TATSUO MIYAJIMA

宫岛达男
在日本当代先锋艺术家宫岛达男眼中,数字是抽象的,又是有具象意义的,它们象征着巨大的可能性,时间和空间的永恒,生命、死亡和重生的无限循环。他围绕着 ——“持续变化”、“关联一切”、“永无止尽”为主题进行艺术创作,这些源自古老的东方佛教哲学的概念,结合他运用的LED、计算机集成电路和视频投影技 术后,散发出充满现代感的全新魅力。

Lars Spuybroek

Oblique WTC
.

著者によると、この建物は単一の巨大構造を形成しており、複雑なネットワークを形成しており、個別のコンポーネントに分解することはできません。 この質感は、ウールニットと比較されます。 中には公共のスペースを含むいくつかのスペースがあります。 通りは曲がった塔に合流しているように見え、その中のエレベーターは坂を上って街の地下鉄に降りる列車になります。

.

Здание, по мысли автора, образует единую мегаструктуру, сложную сеть, не раскладывающуюся на отдельные компоненты. Эта структура сравнивается с шерстяной вязкой. Внутри располагаются различные пространства, в том числе и общественные. Улицы как бы вливаются в гнущиеся башни, а лифты внутри них становятся поездами, взбирающимися по наклонным плоскостям и спускающимися в городской метрополитен

.

The building, according to the author, forms a single megastructure, a complex network that cannot be decomposed into separate components. This texture is compared to a wool knit. Inside there are various spaces, including public ones. The streets seem to merge into bending towers, and the elevators inside them become trains that climb inclined planes and descend into the city subway.

 

cao yuxi

ORIENS

ORIENS是曹雨西工作室2017完成的大型声音影像装置,装置第一次展出于北京今日美术馆,整个装置视觉和时长变化利用了美术馆巨大的30米*14米*14米的展出空间展示出了一个巨大的对称的原子黑洞空间,同时伴随视觉变化的音效大量地回响充斥反弹于沉浸空间,观众带入进一个超越感官极限的新维度空间。

ROMAN VLASOV

Concept 699
乌克兰设计师罗曼·弗拉索夫(Roman Vlasov)擅长在荒凉的空间里,结合自然的力量,用优雅而尖锐的细节探索新的“纯粹的建筑”,从而获得拥抱自然的感觉。
他的设计理念是将自然和人造结构的刚性并置,并将其归因于纵向建筑的锐度、流动性、光滑、纯净、优雅和混凝土的“抽象性”。一系列迷人的建筑视觉效果,以一种不可想象的自然状态展现了建筑简单但有效的细节。

FLORIAN HAFELE

弗洛里安·海福樂
フロリアンハーフェレ
Флориан Хафель

维也纳的雕塑和因斯布鲁克的艺术家弗洛里安·哈菲勒(florian hafele)都具有高度扭曲的真实感。 哈夫勒的感性诉说着人类在社会中的表现以及由此产生的过分紧张或扭曲的感觉,以达到除“拯救面子”外还满足看似普遍的标准。 哈菲勒(Hafele)具有人物形象的作品永远不会通过消除人物形象来消除人物面部表情,从而消除面部表情,再加上人物四肢的位置增加形状,从而突出了人物的一维和绝望的真实感。 hafele创作了“ social panopticum”雕塑系列。 该系列的特色是三位人物,他们的几何形状从不露面的形状中生长出来。 艺术家用聚氯乙烯和油漆,塑料,木材或青铜材料制成变形或扭曲的人体。

TATSUO MIYAJIMA

宫岛达男
mega death

在日本当代先锋艺术家宫岛达男眼中,数字是抽象的,又是有具象意义的,它们象征着巨大的可能性,时间和空间的永恒,生命、死亡和重生的无限循环。他围绕着 ——“持续变化”、“关联一切”、“永无止尽”为主题进行艺术创作,这些源自古老的东方佛教哲学的概念,结合他运用的LED、计算机集成电路和视频投影技 术后,散发出充满现代感的全新魅力。
宫岛达男的很多作品中都采用了精密的LED设计,使从9到1(或从1到9)的数字——人类最为通用和极简的语言,循环跳转。当他们同时熄灭,整个房间会浸 入一片黑暗,但是在他的作品中却从未出现数字0,因为艺术家认为0意味着否定,否定了人类存在的无限循环,艺术家以让0缺失的方式引发更多对于虚无的思 考。

艺术家自述

从1988 年起,我就开始尝试用LED 和数字化的计算排列方式来进行艺术创作。其中,我想要表达的主旨有三个:“持续变化”,“关联一切”,“永无止尽”。作品的数字排列是从9 到1(或从1 到9),变化的速度因不同数字而异。0 则不被表现出来,用灯光的熄灭来代替。数字运行时所发出的光代表了“生”,而表示0 的黑暗部分则意味着“死”。我把这个计算和排列系统视为生命的象征,这是多年来我一直想表达的观念。这种思想最早源于佛教。中国为佛教的传播做了很大贡 献,因此这次来到中国举办个展,我感到很荣幸。

GUANGJIAN HUANG

غوانغجيان هوانغ
Гуанцзяня Хуан

Huang Guangjian Huang是一位中国艺术家。 在中国一家游戏公司担任概念画家的黄光剑创作了令人难以置信的令人印象深刻的插图,主要是幻想主题。 然而,在中世纪幻想的经典人物(如战士和魔鬼)中,艺术家添加了受中国中世纪幻想启发的东方色彩。 看黄光剑的带有中国风格的奇幻幻想插图:另请参见:-黄光剑的插图中的中国奇幻和武术-黄光剑的幻想插图中的东方美女与美丽的女人通过黄光剑网站和您在DeviantArt上的个人资料。 通过“设计灵感-天蝎座”获得提示。

AADRL

奥比斯计划
奥比斯(Orbis)是一个原型系统的提议,该系统本质上具有高度适应性,并通过增加日常经验和活动来创建城市基础设施,以响应并满足城市中不断变化的需求和条件。 Orb(i)s是一种行为组合,可建立动态环境的可能,而不仅限于建筑计划;相反,它是基于实时数据的自,适应性强,动态和自组装,最终形成了不断重新配置的生态系统。该系统的感知能力使其具有自我意识并鼓励做出任何决策,其自组装质量来自于单位与单位之间的沟通,从而导致组织和结构的层次更高。

SHANSHAN ZHOU, ADAM BEN-DROR AND JOSS DOGGETT

皮诺基奥
Pinokio是对机器人计算的表现力和行为潜能的探索。定制的计算机代码和电子电路设计使Pinokio能够了解其环境(尤其是人员)并表达动态行。在它与世界沟通的过程中,我们人类的观众可以看到Lamp具有动物所拥有的许多特征,产生了一系列情感同情。最后,我们可能会问:Pinokio只是一盏灯吗? –有用的机器?也许我们应该把书放在一边,结识新朋友。

KICHUL KIM

听起来不错
Kim Kichul一直致力于声音,与更传统的视觉艺术形式作对。对于Kim而言,声音本身就是主题,而不是构成整个雕塑一部分的附加元素,并且是含义中固有的连续体。Kim通过听广播的经历开始在工作中使用声音。他体验到了时空的音质,感觉就像他正在看一台收音机发出的真实声音一样。他在1993年的第一次个展中呈现的11面观世音菩萨作品以观世音菩萨这个词开,这解释了他对主题的感觉,就像他想看到它一样。金恩被《莲花经》第二十五章博蒙奔的诗句深深打动了,该诗说,如果萨特瓦在受苦的情况下简单地专心高呼观世音菩,他们就可以达到涅磐。通过在收音机上放置10个观世音菩萨雕像,每个雕像调到不同的频道,他提出了一种通过联觉观察声音的合成方法。

SOOMI PARK

睫毛
LED睫毛项目通过一个简单的问题问:女人为什么想要越来越大的眼睛?亚洲女性往往更需要大眼睛作为美的标准,但很少有天生大眼睛的女性。那些没有大眼睛的人只能通过使用化妆和佩戴珠宝等技能来寻找使眼睛更漂亮(即更大)的替代方法。有时,对大眼睛的渴望几乎变得沉迷,许多女性选择整形手术以实现自己的梦想。 Soomi称之为“大眼睛”的恋物癖。 LED睫毛是一种聪明的产品,可以满足许多女性对大眼睛的渴望。它具有可打开和/或关闭的传器。传感器可以感知瞳孔在眼睛和眼睑中的运。如果戴上它并移动头部,LED睫毛将随着您的移动而闪烁。使用起来就像戴假睫毛一样简单,并且像摘掉珠宝一样容易去除。

vincent leroy

文森特·勒罗伊
北极光环
mirror
Red Ripples

法国艺术家文森特·莱罗伊(Vincent leroy)为雷米·马丁(Remy Martin)实现了一件动感十足的作品,名为“红色波纹”。 艺术品由带有1.10直径子的铝制框架组成,该镜子由于电动发动机的作用而移动。 作品通过细腻的动作反映出动作的缓慢和分解。 圆形镜已被激光切割成十个同心环,将反射切成物体前后之间复杂而沉思的色彩。

YOHJI YAMAMOTO

山本耀司
יוז’י ימאמוטו
ヨウジヤマモト

彼は自分の哲学と前衛的な精神を服で表現し、現在のトレンドからかけ離れたデザインを頻繁に作成しています。基本的に、彼は特大のシルエットが特徴のラインを作ります。通常、光沢のあるテクスチャのドレープ(ゆるいギャザーとボロボロ)が特徴で、フィギュアの輪郭や動きに応じて自然に変化します。多くの場合、単一の色(特に黒)と単一の色合いが使用されます。山本洋二は服を通して自分を表現しようとしていると言えます。その想いや精神に共感するお客さまを魅了し、熱烈なファンに。川久保玲のコムデギャロンや三宅一生の三宅一生などと並んで、1980年代に国内外で高い評価を得たカリスマ的なデザイナーブランドが「DCブランドブーム」を形成した。 (DCはDesigners&Charactersの略です。現在はDesigners’Brandsと呼ばれています。)彼は現在、Brother、Dolls、Zatoichiなどの北野武の衣装デザイナーを務めています。彼はまた、Soulmates Never Die(Live in Paris 2003)ツアーショーの最中に、アディダスラインでプラセボのプロバイダーとして認められています。

Adam Putnam

Stilts
その感覚の多くは不明瞭ですが、パトナムの作品が生み出すより衝撃的な感覚と並んで、そしておそらくそれを超えて残っています。 この意味で、衝撃は劇場のセットやイメージに直接具体化されますが、より静かに不安定化することは述べられておらず、場所を特定することもできません。 彼の作品のこれら2つの一見相反する側面の関係は、おそらくここで最も強力なものです。 パトナムが言う不安なことの中には、郷愁と子供時代の世界はセクシュアリティと欲望の世界から切り離せないというものがあります。 地下室の内外を問わず、2つの世界は、時には美しいが、しばしば厄介な方法で衝突し続けます。

 

JOHANNES VOGL

ЙОХАННЕС ФОГЛ
Column of steam
「ヨハネス・ヴォーグルにとって、芸術は、感覚が研ぎ澄まされ、知覚が活性化される、高められた強度の絶え間ない例外的な状態で周囲の現実に対処するための奇跡的な手段であるようです。日常の注意深い観察者として、Voglは、火山の(創造的な)エネルギーと警戒を伴う永続的な警戒状態にあり、各ステップと反応で爆発します。ここで、芸術分野は、無限の解決策が適用され、新しい予期しない構造が刺激的な現実と魅惑的なフィクションの交差点で上演されている、真の可能性と可能性のオープンで無制限の領域です。 Voglは、そのようなコンストラクターであり、全能の想像力の領域内で、理由を超えて、機能性と超現実的なアプリケーションのようなおとぎ話の端にあるオブジェクトの情熱的な発明者です。 「波を見る」、2005年は、特定の自然現象を体験するために必要なすべての条件を備えた、すべて満足のいく快適な微小環境を作成しようとするVoglの試みの典型です。アーティストは自給自足の構造の作者であり、物事の通常の目的と機能を混乱させるほとんど寄生的なメカニズムとして現れ、»Kleiner Mond«、2006年の場合のように、特定の競争力ももたらします。模倣と模倣のほとんど叙情的な例。 Vogl’sは、日常のジェスチャーの非常に敏感な詩学であり、気取らない、本物の現実の補足であり、適度な量の皮肉とユーモアのセンスが今日の(不完全な)世界の不安定さと不十分さのバランスをとる遊び場に一瞬変わりました。」
アダムブダク

ZILVINAS KEMPINAS

リトアニアの芸術家ジルビナスケンピナスの作品は、動的であるだけでなく、ミニマルでもあります。現在ニューヨークに住んでいるケンピナスは、最もシンプルな手段を使用して、複雑で雰囲気のある素晴らしい美しさの部屋の状況を作り出しています。彼のインスタレーションは空気と軽さで遊びます–レリーフは時間とチャンスに基づいています。 Zilvinas Kempinasの芸術は、「月の明るい側」で繰り広げられます。重力は廃止されたように見え、光のパレットは彼のインスタレーションの素材に浸透して活性化します。 彼のアートワークが私たちを連れて行く旅は、私たちをここと今、知覚の装置、エネルギーの集合体、スケッチ、そして宇宙への介入へと導きます。彼の芸術は、光学的に物理的であると同時に、酔わせるような美的イベントで構成されています。彼が採用している手段は、シンプルで日常的でありながら、型にはまらないものです。ビデオテープ、ファン、FLチューブ、空間、リズム、空気、光との共生です。このようにして達成される効果は非常に複雑で、すべての感覚を含み、場所の感覚と自分の時間と動きの知覚を変えます。それは常に、彼自身が演劇の、しばしばミニマルな環境でプレーヤーになる見る人を対象としています。

 

 

REYNOLD REYNOLDS

레이 놀드 레이놀즈
Рейнольд Рейнольдс
secret life

シークレットライフはシークレットトリロジーの最初のものです。人生を構成する知覚できない状態を探求し、その後にシークレットマシン(2009)とシックスイージーピース(2010)が続くサイクル シークレットライフは、アパートに閉じ込められた女性が自分の人生を送っている様子を描いています。人間の欲望の物語の地平を超えて、映画は私たちに共有された神聖な現実を垣間見ることができます。新しい技術と勇敢な哲学的ビジョンを組み合わせることにより、一時性の究極の形而上学的タブーに逆らう作品。そして、芸術的な媒体で描かれることはめったにないものをあえて提示します。 ありえないことは、レイノルズの特徴的な美学、ありふれたものへの畏敬の念で満たすことができるレンズによって可能になります。 あなたは今までに何時を見、経験するのか疑問に思いましたか?時間についての致命的な仮定がなければ、アパートの居住者はもはやユニークな場所に限定されませんが、ここでは、時間の目を通して見ると、空間自体が生き生きとしています。空間と時間の文脈がなければ、女性の心は崩壊し、彼女の経験の組織化を無視し、感覚だけを残します。視聴者は尋ねるかもしれません:それは彼女の心ですか、それとも制御不能で制御不可能な環境を作り出すのは時間そのものですか?この作品は、すべての生物が意識を持っていることを示唆しています。つまり、すべての生物が意識を持っているということです。空間がその活動で増加する間、女性は彼女の世界でこれまで以上に受動的な要素になります。彼女は機械的な速度で動き、彼女の心は時計のようであり、その手は彼女の人生の出来事を時間のタペストリーに固定します。その間、真実はカメラの機械的な目に超越的に反映されます。彼女の考えは彼女を逃れ、生き返り、彼女の周りの空間に生息する植物のように成長します:生きる、探す、感じる、呼吸する、そして死ぬ。

Matthieu Bourel

gif

目前在柏林生活和工作的法国艺术家Matthieu Bourel的手工,数字和动画拼贴,基于图像的力量和各种视觉组合带来的转移。他将自己的作品定义为“数据主义”,并且在融合元素时,经常试图唤起一个故事,尽管这个故事不存在于已知的现实中,但却在观众面前有力地展现出来,并激发了“一段时间的怀旧之情”。存在’。 艺术家介入迷住的观众的思想和记忆,歪曲现实,丰富或不可逆转地消除我们觉得自己生活在其中的世界。因此,当复制普通女人肖像时,可以很容易地重现其含义。某些元素的似乎无限重复有时是对社会制度和结构的评论,涉及人类的行为和信仰,揭示了隐藏的意图并一面揭开面纱,直到除了可能的真理或至少一种更真诚的现实方法之外,再没有其他东西了,通常充满讽刺和紧张。 Matthieu Bourel似乎感兴趣的另一个主题是身份,其特征在于身份的缺乏(例如,没有头部)或多样性。 “人们常常会寻求并渴望结合那些似乎带有一种熟悉而遥远的情感的新兴叙事符号”。确实,我们倾向于根据自己的人际关系来解码图像,仿佛这个故事突然讲述了我们所害怕的事物,以及时不时面对和理解自己,自我,他人,时间和空间的回避。

Amalia Pica

아말리아 피카
АМАЛИИ ПИКИ
ONE THING AFTER ANOTHER

Pica在解决沟通的基本问题(例如传递和接收消息(言语或非言语)的行为以及这些交流可能采取的各种形式)的同时,形式上精美且概念严谨的作品。 她对艺术家在向观众传达信息以及从思想到行动,从思想到对象的转化中所扮演的角色特别感兴趣。 她的工作反映出分享经验的时刻是乐观的,经常结合庆祝活动和公共聚会的象征,例如节日灯,彩旗和横幅,五彩纸屑和彩虹。

HILDA KOZÁRI

空気のインストールは3つの泡で構成されています。 Esa Vesmanenと共同で設計されたバブルには、HildaKozáriの個人的な記憶と3つの都市の経験が嗅覚と視覚の形式で含まれています。 このインスタレーションでは、ビデオの画像は空気のように透明で、彼女の記憶の写真のように曖昧であり、観客が独自の解釈をするためのスペースを残しています。 都市景観の正確な定義は、さまざまな記憶を思い起こさせる匂いの感覚によって与えられます。 都市の匂いは、海、風、公園、建物、ゴミだけでなく、人々、生活環境、そして記憶に関連する感情的、文化的、産業的な生活にも関係しています。 個人的な香水のように、街のいは匂いのバランスに強く依存します。

 

CLAUDIA ROGGE

كلوديا روج
克劳迪娅·罗格
クラウディア·ロゲ
클라우디아 로게
КЛАУДИА РОГГЕ
lost in paradise paradise lost III

ドイツの芸術家で写真家のクローディア・ロッジは、群衆の肖像画、魅了され、邪魔をする真の均質な人間の集団に感銘を与えます。 彼の名前は、モザイクやパターンと非常によく似た、繰り返しを探求するシナリオでパフォーマンスと写真を組み込むことにより、現代アートシーンで最大の指数の1つとして浮上しています。 彼の最近の作品、ロスト・イン・パラダイスでは、ロッジは彼の以前の作品と同様に、ルネサンスとバロックの構成を参照する古典的なシーンを通して表される、不死、死、美と衰退、欲望と罪などのテーマを求めています。ミケランジェロによるフレスコ画。 また、ワックス、液体ガラス、ゼラチンなどのさまざまな素材を使用し、新しい光の中での静物を強調し、風景の形や質感が恒久的に変化しているような感覚を与えます。

典的な

MAURIZIO CATTELAN

マウリツィオ·カテラン
Маурицио Каттелана

我的作品可以分为不同的类别。 一是我的早期工作,实际上是关于做某事的不可能。 这种威胁仍然影响着我的许多行为和工作。 我想这真的是关于不安全,关于失败。 我们在这里可以有一章称为“故障”。 对于Cattelan而言,艺术界是分析师的沙发。 自从1980年代后期开始从事艺术家职业以来,他自由地制定了自己的弱点,赋予了他们物理上的形式和独特的叙述方式。 卡特兰没有直接自传,而是根据自己的情感和心理经历进行了早期创作。 但是,他的目标不是唤起特定的事件或个人,而是召唤精神或情绪状态。 虽然作品与他并不直接相关,但他将自己当作一个角色,他的脆弱性和苦恼唤起了观者的同情心。

FRANCESCA FINI

Liszt
20世紀初頭で、3人の子供が家族写真のポーズをとっています。子供たちはエルサレムのキリスト教移民の植民地の若い開拓者です。写真家のその後の介入は、彼らの当惑した顔にその時代の写真の偽色を追加しました。色合いとクッキーやホットミルクの匂い、磁器人形、長い海の旅、ほこりっぽい古い本、そして人工的な「無垢」の組み合わせ。これは、私の顔の下部が子供たちの顔の下部に置き換わるデジタルトランスフォーメーションの出発点であり、時間と意味の逆転で、別の種類の物語が来るにつれて、非時間と非意味で結晶化されます写真が撮られた独特の状況にそれ自体を重ね合わせて、その比喩的な重要性を探す光。このようにして、3人の子供は家族写真の永遠の枕に閉じ込められた3人の人間の原型になります。それは強制的な聖体拝領であり、相互の焦りと言葉の暴力の増加につながり、言葉に重なり、あらゆる種類の相互作用を防ぎます。コミュニケーション不能の感覚は、インターネット上で見つかったフレーズの断片をマッシュアップで並置することによって得られます。マッシュアップは、聞いていない単語が、意識的かどうかにかかわらず、純粋な状態での暴力であるかを明らかにする現代の無意味な対話に解き放たれます。したがって、この写真に隠された宇宙、これらの古代の開拓者による失われた無実の探求の家族アルバムの人間の夢と幻想の叙事詩は、歴史を通して極端な結果をもたらした暴力の形に変換されます。自分の言葉しかないときは、口が武器になります。それにもかかわらず、私がこれらの3人の知らない祖先を通して世界に委託するという希望の一種のメッセージで、聞くための招待は最終的に回復します。

SUN K. KWAK

ニューヨークのアーティストSongK Kwakは、ダクトテープを唯一の表現素材(ほとんどの場合黒)として使用して感情を表現し、その言語は壁の彼女の体のジェスチャーに投影されます。キャリアとして、黒いマスキングテープは2Dと3Dの表面の間を自由に移動します。通常のテープの柔軟性とアクセスしやすさから、彼はストロークを身体の延長として指定します。このプロセスは、さまざまな視覚的および環境的空間を妨げられることなく流れる環境と統合する試みです。黒い線は、独特の建築とその周辺の間に生じる多くのエネルギーのダイナミズムを伝えています。韓国で生まれ、アーティスト、クワクとして教育を受けました。ニューヨークで勉強している間、彼は独自のフリーハンドマスキングテープ技術を開発し、階段、公共の建物のロビー、小さなアートギャラリー、建物のファサードなどの建築空間の表面に直接ペイントしました。彼は暴露します。彼のインスタレーションは、ドローイングと彫刻の中間にある空間と体験を生み出します。