジュラーライトインスタレーションです。ここでは、消失点に向かって内側にトンネルを掘る鏡とライトで作られた通路として示されています。

Push 1 stop and Woulg

Interpolate
Interpolate 结合了实时编码和生成过程来创建视听控制音频,音频控制视觉的视听表演。鲜明、极简、生成的 3D 几何和粒子系统将观众带入音乐,传达声音的物理特性,同时描绘出旋律的情感景观。插值意味着通过从周围的已知值计算来确定序列中的中间值或项;在舞台上 Push 1 stop 和 Woulg 以无线方式相互发送数据,以便能够实时修补音频和视觉之间的新交互,并在声音和图像之间插入缺失的数据。

Joachim Müllner

The wikisinger
Vincent Rouffiacが監督し、TouchéVideoproduktionがIRCAM、Les Gens Du Son、Studio Davoutと共同で制作したこのビデオは、同じ曲のアカペラの解釈を通じて、15の異なるシナリオで、人工的な効果を追加せずに、音響の違いを体験します。 In TheCanopyのギター兼歌手であるJoachimMüllnerによる。

Memo Akten

Deep Meditations
深度冥想:60 分钟内几乎所有事物的简史是一个大型视频和声音装置;一部多频道、一小时的抽象电影;一座纪念生命、自然、宇宙和我们对它的主观体验的纪念碑。这件作品通过缓慢、沉思、不断演变的图像和声音,通过深度人工神经网络的想象力,邀请我们踏上精神之旅。

Jiayu Liu Studio

Happy Recipe
这件艺术品是一个声音互动装置。根据乐器、音序器和乐队的位置放置不同类型的蔬菜和水果。然后通过主板的控制,将50首曲目输入到不同的项目中,接收来自感应观众触摸位置的传感器的信号,然后输出不同的音效。通过现场采样,采样上海、成都、沉阳街头小贩真实的叫卖声,形成音源,让观众的动作反馈也能融入创作过程。包容、流行、无处不在是我对菜市场的特殊感受。音乐是一样的。不同的音效混合在一定的时间和空间中,涵盖了不同的声音、含蓄的文化和现代时尚。每一个菜市场就像一场普通而特殊的音乐会,每一个人、每一件物品都是观众和主角。因此,作者希望通过新媒体艺术,弱化科技与日常生活之间明显的距离感,创造一种新的庸俗生活感。

TeamVoid

Over the air
「OvertheAir」は、世界の空気質指数に基づいてデータを介して信号を生成し、産業用ロボットアームがデータを再構築して図面と音声を生成する方法です。このアートワークは、将来の産業と環境汚染との間に相関関係が生じるという現実を反映しています。これにより、視聴者は、各都市のデータ等高線によって描かれた地図を視聴覚形式で想定した結果を体験することができます。

WOW inc.

RENDER
透明な有機ELディスプレイ20枚を使った実験的な映像インスタレーション作品。雨や風、雷といった自然界で起きている現象をモチーフにして制作した映像と、その音の断片をプログラムによって立体的に再構成し「実際には見えていないけど見える」知覚の現象に着目した作品である

Tim Murray-Browne

Post-Truth and Beauty
Post-Truth and Beautyは、光と音の抽象的な世界を部分的に垣間見ることで、「真実」のつかみどころのない性質に類似した感覚体験を生み出すことを目指しています。訪問者は、スピーカーリングに入ると、一度に1つずつ作品と対話するように招待されます。光と音はどちらも、視聴者の頭の位置に応じて変化します。視聴者が頭を動かして視点を変えると、この世界のさまざまな部分が明らかになります

ENESS

Airship Orchestra
飛行船オーケストラは、夜の星から放たれた異世界のキャラクターの神秘的な部族であり、銀河の縞模様の肌と星屑のような声です。訪問者はフォーメーション内で手招きされ、ボリュームのある音とリズミカルな光の脈動を浴びます。
.
La Airship Orchestra es una tribu mística de personajes de otro mundo que brotan de las estrellas nocturnas, la piel está teñida de galaxias y voces como polvo de estrellas. Se invita a los visitantes dentro de la formación a bañarse en el sonido volumétrico y la pulsación rítmica de la luz.
.
Het Airship Orchestra is een mystieke stam van buitenaardse karakters die stralen van de nachtsterren, een huid vol melkwegstelsels en stemmen als sterrenstof. Bezoekers worden binnen in de formatie gewenkt om te baden in volumetrisch geluid en ritmische lichtpulsaties.

ROBERT HENKE


光正在使用高精度激光在屏幕上绘制连续的抽象形,并与声音完美同步。强烈的光线与完全的黑暗形成对比,缓慢的动作和微小细节的演化与强而有力的手势一样重要。结果既是古朴的又是未来主义的。新兴的模式为许多可能的解释留出了空间。象形文字,一种未知语言的符,建筑图纸,数据点之间的连接或类似Tron的早期视频游戏放大了1000

.

Light

Light is using high-precision lasers to draw continuous abstract shapes on the screen, perfectly synchronized with the sound. Intense light contrasts with total darkness, and slow movements and the evolution of small details are as important as strong gestures. The result is both quaint and futuristic. Emerging models leave room for many possible explanations. Hieroglyphs, symbols in an unknown language, architectural drawings, connections between data points, or early video games like Tron are magnified 1,000 times.

.

Lumière

La lumière utilise des lasers de haute précision pour dessiner des formes abstraites continues sur l’écran, parfaitement synchronisées avec le son. La lumière forte contraste avec l’obscurité totale, le ralenti et l’évolution des petits détails sont aussi importants que les gestes forts. Le résultat est à la fois pittoresque et futuriste. Les modèles émergents laissent place à de nombreuses explications possibles. Les hiéroglyphes, les symboles dans une langue inconnue, les dessins d’architecture, les connexions entre les points de données ou les premiers jeux vidéo comme Tron sont agrandis 1 000 fois.

MARGUERITE HUMEAU

先史時代の生き物のオペラ
異星人の音を生成するなめらかな黒い彫刻は、人類に先行する生命の形態に関するフモーの大規模な研究によって知らされています。王立芸術大学のデザイン相互作用の修士課程として、フモーは生物学的記憶の断片から遠い過去を再構築する方法への野心的な探求を始めました。この場合、先史時代の生き物の声道。

cao yuxi

ORIENS

ORIENS是曹雨西工作室2017完成的大型声音影像装置,装置第一次展出于北京今日美术馆,整个装置视觉和时长变化利用了美术馆巨大的30米*14米*14米的展出空间展示出了一个巨大的对称的原子黑洞空间,同时伴随视觉变化的音效大量地回响充斥反弹于沉浸空间,观众带入进一个超越感官极限的新维度空间。

Karina Smigla-Bobinski

ADA – ANALOG INTERACTIVE INSTALLATION
File Festival
与Tinguely的“Méta-Matics”相似,是“ ADA”具有灵魂的艺术品。它自己行动。在丁格利(Tinguely),成为一个疲惫不堪的机械人就足够。他费力地看了一下:这台机器除了工业上的自毁能力外什么都不生产。而Karina Smigla-Bobinski创作的《 ADA》是一种后工业的“生物”,是访客动画,具有创造力的艺术家雕塑,自我形成的艺术品,类似于一种分子杂种,例如纳米生物技术中的一种。它开发了相同的旋转硅碳混合动力,小型工具以及能够生成简单结构的微型机器。 «ADA»是更大的,美学上更复杂的交互式艺术制作机器。充满氦气,自由漂浮在室内,透明的,类似膜的地球仪,掺有木炭,在墙壁,天花板和地板上留下痕迹。尽管访问者感动,但«ADA»产生的标记是非常自主的。地球获得了活泼的气氛和黑煤的痕迹,看上去像是一幅图画。地球仪开始行动,制造出由线和点组成的线条,无论其强度,表达方式如何,访客都难以控制“ ADA”以驱使她驯化她,这仍然是无法估量的。不管他尝试什么,他都会很快注意到,《 ADA》是一个独立的表演者,用图画和标志signs满原始的白墙。越来越复杂的织物结构出现。这是视觉上的动作,就像计算机一样,在输入命令后也会产生无法预料的输出。并非徒劳的《 ADA》让人想起Ada Lovelace,他在19世纪与Charles Babbage一起开发了第一台计算机原型。 Babbage提供了初步的计算机,Lovelace是第一个软件。数学与她的父亲拜伦勋爵的浪漫遗产共生于此。 Ada Lovelace打算制造一种机器,该机器能够像艺术家一样创作诗歌,音乐或图片之类的艺术品。 Karina Smigla-Bobinski的《 ADA》秉承了这一传统,同时也是Vannevar Bush的创始人,他于1930年建立了Memex Maschine(内存索引)(“我们希望Memex的行为像复杂的步道网一样通过大脑的细胞”或提花织机,为了编织花朵和叶子需要打孔卡;或Babbage的“分析机”提取算法模式。 «ADA»在当今生物技术领域兴起。她是至关重要的表演机器,随着观众参与人数的增加,线条和点的样式变得越来越复杂。留下艺术家和访客都无法解读的痕迹,更不用说«ADA»了。而且,“ ADA”的工作无疑是具有潜在的人性化的,因为对这些标志和图画唯一可用的解码方法是,我们的大脑在睡觉时最多只能联想到这种联系:梦tru以求的严峻爵士乐。 (由Arnd Wesemann撰写)

RYOICHI KUROKAWA

黒川良一
Rheo-5-horizons

File Festival
日本を代表する映像/音響アーティストの黒川良一。1999年より映像および音楽作品の制作を開始して以来、メディアアートをとりまく国内外の様々なアート・フェスティバルにおいてインスタレーション展示、オーディオビジュアル作品の上演を行う。過去の展示、上演には、イギリスのTate Modern、イタリアのVenice Biennale、ドイツのTransmediale、そして本国バルセロナのSonar等がある。またヒューマン・オーディオ・スポンジ(元YMO: 現Sketch Show + Ryuichi Sakamoto)などのミュージシャンの為にライブビジュアルの上演も行っている

SVEN MEYER & KIM PORKSEN

ソニックウォーター
ソニックウォーターはサイマティックスのインスタレーションです。
サイマティクスは、砂や水などの物質を通してや振動を視覚化するプロセスです。最初は音がしました cymaticsがそのような強い魅力を発揮する理由は、私たちが「音を見る」ように条件付けられていないからです。 Cymaticsは、聞こえるものの本質を明らかにする魔法の道具のようなものですが、通常は見えません。それを使えば、さまざまな形の自然の原型を再現することができます。ですから、音には形があり、サイマティックスはそれが物質に影響を与えるだけでなく、形を引き起こすことを理解することを可能にします。実際、私たちは音が宇宙自体の形成に根本的な影響を及ぼしたと考えています。しかし、それは別の話です。主に、私たちはこの主題の単純さに魅了されています。必要なのは、音と、水などの非常に基本的な媒体を作成することだけです…まあ、最もクールなサウンドビジュアライザーになる可能性があります(そして私たちの見解では)。

Zackery Belanger, Guillermo Bernal, Seth Edwards, and Eric Ameres

マンタ
マンタは、音、立体視、マルチタッチ、脳波などのマルチモーダル入力に応答して、その状、つまり音響特性を変化させる表面です。適応可能な音響は一般的ですが、マンタは新しいレベルの連続性と応答性を探求し、個々の要素と修正処理を超えて音響システムを進歩させます。

KIT WEBSTER

謎めいた火星
Enigmaticaは、光、音、空間を組み合わせた実験的なプラットフォームとして機能します。一連の吊り下げられたフレームは、ギャラリーの長さとともにサイズが小さくなり、表面固有の投影された視覚シーケンスを表示するためのキャンバスとして機能します。この構築された次元間で、抽象的な視覚的および音響的シーケンスの開発を通じて、新しい形のデジタル彫刻の可能性を示しながら、幻想的な謎めいた環境を作り出すことを目指しています。

TEAMLAB

世界の均質化と変革
空中に浮かんでいる個々のボールは、ワイヤレス接続を介して相互に通信します。見る人が触れたり、物にぶつかったりすると、ボールの色が変わります。音は色に関連して生成されます。ボールはこの色情報を他のボールに送信し、他のボールはその情報を近くのボールに送信し、情報が拡散してすべてのボールの色が統一されます。インターネットは世界中に広がっています。個人はつながり、情報は自由に行き来します。人々は情報の仲介者としての役割を果たし、情報が広まるとすぐに世界は団結します。すべての個人が自由かつ簡単に情報を送信できます。個人は、情報を世界に送信する仲介者として機能し、情報を瞬時に変換します。

ENESS

JEM
JEMは、共有された経験を通じて人々を結びつける放射インタラクティブライトインスタレーションです。未来的で有機的な愚かさ。リラックスと畏敬の念を起こさせる休息の場所。 JEMは、強力なセンサーを介して人々の動きに個別に反応する、光にあふれた32本のスポークを備えています。豪華なポッド、リズミカルな音、そして魅惑的な光の脈動が、訪問者が休息し、夢を見て、遊ぶこの瞑想的なデジタル寺院で組み合わされています。

Prof. Klaus Teltenkoetter & Prof. Bernd Benninghoff

共鳴する
Resonateはインタラクティブなライト&フランクフルトで開催されるライトフェスティバルルミナーレ2012のサウンドインスタレーション。 Resonateはpara3dで設計されています。ホルベインステグのフランクフルト中心部にあるコンテナ船の長さ40メートルの内部は、インタラクティブな光と音のディスプレイになります。鋼の船体の中に光る弦の構造が浮かんでいて、大気の音と画像を生成します。デジタルLEDの光と音の助けを借りて、訪問者はこの空間をインタラクティブな3次元空間構成として体験します。

Klaus Obermaier, Kyle McDonald and Daito Manabe

Transcranial

奥地利多媒体艺术家兼编舞克劳斯·奥伯迈尔(Klaus Obermaier)在舞蹈和工艺艺术领域进行不断的实验,与媒体艺术研究中的其他两个参考文献联手,日本人Daito Manabe(现在是该音乐节的常客),而美国的Kyle McDonald也出席了本次艺术节。 Jardin des Plantes的装置Light Leaks。发表演艺术中各种形式的互动,“跨颅”是一项合作研究与创造项目的一部分,在这里,表演是工作的阶段之一。经颅尤其涉及电磁刺激及其对神经元的影响。在外部命令的冲动下(如Face Visualizer中的Daito Manabe所实践的那样),身体和大脑似乎受到功能失调,异常和不良行为的影响,而正是从数字技术中借来的这三个要素是其中一。

CHRISTINA KUBISCH

电动步道
克里斯蒂娜·库比什(Christina Kubisch)1948年出生于不来梅。她在汉堡,格拉茨,苏黎世和米兰学习了绘画,音乐(长笛和作曲)和电子学,并从那里毕。 七十年代的表演,音乐会和录像带作品,后是音响装置,声音雕塑和紫外线作品。 她的作品大多是电声作品,但她也为合奏作曲。 自2003年以来,她再次担任演奏家,并与各种音乐家和舞者合作。

FREDERIK DUERINCK & MARLEINE VAN DER WERF

做男孩做女孩
FILE FESTIVAL
“做男孩做女孩”是涉及视觉,听觉,触觉和气味的多感觉实验。 根据经验,我们的身体不仅仅是眼睛和耳朵。 们是体验和挑战现实的工具。在装置中,我们通过嗅觉,触摸(通过红外灯和风扇),图像(在360度下使用3D胶片眼镜)和全方位声音的组合来激活所有感官,从而创造了一种幻

KICHUL KIM

听起来不错
Kim Kichul一直致力于声音,与更传统的视觉艺术形式作对。对于Kim而言,声音本身就是主题,而不是构成整个雕塑一部分的附加元素,并且是含义中固有的连续体。Kim通过听广播的经历开始在工作中使用声音。他体验到了时空的音质,感觉就像他正在看一台收音机发出的真实声音一样。他在1993年的第一次个展中呈现的11面观世音菩萨作品以观世音菩萨这个词开,这解释了他对主题的感觉,就像他想看到它一样。金恩被《莲花经》第二十五章博蒙奔的诗句深深打动了,该诗说,如果萨特瓦在受苦的情况下简单地专心高呼观世音菩,他们就可以达到涅磐。通过在收音机上放置10个观世音菩萨雕像,每个雕像调到不同的频道,他提出了一种通过联觉观察声音的合成方法。

CAROLIN LIEBL & NIKOLAS SCHMID-PFÄHLER

文森特和艾米丽
FILE FESTIVAL
两个自愿的机器人在彼此及其周围环境之间处于一种奇怪的冲突中。 “ Vincent and Emily”向观众展示了伴侣关系的孤独感,同时也展示了伴侣在社会中的参与及其冲动。类似于人际关系,这两种生物代表自,必须向外部划清界限。由于人类只能通过言语和行为交流自己的思想和情感,因此两个机器人同样依赖于他们的电机。这两个技术生物通过传感器捕获声音和动作,并通过表情对这些信号做出反应。就像在每个人际关系中一样,都会引起误解:如果文森特通过上下运动发送正信号,那么艾米丽甚至可能会将那些信号解释为负信号。歧是预先设定的。

THOMAS MCINTOSH AND EMMANUEL MADAN

巧合引擎
巧合引擎是向20世纪匈牙利作曲家GyörgyLigeti致敬的PoèmeSymphonique for 100 Metronomes致敬系列作品,他不仅使用节拍器来保持音乐时间,还作为声音事件的产生器。巧合引擎一由精确制造的发泡聚苯乙烯泡沫结构组成,其形状令人联想到露天剧场。在这种结构中,相同设计的1200个时钟排列在同心圆弧中。这些电池供电的计时设备是目前可用的最通用的批量生产模拟时钟,是从中国福州的制造商批发购买的。一个观众/听众站在中央,完全被钟表所包围,沉浸在声音中,可以最充分地参与这项工作

GUILLAUME MARMIN & FREDERIC MAROLLEAU

Hara
纪尧姆·马明(Guillaume marmin)和弗雷德里克·马洛洛(Frédéricmarolleau)通过在“原声”中进行视觉抽象来传达精神实质,“原声”是魁北克蒙特利尔第七届色彩节的视听合。通过各种方式探索了“ Hara”,这是日本习惯的能量解剖学之。音乐和灯光在紧张和平静的状态中穿行,为每位访客带来独特的沉思体

JOACHIM SAUTER AND ÓLAFUR ARNALDS

交响曲
展览项目主要关注反射,声音和运动这三个要素的关联和相互作用。交响乐团电影叙事将这三个元素相互关联,并展现出它们内在的,几乎是神秘的和谐。这个过程的结果是一种艺术的综合,一种独特的空间体。在首映礼上,Arnalds用钢琴和平板电脑现场表演了交响乐团电影。音乐,灯光和运动之间的这种引人入胜的相互作用是此次展览的序幕。

Keith Lyk

Cycling Wheel
杜象說他喜歡看到作品《單車輪子》展出時被觀眾轉動的樣 - 即使在之後的展覽中觀眾都沒機會再轉動它。《單車輪子》是杜象首件以「現成物」製成的作品:他的本意是鼓勵觀眾與它互動,可惜它卻一直被封印起來,沒有再和觀眾互動。然而,杜象的概念一直被藝術家們重塑及借用。《 Cycling Wheel: The Orchestra 》就借用了《單車輪子》的概念,讓被封印的輪子重新運作。藝術家將輪子本身轉化為控制聲音和光影的機器,把三台單車輪子塑造成表演工。表演把燈光和聲音和輪子結合,幻化成杜象回憶中那飛舞的火焰。

Jez Fang and aka_chang

June Orbs
“六月球兒 June Orbs”是一複合光結構的audiovisual裝置與表演。取雷射強烈極端的,與投影相對柔和且具畫面感的特性,表現光的結構與解構,鏈結聲音頻率的數位音像球體雕塑為主要概念。為了紀念六月在台東泰源國小畢業典禮首演而得名。準備這個首演的過程是一則單純美好的創作旅程。數位術因其聲光電之表現特性,總予人冰冷與距離的印象。創作者期待藉由聲音與文字置入情感元素,為邏輯與簡約的視覺感官增添些許人味與暖度

Chang Funju & Han ChengYeh

Void Jungle
白靄林_Void Jungle是發生在ㄧ沉浸式燈光裝置裡的數位像表演。
被聲音驅動的光經過程式演算組合成各種幾何的光結構,揉合電子音樂創作人韓承燁編寫的數位音場與呢喃吟,讓閱聽者仿若進入一處冷冽無垠卻充滿情緒張力的異度空間。

Marcel·lí Antúnez Roca

Epizoo
Epizooのパフォーマンスにより、観客はメカトロニクスシステムを使用してMarcel.líの体を制御できます。このシステムは、パフォーマーが着用する外骨格であるボディロボット、コンピューター、機械的なボディ制御デバイス、垂直投影スクリーン、2つの垂直照明装置、および音響機器で構成されています。
整形外科用ロボットのメカニズムは、空気圧メカニズムが取り付けられたベルトとヘルメットの2つの金型によって身体に固定されています。これらのメカニズムにより、アーティストがパフォーマンス中に回転する円形のプラットフォームに直立したまま、Marcel.lÌの鼻、臀部、胸筋、口、耳を動かすことができます。空気圧装置は、コンピューター制御の電気バルブとリレーのシステムに接続されています。ビデオゲームに似たインターフェースを備えた専用アプリケーションがコンピューターによって実行されます。その11のインタラクティブなシーンには、アーティストの姿を再現し、メカニズムの位置と動きを示す、コンピューターで生成されたアニメーションシーケンスがいくつか含まれています。このようにして、ユーザーはマウスを使用して、照明、画像、音声、およびアーティストの体を制御できます。
アートの世界では、Epizooはコンピューター技術を人体に応用した初期の例です。このパフォーマンスは、おそらく、観客がアーティストの体を含むステージ上の要素を制御できるようにするリモートコントロールデバイスを備えた最初のパフォーマンスです。 Epizooはオープン以来大きな関心を呼んでおり、現在までにヨーロッパ、アメリカ、アジアの50を超える都市で上演されています。

RYOICHI KUROKAWA

黒川良一
OCTFALLS

日本を代表する映像/音響アーティストの黒川良一。1999年より映像および音楽作品の制作を開始して以来、メディアアートをとりまく国内外の様々なアート・フェスティバルにおいてインスタレーション展示、オーディオビジュアル作品の上演を行う。過去の展示、上演には、イギリスのTate Modern、イタリアのVenice Biennale、ドイツのTransmediale、そして本国バルセロナのSonar等がある。

映像

音響

JACQUELINE KIYOMI GORDON

LISTEN WITH HEADPHONES
由杰奎琳·吉米·戈登(Jacqueline Kiyomi Gordon)在旧金山Yerba Buena艺术中心(YBCA)的新展览系列“控制:文化中的技术,无时无刻不在发生”中建造,是一种塑造声音,运动和感知的装置。该装置雄心勃勃,具有建筑雄心,需要探索一个房间,房间内布满11.1.4环绕立体声系统和定制的减震声板,以突出艺术家所描述的“声音之间移动,声音内部移动之间的交换”的含义。雕塑,与其他人一起移动”,并在此过程中产生“亲密感”。借用消音室和声学测试实验室中使用的隔音板的材料和几何形状,戈登的身临其境的声音环境部署了临床声音设计,以进行探索和互动。
位于“戈登(Gordon)”空间中央的位置是“爱的座位(Love Seat)”,这是一对相邻的围墙,游客可以坐在那里聆听。聆听者共享一个共同的视线,但在身体上是分开的,他们可以在相对(相对)的声音隔离中享受片刻。在展览随附的文章中,“控制:文化中的技术”策展人策奇·莫斯(Ceci Moss)简洁地将戈登的方法描述为“调音的情绪”,以“进入并指挥”进入该空间的人。
不出所料,戈登竭尽全力地雕刻了《永远发生的一切》中的音响效果,在展览中她看到她与Meyer Sound Laboratories的专家紧密合作。她在下面的视频中简要地介绍了她的过程,并且值得深入研究创建者在该项目上的帖子,因为它提供了一些有价值的“细节”,以及合作者Jon Leidecker(又名Wobbly)和Zackery Belanger的评论。

JONAS HEUER

Clavilux
Clavilux 2000は、生成音楽を視覚化するためのインタラクティブな楽器であり、デジタルピアノで演奏される音楽のライブ視覚化を生成できます。インスタレーションの設定は、88キーとMIDI出力を備えたデジタルピアノ、vvvvパッチを実行するコンピューター、キーボードの上の垂直投影の3つの部分で構成されています。
キーボードで演奏されるすべての音に対して、新しい視覚要素がストライプの形で表示されます。これは、特定のキーがストロークされたときの寸法、位置、および速度に従います。色は、視聴者と聴取者に調和のとれた関係の印象を与えます。各キーには独自の配色があり、「間違った」音は対照的な色で際立っています。
すべてのストライプは相加的に残り、重なり合うため、最終的には一種のパターン(音楽の要約)が残ります。これは、作曲の音符とピアノ奏者の解釈が影響を及ぼしているため、常に一意です。結果。さらに、ピアノ奏者は、演奏中に標準の2Dビューとビジュアライゼーションの追加の3Dビューを切り替えることができます。

キーボード

Martin Kersels

Olympus
“马丁·凯瑟斯(Martin Kersels)这种刻薄和非常规的语言起源于六十年代和七十年代的激进艺术形式,其特征是高低文化元素的混合,理论观念以及矫正和退化的材料。
这位艺术家于1960年出生于洛杉矶,他为都灵个展创作了一些机械雕塑,照片和素描,其灵感来自于地下文化中最具争议和颠覆性的偶像:伊吉普·波普(Iggy Pop),磁石摇晃的社会衰弱诠释者,著名为他的舞台表演。他的音乐简陋而病态,没有希望和乌托邦,却陷入decade废,灭亡和虚无主义。在“ Fat Iggy”项目中,Kersels解构了Iggy Pop图标,以阐述新的神话。
这位歌手所代表的肥胖身体的decade废使他从神话中重获新生,而在展览空间中心突出的钻石形象则与明星的轨迹形成鲜明对比。实际上,石头冰冷而不可触动的美丽源于它进入大地子宫的漫长而无声的旅程。与短暂的幽灵联系在一起的喧闹声中,只有碎片,破碎的镜子散落在房间周围,无法恢复和谐统一的形象。”
珍妮·多利亚尼(Jenny Dogliani)

mariana manhaes

Entao
Vaso Azul
我的工作包括发明和制作由动画对象视频命令的小工具。这些物品是从我的视觉日常生活中摘下来的:工作室中的门,客厅橱柜中的茶壶,母亲收藏中的碗和罐子。为了制作类似于人类和动物行为的卡通手势,所有这些人都被拍摄并在编辑过程中强调了他们的动作。视频时间的操纵对于图像的变形起决定性作用,而图像的变形不仅限于实物的表示。我将自己的声音传达给对象,并发明对象所使用的语言。视频还发出音符,当被安装在作品主体中的电子电路感知时,它们会协调声音,马达和使作品运动的电子肌肉。在FILE上展出的两件作品“ Liquescer(Jarrinho)”和“ Liquescer(Jarrinho Azul)”中,选定的对象是一壶水,它们的呼吸随着内部液体的进入和流出而具有节奏感。生物根据视频中对象发出的声音做出反应。就像水具有容纳容器的形状一样,作品的声音和运动特性也受到罐子语言的影响。机器中存在着一种自主权,这种自主权是由低端和高科技材料构成的,通过其各部分之间交互的不稳定和不确定的运动来表现出对话。与起初看起来相反,该机制仅对内部刺激作出反应。与公众之间没有直接的互动,而公众仍然是一个以特殊方式进行交流且对我们来说是无法理解的世界的入侵者。

Allen Glatter

彫刻は、空間を移動する単一の閉じた連続した偏心線を明確に表現します。
線の動き、速度、軌道は、アーティストが振り子を使用してスタジオで作成したドローイングによって通知されます。 これらの図面は、CADベースのソフトウェアを使用して、彫刻の作成に使用されるショップ図面に転記されます。
グラッターのアルミニウム彫刻は、視点に応じて優雅にうねり、根本的に反ります。 彫刻は、音楽理論に基づいて自動描画を行うためのビクトリア朝時代の装置である、アーティストのハーモノグラフの描画を参照しています。 ビクトリア朝のポップテクノロジーと洗練された超近代的な素材の融合は、概念的に厳密な一連の作業をもたらします。

SOU FUJIMOTO ARCHITECTS

على فوجيموتو
후지모토에
על פוג’ימוטו
НА ФУДЗИМОТО
Budapest’s House of Hungarian Music
Sou Fujimoto(藤本壮介)成为了三个入围匈牙利综合博物馆项目的设计团队,项目位于匈牙利首都布达佩斯城市公园(Budapest’s City Park),Sou Fujimoto(藤本壮介)负责五个场馆中的匈牙利音乐厅的设计(House of Hungarian Music)。
藤本的这次创作试图以纯净的玻璃幕墙作为四面的围护结构,屋顶是一个白色的充满孔洞的大天棚,让人联想到一朵巨大的蘑菇。孔洞会继续想内部的地面下方延伸,为地下的功能房间提供采光的功能。

Maywa Denki

ユビパッチンで木魚を鳴らす楽器。背中に装着できる開閉式ウィング型ユニット。高低2種類の音色。
明和の看板製品のパチモクは、これまで何度もバージョン・アップがなされてきました。問題なのは、機能よりもビジュアルを重視するあまり、改良のたびにどんどん重くなっていることでしょう。

KATARINA LÖFSTRÖM

卡塔琳娜·洛夫斯特罗姆(KatarinaLöfström)的视频作品,三维作品和装置以及她对图像固有的创造意义的能力(不使用语言/文字)的信念是光,感知以及我们如何选择解释外部世界。 。这并不一定意味着Löfström对语言不感兴趣:恰恰相反。在经常通过语言分析图像的地方,洛夫斯特罗姆(Löfström)对通过图像接近语言更感兴趣。主要是她的不足和无形的品质引起了她的兴趣。她的几幅作品都作为构架或框架来捕捉生活和语言中难以捉摸和多变的方面。 路德维希·维特根斯坦(Ludwig Wittgenstein)试图在他的著名条约《逻辑哲学》(Tractatus Logico-Philisophicus)终结的著名条约中,定义超越语言创造意义的能力。在可以说的和只能显示的之间,在可以表达的和无法表达的之间,存在着语言上的张力。它们彼此是对立的,并具有内在的联系,就像只有在存在可以衡量的虚无的情况下,某些事物才能存在。没有黑暗就没有光,只有在其表面要投射的情况下才能感知到光。没有沉默就没有声音,至少有一对耳朵可以听到区别。因此,语言被无法表达的一切所反映。 在她的作品中,她不断研究视觉艺术与传统行为模式和理性思维脱节的内在能力。

Penda

soundwave landscape sculpture

现场的钢结构由四种不同的紫色阴影组成(正是紫薇树的色调),为游客营造出被树干包围的感觉,置身其中,如同徜徉在紫薇树林中。像中国其他地方的大部分公共广场一样,这个广场是用来给当地群众跳广场舞用的。在每个钢结构的顶端都穿了孔,内置隐蔽式的LED灯。钢结构可以产生灯光奇观,对广场周围的活动与声音作出回应,音乐声音越大,现场的照明就越生动,越明亮。横梁之间的空间从狭窄的空间变成广阔的区域,给游客以及跳广场舞的人们一个机会可以与雕塑互动。
这些钢结构由紫色穿孔的不锈钢面板包裹,通过电解质和电充电上色,使钢结构的主要特点不受损害的情况下还能保持抗腐蚀的能力。在白天,它们的喷砂面可以反射周围的环境,根据太阳位置的变动而转换,打造出一个不断变化的雕塑外观。此外,面板位于四个不同的水盘上,它的反射也增加到光线的作用上。在夜晚,钢结构内的照明产生一个不断转换的景象,这个景象的转换直接受广场上人们活动的影响。

SAADANE AFIF

Black Chords
萨丹·阿菲夫(SaâdaneAfif)被定义为“概念后”,其工作涉及解释,交流和发行。它以多种形式(表演,物体,雕塑,文字,海报和霓虹灯作品)作为展览的生产或激活的借口。在2004年埃森(Essen)的一场演出中,他请莉莉·雷诺·杜瓦(Lili Reynaud Dewar)写了一首受他的艺术作品启发的歌曲;这是名为“歌词”的系列的开始,他以此取代了作者,并与其他艺术家或作家合作。通常使用全息自粘纸将文本或声明转移到墙上。 Afif的练习植根于音乐:乐谱,乐器,放大器,扬声器,麦克风,音乐会是他的词汇或媒体的一部分。其他经常发生的利益包括时间的流逝(头骨,钟表),挪用,重制或重复以及意义的转移以及对制度的批判。 Afif在2010年写道:“我今天的作品不依赖于对象:它是通过元素的积累或交织而发展起来的,这些元素或多或少可见。”

Matthias Lohscheidt

Evolution Of Silence

作品「EvolutionOfSilence」は、人工生物が住む仮想世界を描いています。各クリーチャーは、そのDNAによって定義されたトーンを作成し、ホログラフィック投影内の光線によって視覚的に表されます。これらの生き物の個体数は、進化的アルゴリズムで着実に進化しています。
仮想世界は、環境条件として聞こえないキーを提供します。クリーチャーのトーンがキーにフィットするほど、トーンの音が大きくなり、光線が強く広くなり、他のクリーチャーにとって魅力的で長生きします。したがって、他の生き物と交配することで多くの子孫を生み出すことができます。ただし、逸脱したトーンは静かで、光線が非常に薄く、比較的早く消滅します。
このようにして、世界の人口は、不調和で混沌としたサウンドスケープから調和のとれた構造へと進化し、環境によって提供される鍵にますます適合します。
2〜3分後、環境キーがランダムに変化し、サウンドスケープはすぐに再び混沌とします。人口は数世代にわたってこの新しい環境に適応します。

KATERINA BELKINA

كاترينا بلكين
카테리나 벨킨
КАТЕРИНА БЕЛКИН
FOR KAHLO
“从我小时候起,童话就一直在折磨着我。 当孩子生活在精灵,精灵和其他不真实(或可能是真实)存在的世界中时,他意识到我们周围的世界与想象力不同,然后重新发明了小说。 这就是疯狂的人,音乐家,画家的出生方式。 自从小时候起,我周围就建立了一个神奇的世界,这要归功于我父母的超凡想象力”。

Jacob Tonski

Balance From Within
File Festival

平衡微妙,有时我们跌倒…拥有170年历史的沙发在一条腿上不稳定地保持平衡,在对外力的内部反应中不断波动。当沙发努力稳定自己时,自动机械装置发出的周期性periodic吟低,比语音还柔和。 关系涉及微妙的平衡动作。这个想法出现在一个不稳定的沙发上,当时我在思考如何在这些简单而无处不在的家具中反映出我们所有的社交互动:就餐,说话,做爱,工作面试甚至死亡。我们为如此微妙的人际关系提供如此坚实的支持,从而容易失去步伐和跌落,这是否令人惊讶?这些基础和脆弱性的想法看起来是如此不同,但也密不可分,因此我有兴趣尝试阐明这一点。 首先,我想知道是否有人或某人可以在一个刚性的点上保持平衡,这是研究的技术出发点。我发现,尽管可能,但它需要巨大的能量,并且有一定的限制,超过此限制将无法恢复。对我而言,这一事实更好地阐明了隐喻。与生活中一样,这里的风险是真实的,而不是虚幻的。部件可能会掉落并破碎成碎片,然后必须将其放在一起,如果可能的话,应进行修理和重新组合。恢复失去的平衡需要外部帮助。

ALLORA & CALZADILLA

АЛЛОРА И КАЛЬСАДИЛЬЯ
Returning A Sound
《返回声音的土地上的居民》(2004年),在哥伦比亚的坦帕省,西班牙的哥伦比亚省的一名名人,以及哥伦比亚的维多利亚州。 墨西哥国立汽车维修公司,墨西哥特隆佩塔汽车维修公司,西班牙速度汽车公司,拉斯维加斯汽车租赁公司和特雷诺事故车公司。 埃尔纳摩托,埃尔南,当地社区活动组织,禁止再发禁令。

DAVID RENAUD

sagarmatha
在画廊的这次展览中,艺术家提供了一系列近期作品,包括原始作品和对大型壁画安提波德群岛的原位修复。珠穆朗玛峰:地理乌托邦,是19世纪的梦想,是世界悖论的一部分,当今世界的访问变得越来越琐碎,频繁,其中未知的地区正朝着虚拟领土发展。但是,这座山,就像是一个与历史,政治,竞争和欲望联系在一起的地理典范,一个“记录”的空间,我们可以通过地理和地理赋予我们的数字和图像来感知。一个人可以拥有的经验。在这里,珠穆朗玛峰作为一个纯净的物体站立,由木头制成,漆成白色,它出现在一个极简的高峰中,每个水滴都产生了额外的变化,与投射在墙上的视频移动灯泡的那些呼应相呼应…图案重复并缓慢移动,例如重复和迷幻音乐。
要从矛盾的角度体验宇宙的复制品,请执行以下操作:
在全局和理性的视野中感觉到风景之外(我们对地图进行概览),同时又迷失在内部(比例尺和传说消失),例如在“真实”空间中,因此,必然是主观的。
光线和节奏的变化,数字时间流逝在山上的标志,转移了视觉体验,每一次脉冲都会改变装置和观众的感知

YING GAO

Playtime

受到导演雅克·塔蒂(Jacques Tati)同名电影的启发,游戏时间(Playtime)邀请观众反思城市空间中物体的外观和感知。 与法国作家弗朗索瓦·埃德(FrançoisEde)的高级时装相比,电影《娱乐时光》(Playtime)展示了一个世界,其中使用了错层涂油和镜像游戏等设备,无处不在的超现代建筑和城市监控。 这种批判性和趣味性的倒影已融入时尚界,可以探索变态,例如《步行之城》和《活豆荚》。 在有声音和灯光的游行的背景下,作品的摄影或视频捕捉发生了变化:第一件衣服变得模糊起来,好像物理上隐藏在静止或运动的图像中。 第二件连衣裙会发出间歇性光线,对照相机的闪光灯做出反应,从而会欺骗照相机并改变镜头。

ARNO FABRE

Арно Фабр
Les Souliers
Les Souliersは、踏みつけとコンピューター制御によって機械的にキューに入れられた30足の靴のアンサンブルです。これらの靴は床にぶつかってこすり、数値のMIDIスコア(max / mspソフトウェアで実行)によって開発されたオリジナルの構成に従ってアコースティック音楽を作成します。靴の選択、彼らが演じる作曲、そして舞台美術は、エレクトロニック・アーツや人形劇のフェスティバルでよりユニークなプレゼンテーションとともに、国際的な現代アートや音楽祭で展示されている特異な作品を作ります。
歩く人を見ることは、ひどく刺激的で有益な活動です。
ウォーキングは、その生理学的な複雑さに魅了されています。筋肉、骨、関節、感覚器官、および神経系は、動的平衡を維持しながら体の変位を引き起こすことができる構造を形成します。この「機械的」システムが実際に動作しているのを見るのはエキサイティングです。
多くの点で、この注意深い観察は、歩行者を理解することの豊かさを引き出すのに役立ちます。意識的なコミュニケーションまたは無意識の表現として、歩くことは、脅迫、服従、挑発、さらには誘惑を言う別の言い方です。それはまた、社会的所属、非対称性、障害、怪我、および倒錯のスピーチを明らかにします。歩くことは、存在の物語によって特徴づけられる古風な言語です。それらのメッセージを無視するのは恥ずべきことです。

ANGELIN PRELJOCAJ

Blanche Neige
フランスを代表する現代バレエ団、バレエプレルジョカイ(prezh-oh-kahzhと発音)は、グリム兄弟のオリジナルのおとぎ話に基づいて、象徴性の分析に基づいたプレルジョカイの個人的なバリエーションを使用して、白雪姫(ブランシュネイジ)のロマンチックで現代的な再話を行います。 フランスの振付師、アンジュランプレルジョカイによるこの青々としたフルレングスのストーリーバレエは、大規模なセット、26人のダンサー、そしてグスタフマーラーの交響曲の壮大な過剰、ティエリールプルーストによる魔法のセット、衣装を含むフランスのアーティストやデザイナーのオールスター名簿を備えています伝説のジャンポールゴルチエによる。 キャラクターの体は、プレルジョカイの特徴的な振り付けによって超越され、独創的なジェスチャー、巧妙な代用、さらにはアクロバティックな区別の壁登りのドワーフを使用して、空間、エネルギー、そして最終的には感情を示します。

ANN HAMILTON

アン·ハミルトン
앤 해밀턴

在连续几代技术将人类存在的距离放大到比手所能及的范围更大的时候,以个体的规模和步伐发展的场所和形式会变成什么? 使人如何参与对体现的知识的调养和认可? 在一个媒体饱和的世界中,生活,触觉,内脏,面对面体验的场所和形式是什么? 这些担忧使现场响应式安装变得活跃起来,在过去20年中,这些安装已成为汉密尔顿在实践中的主要内容。 但是,在衣服,声音,触觉,动作和手势之间的关系曾经被密集的物质性所取代的情况下,汉密尔顿的工作现在集中在阅读,说话和听觉上较少物质的行为。 协作过程在越来越复杂的体系结构中的影响改变了她的制作方式,其中,观众在时间和空间上的移动现在成为作品的中心人物。

ALLORA & CALZADILLA

Аллора и Кальсадилья

通过雕塑,摄影,表演,声音和视频,Allora和Calzadilla的作品以概念,隐喻和空间的方式同时被标记,痕迹和生存问题所困扰。 他们对夫妻的物质和隐喻的理解至关重要。 对他们来说,材料的意义从来都不是不言而喻的,它总是带有历史,文化和政治的标记,这些历史,文化和政治是这些材料无法还原和不可分割的。 他们工作中的另一个反复出现的论调是动物性及其与人类境界的不稳定关系。 最近,他们创作了一系列作品,探索了当今全球战争状态下军国主义与声音之间的相互作用。

TIM HAWKINSON

蒂姆·霍金森
ティム·ホーキンソン
تيم هاوكينسون
蒂姆·霍金森(Tim Hawkinson)的作品有多种艺术形式,包括绘画,绘画,摄影,录像,装置和声音,但他最受欢迎的作品是雕塑。他以使用简单的方法,工具和零件制作复杂的结构而闻名。例如,用电工和塑料布制成的风笛大小相当于足球场的大小。这不是他唯一以音乐为特色的作品。还有他的作品《五旬节》。它的特征是在纸板树上竖立了十二个与自己一样大小的雕塑。这些都被编程为播放宗教赞美诗。他还以创造动感和发声元素的纪念性作品和微观作品而闻名。总而言之,他的作品既以科学为基础,也以艺术为基础,尤其是因为他经常为自己的作品创造新的发明和工具。
蒂姆·霍金森(Tim Hawkinson)的灵感来自他自己的身体,并试图对其进行重新想象。确实,有时甚至会牵涉到他的身体,例如当他使用自己的指甲剪和头发做雕塑时。他还喜欢表达生命,死亡和时间的流逝。

PAULINE OLIVEROS

bye bye butterfly
«ByeBye Butterfly(1965)8’00 “は、サンフランシスコテープミュージックセンターで作成された2チャンネルのテープコンポジションです。2つのヒューレットパッカードオシレーター、2つのラインアンプをカスケード接続、ターンテーブルとレコード、2つのテープレコーダーを遅延で使用します。 作曲家は機器を配置し、発振器を調整し、リアルタイムで作曲を演奏しました。「19世紀の音楽だけでなく、その時代の礼儀正しい道徳体系とそれに付随するものにも別れを告げます。 女性の性の制度化された抑圧。 タイトルは、当時スタジオで手元にあり、進行中の作曲ミックスに自発的に組み込まれた、ジャコモ・プッチーニのオペラディスク「蝶々夫人」に言及しています。」-PO»トランスペアレントテープミュージックフェスティバル、サンフランシスコ

FASE – ANNE TERESA DE KEERSMAEKER & MICHELE ANNE DE MEY

Rosas

ロサスは、振付師でダンサーのアンヌテレサデケアスメーカーを中心に構築されたダンスアンサンブルとプロダクションの構造です。彼女は1982年にデビューしたFase、スティーブ・ライヒの音楽への4つの動きで、すぐに国際的なダンスシーンの注目を集めました。過去27年間、彼女はダンスカンパニーとともに、印象的な一連の振り付け作品を作成してきました。ロサスのダンスは、時間と空間の動きを伴う純粋な文章です。その中心にあるのは、動きと音楽の関係です。いくつかの作品では、ダンスとテキストの関係も調べられます。 (続きを読む) ロサスは、ダンサーの恒久的なアンサンブルを持つ数少ない会社の1つです。 Anne Teresa De Keersmaekerは、プロジェクト指向を超越した組織モデルを決定的に選択し、個々のダンサーとの集中的な作業を継続できるようにしました。同社の主要な作品では、アンサンブル全体がステージに登場します。さらに、DeKeersmaeker自身が踊る小規模な作品もあります。ロサスは、新しい作品を制作する一方で、30年の期間をカバーする蓄積されたレパートリーも実行し続けます。このようにして、独自の芸術的過去を新世代のダンサーや観客に引き継ぐことができます。