RICHARD BOX

高電圧パワー
インストールは単にFIELDと呼ばれます。 5年前、FIELDクリエーターのリチャードボックスはブリストル大学の物理学部に住むアーティストでした。同僚が裏庭の電力線の下で蛍光灯を使ってライトセーバーゲームをプレイしていると説明した後、彼は蛍灯を植えるアイデアを思いつきました。 。そこで彼は地元の農家に賄賂を渡して、この特別なシーンをセットアップさせ、ライトセーバーのゲームを1000回再現しました。

BENJAMIN BERGERY AND JIM CAMPBELL

雅各的梦想:一条光亮的道路
旧金山的电子媒体艺术家吉姆·坎贝尔(Jim Campbell)创作了结合了电,发光二极管(LED)和雕塑元素的作品。他对材料的选择通常很复杂,并且他使用它们来创建具有暗示性和开放性的图像。他对模拟世界及其数字表示形式之间区别的探索在隐喻上类似于诗歌理解与数据数学之间的区别

Chris Cheung

No Longer Write – Mochiji
Powered by artificial intelligence’s Generative Adversarial Networks (GANs), the collected works from ancient Chinese Calligraphers, including Wang Xizhi, Dong Qichang, Rao Jie, Su Shi, Huang Tingjian, Wang Yangming, as input data for deep learning. Strokes, scripts and style of the masters are blended and visualized in “Mochiji”, a Chinese literature work paying tribute to Wang Xizhi. Wang is famous for his hard work in the pursuit of Chinese calligraphy. He kept practicing calligraphy near the pond and eventually turned the pond for brush washing into an ink pond (Mochi). The artwork provides a platform for participants to write and record their handwriting. After a participant finished writing the randomly assigned script from “Mochiji”, the input process is completed and the deep learning process will begin. The newly collected scripts will be displayed on the screen like floating ink on the pond, and slowly merge with other collected data to present a newly learnt script. The ink pond imitates process of machine learning, which observes, compares and filters inputs through layers of image and text, to form a modern edition of “Mochiji”.
.
不再写 – Mochiji
以人工智能的生成对抗网络(GANs)为动力,将王羲之、董其昌、饶捷、苏轼、黄廷健、王阳明等中国古代书法家的作品作为深度学习的输入数据。向王羲之致敬的中国文学作品《麻糬》,将大师的笔触、文字、风格融为一体,形象化。王先生以对中国书法的刻苦钻研而著称。他一直在池塘边练习书法,最终把洗笔池变成了墨池(麻糬)。艺术作品为参与者提供了一个书写和记录他们笔迹的平台。参与者完成“Mochiji”中随机分配的脚本后,输入过程完成,深度学习过程将开始。新收集到的脚本会像池塘上的浮墨一样显示在屏幕上,并与其他收集到的数据慢慢融合,呈现出新学到的脚本。墨池模仿机器学习的过程,通过图像和文本的层层观察、比较和过滤输入,形成现代版的“年糕”。

 

MARGUERITE HUMEAU

先史時代の生き物のオペラ
異星人の音を生成するなめらかな黒い彫刻は、人類に先行する生命の形態に関するフモーの大規模な研究によって知らされています。王立芸術大学のデザイン相互作用の修士課程として、フモーは生物学的記憶の断片から遠い過去を再構築する方法への野心的な探求を始めました。この場合、先史時代の生き物の声道。

zach blas

sanctum
Zach Blas(United States、1981)の作品は、テクノクラート社会の限界と基盤を描くことを目的として、視覚言語の慣習、価値体系、デジタル技術に内在する力のダイナミクスをさまざまな文脈で分析、調査、配置しています。 。 彼の分析とデジタル文化への反映のために、彼は映画、彫刻、執筆、パフォーマンスなど、さまざまな表現形式を使用しています。 ブラスはブラックユーモアと理論的研究に取り組んでおり、彼の最も顕著な影響の中には、神秘主義の伝統、サイエンスフィクションのジャンル、ップカルチャー、クィアの美学があります。

.

sanctum

The work of Zach Blas (United States, 1981) analyzes and explores the dynamics of visual language practices, value systems, and the forces inherent in digital technology in a variety of contexts, with the aim of depicting the limits and foundations of technocratic societies. I have placed it. .. For his analysis and reflection in digital culture, he uses a variety of forms of expression, including film, sculpture, writing and performance. Brass works on black humor and theoretical research, and among his most prominent influences are the mystical tradition, the genre of science fiction, pop culture, and the aesthetics of queer.

 

TATSUO MIYAJIMA

宫岛达男
在日本当代先锋艺术家宫岛达男眼中,数字是抽象的,又是有具象意义的,它们象征着巨大的可能性,时间和空间的永恒,生命、死亡和重生的无限循环。他围绕着 ——“持续变化”、“关联一切”、“永无止尽”为主题进行艺术创作,这些源自古老的东方佛教哲学的概念,结合他运用的LED、计算机集成电路和视频投影技 术后,散发出充满现代感的全新魅力。

TROIKA

ダークマター
「トロイカの形而上学的に奇妙なぶら下がっている彫刻ダークマター(2014)、立っている場所に応じて円、正方形、または六角形のように見える大きな黒いオブジェクトは、(オールドウォルバーのビデオのように)主観的な視点と客観的な真実。
.
Dark Matter, a large black object that looks like a circle, a square or a hexagon depending on where you’re standing, probes (like Olde Wolber’s video) a very contemporary disturbance about the irreconcilability of subjective point-of-view and objective truth.

.

Un grand objet noir qui ressemble à un cercle, un carré ou un hexagone selon l’endroit où vous vous trouvez, sonde (comme la vidéo d’Olde Wolber) une perturbation très contemporaine sur l’inconcilabilité du point de vue subjectif et de la vérité objective.

Denis Villeneuve

Arrival

“Arrival’s narrative plays out in four languages: English, Mandarin, Russian and Heptapod. Though they are not spoken in the film, we learn that Louise is also fluent in Farsi, Sanskrit and Portuguese (and possibly others). The language learning process and the growing translingual bond between Louise and the heptapods forms the film’s narrative arc and the majority of its plot. Thus language, and specifically the mechanics of ←215 | 216→multilingualism, is Arrival’s central theme. Within this context, the ability to communicate across language barriers is an asset, and the flexibility to navigate new linguistic challenges is invaluable. The heptapods are pure science fiction, but serve a powerful metaphorical function. As Emily Alder (2016) writes in The Conversation, “ultimately, Arrival is less about communicating with the aliens than with each other – internationally but also individually […] The film’s message is that difference is not about body shape or colour but language, culture and ways of thinking. It’s not about erasing that difference but communicating through it”. Gemma King

.

语言学习过程以及路易丝与七足动物之间越来越多的跨语言联系形成了电影的叙事弧线和大部分情节。 因此,语言,尤其是←215的机制| 216→使用多种语言是到达中心的主题

.

Процесс изучения языка и растущая межъязыковая связь между Луизой и гептаподами составляют повествовательную дугу фильма и большую часть его сюжета. Таким образом, язык и, в частности, механика ← 215 | 216 → многоязычие – центральная тема Арривала.

Karina Smigla-Bobinski

ADA – ANALOG INTERACTIVE INSTALLATION
File Festival
与Tinguely的“Méta-Matics”相似,是“ ADA”具有灵魂的艺术品。它自己行动。在丁格利(Tinguely),成为一个疲惫不堪的机械人就足够。他费力地看了一下:这台机器除了工业上的自毁能力外什么都不生产。而Karina Smigla-Bobinski创作的《 ADA》是一种后工业的“生物”,是访客动画,具有创造力的艺术家雕塑,自我形成的艺术品,类似于一种分子杂种,例如纳米生物技术中的一种。它开发了相同的旋转硅碳混合动力,小型工具以及能够生成简单结构的微型机器。 «ADA»是更大的,美学上更复杂的交互式艺术制作机器。充满氦气,自由漂浮在室内,透明的,类似膜的地球仪,掺有木炭,在墙壁,天花板和地板上留下痕迹。尽管访问者感动,但«ADA»产生的标记是非常自主的。地球获得了活泼的气氛和黑煤的痕迹,看上去像是一幅图画。地球仪开始行动,制造出由线和点组成的线条,无论其强度,表达方式如何,访客都难以控制“ ADA”以驱使她驯化她,这仍然是无法估量的。不管他尝试什么,他都会很快注意到,《 ADA》是一个独立的表演者,用图画和标志signs满原始的白墙。越来越复杂的织物结构出现。这是视觉上的动作,就像计算机一样,在输入命令后也会产生无法预料的输出。并非徒劳的《 ADA》让人想起Ada Lovelace,他在19世纪与Charles Babbage一起开发了第一台计算机原型。 Babbage提供了初步的计算机,Lovelace是第一个软件。数学与她的父亲拜伦勋爵的浪漫遗产共生于此。 Ada Lovelace打算制造一种机器,该机器能够像艺术家一样创作诗歌,音乐或图片之类的艺术品。 Karina Smigla-Bobinski的《 ADA》秉承了这一传统,同时也是Vannevar Bush的创始人,他于1930年建立了Memex Maschine(内存索引)(“我们希望Memex的行为像复杂的步道网一样通过大脑的细胞”或提花织机,为了编织花朵和叶子需要打孔卡;或Babbage的“分析机”提取算法模式。 «ADA»在当今生物技术领域兴起。她是至关重要的表演机器,随着观众参与人数的增加,线条和点的样式变得越来越复杂。留下艺术家和访客都无法解读的痕迹,更不用说«ADA»了。而且,“ ADA”的工作无疑是具有潜在的人性化的,因为对这些标志和图画唯一可用的解码方法是,我们的大脑在睡觉时最多只能联想到这种联系:梦tru以求的严峻爵士乐。 (由Arnd Wesemann撰写)

Roman Ermakov

РОМАН ЕРМАКОВ

现场雕塑

我们的看法-唯一真实的现实。 创造作为一种产生图像的感觉,以形式表达。 美容宣言呼吁超越这一极限想象力。 不能将艺术的美学还原为一组清晰的构建基块,通过这些构建基块,您可以增强或减弱对比度的感知。 美不应接受分析,即交流和参与将情感转化为可见的呼吁。创建的过程是马赛克的对齐,许多简单和纯净元素的重复,形成了一个集合。 ,在不完整方面和谐。

TATSUO MIYAJIMA

宫岛达男
mega death

在日本当代先锋艺术家宫岛达男眼中,数字是抽象的,又是有具象意义的,它们象征着巨大的可能性,时间和空间的永恒,生命、死亡和重生的无限循环。他围绕着 ——“持续变化”、“关联一切”、“永无止尽”为主题进行艺术创作,这些源自古老的东方佛教哲学的概念,结合他运用的LED、计算机集成电路和视频投影技 术后,散发出充满现代感的全新魅力。
宫岛达男的很多作品中都采用了精密的LED设计,使从9到1(或从1到9)的数字——人类最为通用和极简的语言,循环跳转。当他们同时熄灭,整个房间会浸 入一片黑暗,但是在他的作品中却从未出现数字0,因为艺术家认为0意味着否定,否定了人类存在的无限循环,艺术家以让0缺失的方式引发更多对于虚无的思 考。

艺术家自述

从1988 年起,我就开始尝试用LED 和数字化的计算排列方式来进行艺术创作。其中,我想要表达的主旨有三个:“持续变化”,“关联一切”,“永无止尽”。作品的数字排列是从9 到1(或从1 到9),变化的速度因不同数字而异。0 则不被表现出来,用灯光的熄灭来代替。数字运行时所发出的光代表了“生”,而表示0 的黑暗部分则意味着“死”。我把这个计算和排列系统视为生命的象征,这是多年来我一直想表达的观念。这种思想最早源于佛教。中国为佛教的传播做了很大贡 献,因此这次来到中国举办个展,我感到很荣幸。

OLIVER LARIC


「メインギャラリーにインストールされているのは、Betweenness(すべての作品2018)です。これは、数人の人間を含む自然界をシンプルな線画のモーショングラフィックスに分類するビデオモンタージュです。アニメーションには厄介な品質があります。動物が動き、成長し、シフトし、文字通り進化するとき、シーンは科学的な事実を示すのではなく、遊び心のある直感に従っているように見えます。」

TUNDRA

ハイパージャンプ
「ハイパージャンプ」は、サンクトペテルブルク州立大学の学習スペースとして現在再建されている旧ファーストカデッツ隊のホールの1つのサイトスペシフィック作品として作成されました。 19世紀のホールには、ソビエト時代にここに建てられたバスケットボールコートのある運動場があります。「ハイパージャンプ」は、この逆説的な組み合わせによって設定されたアイデアを探求します。バスケットボールコートは、人間の合理性の象徴である古典主義時代の建築とともに、自然から得た身体性を表しています。

PHILLIP K. SMITH III

明快な代わり
」時間の経過とともに色相が変化する包み込むような眺望のように、LucidSteadは変容します。日光の下では、70歳のホームステッド小屋は、蜃気楼や幻覚のように周囲の地形を反射および屈折させます。太陽が山の後ろに隠れると、ゆっくりと変化し、幾何学的なカラーフィールドが現れ、砂漠の暗闇に浮かびます。」

BART HESS & NANINE LINNING


過去数十年の間に、私たちが日常的に取り巻くテクノロジーほど根本的に変わったものはありません。現代のコミュニケーション手段は、世界をポケットサイズのグローバルビレッジに縮小させます。医療技術は、その自然の限界を超えた人生を約束します。ロボット工学、サイバネティックス、および人工知能の分野での開発により、人工生命の不穏な考えと同じくらい魅力的なものが私たちの手の届くところにあります。ナニン・リニングの新作SILVERは、人間と技術の親密な、そしてますます押し付けがましい関係に取り組み、その美学の美しさを示していますが、進歩と自己改善がますます高まるという約束にも疑問を投げかけています。

MAIKO TAKEDA

大気圏再突入
武田麻衣子の作品は、幻想的な夢の世界のシュールな生き物のようです。彼女の最新作「大気圏再突入」のかぶとは、刺激的に異なり、繊細で未来的です。セントラル・セント・マーチンズと王立芸術大学を卒業した東京生まれの卒業生は、「作品を着ている人とその近くの人々の周りに、シュールで繊細なドラマを作成する」ことを目指しています。彼女は、自分の作品を身に着けている人々に、「日常生活、パーティー、または自宅のプライバシーの中でシュールな瞬間を体験または共有する」機会を与えることを想像しています。 「私は自分の作品が人々にそれらの魔法の経験を与えることを望んでいます」

TOMAS SARACENO

クラウドシティ
ベルリンのハンブルガーバーンホフにあるトマスサラセノの「クラウドシティ」インスタレーションは、場所、空間、未来、重力の概念に挑戦する幾何学的で膨らんだ形のコレクションで構成されています。サラセノは、展示を通して、人間がどのように環境と組み合わせて生きているかを説明しようとしています。 「クラウドシティ」は、視聴者とコレクションの間の相互作用がインスタレーションの重要な側面である建築作品です。これらの膨らんだ泡と蜘蛛の巣のような庭園は、地球と空の間に共同の地面を形成し、環境の影響の物理的表現の方向転換を支援します。

IAN CHENG

ボブ
チェンの作品は、突然変異、人間の意識の歴史、そして変化に関係する種としての私たちの能力を探求しています。チェンは、ビデオゲームのデザイン、即興、認知科学の原則に基づいて、ライブシミュレーションを開発しています。これは、自然界に見られる容赦のない因果関係に従って、行動ドライブでプログラムされているが、権威の意図なしに自己進化するエージェントが住む、無期限の仮想エコシステムです

SIDI LARBI CHERKAOUI

佛经
在佛经中表演的17位僧侣直接来自位于中国河南省登封市附近的原始少林,由来自印度的僧侣于公元495年建立。 1983年,国务院将少林寺确定为国家重点佛教寺。僧侣遵循严格的佛教教义,功夫和太极武术是其日常政权不可或缺的一部分。西迪·拉尔比(Sidi Larbi)拜访了中国的少林寺,并与少林僧侣一起工作了几个月,一生都对探索少林传统背后的哲学和信仰,与功夫的关系及其在当代艺术中的地位感兴趣。语境。

CHRISTINA KUBISCH

电动步道
克里斯蒂娜·库比什(Christina Kubisch)1948年出生于不来梅。她在汉堡,格拉茨,苏黎世和米兰学习了绘画,音乐(长笛和作曲)和电子学,并从那里毕。 七十年代的表演,音乐会和录像带作品,后是音响装置,声音雕塑和紫外线作品。 她的作品大多是电声作品,但她也为合奏作曲。 自2003年以来,她再次担任演奏家,并与各种音乐家和舞者合作。

ART+COM

流动性
该安装跨越了7米宽的走廊。在左墙上,排列成矩阵的一百个假肢手绕其自身的垂直轴旋转,其运动由电动机控制。他们持有的镜子将强光光束反射穿过整个空间并射向对面的墙壁。最初看起来像是一个异步的,混乱的运动模式,很快就显示出一种复杂的计算编排:首先,一百光点围绕一个中心点移动,类似于行星的天体动力学或昆虫群的飞行模式。并创造出三维空间的印象。然后突然之间,这种有机振动会聚成一个表示运动和动作的汉字。

SIMON BLACKMORE

天气吉他
天气吉他是一种机器人吉他手,可以对天气条件的化做出反应。该项目的重点是试图在对自然元素进行测量和量化的科学探索与作为艺术灵感源的天气浪漫概念之间取得相似之处。

NOBUMICHI ASAI

映射
与“ kagami”一样,本作品的主题是自然之美。日语中的“ kachofugetsu”一词是由花(ka),鸟(cho),风(fu)和月亮(getsu)衍生而来的,旨在唤起日本自然宝藏的美丽,多样性和和谐性。人类曾经作为自然的一部分而生活,在其无与伦比的美学中过着精神生活。通过电子化妆艺术,该作品囊括了这种自然美包含一系列美学价值和一种日本应该为此感到自豪的认同感的观。除现有技术外,这项工作还引入了新设计的4K / 240P投影仪,以进一步改善皮肤和化妆的精致手感以及动态运动感。

VERENA FRIEDRICH

香草机
VANITAS MACHINE装置可满足人们对永生的渴望和延长生​​命的潜力。 VANITAS MACHINE基于蜡烛,通过技术干预将其缓慢燃烧,创造了当代的比喻,类似于在科学和技术的帮助下延长人类寿命的努。VANITASMACHINE是专门为保持蜡烛而开发的»在受控条件下还活着。通过保护其免受环境因素的影,并通过精确地调节氧气的供应,以影响蜡烛的“新陈代谢”,从而影响其“寿命”。

ALEJANDRO MUNOZ MIRANDA

恰帕拉尔教育中心
学校没有比这更好的了:由建筑师亚历杭德罗·穆尼兹·米兰达(AlejandroMuñozMiranda)建造的辉煌的彩虹般的避风港,于2010年在他的祖国西班牙建造。院子,所有教室都通向该院子。建筑物的外部设有矩形窗,具有不同的主要阴影,这些彩色的光线沿着走廊投射出五彩缤纷的光影,生了神奇的效果。

QUADRATURE

轨道
“人造物体在太空中的美学,它们的外观,尤其是它们的轨道被转换为最小的视听性能,显示出诗意的舞蹈卫星和它们的垃圾在我们周围旋转时的表现。看似混乱的路径变异为几乎有机性质的惊人模式-所有这些都是由于纯粹的物理必要性。当我们开始使用全球卫星数据时,它们的信息是基于美国空军维护的网站。然而,过了一段时间,根据关注科学家联合会的信息,我们发现一些物体丢失了。幸运的是,机密卫星的数据是由热心的业余天文学家观察夜空生成的。”正交

LORENZO OGGIANO

准对象
FILE FESTIVAL
“准对象”是一个艺术项目,由3d生成的视频和印刷品组成,是一种“有机重新设计”的实践-自2003年开始,目前仍在进行中-目的是激发人们对自然形式的自然相对论的思考和对话。 “准对象”将数据实,非功能性生物体和生态系统的生产视为一种操作实践的瞬时输出:过程美学。“生活是独立于任何具体物质表现的真,自主的过程。”

GUILLAUME MARMIN & FREDERIC MAROLLEAU

Hara
纪尧姆·马明(Guillaume marmin)和弗雷德里克·马洛洛(Frédéricmarolleau)通过在“原声”中进行视觉抽象来传达精神实质,“原声”是魁北克蒙特利尔第七届色彩节的视听合。通过各种方式探索了“ Hara”,这是日本习惯的能量解剖学之。音乐和灯光在紧张和平静的状态中穿行,为每位访客带来独特的沉思体

CHRIS LABROOY

有氧运动
Labrooy毕业于RCA,获得了产品设计硕士学位,并且此后开始使用各种3D工具探索版式,建筑,产品设计和视觉艺术的交集。他在设计博物馆展了他的作品。

PHILLIP K SMITH III

圆环面
在南加Coachella山谷长大后,Phillip K. Smith III在罗德岛设计学院获得了艺术学士学位和建筑学学士学位。他在加利福尼亚州棕榈沙漠的工作室工作,以光为基础的作品汲取了空间,形式,颜色,光+阴影,环境和变化的观念

ERIN DICKSON AND JEFFREY SARMIENTO

情绪泄漏
Dickson将现象学与建筑和数字技术相结合,考虑空间感官和感官品质的雕塑,装置和表演为创作对象。在《情感泄漏》(Emotional Leak,2011年)中,他们产生了屋顶缓慢泄漏的物理表。受到水的启发,并在玻璃中实现,最终的形式是黑色的整体雕塑,似于数字哥特式建筑模型。

Kishi Yuma

META-SELF : Redefine humanity through the gaze of AI
岸裕真 1993年栃木県生まれ。2019年に東京大学大学院工学科電気専攻修了。以降東京を拠点に活動開始。多次元空間の差しをシミュレートし平行世における”幽霊”の姿を見つめることで、次元を超えるエネルギーとしての”愛”について思考する作品を制作。他にもMVや広告など多領域で活動中。

 

Kenji Shinohe

Small Talk in Iwate
年岩手県滝沢村生まれ。 幼少の頃より競技ダンスを始め、世界 出場や内閣総理大臣杯優勝など受賞歴多数。 日本大学芸術学部に入学し、20歳の頃より創作活動をはじめる。カンパニーluluと大東京舞踊を主宰し、並行してソロ作品も創作。国内外のダンスフェスティバル等で作品を上している

Rick Owens

Subhuman Inhuman Superhuman
时装设计大师 Rick Owens 近年一直醉心于时装以外的艺术创作,在 2005 年更发布以卡板、大理石及驼鹿角制作的家具系列,先后于巴黎现代艺术博物馆及洛杉矶当代艺术美术馆展出。最近,意大利米兰三 年展设计博物馆(Triennale di Milano)将策划 Rick Owens 回顾展《Subhuman Inhuman Superhuman》,「总体艺术」 之形式呈现,展出 Rick Owens 一系列时装及家具、电影、平面设计、出版物藏品和最新雕塑装置,探索他整个作品的论述、创意、进化与演变,看看他如何摧毁现有信仰和偏执,同时破坏封闭的道德观,叩问社会对于美学与接受的问题。

MATT PYKE

最高の信者
25メートルの画面では、ダンサーの特大の画像が手付かずの空間を横切っています。彼らは、ダンサーの体から引き裂かれたデジタル形状によって具体化された地獄のハリケーンと激しく戦います。彼が何を望んでいるのか、優雅で壊れやすいのかはわかりませんが、画面の反対側に到達するための彼の圧倒的な必要性は理解しています。 「私はキャラクターのシーシュポス側が好きです。彼のあきらめられないことは、パイクを笑う。ダンサーがバランスを求めているだけで、風と戦っているような錯覚を与えるために、傾斜面を構築したところです。私はとても古い学校に泊まりました。 「」

Vera Molnár

algorythmic art

彼女は伝統的な芸術家として訓練を受け、ブダペスト美術大学で美術史と美学を学び、1947年にパリに移り住みました。 彼女はG.R.A.Vなどのいくつかの先駆的なアーティスト研究グループを共同設立しました。 (Groupe de Recherche d’Art Visuel)は、機械芸術とキネティックアートへの共同アプローチを調査し、パリの芸術科学研究所の芸術とコンピューターサイエンスの研究グループです。
彼女はコンピューターよりも前から、事前に定められた一連の構成ルールに従って一連の画像を作成できるアルゴリズムまたは「マシンイマジネア」を発明しました。 1968年以降、コンピューターは彼女の絵画やデッサンの作成における中心的なデバイスとなり、幾何学的な形や線の無限の変化をより包括的に調査できるようになりました。
video

Adam Ferriss

crystal display
“亚当·费里斯(Adam Ferriss)是具有技术意识的创意者之一,他们能够利用他不断增长的代码和处理知识,利用建筑美学奇妙的数字艺术来供我们其他人欣赏。 他的影像让我觉得自己像是迷上了迷幻药,走进了游乐场中那些疯狂的房子之一,那里的每堵墙上都有巨大的错觉,地板一直在你的脚下移动,除非这些是使用算法制作的 和编码框架[…]”

KRISTA VAN DER NIET

КРИСТА ВАН ДЕР НИЕТ
Krista van der Niet(1978)の作品は、夢のような精神状態から生まれ、彼女の想像力が彼女の周りのものを生き生きとさせます。 彼女は物事の軽さに沿って滑るように見え、純粋な物体の美しさを把握しています。 作成プロセス中に、オブジェクトは意味の形而上学的な層を獲得します。 彼女は、彼女の認識を伝えるために、聴衆の視点の指針となる要素です。

LEAH SCHRAGER

Sunset Blvd
Leah Schragerはデジタルアーティストであり、オンラインパフォーマーです。彼女は彼女の画像のモデル、写真家、アーティスト、マーケティング担当者です。彼女の視覚的な作品は、身体の形に絵画の美学を適用し、多くの場合、彼女の概念的なオンライン実践から素材を引き出します。彼女のオンラインパフォーマンスは@OnaArtist(Instagram 3m)とSarah White(The Naked Therapist)です。これらのパフォーマンスで、シュレーガーはセクシュアリティ、表現、および配布のテーマを探ります。彼女の実践は、現代のグローバル社会で女性の伝記と労働を探求しようとする女性の(適切な)、覚醒、有名人、ファンダム、商業主義の現代的な温床に位置しています。

Dan Flavin

ダンフラビンはアメリカ人アーティストであり、ミニマリズムのパイオニアでした。 彼の照らされた彫刻は、空間と光の厳密な形式的および概念的な調査を提供し、アーティストは商業用の蛍光灯を異なる幾何学的構成に配置しました。 「アートは仕事よりアートの方がいいと思う」と彼はかつて言った。 「私はいつもこれを維持してきました。 私は手を汚さないことが重要です。 私が本能的に怠惰だからではありません。 それは宣言です。芸術は考えられています。」

Jeff Koons

杰夫·昆斯
ДЖЕФФ КУНС
ג’ף קונס
ジェフ·クーンズ
제프 쿤스
metallic venus

杰夫·昆斯,1955年生于美国宾夕法尼亚州,21岁时毕业于马里兰艺术学院。移居纽约后迫于生计,在纽约当代艺术馆做推销员工作,被经纪人Mary Boone发掘,后转到Annina Nosei画廊旗下做展览。期间曾在华尔街股市做证券经纪人,一直等到1985年,昆斯才真正崛起。昆斯有30多位技术员实现他设计的艺术雕塑。
“其作品往往由及其调的东西堆砌而成——比如不锈钢骨架、镜面加工过的气球兽,常常染以明亮的色彩。昆斯的作品在世界上大卖,持有至少一个在世艺术家作品的拍卖价格记录。评论家对他的看法趋于两级。有的认为他的作品是先锋的,有着重要的艺术史价值。有的认为那是在媚俗——哗众取宠,建立在全然利己的自我推销上。”

Kimiko YOSHIDA

كيميكو يوشيدا
吉田公子
키미코 요시다
קימיקו יושידה
КИМИКО ЙОШИДА

1963年,吉田公子出生于东京一个古老的武士家庭,
1995年,她匆忙离开日本,选择到法国过一段“新的生活”,她先后在阿尔勒国家高等摄影学院和勒弗雷斯诺国家当代艺术工作室学习摄影。她的艺术把巴洛克式的空间饱和与禅宗的极简,还有风格的唯一基础——单色融合在一起。

EVELYN BENCICOVA

人体の表現力は無限大です。 裸の体は、性的な意味合いを超えて、純粋な芸術です。 身体の概念についての概念的な写真は、EvelynBencicovaが彼女のシリーズEcceHomo(ラテン語で「ここに男がいる」を意味し、暴力や戦争の観点から引用されている)で私たちにもたらしたものであり、そこでは多くの身体が見られます 積み重なって奇妙な彫刻の形を形成します。 参加している各俳優の人物を非人格化するのに役立つ顔は、決して見られません。 結果はやや気がかりです。なぜそれらの体がそこにあるのか、彼らが何をしようとしているのかはわかりません。 振り付け、美学、演劇のミックスです。 芸術的な感性が非常に高いこれらの図には、人間の集合体の感覚を呼び起こす何かがあります。 表面への感情。

JACQUELINE KIYOMI GORDON

LISTEN WITH HEADPHONES
由杰奎琳·吉米·戈登(Jacqueline Kiyomi Gordon)在旧金山Yerba Buena艺术中心(YBCA)的新展览系列“控制:文化中的技术,无时无刻不在发生”中建造,是一种塑造声音,运动和感知的装置。该装置雄心勃勃,具有建筑雄心,需要探索一个房间,房间内布满11.1.4环绕立体声系统和定制的减震声板,以突出艺术家所描述的“声音之间移动,声音内部移动之间的交换”的含义。雕塑,与其他人一起移动”,并在此过程中产生“亲密感”。借用消音室和声学测试实验室中使用的隔音板的材料和几何形状,戈登的身临其境的声音环境部署了临床声音设计,以进行探索和互动。
位于“戈登(Gordon)”空间中央的位置是“爱的座位(Love Seat)”,这是一对相邻的围墙,游客可以坐在那里聆听。聆听者共享一个共同的视线,但在身体上是分开的,他们可以在相对(相对)的声音隔离中享受片刻。在展览随附的文章中,“控制:文化中的技术”策展人策奇·莫斯(Ceci Moss)简洁地将戈登的方法描述为“调音的情绪”,以“进入并指挥”进入该空间的人。
不出所料,戈登竭尽全力地雕刻了《永远发生的一切》中的音响效果,在展览中她看到她与Meyer Sound Laboratories的专家紧密合作。她在下面的视频中简要地介绍了她的过程,并且值得深入研究创建者在该项目上的帖子,因为它提供了一些有价值的“细节”,以及合作者Jon Leidecker(又名Wobbly)和Zackery Belanger的评论。

Igor Eškinja

伊戈尔·埃斯基尼亚(Igor Eskinja)将谦虚与优雅合二为一,构筑了他的感知建筑学。艺术家“表演”了对象和情况,并从二维形式到三维形式的亲密无声的过渡中捕捉了它们。 Eskinja使用简单廉价的材料(例如胶带或电缆)并在严格的空间参数内以极高的精度和数学精确性对其进行整理,从而定义了超越物理方面的另一种品质,并进入了富有想象力和不可感知的范围。形式的简单性是一种美学特质,它为操纵含义开辟了可能性。正如艺术家所说,它源于一种形式的需要,即在其内部包含各种含义和阅读水平。多重性与虚无之间的张力是Eskinja壁画“绘画”和看似平坦的装置中最重要的方面之一。空虚仍然是感知的活跃空间。它不会隐藏;它评论了可见性,邀请观看者参与在开放空间中虚构空间的构建。艺术家空间结构的暂时性和地毯的短暂品质(其中的装饰物是用灰尘或灰烬精心编织的)表现出对制度性机构和社会政治秩序的主流叙述的抵制。

TETSUYA ISHIDA

تيتسويا إيشيدا
石田哲也
테츠야 이시다
石田哲也

石田徹也は武蔵野美術大学を卒業した日本画家です。 彼の作品は、信じられないほどの才能と、おいしい批判的感覚を明らかにしています。 都市、技術、産業のシーンに強く影響を受けた彼は、現代社会に存在する窒息、苦悩、憂鬱の感情を可能な限り捉えませんでした。 彼の作品は、シュルレアリスムによる肖像画、痛みと鬱病の完全に悲観的な感情を反映しています。 石田徹也は、古典的なシュルレアリスム作品の特徴である想像上の強く抽象的なシナリオを作品から取り除き、しっかりとした線と提示されたテーマに強く存在する現実の文脈を挿入します。 残念ながら、彼は早死になり、2005年5月に鉄道事故で31歳で亡くなりました。 彼は素晴らしい芸術作品を残しました。それは再解釈するだけでなく、シュルレアリスムを更新します。この場合、これまで以上に現実的です。

Philipp Artus

FLORA
FLORA中的动画是通过传播穿过一串线的正弦波重叠而生成的。 当能量通过诸如水,空气或只是绳索之类的介质进行传输时,这种波动原理通常会出现在自然界中。 它也可以在动物和人类的运动中观察到,其中动能通过关节依次传递。
的FLORA算法基于以下发现:简单的旋转线系统可以创建抽象形状的无穷变化-从弯曲的和谐线到前卫和混乱的图案。 由此产生的美学将计算准确性与有机的嬉戏结合在一起,并倾向于在观看者的脑海中引发各种联想。

gif

VIKTOR & ROLF

Haute Couture Spring Summer 2016

设计师Viktor Horsting及Rolf Snoeren同样是荷兰人,同是于一九六九年出世,因就读Arnhem Academy of Art时装设计系而认识,由于大家的作风均自由大胆,在九二年毕业时便萌合作之意。其后,两人终于组成名为Viktor & Rolf的品牌,主力推出Haute
Couture 系列。而在九九年秋冬季举行的Haute Couture Fashion Show,两人破天荒只请来一位模特儿演绎其作品,一口气为模特儿披上九件外衣,展出形式令人惊讶。到二○○○年正式推出首个Ready-to-wear 系列,以美国国旗为布料图案,实时吸引各传媒报道。
战美学极限
自推出第一个Ready-to-wear系列,Viktor & Rolf便正式踏上时装舞台,其带点玩味的设计及独特的时装美学概念,一直是时装传媒的焦点。以歌舞剧形式包装的○一年春夏骚,戴上绅士帽的模特儿以牛仔装束配上Smoky
Eyes,创意不凡。之后的○一年秋冬系列,就以全黑Look示人,连各模特儿及两位设计师的面孔都涂黑了,挑战All Black的极限。到○二年春夏忽然换来全白,华丽的晚装换上了白色的配搭,两位设计师的鬼主意似乎仲未间断。来到○二年秋冬,则来个蓝色为主调的系列,绝对令大家对二人独特的美学概念赞叹不绝。

Peng Xianfeng

The Cloud Making Factory

彭咸丰的彩虹和泡泡云指向一种非物质的,短暂的美学:固体可以扩散到液体,空气,光,波和能量场中。 这些是临时雕塑。 在令人愉悦的雕塑的背后,存在着禅宗和诗意的精神哲学,具有戏剧性和戏剧性的表现形式。

Chuck Hoberman

hoberman sphere
查克·霍伯曼(Chuck Hoberman)是一位发明家,以其“可变形结构”而享誉国际。 通过其产品,专利和结构,霍伯曼展示了物体如何可折叠,可伸缩或变形。 此类功能带来了功能上的好处:可移植性,即时打开以及对构建环境的智能响应。 霍伯曼(Hoberman Associates)是霍伯曼协会(Hoberman Associates)的创始人,霍伯曼协会是一家跨学科的公司,客户遍及各个领域,包括消费品,可部署的掩体和空间结构。

YOHJI YAMAMOTO

山本耀司
יוז’י ימאמוטו
ヨウジヤマモト

彼は自分の哲学と前衛的な精神を服で表現し、現在のトレンドからかけ離れたデザインを頻繁に作成しています。基本的に、彼は特大のシルエットが特徴のラインを作ります。通常、光沢のあるテクスチャのドレープ(ゆるいギャザーとボロボロ)が特徴で、フィギュアの輪郭や動きに応じて自然に変化します。多くの場合、単一の色(特に黒)と単一の色合いが使用されます。山本洋二は服を通して自分を表現しようとしていると言えます。その想いや精神に共感するお客さまを魅了し、熱烈なファンに。川久保玲のコムデギャロンや三宅一生の三宅一生などと並んで、1980年代に国内外で高い評価を得たカリスマ的なデザイナーブランドが「DCブランドブーム」を形成した。 (DCはDesigners&Charactersの略です。現在はDesigners’Brandsと呼ばれています。)彼は現在、Brother、Dolls、Zatoichiなどの北野武の衣装デザイナーを務めています。彼はまた、Soulmates Never Die(Live in Paris 2003)ツアーショーの最中に、アディダスラインでプラセボのプロバイダーとして認められています。

SILVIA BECCARIA

Splendor

西尔维娅(Silvia)在共生中专心致志地开展工作,带领她研究过去-尽管打破常规,但意识到手工编织的古老技术遗产-并同时在她的研究和研究中以当代的方式表达了自己。 大胆的实验。 在她的工作中,她一遍又一遍地将“纤维”的定义扩展到包括工业的,不可回收的,匿名的边际材料,例如PVC,橡胶,塑料,乳胶,聚氨酯等,这些材料似乎很难与任何其他材料相结合。 美学品质,但具有“可编织”的共同特征。 西尔维亚(Silvia)设计和创造当代珠宝,挂毯和雕塑服,并参加意大利和国外的众多艺术展览。

duffy london

megalith table

イーストロンドンデザインスタジオのダッフィーロンドンは、重力がどのように機能するかを疑うように目を誤解させる一連のテーブルを作成しました。 「巨石」シリーズにはコーヒーとダイニングテーブルの両方のサイズがあり、モノリシックなデザインはアーサーcの本「歩哨」から形作られています。 2001年にカルトクラシック映画にされたクラーク:スタンリーキューブリック監督の宇宙の旅。 ガラスのテーブルトップは、倒れる モノリスの 上でバランスを取ります。モノリスは、崩壊が差し迫った永続的な状態で凍結しているように見えます。 粉体塗装された軟鋼ベースは、黒、白、研磨されたステンレス鋼、およびソリッドウォールナットで利用できます。 欺く偉業は、単に物理学の基本的な基礎と体重の分布に根ざしています。

DANIEL FIRMAN

ДЭНИЕЛ ФИРМАН
丹尼尔·菲尔曼

ダニエル・ファーマンの身体の物理学とエネルギー、動きとその空間との関係への関心は、その中心にある彫刻作品に反映されています。
毎回「キャラクター」と見なされ、振り付けと物語の推進力で捉えられた人物は、観客が距離を保つのと同じくらい自分自身を作品に投影するように促す現実的なモードで扱われますが、顔はまだ隠されています時間内に中断されたこれらのキャラクターに追加の謎をもたらします。
これらの等身大のキャラクターは、日常の物を積み込み、衣服に邪魔され、単に空間で停止またはバランスを取り、場所の認識を変えることができる、時には混乱し、過度の身体的および道徳的状況を翻訳します。
チャンスとデザイン、身体と精神、時間と動きのサスペンドを組み合わせた彼の作品は、パフォーマンス、成形、写真、電子画像、建設、さらにはリサイクルなど、さまざまな技術とプロセスを使用して設計されています…دانيال فيرمان

Jeroen van der Hulst

unfixed constructions
耶隆·范·德·赫尔斯特(Jeroen van der Hulst)是海牙的一位艺术家和作家。 从乌得勒支艺术学院获得美术学士学位后,他在柏林工作和生活。 在此期间,他参与了Agora Collective,在那里他制作和管理了有关艺术,文学和技术的教育平台。 他撰写了多篇文章,将艺术与社会评论相结合,以研究社会对话中的知识传播和艺术。

Shirana Shahbazi

抽象化と表現を交互に繰り返すShahbaziの鮮やかな色の写真は、デジタルツールを使用せずに、鮮明なスタイルの商業スタジオ写真で作成されます。彼女の抽象的な構図を作るために、彼女は塗装された台座やその他の幾何学的なボリュームを写真に撮ります。時々彼女は同じオブジェクトの複数の画像を作成し、露出の間にボリュームを回して、表面と深さの間に動的な相互作用を作成し、幾何学的な色とパターンの豪華なフィールドを作成します。 Shahbaziは彼女の写真を驚くべき組み合わせで配置します。ここで彼女は、ギザギザの山々の硬いエッジと飛行中のダイバーの正確な形と抽象的な幾何学を並置します。 Shahbaziのアレンジメントは、さまざまなジャンルの写真の類似点を強調し、外側と内側、有機的なものと製造されたもの、自然と構築された風景の間の構造的な類似点を示しています。彼女の写真は、さまざまな媒体に翻訳され、表示されるたびにさまざまなグループに配置され、新しい反復ごとに視聴者の認識とは異なって再生されます。 Sharina Shahbaziは、1974年にテヘランで生まれました。彼女はドイツのFachhochschuleドルトムントとチューリッヒのHochschulefürGestaltungundKunstで写真を学びました。 Shahbaziはチューリッヒに住み、働いています。

Olafur Eliasson

オラファー·エリアソン
اولافور الياسون
奥拉维尔·埃利亚松
אולאפור אליאסון
ОЛАФУР ЭЛИАССОН
Thereness corner
彼の作品は、同時に風変わりで幾何学的なものであり、色とりどりのウォッシュ、焦点を絞った光の投影、、水、石、苔などの要素を使用して、視聴者の場所と自己の認識を変えています。 ギャラリーを自然と文化のハイブリッド空間に変えることで、エリアソンは世界との集中的な関わりを促し、日常生活の新鮮な考察を提供します。

fantastic norway architects

Cardboard Cloud

素晴らしいノルウェーの建築家は、ノルウェーのオスロにあるデザインと建築のセンター(DogA)での展示会のために、「段ボールの雲」のインスタレーションを作成しました。 ショーはノルウェーの学生による作品を特集します。 展示会は真新しいデザインオブジェクトを提示するように設定されているので、彼らは開梱のスリルに基づいて建築コンセプトを決定することにしました。 インスタレーションは、大きなピクセル化された雲に似た3000を超える吊り段ボール箱で構成され、さまざまなオブジェクトの上に浮かんでいます。 350m2の展示ホール内には、洞窟のような空間からリフトやオープンエリアまで、多種多様な空間が生まれます。 オブジェクトとデザインコンセプトは、ボックスの内側と外側の両方に表示されます。

JOHANNES VOGL

ЙОХАННЕС ФОГЛ
Column of steam
「ヨハネス・ヴォーグルにとって、芸術は、感覚が研ぎ澄まされ、知覚が活性化される、高められた強度の絶え間ない例外的な状態で周囲の現実に対処するための奇跡的な手段であるようです。日常の注意深い観察者として、Voglは、火山の(創造的な)エネルギーと警戒を伴う永続的な警戒状態にあり、各ステップと反応で爆発します。ここで、芸術分野は、無限の解決策が適用され、新しい予期しない構造が刺激的な現実と魅惑的なフィクションの交差点で上演されている、真の可能性と可能性のオープンで無制限の領域です。 Voglは、そのようなコンストラクターであり、全能の想像力の領域内で、理由を超えて、機能性と超現実的なアプリケーションのようなおとぎ話の端にあるオブジェクトの情熱的な発明者です。 「波を見る」、2005年は、特定の自然現象を体験するために必要なすべての条件を備えた、すべて満足のいく快適な微小環境を作成しようとするVoglの試みの典型です。アーティストは自給自足の構造の作者であり、物事の通常の目的と機能を混乱させるほとんど寄生的なメカニズムとして現れ、»Kleiner Mond«、2006年の場合のように、特定の競争力ももたらします。模倣と模倣のほとんど叙情的な例。 Vogl’sは、日常のジェスチャーの非常に敏感な詩学であり、気取らない、本物の現実の補足であり、適度な量の皮肉とユーモアのセンスが今日の(不完全な)世界の不安定さと不十分さのバランスをとる遊び場に一瞬変わりました。」
アダムブダク

KATARINA LÖFSTRÖM

卡塔琳娜·洛夫斯特罗姆(KatarinaLöfström)的视频作品,三维作品和装置以及她对图像固有的创造意义的能力(不使用语言/文字)的信念是光,感知以及我们如何选择解释外部世界。 。这并不一定意味着Löfström对语言不感兴趣:恰恰相反。在经常通过语言分析图像的地方,洛夫斯特罗姆(Löfström)对通过图像接近语言更感兴趣。主要是她的不足和无形的品质引起了她的兴趣。她的几幅作品都作为构架或框架来捕捉生活和语言中难以捉摸和多变的方面。 路德维希·维特根斯坦(Ludwig Wittgenstein)试图在他的著名条约《逻辑哲学》(Tractatus Logico-Philisophicus)终结的著名条约中,定义超越语言创造意义的能力。在可以说的和只能显示的之间,在可以表达的和无法表达的之间,存在着语言上的张力。它们彼此是对立的,并具有内在的联系,就像只有在存在可以衡量的虚无的情况下,某些事物才能存在。没有黑暗就没有光,只有在其表面要投射的情况下才能感知到光。没有沉默就没有声音,至少有一对耳朵可以听到区别。因此,语言被无法表达的一切所反映。 在她的作品中,她不断研究视觉艺术与传统行为模式和理性思维脱节的内在能力。