テレビ体操[字]

Soichiro Mihara

三原 聡一郎
The Blank to Overcome
file festival
Part of the ”blank” project that the artist has been creating since 2011, “The Blank to Overcome” utilizes air pumps, power supply control circuitry, water, solution, glycerin, ethanol and electricity to produce bubbles in the air. The theme of ”blanks” denotes a space for an unsolved ”inquiry” through the perspectives for thinking about the post-3.11 present: how the bubbles are always shifting as a giant cluster, almost without mass or structure, and the facing up to this; and the framework since modernity that has prescribed society, and the ”involved” or the ”other”. From this work debate will surely emerge.

.

克服するための空白

アーティストが2011年から作成している「ブランク」プロジェクトの一部である「TheBlankto Overcome」は、エアポンプ、電源制御回路、水、溶液、グリセリン、エタノール、電気を利用して空気中に気泡を生成します。 「空白」のテーマは、3.11以降の現在について考えるための視点を通して、未解決の「問い合わせ」のためのスペースを示しています。泡は、ほとんど質量や構造がなく、巨大なクラスターとして常にシフトしており、これに直面しています。 ; そして、社会を規定してきた近代以来の枠組み、そして「関与する」または「その他」。 この仕事から議論が確実に浮かび上がるでしょう。

ポンプ

ANGELIN PRELJOCAJ

フレスコ画
“アンジュランプレルジョカイのラフレスコ画のインスピレーションは、古代と現代の両方です。表面的には、修道院に到着した2人の巡礼者が、5人の女性を描いた壁画(フレスコ画)に出くわした、700年前の中国のおとぎ話に基づいています。男性の一人(チューという名前)は、絵の中の女性のイメージに夢中になり、彼女の世界に夢中になります。彼らは、男がフレスコ画の内側の聖域から嫉妬深いクランスタイルの黒人の騎士に襲われて絵から投げ出される前に結婚します。チューはその後、死すべき世界でほんの数秒しか経過していない間に、彼がこの別の人生を生きてきたことを発見します。プレルジョカイの現代的なひねりは、ポケモンゴーの流行が絶頂に達した2016年にこの作品を作成したことから生まれました(若者は携帯電話で漫画の生き物の画像を探していました)。彼は、仮想現実のこれらの遠い類似点をつかみ、古代でも現代でもなく、物語と抽象の両方であるこのフルレングスの作品を作成しました。” Graham Watts

MOMU3 X BULO

Frederik Heyman and Wout Bosschaert

For MOMU3, Frederik Heyman creates, in collaboration with graphic artist Wout Bosschaert, 3 fashion films in which he infuses the rich collection of the ModeMuseum with digital life by using 3D scans and manipulations.

.

MOMU3 では、フレデリック ヘイマンがグラフィック アーティストの Wout Bosschaert と協力して、3D デジタル化と操作を使用して ModeMuseum の膨大なコレクションにデジタル ライフをもたらす 3 つのファッション映画を制作しました。

 

TOMMI GRÖNLUND-PETTERI NISUNEN

液体図
展示スペースには12台の設置ユニットが並んでいました。各ユニットは、垂直ガラス管が取り付けられた、ステンレス鋼スタンド内の丸底フラスコで構成されていました。各フラスコは蒸留で約4分の1が満たされていました。抵抗コイルがフラスコ内の空気を加熱すると膨張し、水をガラス管に押し上げました。空気が加熱されているときに水位が上昇し、冷却されるにつれてゆっくりと水位が下がり始めました。

.

Flüssigkeitsdiagramm

Zwölf Installationseinheiten standen im Ausstellungsraum. Jede Einheit bestand aus einem Rundkolben in einem Edelstahlständer, der mit einem vertikalen Glasrohr ausgestattet war. Jeder Kolben wurde etwa ein Viertel mit destilliertem Wasser gefüllt. Wenn die Widerstandsspule die Luft im Kolben erhitzte, dehnte sie sich aus und drückte das Wasser in das Glasrohr. Der Wasserstand stieg an, als die Luft erwärmt wurde, und begann langsam zu fallen, als sie abkühlte.

SHIRO TAKATANI

高谷史郎
史郎の高谷
La chambre claire
La Chambre Claire (or Camera Lucida) is a show built up from precise, symmetrical movements, inviting spectators to embark on a thought-provoking journey into their most intimate and personal territory. In this, his first solo work as creative artist and director, Shiro Takatani pays homage to the French writer Roland Barthes and his essay on photography, La chambre claire (1980). The result is a performance that blends theatre, the art of movement and installation to compose a great fresco full of subtle, elegant minimalist images that advance towards an aesthetic climax. Reflecting on photography and memory, the production invites us to embark upon an intimate, solitary journey to look inside ourselves and formulate a personal interpretation of what we see.
.
La Chambre Claire (oder Camera Lucida) ist eine Show, die aus präzisen, symmetrischen Bewegungen aufgebaut ist und die Zuschauer zu einer zum Nachdenken anregenden Reise in ihr intimstes und persönlichstes Gebiet einlädt. In seiner ersten Soloarbeit als kreativer Künstler und Regisseur huldigt Shiro Takatani dem französischen Schriftsteller Roland Barthes und seinem Aufsatz über Fotografie, La chambre claire (1980). Das Ergebnis ist eine Performance, die Theater, Bewegungskunst und Installation miteinander verbindet, um ein großartiges Fresko voller subtiler, eleganter minimalistischer Bilder zu komponieren, die sich einem ästhetischen Höhepunkt nähern. Die Produktion reflektiert Fotografie und Erinnerung und lädt uns ein, eine intime, einsame Reise zu unternehmen, um in uns selbst zu schauen und eine persönliche Interpretation dessen zu formulieren, was wir sehen.
.
La Chambre Claire(またはCamera Lucida)は、正確で対称的な動きから構築されたショーであり、観客を招待して、最も親密で個人的な領域への示唆に富む旅に出ます。この中で、クリエイティブアーティスト兼ディレクターとしての彼の最初のソロ作品である高谷史郎は、フランスの作家ロラン・バルトと彼の写真に関するエッセイ、ラ・シャンブル・クレア(1980)に敬意を表しています。その結果、劇場、動きの芸術、インスタレーションを融合させて、美的クライマックスに向けて前進する繊細でエレガントなミニマリストのイメージに満ちた素晴らしいフレスコ画を構成するパフォーマンスが生まれました。写真と記憶を反映して、この作品は私たちを親密で孤独な旅に乗り出し、自分自身の内部を見て、私たちが見ているものの個人的な解釈を定式化するように誘います。

 

TROIKA

ダークマター
「トロイカの形而上学的に奇妙なぶら下がっている彫刻ダークマター(2014)、立っている場所に応じて円、正方形、または六角形のように見える大きな黒いオブジェクトは、(オールドウォルバーのビデオのように)主観的な視点と客観的な真実。
.
Dark Matter, a large black object that looks like a circle, a square or a hexagon depending on where you’re standing, probes (like Olde Wolber’s video) a very contemporary disturbance about the irreconcilability of subjective point-of-view and objective truth.

.

Un grand objet noir qui ressemble à un cercle, un carré ou un hexagone selon l’endroit où vous vous trouvez, sonde (comme la vidéo d’Olde Wolber) une perturbation très contemporaine sur l’inconcilabilité du point de vue subjectif et de la vérité objective.

Lars Spuybroek

Oblique WTC
.

著者によると、この建物は単一の巨大構造を形成しており、複雑なネットワークを形成しており、個別のコンポーネントに分解することはできません。 この質感は、ウールニットと比較されます。 中には公共のスペースを含むいくつかのスペースがあります。 通りは曲がった塔に合流しているように見え、その中のエレベーターは坂を上って街の地下鉄に降りる列車になります。

.

Здание, по мысли автора, образует единую мегаструктуру, сложную сеть, не раскладывающуюся на отдельные компоненты. Эта структура сравнивается с шерстяной вязкой. Внутри располагаются различные пространства, в том числе и общественные. Улицы как бы вливаются в гнущиеся башни, а лифты внутри них становятся поездами, взбирающимися по наклонным плоскостям и спускающимися в городской метрополитен

.

The building, according to the author, forms a single megastructure, a complex network that cannot be decomposed into separate components. This texture is compared to a wool knit. Inside there are various spaces, including public ones. The streets seem to merge into bending towers, and the elevators inside them become trains that climb inclined planes and descend into the city subway.

 

THEO JANSEN

ثيو يانسن
西奥扬森
テオ·ヤンセン
Тео Янсен
תיאו ינסן
«Крылья двигаются вместе с ветром и нагнетают воздух под высоким давлением в бутылки с газировкой, это то, что я называю желудком ветра. Таким образом, они могут накапливать энергию и использовать ее для передвижения, когда нет ветра. Энергия, которую они потребляют, не такая, как наша; мы едим, а эти животные – нет. Они используют силу ветра; так что можно сказать, что они едят ветер ». Тео Янсен. Небо, песок и ветер детства Тео Янсена в Голландии породили идею. Позже эта идея стала новым образом жизни, рожденным на пляже и воплощенным в компьютерных программах.Художник исследует безграничные возможности и материализует только «самые подходящие» модели для движения по ветру. Трубы из ПВХ, нейлоновые нити и клейкая лента исполняют детские мечты Янсена с практикой, аналогичной методам, основанным на принципах биологической эволюции: каждый год он создает животное и каждый год объявляет его вымершим. Таким образом, он практикует «естественный отбор» лучших характеристик, которые будут унаследованы следующим видом. Когда эти существа движутся, кажется, что они живут своей собственной жизнью. Каждая нога совершает точное движение, благодаря чему тело остается устойчивым и ровным. Технология, с помощью которой построено каждое из «пляжных зверей», позволяет им менять направление, если они обнаруживают неустойчивую воду или песок, которые могут препятствовать их прохождению. Это также позволяет им сохранять давление воздуха и использовать его для передвижения в отсутствие ветра. «Animaris Sabulosa», например, вонзает нос в песок, чтобы закрепиться – если он обнаруживает, что ветер слишком сильный – и, таким образом, остается стоять.

DANIEL STEEGMANN MANGRANÉ

ড্যানিয়েল স্টেগম্যান ম্যানগ্রান
Даніэль Стыгман Мангранэ
ダニエル・スティーグマン・マングラネ
Fog Dog
Una intervención ligera de dos partes saluda al visitante al ingresar a la exposición. Iluminado completamente por luz natural, las paredes divisorias en ángulo transforman el espacio en una serie de habitaciones comunicadas. Una gran abertura triangular en el techo y una construcción en forma de embudo a la altura de la cabeza que se estrecha hacia una abertura alteran fundamentalmente la experiencia del espacio, controlando y dando forma a la luz entrante. Las obras evocan una larga tradición de encuentros con la luz natural, llamando la atención sobre la subjetividad de la percepción y sus asociaciones metafóricas.

JENNY HOLZER

珍妮•霍尔泽
ג’ני הולצר
ジェニー·ホルツァー
제니 홀저
Дженни Хольцер
all fall

Jジェニー・ホルツァーは1950年米国・オハイオ州生まれ。現在NY州在住。 70年代後半より自作のテキストを使用した、様々なメディアの作品を発表しています。その中でもLEDを使用した表現が代表的です。 使用されるテキストは、格言的で、として暴力的で過激にも感じられ、多様な現代社会の状況を反映しているといえます。本展ではホルツァーの代表的な表現方法であるLEDを使用したインスタレーションと、モノクロームの写真作品を展示します。 インスタレーションは、84個もの小型のLEDサインがミニマルに配置され、それぞれ同じ内容のテキストが反復していきます。文字が間に反響するかのように、暗闇の中を増幅していくイメージを醸しだし、言葉の表現だけでなく視覚的にも非常に迫力のあるプレゼンテーションとなります。

RYOICHI KUROKAWA

黒川良一
Rheo-5-horizons

File Festival
日本を代表する映像/音響アーティストの黒川良一。1999年より映像および音楽作品の制作を開始して以来、メディアアートをとりまく国内外の様々なアート・フェスティバルにおいてインスタレーション展示、オーディオビジュアル作品の上演を行う。過去の展示、上演には、イギリスのTate Modern、イタリアのVenice Biennale、ドイツのTransmediale、そして本国バルセロナのSonar等がある。またヒューマン・オーディオ・スポンジ(元YMO: 現Sketch Show + Ryuichi Sakamoto)などのミュージシャンの為にライブビジュアルの上演も行っている

Sebastian Hempel

Leuchtstabbild
セバスチャンヘンペルの作品は、彼が取り組んでいるスペースと同じくらい動きに満ちています。 それらにはセンサーが取り付けられており、潜在的な観察者またはユーザーの存在に反応し、それらは次に彼らの体によって芸術的なイベントを引き起こします。 この機械的プロセスは、内容の点で影響があります。 まず、ユーザーの物理的な存在がアートワークを完成させます。 仕事は観察の瞬間にのみ真に実現することができます。 作品がこのように「操作」されるとき、それはそのような「アニメーション」または活力を通してそれ自身の魂を引き受けます–単にその動きの中に根ざした魂。
作品の前に身を置き、作品の技術的、視覚的、構造的な可能性を提示するメカニズムをトリガーすることにより、作品内で自分自身を再現し、表現します。 このように、この作品は私たちを振り返り、美術史の中で数え切れないほどの描写があります。

Cerith Wyn Evans

СЕРИС ВИН ЭВАНС
ケリス·ウィン·エヴァンス
FORM IN SPACE…BY LIGHT
アートワークは、ほぼ2 kmのネオン照明から作られ、天井から吊り下げられ、直線、曲線、らせん状に構成されています。
ウィン・エバンスは、実験的な映画やコラボレーション作品を制作する映画製作者として最初に注目を集めました。 その後、彼は、言語と知覚への関心を伝えるために、彫刻、写真、映画、テキストを組み込むように実践を拡大しました。

ANOUK WIPPRECHT

スパイダードレス2.0
オランダのデザイナーAnoukWipprechtによるSpiderDress 2.0は、ファッションに統合されたテクノロジーの力と美しさを示すために取られたもう1つのステップです。最新のデザインで多数の3D印刷要素を目撃しましたが、スパイダードレスは、センサー付きのアニマトロニクス義肢で作成されており、個人のスペースを保護します。近接センサーと呼吸センサーを介して外部要因に応答するように考案されたこのピースは、センサーが刺激されると「クモの脚」を伸ばしたり縮めたりします。

DAVID SPRIGGS

ストラタクローム
仮死状態のように提示される発光インスタレーションは、表現された身体と大衆、その色の共鳴が軍事、芸術、社会、技術の領域に属する現代の力の指示対象の合成された知覚を提供します。 Spriggsのアプローチの目的は、現実を固定するために現実を驚かせることであり、権力を支配する人物を特定する方がよいでしょう。この点で、彼の戦略はアナモルフィックプロセスと同じです。視聴者の目の消失点を作成するのではなく、遠近法の慣習を逆にして、視聴者が消失点になるようにします。

KUNIHIKO MORINAGA

光活性化スタイル
衣服は、に反応するフォトクロミック分子を使用するテキスタイルから作られました。紫外線の下に立つと、服は白から変わり、虹の模様と色が現れました。モデルが紫外線から外れると、衣服の色はゆっくりと消えていきました。Anrealageのリードデザイナーである森永邦彦は、革新的な素材の使い方で知られています。このコレクションは、を変えるサングラスで一般的に使用されているテクノロジーを採用し、ファブリックでの使用に適合させています。

 

DANIEL ROZIN

木製の鏡
木製ミラーは、アナログとデジタルの境界線を探ります。この作品の本質は、それが得るのと同じくらいアナログである素材、つまり木材にデジタル注文を与えるという概念です。コンピューターとビデオカメラの計算能力を利用して、木製の鏡の物理性、暖かさ、美しさにシームレスに統合したいと思っていました。

XU ZHEN

瞬く間に
インスタレーション、パフォーマンス、ビデオアーティストのXu Zhenは、ユーモアと皮肉を作品に組み合わせ、政治的および芸術世界の人間搾取システムに対する批評を提供しています。 Xuの作品は、個別に、および(2009年以降)彼の集団的実践であるMadeIn Companyを通じて作成されたものであり、暴力的またはエロティックなテーマのために頻繁に検閲されています。

RICHARD BOX

高電圧パワー
インストールは単にFIELDと呼ばれます。 5年前、FIELDクリエーターのリチャードボックスはブリストル大学の物理学部に住むアーティストでした。同僚が裏庭の電力線の下で蛍光灯を使ってライトセーバーゲームをプレイしていると説明した後、彼は蛍灯を植えるアイデアを思いつきました。 。そこで彼は地元の農家に賄賂を渡して、この特別なシーンをセットアップさせ、ライトセーバーのゲームを1000回再現しました。

ADI MEYER

アポセマ
感情認識アルゴリズムと拡張現実の時代に、私たちのパーソナルデバイスとソーシャルメディアの乱用は、人々が意味のある対面の相互作用に代わる技術的な選択肢をますます選択する社会につながりました。顔の表情を読む能力が大幅に低下し、人間関係を築く能力が制限され、共感するのに苦労します。

JKMM ARCHITECTS

アモスレックス
アモスレックスは、美術館での体験の一環として都市公園を再考しています。その構造は大きなコンクリートのドームで作られています。この原則は、美術館での使用に非常に機能的です。これにより、長い柱のないスパンと柔軟な展示スペースが可能になります。ドームには、下のギャラリーに自然光を導入する天窓と、上にある厳選された生命の景色が含まれています。通りのレベルでは、新しい都市の広場が独自のアイデンティティで作成されました。ドームは、人々、特に子供たちが楽しむための起伏のある風景を形成します。 Lasipalatsiの建物は、1930年代の機能主義時代の貴重なインテリアと細部を尊重して復元されました。

Compañia Nacional de Danza

フォーサイスとの夜
したがって、フランツ・シューベルトの第9交響曲のフィナーレでの正確さの畏怖の念を起こさせるスリルは、他の振り付けの分野を探求するための純粋な古典的技法を演じます。ここでは、パ・ド・ドゥのようなソロが妙技の限界を押し広げているようです

OLIVER LARIC


「メインギャラリーにインストールされているのは、Betweenness(すべての作品2018)です。これは、数人の人間を含む自然界をシンプルな線画のモーショングラフィックスに分類するビデオモンタージュです。アニメーションには厄介な品質があります。動物が動き、成長し、シフトし、文字通り進化するとき、シーンは科学的な事実を示すのではなく、遊び心のある直感に従っているように見えます。」

CARSTEN NICOLAI

単色
ユニカラーは、視覚化のコレクションを表示する作品の続編です。ユニカラーの既存の祖先は、作品univrs / uniscopeバージョン(2010)とunidisplay(2012)です。インスタレーションユニディスプレイは記号論と知覚の法則の検査を提供します。作品は、側面に2つの鏡の壁がある長い投影壁に対して展開されるため、宇宙のように視覚的に拡大し、さまざまな視覚効果のモジュールをいくつか操作して、視聴者の知覚を妨げます。

SVEN MEYER & KIM PORKSEN

ソニックウォーター
ソニックウォーターはサイマティックスのインスタレーションです。
サイマティクスは、砂や水などの物質を通してや振動を視覚化するプロセスです。最初は音がしました cymaticsがそのような強い魅力を発揮する理由は、私たちが「音を見る」ように条件付けられていないからです。 Cymaticsは、聞こえるものの本質を明らかにする魔法の道具のようなものですが、通常は見えません。それを使えば、さまざまな形の自然の原型を再現することができます。ですから、音には形があり、サイマティックスはそれが物質に影響を与えるだけでなく、形を引き起こすことを理解することを可能にします。実際、私たちは音が宇宙自体の形成に根本的な影響を及ぼしたと考えています。しかし、それは別の話です。主に、私たちはこの主題の単純さに魅了されています。必要なのは、音と、水などの非常に基本的な媒体を作成することだけです…まあ、最もクールなサウンドビジュアライザーになる可能性があります(そして私たちの見解では)。

Zackery Belanger, Guillermo Bernal, Seth Edwards, and Eric Ameres

マンタ
マンタは、音、立体視、マルチタッチ、脳波などのマルチモーダル入力に応答して、その状、つまり音響特性を変化させる表面です。適応可能な音響は一般的ですが、マンタは新しいレベルの連続性と応答性を探求し、個々の要素と修正処理を超えて音響システムを進歩させます。

SCOTT SNIBBE

深い壁
ディープウォールは、映画のような思い出の投されたキャビネットです。人がその投影ビームに入ると、インタラクティブな壁が彼の影とそれに続く人の影の記録を開始します。最後の人がフレームを離れると、影は16個の小さな長方形の戸棚の1つで再生され、無期限にループします。構造主義映画のように、反復的なビデオのコレクションは、厳密に表象的な映画ではなく、それ自体がオブジェクトになります。

TUNDRA

ハイパージャンプ
「ハイパージャンプ」は、サンクトペテルブルク州立大学の学習スペースとして現在再建されている旧ファーストカデッツ隊のホールの1つのサイトスペシフィック作品として作成されました。 19世紀のホールには、ソビエト時代にここに建てられたバスケットボールコートのある運動場があります。「ハイパージャンプ」は、この逆説的な組み合わせによって設定されたアイデアを探求します。バスケットボールコートは、人間の合理性の象徴である古典主義時代の建築とともに、自然から得た身体性を表しています。

ANNE NGUYEN

自給自足
Autarcie(…。)は、前向きのダンスの動きと自由な余談を交互に繰り返す戦略ゲームで、ブレイクダンスとポップの2つのヒップホップダンスの専門分野が接触します。 50分間、4人のダンサーが、非常に異なるパフォーマンススペースとテクニックを使用して、必死の儀式を行います。舞台の正面は、4人の力強い個性が集結し、観客を対象とした戦士の踊りを考案するラリーポイントです。彼らはこの共通の調和のポイントを超えて空の空間に引き寄せられ、各ダンサーは領土、同盟、階層を追求してその空間に身を投じます。

CHRISTINE SCIULLI

私の最近の調査では、さまざまな3次元ネットワークを介した平面ジオメトリの投影に焦点を当てて、空間を通過する光のソリッドジオメトリの動的マッピングを生成しました。このインスタレーションでは、投影された白色光の円が、周囲の工場に動力を供給した激しい蒸気を思わせる狂乱の中で、スマックメロンの海綿状の空間を拡大および崩壊します。

ALEX SCHWEDER AND WARD SHELLEY

軌道上
「インオービット」は、高さ8メートルの巨大な回し車で構成されるアートインスタレーションです。このホイールは、ニューヨークの2人のアーティスト、ウォードシェリーとアレックスシュヴェーダーの家になります。そこに一日中食べて過ごします

KIT WEBSTER

謎めいた火星
Enigmaticaは、光、音、空間を組み合わせた実験的なプラットフォームとして機能します。一連の吊り下げられたフレームは、ギャラリーの長さとともにサイズが小さくなり、表面固有の投影された視覚シーケンスを表示するためのキャンバスとして機能します。この構築された次元間で、抽象的な視覚的および音響的シーケンスの開発を通じて、新しい形のデジタル彫刻の可能性を示しながら、幻想的な謎めいた環境を作り出すことを目指しています。

WILLIAM FORSYTHE

平らなものを1つ再現
1970年代には早くも、ウィリアムフォーサイスは、アカデミックバレエの予想外の進歩でダンスに革命をもたらしました。他の人が古典的なジャンルから離れていたとき、彼は以前は欠陥があると考えられていた形で語彙を豊かにしました。ムーブメントはねじれ、曲がり、解体され、再組み立てされて別の部屋に置かれます。 2000年にフランクフルトバレエで初演された「OneFlatThing、replicated」は、この研究の範囲の終わりにあります。南極点への遠征に関する本に触発されて、フォーサイスはますます密集した振り付けを開発しました。それは、20の完璧に配置されたテーブルの真っ只中にある体の明らかな混乱で最高潮に達します。

TEAMLAB

世界の均質化と変革
空中に浮かんでいる個々のボールは、ワイヤレス接続を介して相互に通信します。見る人が触れたり、物にぶつかったりすると、ボールの色が変わります。音は色に関連して生成されます。ボールはこの色情報を他のボールに送信し、他のボールはその情報を近くのボールに送信し、情報が拡散してすべてのボールの色が統一されます。インターネットは世界中に広がっています。個人はつながり、情報は自由に行き来します。人々は情報の仲介者としての役割を果たし、情報が広まるとすぐに世界は団結します。すべての個人が自由かつ簡単に情報を送信できます。個人は、情報を世界に送信する仲介者として機能し、情報を瞬時に変換します。

PHILLIP K. SMITH III

明快な代わり
」時間の経過とともに色相が変化する包み込むような眺望のように、LucidSteadは変容します。日光の下では、70歳のホームステッド小屋は、蜃気楼や幻覚のように周囲の地形を反射および屈折させます。太陽が山の後ろに隠れると、ゆっくりと変化し、幾何学的なカラーフィールドが現れ、砂漠の暗闇に浮かびます。」

MARGUERITE HUMEAU

先史時代の生き物のオペラ
異星人の音を生成するなめらかな黒い彫刻は、人類に先行する生命の形態に関するフモーの大規模な研究によって知らされています。王立芸術大学のデザイン相互作用の修士課程として、フモーは生物学的記憶の断片から遠い過去を再構築する方法への野心的な探求を始めました。この場合、先史時代の生き物の声道。

COMPAGNIE MARIE CHOUINARD

Henri Michaux: 動き
このダンスイベントは、比類のないマリーシュイナールによって署名されたダブルプログラムを提供します。プログラムの最初の作品、アンリ・ミショー:ムーヴメントは、振付師による、詩人で画家のアンリ・ミショーによる本ムーヴメントの発見に端を発しています。この作品で、マリー・シュイナールは、フランス人アーティストの中国のインク画を具現化するために本物のトランスを調整することによって、彼女の並外れたダンサーの限界を押し広げます

ENESS

JEM
JEMは、共有された経験を通じて人々を結びつける放射インタラクティブライトインスタレーションです。未来的で有機的な愚かさ。リラックスと畏敬の念を起こさせる休息の場所。 JEMは、強力なセンサーを介して人々の動きに個別に反応する、光にあふれた32本のスポークを備えています。豪華なポッド、リズミカルな音、そして魅惑的な光の脈動が、訪問者が休息し、夢を見て、遊ぶこの瞑想的なデジタル寺院で組み合わされています。

MARILÈNE OLIVER

ドリームキャッチャー
この作品は、モントリオールで開催された2012年版のFestivalTransamériques(最近ではエドモントンのEnterprise Square Galleries)で、Creation / Exhibit The Body in Question(s)の一部として最初に展示されました。問題のボディには、メラニックスのCTスキャンに基づいたドリームキャッチャーと呼ばれる彫刻も含まれていました。イザベルは、Melanix.Executeの二次投影の前で行われたこの彫刻でパフォーマンスを振り付けました。彫刻は投影と同じデータから作成されたため、これにより、「ハードコピー」としてエクスポートされたデジタル化されたボディの接線方向の考慮が可能になりました。

New Movement Collective

ネスト
ホメロスのオデッセイに大まかに基づいたマシュマロレーザーフィーストの照明設備は、礼拝堂のかすんでいる内部ドーム内の主要なパフォーマンススペースを照らしました。アジャイルボディが多くの照明付きの塔や表面を通り抜けるときに、グリッドのような突起が可動構造(建築設計事務所Studio Weaveによって設計された)と交差しました。この最初の行為は、上の左右のバルコニーから観客に見られました。 2番目の行為であるコンクリートの地下室にあるロープで裏打ちされた階段の下り飛行は、三角形のネオン管と開いたドアから染み出した不気味な輝きだけで照らされ、より方向感覚を失いました。カナダの作曲家クリストファー・マヨと電子音楽の作曲家/パフォーマーのアンナ・メレディスによる、より速くてパーカッシブなスコアに合わせたダンスのスタイルは、聴衆に立ち向かい、ダンサー(一部はストリートウェアを着ていた)と境界なしで上演されました。視聴者。

zach blas

sanctum
Zach Blas(United States、1981)の作品は、テクノクラート社会の限界と基盤を描くことを目的として、視覚言語の慣習、価値体系、デジタル技術に内在する力のダイナミクスをさまざまな文脈で分析、調査、配置しています。 。 彼の分析とデジタル文化への反映のために、彼は映画、彫刻、執筆、パフォーマンスなど、さまざまな表現形式を使用しています。 ブラスはブラックユーモアと理論的研究に取り組んでおり、彼の最も顕著な影響の中には、神秘主義の伝統、サイエンスフィクションのジャンル、ップカルチャー、クィアの美学があります。

BART HESS & NANINE LINNING


過去数十年の間に、私たちが日常的に取り巻くテクノロジーほど根本的に変わったものはありません。現代のコミュニケーション手段は、世界をポケットサイズのグローバルビレッジに縮小させます。医療技術は、その自然の限界を超えた人生を約束します。ロボット工学、サイバネティックス、および人工知能の分野での開発により、人工生命の不穏な考えと同じくらい魅力的なものが私たちの手の届くところにあります。ナニン・リニングの新作SILVERは、人間と技術の親密な、そしてますます押し付けがましい関係に取り組み、その美学の美しさを示していますが、進歩と自己改善がますます高まるという約束にも疑問を投げかけています。

RICHARD DUPONT

デュポン氏は、コンピューターで自分の体の3Dスキャンを操作し、ラピッドプロトタイピングやコンピューター数値制御ミリングなどのデジタル製造方法と、従来の石膏鋳造やその他の面倒な手作業を組み合わせて、古風で未来的な姿を表現します。古代ギリシャのクーロス像に似た姿勢の彼の立っているヌードの1つは、1つの軸で見ると波紋に溶け込んでいるように見え、現代世界における人間の精神的な経験を示唆しています。

FUERZA BRUTA

ウェイラツアー
ブルートフォースウェイラツアー、舞台芸術が驚くべきダイナミクスとスピードを実現するショー。本質的な体力トレーニングで、ディキ・ジェームスが率いるグループは、オルフェオ・スーパードモの表面全体を占めています。 VOSとのインタビューで、監督は風が主人公であると発表しました。そのため、大衆が非常に近く、参加して、物事が起こる巨大な泡が設置された。

MAIKO TAKEDA

大気圏再突入
武田麻衣子の作品は、幻想的な夢の世界のシュールな生き物のようです。彼女の最新作「大気圏再突入」のかぶとは、刺激的に異なり、繊細で未来的です。セントラル・セント・マーチンズと王立芸術大学を卒業した東京生まれの卒業生は、「作品を着ている人とその近くの人々の周りに、シュールで繊細なドラマを作成する」ことを目指しています。彼女は、自分の作品を身に着けている人々に、「日常生活、パーティー、または自宅のプライバシーの中でシュールな瞬間を体験または共有する」機会を与えることを想像しています。 「私は自分の作品が人々にそれらの魔法の経験を与えることを望んでいます」

TOMAS SARACENO

クラウドシティ
ベルリンのハンブルガーバーンホフにあるトマスサラセノの「クラウドシティ」インスタレーションは、場所、空間、未来、重力の概念に挑戦する幾何学的で膨らんだ形のコレクションで構成されています。サラセノは、展示を通して、人間がどのように環境と組み合わせて生きているかを説明しようとしています。 「クラウドシティ」は、視聴者とコレクションの間の相互作用がインスタレーションの重要な側面である建築作品です。これらの膨らんだ泡と蜘蛛の巣のような庭園は、地球と空の間に共同の地面を形成し、環境の影響の物理的表現の方向転換を支援します。

CHRISTO

ビッグエアパッケージ
ビッグエアパッケージは、世界最大の屋内彫刻です。高さ90メートル、直径50メートルです。訪問者はエアロックを介して気球の内部空間に入ることができます。内部では、ビッグエアパッケージは拡散光で満たされた大聖堂を思い起こさせます。ビッグエアパッケージは、クリストの亡き妻であり芸術パートナーであるジャンヌクロードなしで実現された最初のプロジェクトです。

RANDY CANO

ヘッドモーフ
ランディカノによってアニメーション化されたこれらの催眠術をかけ、奇妙に満足のいくモーショングラフィックスから目をそらすことはできません。 LAを拠点とするアーティストは、インスタグラムのページで、「人間」の姿と無生物の日常の物体の両方を変形、歪曲、溶解、マングル、粉砕、液化する短い動画を共有しています。

JESSICA LANG DANCE AND STEVEN HOLL

時間の正八胞体
建築とダンスはどちらも時間の空間と光への情熱を共有していますが、時間に関してはスペクトルの反対側にあります。建築は最も長い期間の芸術の1つですが、ダンスピースの実現は迅速なプロセスであり、パフォーマンスが展開するにつれて作品は消えます。ここで2つがマージされます。四季に対応しますが、20分以内に振付師のジェシカ・ラングと建築家のスティーブン・ホールのコラボレーションが時間と空間の圧縮でダンスと建築を融合させます。

FIONA TAN

時間の地理
アーティストのフィオナ・タンは、現在の傑出したアーティストの1人です。調査「GeographyofTime」は、彼女の映画作品の主要な作品、たとえばダブルプロジェクション「Rise and Fall」に焦点を当てています。また、インストール環境の形をとる彼女の作品の最新の開発にも焦点を当てています。

VÍCTOR ENRICH

NHDK
NHDK (2013)は、建築形態の不条理を語るプロジェクトです。21世紀の社会では、一部の建築家が奇行への道を選んだ方法を目の当たりにしてきました。この道は、残念ながら、以前の時代に建築が社会で果たした役割の回復には役立たないものです。このプロセスの通常の進化を妨げる試みとして、このプロジェクトは、建物が単一の形状を採用できるだけでなく、形の自由が非常に広い未来に向けて、おそらくありそうもない、おそらくそうではない、大きな飛躍を遂げることを意図しています。たくさんの。

JEPPE HEIN

回転ミラーオブジェクトII
壁に取り付けられたミラーリングされたオブジェクトは、中心軸を中心にゆっくりと回転し、周囲の壁にさまざまな光の状態を反射します。それぞれの動きで、ミラーリングされた表面は天井、床、壁のセクションを反映します。その結果、オブジェクトは、反射された断片の絶え間なく変化する組み合わせによって部屋が永続的に再構築されたかのように、空間のばらばらな知覚を作成します。線、色、形の抽象的な構成は、万華鏡を通しての眺めを彷彿とさせます。

FUJIKO NAKAYA

霧の彫刻
1970年、中谷は、芸術技術実験グループ(E.A.T)から、大阪万国博覧会のペプシパビリオンの作品を制作するよう依頼されたときに、最初の霧の彫刻を作成しました。建物を囲む白い霧の作品を制作するにあたり、中谷は霧を彫刻媒体として使用した最初の芸術家になりました。 E.A.Tは、アーティストとエンジニアの間の協力関係を促進することに専念している組織です。中谷はアメリカ人エンジニアのトーマス・ミーと協力して、大阪委員会の霧を作成しました。この技法は、その後の霧の彫刻のために、わずかな節度を残して使用し続けています。中谷は、映画やビデオにも携わっていますが、彼女です。彼女が最もよく知られている霧の使用。ナカヤは、純水霧を使用して、インスタレーション、パフォーマンス、ステージセット、環境公園のデザインを作成し、他のアーティストやパフォーマー、振付家、作曲家と協力することがよくあります。中谷の霧への関心は、私たちの視覚との関係から発展してきました。濃い霧の中で、私たちは方向感覚を失い、見えないことに不満を感じます。このように、中谷の彫刻は私たちの他の感覚を活性化し、私たちの失明を補います。

IAN CHENG

ボブ
チェンの作品は、突然変異、人間の意識の歴史、そして変化に関係する種としての私たちの能力を探求しています。チェンは、ビデオゲームのデザイン、即興、認知科学の原則に基づいて、ライブシミュレーションを開発しています。これは、自然界に見られる容赦のない因果関係に従って、行動ドライブでプログラムされているが、権威の意図なしに自己進化するエージェントが住む、無期限の仮想エコシステムです

MIKE PELLETIER

パラメトリック表現
定量化された感情を探求する一連のアンビエントビデオループ。

ALAN RATH

盗撮III
ラスのすべての彫刻は、アーティストによって設計および製造されたカスタム電子機器を利用しています。彼はまた、彼の彫刻をアニメーション化するソフトウェアを作成し、繰り返しを避け、代わりに着実に展開するパフォーマンスにつながるプログラムを好みます。彼の彫刻の多くは、新しい画像を表示するのに数年または数十年かかるものもあり、長期間にわたって動作を変更します。彼の作品は、細かく細工されており、しばしば微妙なユーモアで満たされていることで賞賛されています。

Prof. Klaus Teltenkoetter & Prof. Bernd Benninghoff

共鳴する
Resonateはインタラクティブなライト&フランクフルトで開催されるライトフェスティバルルミナーレ2012のサウンドインスタレーション。 Resonateはpara3dで設計されています。ホルベインステグのフランクフルト中心部にあるコンテナ船の長さ40メートルの内部は、インタラクティブな光と音のディスプレイになります。鋼の船体の中に光る弦の構造が浮かんでいて、大気の音と画像を生成します。デジタルLEDの光と音の助けを借りて、訪問者はこの空間をインタラクティブな3次元空間構成として体験します。

QUAYOLA

捕虜
「キャプティブは、デジタルおよび物理的な彫刻の継続的なシリーズであり、ミケランジェロの未完成のシリーズ「プリジオーニ」(1513-1534)と彼の「非フィニト」の技法を現代的に解釈したものです。
この作品は、形と物質、完璧な人工物、複雑で混沌とした自然の形の間の緊張と平衡を探求しています。ルネサンスの彫刻を参照しながら、このシリーズの焦点は、純粋な比喩的な表現から物質自体の明瞭な表現に移ります。オリジナルの「プリジオーニ」のように、古典的な人物は未完成のままであり、彼らの創造と変容の歴史そのものを記録しています。

KIMCHI AND CHIPS

線分スペース
スレッドのアーキテクチャのウェブは、ヌルスペースの範囲内にあります。それは抽象的な未定義の、間の暗いネガティブスペースをセグメント化する薄いポジティブ要素のセットをぶら下げます。ダイナミックな想像上の形は、この糸の素材と光の半素材によって物理的なボリュームに明確に表現されます。間のスペースを占めるフィラメントの視覚的重力。 2Dキャンバスは、サーフェスピースからラインセグメントに縮小されますが、別の次元であるボリュームに構築されます。光は線上にコントラストと秩序を生み出し、デジタル物質を明確に表現します。デジタルフォームは、相互接続された空間の境界に生息し、視覚的な塊として具現化されます。