志茂浩和

Hiroyasu Shimo
Monument of Rain
・なにを:「人が実在するかに見える映像再生システム」をコアとしたインスタレーション作品。
撮影時の工夫と再生装置の構造によって、板越しに人が実在するかに見えるシステムを開発しました。c殊ではないカメラとパーティション用のフィルムを貼付したアクリル板、現代的な液晶TV・ネット通販で購入できる資材、ちょっとした仕掛けのレシピがあれば誰にでも再現可能である点を活かせば、術作品としてではない実用的なコミュニケーションツールとして転用可能です。

SHIRO TAKATANI

高谷史郎
史郎の高谷
La chambre claire
La Chambre Claire (or Camera Lucida) is a show built up from precise, symmetrical movements, inviting spectators to embark on a thought-provoking journey into their most intimate and personal territory. In this, his first solo work as creative artist and director, Shiro Takatani pays homage to the French writer Roland Barthes and his essay on photography, La chambre claire (1980). The result is a performance that blends theatre, the art of movement and installation to compose a great fresco full of subtle, elegant minimalist images that advance towards an aesthetic climax. Reflecting on photography and memory, the production invites us to embark upon an intimate, solitary journey to look inside ourselves and formulate a personal interpretation of what we see.
.
La Chambre Claire (oder Camera Lucida) ist eine Show, die aus präzisen, symmetrischen Bewegungen aufgebaut ist und die Zuschauer zu einer zum Nachdenken anregenden Reise in ihr intimstes und persönlichstes Gebiet einlädt. In seiner ersten Soloarbeit als kreativer Künstler und Regisseur huldigt Shiro Takatani dem französischen Schriftsteller Roland Barthes und seinem Aufsatz über Fotografie, La chambre claire (1980). Das Ergebnis ist eine Performance, die Theater, Bewegungskunst und Installation miteinander verbindet, um ein großartiges Fresko voller subtiler, eleganter minimalistischer Bilder zu komponieren, die sich einem ästhetischen Höhepunkt nähern. Die Produktion reflektiert Fotografie und Erinnerung und lädt uns ein, eine intime, einsame Reise zu unternehmen, um in uns selbst zu schauen und eine persönliche Interpretation dessen zu formulieren, was wir sehen.
.
La Chambre Claire(またはCamera Lucida)は、正確で対称的な動きから構築されたショーであり、観客を招待して、最も親密で個人的な領域への示唆に富む旅に出ます。この中で、クリエイティブアーティスト兼ディレクターとしての彼の最初のソロ作品である高谷史郎は、フランスの作家ロラン・バルトと彼の写真に関するエッセイ、ラ・シャンブル・クレア(1980)に敬意を表しています。その結果、劇場、動きの芸術、インスタレーションを融合させて、美的クライマックスに向けて前進する繊細でエレガントなミニマリストのイメージに満ちた素晴らしいフレスコ画を構成するパフォーマンスが生まれました。写真と記憶を反映して、この作品は私たちを親密で孤独な旅に乗り出し、自分自身の内部を見て、私たちが見ているものの個人的な解釈を定式化するように誘います。

 

FILE SAO PAULO 2022

SUPERCREATIVITY

FILE SAO PAULO 2022- SUPERCREATIVITY

FILE Electronic Language International Festival

July – August 

Wednesday to Sunday, 10 A. M. – 8 P.M.

Centro Cultural FIESP

 

.
Creativity is not limited to the arts. It also takes place in all disciplines of Culture. Thus, in the aesthetic sense, it ceases to be creativity and becomes Supercreativity: the sum of all creative engines that permeate and connect to our culture.
.
A criatividade não se limita às artes. Também ocorre em todas as disciplinas da Cultura. Assim, no sentido estético, deixa de ser criatividade e passa a ser Supercriatividade: a soma de todos os motores criativos que permeiam e se conectam à nossa cultura.
.
Kreativität ist nicht auf die Kunst beschränkt. Sie findet auch in allen Disziplinen der Kultur statt. Somit hört es im ästhetischen Sinne auf, Kreativität zu sein, und wird zur Superkreativität: die Summe aller kreativen Motoren, die unsere Kultur durchdringen und mit ihr verbinden.
.
創意不僅限於藝術。 它也發生在所有文化學科中。 因此,在美學意義上,它不再是創造力,而是成為超級創造力:滲透並連接到我們文化的所有創造性引擎的總和。
.
創造性は芸術に限定されません。 また、文化のすべての分野で行われます。 したがって、美的意味では、それは創造性ではなくなり、超創造性になります。これは、私たちの文化に浸透し、つながるすべての創造的なエンジンの合計です。

Kenji Shinohe

Small Talk in Iwate
年岩手県滝沢村生まれ。 幼少の頃より競技ダンスを始め、世界 出場や内閣総理大臣杯優勝など受賞歴多数。 日本大学芸術学部に入学し、20歳の頃より創作活動をはじめる。カンパニーluluと大東京舞踊を主宰し、並行してソロ作品も創作。国内外のダンスフェスティバル等で作品を上している

ROBOTLAB

マニフェスト
ロボットは自律的なプロセスでマニフェストを書き込みます。これらはそれぞれ、ロボットによって独立して生成された8つの論文のような文で構成されています。これを行うために、マシンは芸術、哲学、技術の主題分野からの固定された用語の資金を利用し、文の構造内でそれらをランダムに相互に関連付けます。システムとチャンスの組み合わせにより、作成された各マニフェストは、他に類を見ない番号が付けられています。

DAVID SPRIGGS

ストラタクローム
仮死状態のように提示される発光インスタレーションは、表現された身体と大衆、その色の共鳴が軍事、芸術、社会、技術の領域に属する現代の力の指示対象の合成された知覚を提供します。 Spriggsのアプローチの目的は、現実を固定するために現実を驚かせることであり、権力を支配する人物を特定する方がよいでしょう。この点で、彼の戦略はアナモルフィックプロセスと同じです。視聴者の目の消失点を作成するのではなく、遠近法の慣習を逆にして、視聴者が消失点になるようにします。

MARGUERITE HUMEAU

先史時代の生き物のオペラ
異星人の音を生成するなめらかな黒い彫刻は、人類に先行する生命の形態に関するフモーの大規模な研究によって知らされています。王立芸術大学のデザイン相互作用の修士課程として、フモーは生物学的記憶の断片から遠い過去を再構築する方法への野心的な探求を始めました。この場合、先史時代の生き物の声道。

Sebastian Hempel

Leuchtstabbild
セバスチャンヘンペルの作品は、彼が取り組んでいるスペースと同じくらい動きに満ちています。 それらにはセンサーが取り付けられており、潜在的な観察者またはユーザーの存在に反応し、それらは次に彼らの体によって芸術的なイベントを引き起こします。 この機械的プロセスは、内容の点で影響があります。 まず、ユーザーの物理的な存在がアートワークを完成させます。 仕事は観察の瞬間にのみ真に実現することができます。 作品がこのように「操作」されるとき、それはそのような「アニメーション」または活力を通してそれ自身の魂を引き受けます–単にその動きの中に根ざした魂。
作品の前に身を置き、作品の技術的、視覚的、構造的な可能性を提示するメカニズムをトリガーすることにより、作品内で自分自身を再現し、表現します。 このように、この作品は私たちを振り返り、美術史の中で数え切れないほどの描写があります。

XU ZHEN

瞬く間に
インスタレーション、パフォーマンス、ビデオアーティストのXu Zhenは、ユーモアと皮肉を作品に組み合わせ、政治的および芸術世界の人間搾取システムに対する批評を提供しています。 Xuの作品は、個別に、および(2009年以降)彼の集団的実践であるMadeIn Companyを通じて作成されたものであり、暴力的またはエロティックなテーマのために頻繁に検閲されています。

FUERZA BRUTA

ウェイラツアー
ブルートフォースウェイラツアー、舞台芸術が驚くべきダイナミクスとスピードを実現するショー。本質的な体力トレーニングで、ディキ・ジェームスが率いるグループは、オルフェオ・スーパードモの表面全体を占めています。 VOSとのインタビューで、監督は風が主人公であると発表しました。そのため、大衆が非常に近く、参加して、物事が起こる巨大な泡が設置された。

MAIKO TAKEDA

大気圏再突入
武田麻衣子の作品は、幻想的な夢の世界のシュールな生き物のようです。彼女の最新作「大気圏再突入」のかぶとは、刺激的に異なり、繊細で未来的です。セントラル・セント・マーチンズと王立芸術大学を卒業した東京生まれの卒業生は、「作品を着ている人とその近くの人々の周りに、シュールで繊細なドラマを作成する」ことを目指しています。彼女は、自分の作品を身に着けている人々に、「日常生活、パーティー、または自宅のプライバシーの中でシュールな瞬間を体験または共有する」機会を与えることを想像しています。 「私は自分の作品が人々にそれらの魔法の経験を与えることを望んでいます」

CHRISTO

ビッグエアパッケージ
ビッグエアパッケージは、世界最大の屋内彫刻です。高さ90メートル、直径50メートルです。訪問者はエアロックを介して気球の内部空間に入ることができます。内部では、ビッグエアパッケージは拡散光で満たされた大聖堂を思い起こさせます。ビッグエアパッケージは、クリストの亡き妻であり芸術パートナーであるジャンヌクロードなしで実現された最初のプロジェクトです。

JESSICA LANG DANCE AND STEVEN HOLL

時間の正八胞体
建築とダンスはどちらも時間の空間と光への情熱を共有していますが、時間に関してはスペクトルの反対側にあります。建築は最も長い期間の芸術の1つですが、ダンスピースの実現は迅速なプロセスであり、パフォーマンスが展開するにつれて作品は消えます。ここで2つがマージされます。四季に対応しますが、20分以内に振付師のジェシカ・ラングと建築家のスティーブン・ホールのコラボレーションが時間と空間の圧縮でダンスと建築を融合させます。

FUJIKO NAKAYA

霧の彫刻
1970年、中谷は、芸術技術実験グループ(E.A.T)から、大阪万国博覧会のペプシパビリオンの作品を制作するよう依頼されたときに、最初の霧の彫刻を作成しました。建物を囲む白い霧の作品を制作するにあたり、中谷は霧を彫刻媒体として使用した最初の芸術家になりました。 E.A.Tは、アーティストとエンジニアの間の協力関係を促進することに専念している組織です。中谷はアメリカ人エンジニアのトーマス・ミーと協力して、大阪委員会の霧を作成しました。この技法は、その後の霧の彫刻のために、わずかな節度を残して使用し続けています。中谷は、映画やビデオにも携わっていますが、彼女です。彼女が最もよく知られている霧の使用。ナカヤは、純水霧を使用して、インスタレーション、パフォーマンス、ステージセット、環境公園のデザインを作成し、他のアーティストやパフォーマー、振付家、作曲家と協力することがよくあります。中谷の霧への関心は、私たちの視覚との関係から発展してきました。濃い霧の中で、私たちは方向感覚を失い、見えないことに不満を感じます。このように、中谷の彫刻は私たちの他の感覚を活性化し、私たちの失明を補います。

ANTHONY HOWE

アンソニーハウ
安东尼·豪
أنتوني هاو
Энтони Хоу
Looped
アンソニーハウは、ワシントン州オーカス島に住む運動彫刻家です。コンピューターデザイン、伝統的な金属加工技術、芸術性を組み合わせて、クニカルエンジニアリングとオーガニックモーションの魅惑的な統合を生み出しています。

Vera Molnár

algorythmic art

彼女は伝統的な芸術家として訓練を受け、ブダペスト美術大学で美術史と美学を学び、1947年にパリに移り住みました。 彼女はG.R.A.Vなどのいくつかの先駆的なアーティスト研究グループを共同設立しました。 (Groupe de Recherche d’Art Visuel)は、機械芸術とキネティックアートへの共同アプローチを調査し、パリの芸術科学研究所の芸術とコンピューターサイエンスの研究グループです。
彼女はコンピューターよりも前から、事前に定められた一連の構成ルールに従って一連の画像を作成できるアルゴリズムまたは「マシンイマジネア」を発明しました。 1968年以降、コンピューターは彼女の絵画やデッサンの作成における中心的なデバイスとなり、幾何学的な形や線の無限の変化をより包括的に調査できるようになりました。
video

Dan Flavin

ダンフラビンはアメリカ人アーティストであり、ミニマリズムのパイオニアでした。 彼の照らされた彫刻は、空間と光の厳密な形式的および概念的な調査を提供し、アーティストは商業用の蛍光灯を異なる幾何学的構成に配置しました。 「アートは仕事よりアートの方がいいと思う」と彼はかつて言った。 「私はいつもこれを維持してきました。 私は手を汚さないことが重要です。 私が本能的に怠惰だからではありません。 それは宣言です。芸術は考えられています。」

EVELYN BENCICOVA

人体の表現力は無限大です。 裸の体は、性的な意味合いを超えて、純粋な芸術です。 身体の概念についての概念的な写真は、EvelynBencicovaが彼女のシリーズEcceHomo(ラテン語で「ここに男がいる」を意味し、暴力や戦争の観点から引用されている)で私たちにもたらしたものであり、そこでは多くの身体が見られます 積み重なって奇妙な彫刻の形を形成します。 参加している各俳優の人物を非人格化するのに役立つ顔は、決して見られません。 結果はやや気がかりです。なぜそれらの体がそこにあるのか、彼らが何をしようとしているのかはわかりません。 振り付け、美学、演劇のミックスです。 芸術的な感性が非常に高いこれらの図には、人間の集合体の感覚を呼び起こす何かがあります。 表面への感情。

TETSUYA ISHIDA

تيتسويا إيشيدا
石田哲也
테츠야 이시다
石田哲也

石田徹也は武蔵野美術大学を卒業した日本画家です。 彼の作品は、信じられないほどの才能と、おいしい批判的感覚を明らかにしています。 都市、技術、産業のシーンに強く影響を受けた彼は、現代社会に存在する窒息、苦悩、憂鬱の感情を可能な限り捉えませんでした。 彼の作品は、シュルレアリスムによる肖像画、痛みと鬱病の完全に悲観的な感情を反映しています。 石田徹也は、古典的なシュルレアリスム作品の特徴である想像上の強く抽象的なシナリオを作品から取り除き、しっかりとした線と提示されたテーマに強く存在する現実の文脈を挿入します。 残念ながら、彼は早死になり、2005年5月に鉄道事故で31歳で亡くなりました。 彼は素晴らしい芸術作品を残しました。それは再解釈するだけでなく、シュルレアリスムを更新します。この場合、これまで以上に現実的です。

henrique oliveira

ЭНРИКЕ ОЛИВЕЙРЫ
هنريك اوليفيرا
亨里克 – 奥利维拉
אנריקה אוליביירה
エンリケ·オリベイラ
앙리끄 올리베이라
Bulbo
現代のブラジル人アーティスト、エンリケ・オリベイラは、合板を原料として巨大なインスタレーションを制作しています。 アーティスト自身によると、ヘンリケの複雑な抽象芸術には目的や明確なメッセージはありませんが、彼の作品は帆布の粗い筆遣いに似ており、内臓と人体の内部を備えた生物の有機性に満ちています。

KEI HARADA

原田 圭
Кеи Харада
o’keeffe sofa
ある日、日本人デザイナーの原田圭は、どのような形の家具が最も多くの人を惹きつけているのかと自問しました。最も魅力的な形状は、軽く、柔らかく、風通しが良く、鋭い境界線がない形状であることがわかっています。この形の家具は動きに寄与するため、身体が快適な姿勢を取り、物体と相互作用するときの体験のための広いフィールドを作成します。
ケイは、「オキーフ」と呼ばれる「マシュマロ」ソファのデザインを作るまで、調査や実地実験、他のデザイナーの経験の研究、さまざまな素材や構造のワークショップでの作業を行っていました。
孤立したフォルムをひとつにまとめた原田は、通称「ソファ」とは呼べない別の家具を思いついた。それは単なる日常の使用の対象ではなく、すでに日常生活に統合できる芸術の対象です。
各ボールクッションはプラスチックフォームでできており、2層のプルウレタンフォームと弾力性のある生地で覆われているため、ボールは無傷です。構造の基部にある木製のフレームは、それを強くて安全にします。ソファの形は簡単に変更できます。チルアウトは子供向けのゲームスペースに簡単に変えることができます。
原田圭は、このソファは子供向けではありませんが、「オキーフ」の基本である動きのアイデアを最初に感じたのは子供たちだったと言います。

JOHANNES VOGL

ЙОХАННЕС ФОГЛ
Column of steam
「ヨハネス・ヴォーグルにとって、芸術は、感覚が研ぎ澄まされ、知覚が活性化される、高められた強度の絶え間ない例外的な状態で周囲の現実に対処するための奇跡的な手段であるようです。日常の注意深い観察者として、Voglは、火山の(創造的な)エネルギーと警戒を伴う永続的な警戒状態にあり、各ステップと反応で爆発します。ここで、芸術分野は、無限の解決策が適用され、新しい予期しない構造が刺激的な現実と魅惑的なフィクションの交差点で上演されている、真の可能性と可能性のオープンで無制限の領域です。 Voglは、そのようなコンストラクターであり、全能の想像力の領域内で、理由を超えて、機能性と超現実的なアプリケーションのようなおとぎ話の端にあるオブジェクトの情熱的な発明者です。 「波を見る」、2005年は、特定の自然現象を体験するために必要なすべての条件を備えた、すべて満足のいく快適な微小環境を作成しようとするVoglの試みの典型です。アーティストは自給自足の構造の作者であり、物事の通常の目的と機能を混乱させるほとんど寄生的なメカニズムとして現れ、»Kleiner Mond«、2006年の場合のように、特定の競争力ももたらします。模倣と模倣のほとんど叙情的な例。 Vogl’sは、日常のジェスチャーの非常に敏感な詩学であり、気取らない、本物の現実の補足であり、適度な量の皮肉とユーモアのセンスが今日の(不完全な)世界の不安定さと不十分さのバランスをとる遊び場に一瞬変わりました。」
アダムブダク

JAMES HOPKINS

جيمس هوبكنز
詹姆斯·霍普金斯
ジェームズ·ホプキンス
제임스 홉킨스
Джеймс Хопкинс

私の彫刻はしばしば遠近法の錯覚を体現しています。これは、芸術を見るときに最も信頼できる感覚である視覚が信頼できない可能性があるという発見に続く認識論的根絶を示唆しています。 私の実践は、オブジェクトと言葉の本質的な特徴の調査と、時にはこれと他の根本的な不安定性のフォールアウトについての瞑想にリンクしています。 私は、芸術における遠近法と空間の表現を芸術技法の核心であると考えており、イリュージョニスティック芸術の武器庫で最も重要なリンクは遠近法のトリックであると考えています。 私の作品は、遠近法アートにおける空間のレンダリングを評価するために、固定された視点に依存するかどうかに関係することがよくあります。 そして、固定された視点以外の領域から行われた観察が不完全であると見なされる可能性があるかどうかについて、その後の質問を提起します。

Revital Cohen and Tuur van Balen

Alter Nature: The Unnatural Animal

リバイタルコーエンとトゥールヴァンバレンの作品は、素材と制作の幅広い意味で占められています。 彼らは、文化的、倫理的、政治的プロセスとしての製造のアイデアを探求するために、オブジェクト、インスタレーション、ビデオ、写真にまたがって働きます。 彼らの実践実験では、生物学とテクノロジーの間の緊張関係を利用して、芸術的な媒体としてデザインを使用しています。 技術素材のアイデアに触発されて、人工鉱物、不自然な動物、詩的な機械を作り出します。

 

Alyson Shotz

アリソン・ショッツ
Алисон Шоц
Arnolfini 360 Degrees x 12
Shotzが彼女の実践について説明しているように、「私は、周囲の状況に応じて無限に変化するオブジェクトを作成することに興味があります。 さまざまな時間帯の光、天気…視聴者が着ているもの、これらはすべて、作品に触れるたびに作品を変える変数のほんの一部です。 私にとって理想的な芸術作品とは、最終的には何らかの形で知らないものです。」

Raul Mourão

Tração Animal

「アニマルトラクション」は、リオデジャネイロの近代美術館(MAM)でラウルモウランの最近の作品のセットを紹介します。彫刻は常に彼の工芸品でしたが、画像と通りは彫刻作品と、生命の流暢さのためのボリュームと重力への関心を後押ししました。足場で使用されるモジュラー構造は、日常の機能において堅固で実用的です。 しかし、これらのモランのブランコでは、動き、遊び心のあるアーティキュレーション、そして武装していない目にのみ奉仕するという優雅さによって、彼ら自身が勝利することができます。世界の可塑的で視覚的な存在は、テーマとしてではなく、創造的なプロセスに浸透するエネルギーとして彼の作品に取り入れられ、運動構造、リズミカルな平面、踊る影の奇妙な外観を展開します。 ブランコの動きはエレベーターの垂直面に移動し、そこから光と影の神秘的なデザインに移動します。物理から仮想、身体から光、光から影まで、すべてがバランスよく行き来するループ展示です。視覚的なマントラの一種であるこの継続的な動きの中で明らかなのは、彼の作品の美的魅力の能力、つまり物の出現に直面して私たちの知覚を捉えて活性化する力です。

ZILVINAS KEMPINAS

リトアニアの芸術家ジルビナスケンピナスの作品は、動的であるだけでなく、ミニマルでもあります。現在ニューヨークに住んでいるケンピナスは、最もシンプルな手段を使用して、複雑で雰囲気のある素晴らしい美しさの部屋の状況を作り出しています。彼のインスタレーションは空気と軽さで遊びます–レリーフは時間とチャンスに基づいています。 Zilvinas Kempinasの芸術は、「月の明るい側」で繰り広げられます。重力は廃止されたように見え、光のパレットは彼のインスタレーションの素材に浸透して活性化します。 彼のアートワークが私たちを連れて行く旅は、私たちをここと今、知覚の装置、エネルギーの集合体、スケッチ、そして宇宙への介入へと導きます。彼の芸術は、光学的に物理的であると同時に、酔わせるような美的イベントで構成されています。彼が採用している手段は、シンプルで日常的でありながら、型にはまらないものです。ビデオテープ、ファン、FLチューブ、空間、リズム、空気、光との共生です。このようにして達成される効果は非常に複雑で、すべての感覚を含み、場所の感覚と自分の時間と動きの知覚を変えます。それは常に、彼自身が演劇の、しばしばミニマルな環境でプレーヤーになる見る人を対象としています。

 

 

REYNOLD REYNOLDS

레이 놀드 레이놀즈
Рейнольд Рейнольдс
secret life

シークレットライフはシークレットトリロジーの最初のものです。人生を構成する知覚できない状態を探求し、その後にシークレットマシン(2009)とシックスイージーピース(2010)が続くサイクル シークレットライフは、アパートに閉じ込められた女性が自分の人生を送っている様子を描いています。人間の欲望の物語の地平を超えて、映画は私たちに共有された神聖な現実を垣間見ることができます。新しい技術と勇敢な哲学的ビジョンを組み合わせることにより、一時性の究極の形而上学的タブーに逆らう作品。そして、芸術的な媒体で描かれることはめったにないものをあえて提示します。 ありえないことは、レイノルズの特徴的な美学、ありふれたものへの畏敬の念で満たすことができるレンズによって可能になります。 あなたは今までに何時を見、経験するのか疑問に思いましたか?時間についての致命的な仮定がなければ、アパートの居住者はもはやユニークな場所に限定されませんが、ここでは、時間の目を通して見ると、空間自体が生き生きとしています。空間と時間の文脈がなければ、女性の心は崩壊し、彼女の経験の組織化を無視し、感覚だけを残します。視聴者は尋ねるかもしれません:それは彼女の心ですか、それとも制御不能で制御不可能な環境を作り出すのは時間そのものですか?この作品は、すべての生物が意識を持っていることを示唆しています。つまり、すべての生物が意識を持っているということです。空間がその活動で増加する間、女性は彼女の世界でこれまで以上に受動的な要素になります。彼女は機械的な速度で動き、彼女の心は時計のようであり、その手は彼女の人生の出来事を時間のタペストリーに固定します。その間、真実はカメラの機械的な目に超越的に反映されます。彼女の考えは彼女を逃れ、生き返り、彼女の周りの空間に生息する植物のように成長します:生きる、探す、感じる、呼吸する、そして死ぬ。

Jonathan Latiano

Colony III

ジョナサン・ラティアーノ自身が説明しているように、彼の足跡を残した最初の芸術体験の1つは、素晴らしい美術館の廊下ではありませんでした。「フィラデルフィア自然科学アカデミーの陳列棚とジオラマの前でした。私の周りの物理的な世界についての私の理解を形作り、文脈化するようになったのは、まさにこれらの物語と科学的探求です。私がすべての作品のインスピレーションを見つけるための出発点として使用するのは、生物学、天文学、物理学、地質学の研究を通してです。」日常のあらゆる素材を使ったインスタレーションを通じて、自然現象を静的に再現する作品。したがって、自然と人工の間に詩的なコントラストを作成します。 しかし、ラティアーノの彫刻作品が力を発揮するのは、彼が特定の空間、いわゆるサイトスペシフィックアートのインスタレーションを行う機会があるときです。場所自体が作品を形作るアイデアの引き金となることを可能にします。したがって、空間自体とその視聴者との関係についての考察を促進します。 「私は、定義された領域の境界内に存在するゾーンを強調するよう努めています」と、この物理的な宇宙における彼の位置を理解するための個人的な試みとして、ジョナサンは言います。

Gerrit van Bakel

異世界への憧れと、クリエイティブな個性そのものを指針とすることがロマンティックアートの特徴です。 ロマン派の芸術家は、彼の合理主義と達成への焦点でブルジョア社会から離れます。 対照的に、彼は彼自身のインスピレーションだけに従う創造的な個人の自由を提案します。 この個人主義が伴う社会的孤独の中で、ロマン派は連帯と調和を切望しています。 彼は自然に夢中になりたいと思っており、宗教的な安全を求め、伝統的な伝統と結びついています。
彼の時代の唯物論に反して、Gerrit vanBakelは理想主義者として自分自身を提示しました。 強力で効率的な技術とは対照的に、彼だけが無駄なマシンを思いついた。そのパフォーマンスは賞賛に加えて、笑顔を生み出した。 ロマンチックなユートピアのように、彼は世界に直面しました。

Los Carpinteros

ロス·テロス
ЛОС-КАРПИНТЕРОС
Kosmaj Toy
ロスカルピンテロスはハバナを拠点とするアーティスト集団で、現在はマルコカスティージョとダゴベルトロドリゲス(2003年に去った3人目のメンバー、アレクサンドルアレチア)で構成され、彫刻、インスタレーション、映画などの幅広い作品を制作しています。彼らの作品の私のお気に入りは、レゴやその他の構造的または建築的作品のこれらの素敵な抽象絵画です。ショーンケリーギャラリー経由:
アートと社会の交差点に興味を持っているこのグループは、建築、デザイン、彫刻を思いがけない、そしてしばしばユーモラスな方法で融合させています。彼らは、機能的なものと機能しないものの間のスペースを交渉するインスタレーションとドローイングを作成します。グループのエレガントでユーモラスな彫刻、ドローイング、インスタレーションは、物理的な世界、特に家具の世界からインスピレーションを得ています。彼らの注意深く作られた作品は、ユーモアを使って、オブジェクトと機能の間の矛盾、そして実用性と無用さを設定する視覚的な構文を利用しています。 Los Carpinterosにとって、ドローイングは、芸術的な精緻化のプロセスだけでなく、建築や大工の計画の形式も示唆する、模擬の技術草案または青写真の形式として不可欠な役割を果たしてきました。

ANDERS KRISÁR

これは、スウェーデンの彫刻家アンダース・クリサーが再訪した人体解剖学の作品です。 超現実的な身体への彼の芸術的介入は、それが単に彫刻することができる単なる古典的な素材であるかのようにそれらを操作しているようです。 結果はそれが混乱するのと同じくらい美的です。

Gunther Uecker

ギュンター·ユッカー
String Chair
今日の私たちのプロジェクトは、明日の現実です。 私たちの想像力に存在するものは何でも私たち自身の不可欠な部分です。 経験は、官能的な領域に引き継がれる想像力です。
ギュンター・ユッカーは、ドイツの彫刻家、作曲家、インスタレーションアーティストであり、20世紀後半のヨーロッパの前衛芸術家の主要なプレーヤーです。

PRAVDOLIUB IVANOV

Pravdoliub Ivanovは、1964年にブルガリアのプロブディフで生まれたビジュアルアーティストです。彼は現在ソフィアに住み、働いています。彼は1993年にソフィアの美術アカデミーを卒業し、最近では特に2006年のヴェネツィアビエンナーレへの目覚ましい参加のおかげである程度の成功を収めています。彼の作品は芸術の主題に強い影響を与えています。西向きの東のブロック。数年前から、彼は皮肉とユーモアを帯びた作品を始めており、マウリツィオ・カテランを紛らわしく挑発的な精神で思い起こさせます。 Pravdoliubは私たちの西洋の習慣を乗っ取って、状況をより良く逆転させ、正常性を不条理に変えます。この不条理は、単なるユーモアではなく、冷戦の終結とベルリンの壁崩壊以来の東の国々とその状況をテーマに展開しています。 Pravdoliubの手にある日常の物の変容は、変わった、風変わりで想像を絶する作品を生み出します。
習慣

JOHN STEZAKER

约翰·斯蒂扎克

画像が飽和した世界では、英国のコラージュアーティストであるジョンステザカーは、より少ないリソースでより多くを作成します。 昨日の写真を切り取り、断片を差し引き、顔を並べて、忘れられた写真やポストカードをモダニズムの象徴的な肖像画に変えます。 画像間の隠された関係を調べることへのステザカーの芸術的関心は、彼と彼のコラージュアートに国際的な成功と認識を与えました。 Gestalten.tvは、ベルリンのCapitain PetzelGalleryでの彼の展示会でアーティストと話す貴重な機会がありました。

STEFAN FRIEDLI AND ULRIK MARTIN LARSEN

fitting

PUTPUT、スイス-デンマークの芸術集団:「フィッティング」。 「椅子と家具は、家庭用品に関する現在の研究に新たな追加を提供します。 このシリーズでは、これらの家具のアーキタイプにつかの間の存在感、エイリアンのサプリメントを紹介し、統合された機能を模倣し、これらの堅固で頑丈なエンティティに壊れやすく傷みやすい感覚を与えることを提案します。」

SIMON BIRCH

beanbag

香港を拠点とするアーティスト、サイモン・バーチによって作成されたフリークショープロジェクトは、芸術の名の下に彼らが着た風変わりな衣装のために奇妙にされた人間でいっぱいです。 フリークショープロジェクトはかなり気紛れです。 それでも、それはまったく予想外の方法で気紛れです。 これは、「フリークショー」という用語には、暗いカーニバル、奇妙な獣、奇妙な人間のビジョンが含まれていることが多いためです。

OLGA NORONHA

Incarcerated Bodies

オルガの作品は単なる装飾品ではなく、頑丈な力学と繊細な解剖学の融合を祝う芸術作品です。 常に挑戦し、双方向性の関係を探求しているオルガは、「る」と「見られる」の関係を示しています。 良いか悪いかにかかわらず、彼女の仕事に無関心にならないように人々に願って、オルガは彼らが驚きにつながるかもしれないという疑いを歓迎します。 彼女の作品は、型にはまらない魅力、絶妙な、そして境界を押し広げる一貫した組み合わせであり、他のジュエリーデザイナーの間で彼女の個性を区別することを不可能にする組み合わせです。

DANIEL WIDRIG

Даниэль Видрик
Little Black Spine

芸術デザイナーのダニエル・ウィドリグは、このウェアラブルアートシリーズの背後にいます。 これらの3D印刷された作品は、彼のKinesisコレクションの一部です。 これらの彫刻の付属品のいくつかは骨のように見えますが、他は非常に抽象的なものです。 これらの印象的なデザインはすべて黒で行われているようで、非常に想像力に富んでいます。 このウェアラブルアートコレクションの背後にあるアイデアは、それらを身に着けている人の体に合わせたカスタムアクセサリーを作ることです。 ピースが外骨格に似ている場合、これは特にクールです。 これらのぴったりとしたアートワークは、平均的なアクセサリーよりも興味深いものです。 彼らは体のさまざまな領域に重点を置くことを意図しており、まさにそれを行います。 Widrigのクリエイティブな印刷コレクションは、大胆で非常に詳細です。 これらの作品はあなたの体を生き生きとした呼吸する芸術作品に変えます。

CLAUDIA ROGGE

كلوديا روج
克劳迪娅·罗格
クラウディア·ロゲ
클라우디아 로게
КЛАУДИА РОГГЕ
lost in paradise paradise lost III

ドイツの芸術家で写真家のクローディア・ロッジは、群衆の肖像画、魅了され、邪魔をする真の均質な人間の集団に感銘を与えます。 彼の名前は、モザイクやパターンと非常によく似た、繰り返しを探求するシナリオでパフォーマンスと写真を組み込むことにより、現代アートシーンで最大の指数の1つとして浮上しています。 彼の最近の作品、ロスト・イン・パラダイスでは、ロッジは彼の以前の作品と同様に、ルネサンスとバロックの構成を参照する古典的なシーンを通して表される、不死、死、美と衰退、欲望と罪などのテーマを求めています。ミケランジェロによるフレスコ画。 また、ワックス、液体ガラス、ゼラチンなどのさまざまな素材を使用し、新しい光の中での静物を強調し、風景の形や質感が恒久的に変化しているような感覚を与えます。

典的な

ANOUK VOGEL AND JOHAN SELBING

Johan Selbingはスウェーデンのリンシェーピングで生まれ、チャルマース大学、ストックホルム王立芸術アカデミー、オーフス建築大学で建築を学びました。 JohanSelbingとAnoukVogelは、庭園、公園、芸術作品、橋、家具、インテリア、小さな建物など、さまざまな国でさまざまなプロジェクトに協力してきました。 彼らの介入はしばしば本質的に詩的であると説明され、特定の場所の意味と経験を強めます。 さらに、彼らの実現した作品は、素材と職人技への強い関心を証明しています。

MIKA TAJIMA

米卡·塔吉玛
ميكا تاجيما
here or there
ミカ・タジマ(ロサンゼルス、カリフォルニア1975)Here or There、2007は、さまざまな素材で構成された建築インスタレーションであり、観客に作品とその周辺の空間との交流の機会を提供します。 2番目のインスタレーションであるseriesFurnitureArtは、ニスを塗ったプレキシグラスパネルで構成され、グリッドのような順序で壁に配置されています。 アーティストは、抽象的なイメージを地理的な場所に関連付けるのが理想的です。 但馬美香の作品は、2011年にオースティンのビジュアルアートセンターやフィラデルフィアの芸術大学などの重要な会場で展示されました。

M.C.ESCHER

snakes

Cristobal Vila

クリストバルビラ M.C.エッシャーの木版画を基にしたアニメーション映画。

.
数学と芸術について
数学と芸術は、2つのまったく異なる分野として私たちの目の前にあります。 素材、技術、方法、そして当然のことながら製品は異なります。この分離は一見するとすぐにわかり、邪魔になりますが、パートナーシップの存在を妨げるものではありません。 数学と芸術は、他の科学と同様に、人が生まれる環境と、この環境で彼に何が起こっているのかを理解する努力の結果として生まれました。 それらは時々自然に反しているように見えるかもしれませんが、両方の領域は抽象化、解釈、そして自然の再表現ですらあります。 数や方程式自体は自然界には存在しませんが、絵画や彫刻のように、自然を描写し、それを私たちの思考に表現します。

FASE – ANNE TERESA DE KEERSMAEKER & MICHELE ANNE DE MEY

Rosas

ロサスは、振付師でダンサーのアンヌテレサデケアスメーカーを中心に構築されたダンスアンサンブルとプロダクションの構造です。彼女は1982年にデビューしたFase、スティーブ・ライヒの音楽への4つの動きで、すぐに国際的なダンスシーンの注目を集めました。過去27年間、彼女はダンスカンパニーとともに、印象的な一連の振り付け作品を作成してきました。ロサスのダンスは、時間と空間の動きを伴う純粋な文章です。その中心にあるのは、動きと音楽の関係です。いくつかの作品では、ダンスとテキストの関係も調べられます。 (続きを読む) ロサスは、ダンサーの恒久的なアンサンブルを持つ数少ない会社の1つです。 Anne Teresa De Keersmaekerは、プロジェクト指向を超越した組織モデルを決定的に選択し、個々のダンサーとの集中的な作業を継続できるようにしました。同社の主要な作品では、アンサンブル全体がステージに登場します。さらに、DeKeersmaeker自身が踊る小規模な作品もあります。ロサスは、新しい作品を制作する一方で、30年の期間をカバーする蓄積されたレパートリーも実行し続けます。このようにして、独自の芸術的過去を新世代のダンサーや観客に引き継ぐことができます。

TOKUJIN YOSHIOKA

吉冈德仁
吉岡徳仁
mirage

ミラノの2013年サローネインテルナツィオナーレデルモービルで展示されているのは、イタリアの会社レマの「ミラージュ」です。ミラープレートのきらめくコラージュです。 著名な日本人デザイナー、吉岡徳仁氏によるデザイン。 並べて配置され、各パネルはさまざまな位置で操作および配置することができます と角度、初期構造をいくつかのきらめく反復に変換します–特別に設計されたモジュラーカップリングシステムによって可能になります。 「蜃気楼」は、伝統的な鏡の製造を現代的に再解釈したもので、芸術とデザインの分野を1つのまとまりのある作品に統合しています。

 

AZUMA MAKOTO

あずままこと
אזאמה מקוטו
아즈마 마코토
Адзума Макото
Plant Sculptures

フラワーアーティスト東信さんの作品をご紹介します。 彼がすることはすべて、これらの母なる自然の宝石が持つ独特で神秘的な形を探しに行くことによって、花や植物の価値を高めることを目的としています。 自然を綿密に尊重し、保存することにより、彼はこれらの壮大な要素を美的な芸術作品に変えます。 アイスフラワー展も同様です。

ANDY GOLDSWORTHY

安迪戈兹沃西
アンディ·ゴールズワージー
Энди Голдсуорти
Clay Wall

ゴールズワージーが作る作品は素材がすべて自然物、石、植物の花や枝や葉や茎、氷などだ。しかもそれらをつかって、絶えず変化する自然の中に、海、川、湖、森などに長い長い時間をかけて作品を作る。汀で積み上げていた石が途中で崩れてしまうなどというアクシデントが起こり、満潮までに間に合わないかもしれないという時間との戦いも作品の一部である。しかも、首尾よく作品が完成したとしても、当然時間の経過につれて、それらの作品は流されたり、満潮時に波間に消えたり、氷の作品の場合は解けたりする。つまり消滅する。一種の時間芸術でもある。だから、彼の作品の実物を見るには、ある限られた時間内に現場に行かなくてはならない。それが出来る人は限られる。そこで彼は作品をすべて写真に収め、何冊も写真集を出している。まるで古代の遺跡、遺物の記録のようでさえある。

PHILIPS DESIGN

長期的な技術と製品戦略を開発する企業グループの交差点で働き、科学、技術、設計、芸術のスキルをビジョンプロジェクトに統合するための新しい方法を開発し、戦略コンサルタントと協力して新しい製品ロードマップを開発しました。

ECHIGO-TSUMARI

大地の芸術祭越後妻有
越后妻有