ALAN RATH

آلان راث
Digital Video Sculptures
作为电子艺术领域的先驱,艾伦·拉斯(Alan Rath)建造了充满令人难以置信的栩栩如生的特征的机械雕塑。安装在雕塑骨架上的LCD屏幕显示身体部位,这些部位按照算法生成的颜色,速度和方向变化顺序进行移动。所描绘的特征是特定于感知和表达的特征,例如眼睛,嘴巴和手。通过无限的排列顺序进行编程,LCD屏幕上的图像会随着时间的推移以意想不到且无法预测的方式缓慢变化。尽管我们将这些视为中介的数字图像,但所描绘的基本动画效果已集成到精巧的结构中,赋予了一定的机械意识,包括幽默感和怪异感。
尽管经常仅通过“数字艺术”或“新媒体”的镜头来观看,但拉斯的作品是头等也是最重要的雕塑,其构造具有对形式上的优雅感和对艺术历史背景的广泛理解。形式上的复杂性扩展到最小的细节,并特别关注功能性。 Rath 巧妙地设计和组装了作品的每个组件,因此无需工具即可轻松拆卸,运输和重新组装。他还是围绕新媒体艺术作品的保存而反对技术发展和过时的过程中的主要参与者,这些概念被整合到他作品的各个方面。

valeska collado

Валеску Джассо Колладо
Westminster graduate collection

作品深受80年代意大利Memphis風格家具影響,結合橡膠,泡沫,金屬,創作出一系列極具童趣而硬朗的作品。橡膠布料和PVC本身已經容易塑造立體造型,設計師運用乾脆利落的剪裁,創造出誇張的幾何線條。在服裝的製作上幾乎看不到車縫位,反而用金屬螺絲來固定。在穿法上也改變了傳統方式,雖然不算具備實穿性,但本身Memphis的出現,就是要改變當時單調的實用主義風格。在布料正反面亦運用兩種顔色,當布料被扭轉而呈現出底色,令色彩在視覺上不顯得單調。整個系列把Memphis家具設計轉變成時裝,雖然所有items都比正常服裝大上幾倍,但設計師無論在廓型和顔色上都非常協調,大膽的實驗性作品中卻流露出童話的夢幻感。

Sebastian Hempel

Leuchtstabbild
セバスチャンヘンペルの作品は、彼が取り組んでいるスペースと同じくらい動きに満ちています。 それらにはセンサーが取り付けられており、潜在的な観察者またはユーザーの存在に反応し、それらは次に彼らの体によって芸術的なイベントを引き起こします。 この機械的プロセスは、内容の点で影響があります。 まず、ユーザーの物理的な存在がアートワークを完成させます。 仕事は観察の瞬間にのみ真に実現することができます。 作品がこのように「操作」されるとき、それはそのような「アニメーション」または活力を通してそれ自身の魂を引き受けます–単にその動きの中に根ざした魂。
作品の前に身を置き、作品の技術的、視覚的、構造的な可能性を提示するメカニズムをトリガーすることにより、作品内で自分自身を再現し、表現します。 このように、この作品は私たちを振り返り、美術史の中で数え切れないほどの描写があります。

DAVID SPRIGGS

ストラタクローム
仮死状態のように提示される発光インスタレーションは、表現された身体と大衆、その色の共鳴が軍事、芸術、社会、技術の領域に属する現代の力の指示対象の合成された知覚を提供します。 Spriggsのアプローチの目的は、現実を固定するために現実を驚かせることであり、権力を支配する人物を特定する方がよいでしょう。この点で、彼の戦略はアナモルフィックプロセスと同じです。視聴者の目の消失点を作成するのではなく、遠近法の慣習を逆にして、視聴者が消失点になるようにします。

TUNDRA

ハイパージャンプ
「ハイパージャンプ」は、サンクトペテルブルク州立大学の学習スペースとして現在再建されている旧ファーストカデッツ隊のホールの1つのサイトスペシフィック作品として作成されました。 19世紀のホールには、ソビエト時代にここに建てられたバスケットボールコートのある運動場があります。「ハイパージャンプ」は、この逆説的な組み合わせによって設定されたアイデアを探求します。バスケットボールコートは、人間の合理性の象徴である古典主義時代の建築とともに、自然から得た身体性を表しています。

ANNE NGUYEN

自給自足
Autarcie(…。)は、前向きのダンスの動きと自由な余談を交互に繰り返す戦略ゲームで、ブレイクダンスとポップの2つのヒップホップダンスの専門分野が接触します。 50分間、4人のダンサーが、非常に異なるパフォーマンススペースとテクニックを使用して、必死の儀式を行います。舞台の正面は、4人の力強い個性が集結し、観客を対象とした戦士の踊りを考案するラリーポイントです。彼らはこの共通の調和のポイントを超えて空の空間に引き寄せられ、各ダンサーは領土、同盟、階層を追求してその空間に身を投じます。

MAIKO TAKEDA

大気圏再突入
武田麻衣子の作品は、幻想的な夢の世界のシュールな生き物のようです。彼女の最新作「大気圏再突入」のかぶとは、刺激的に異なり、繊細で未来的です。セントラル・セント・マーチンズと王立芸術大学を卒業した東京生まれの卒業生は、「作品を着ている人とその近くの人々の周りに、シュールで繊細なドラマを作成する」ことを目指しています。彼女は、自分の作品を身に着けている人々に、「日常生活、パーティー、または自宅のプライバシーの中でシュールな瞬間を体験または共有する」機会を与えることを想像しています。 「私は自分の作品が人々にそれらの魔法の経験を与えることを望んでいます」

Klaus Obermaier, Kyle McDonald and Daito Manabe

Transcranial

奥地利多媒体艺术家兼编舞克劳斯·奥伯迈尔(Klaus Obermaier)在舞蹈和工艺艺术领域进行不断的实验,与媒体艺术研究中的其他两个参考文献联手,日本人Daito Manabe(现在是该音乐节的常客),而美国的Kyle McDonald也出席了本次艺术节。 Jardin des Plantes的装置Light Leaks。发表演艺术中各种形式的互动,“跨颅”是一项合作研究与创造项目的一部分,在这里,表演是工作的阶段之一。经颅尤其涉及电磁刺激及其对神经元的影响。在外部命令的冲动下(如Face Visualizer中的Daito Manabe所实践的那样),身体和大脑似乎受到功能失调,异常和不良行为的影响,而正是从数字技术中借来的这三个要素是其中一。

Tobias Putrih

A, H, O, I, ! …

在视觉艺术与建筑之间不断变化的边界上,托比亚斯·普特里赫(Tobias Putrih)的结构可以满足建筑程序的需求,可以代表艺术品本身,也可以作为其他作品的展示。参考文献的融合意味着,在所有情况下,他的作品都通过提及1960年代的建构主义项目和短暂建筑,或者通过与包含现代建筑的纯净几何结构的对比,唤起了20世纪对现代性的某种记忆。与电影及其设备的关系加强了这种空间实验,这是电影形式所指的一现代性的重要里程碑。在露台上Putrih拥有无形的皮肤,其视频投影空间采用模块化的木材和纸板结构,线条灵感来自奥斯卡·尼迈耶(Oscar Niemeyer)设计的Palácioda Alvorada的柱子。除了向巴西利亚致敬之外,艺术家还进行了遮盖过程,其中宫殿的清晰而灿烂的支撑点被复杂的皮肤覆盖,这些皮肤重申并抵制了整体的轻盈,使保护性皮肤成为对象沉思的。

KICHUL KIM

听起来不错
Kim Kichul一直致力于声音,与更传统的视觉艺术形式作对。对于Kim而言,声音本身就是主题,而不是构成整个雕塑一部分的附加元素,并且是含义中固有的连续体。Kim通过听广播的经历开始在工作中使用声音。他体验到了时空的音质,感觉就像他正在看一台收音机发出的真实声音一样。他在1993年的第一次个展中呈现的11面观世音菩萨作品以观世音菩萨这个词开,这解释了他对主题的感觉,就像他想看到它一样。金恩被《莲花经》第二十五章博蒙奔的诗句深深打动了,该诗说,如果萨特瓦在受苦的情况下简单地专心高呼观世音菩,他们就可以达到涅磐。通过在收音机上放置10个观世音菩萨雕像,每个雕像调到不同的频道,他提出了一种通过联觉观察声音的合成方法。

ART+COM

流动性
该安装跨越了7米宽的走廊。在左墙上,排列成矩阵的一百个假肢手绕其自身的垂直轴旋转,其运动由电动机控制。他们持有的镜子将强光光束反射穿过整个空间并射向对面的墙壁。最初看起来像是一个异步的,混乱的运动模式,很快就显示出一种复杂的计算编排:首先,一百光点围绕一个中心点移动,类似于行星的天体动力学或昆虫群的飞行模式。并创造出三维空间的印象。然后突然之间,这种有机振动会聚成一个表示运动和动作的汉字。

RAFFAELLO D’ANDREA AND MAX DEAN

桌子
表格在安装空间中选择一个人,然后与他们建立非语言交。天花板上的摄像机跟踪选定的访客和桌子,桌子的移动由各种算法控制。果选择的人没有反应,则桌子会尽力而为,关注他们的位置。为此,表格切换了观看者和艺术品的角色。其他访客的注意力集中在桌子“选定”的人身上,使他们成为关注的对象。

GILLIAN WEARING

自画像
Wearing的自画像探索了闹剧,同时考察了身份和表征的概。 Wearing注重细节和精致的有机硅修复物,可创造出非凡的自画像,模仿您家庭相册中的照片。这些图像之所以成功,是因为它们提出有关庭,人际关系和自我的问题,所有这些问题在当代摄影中都很重。系列中的其他肖像包括她的兄弟,祖母和祖父。

NAXS Corp

Render Ghost
Render Ghost 是由新媒體藝術團隊NAXS Corp.所創作的虛擬實境結合沉浸式場作品。參與的六名觀者將換上白色無塵衣,由服務人員協助配戴虛擬實境裝備,緩步進入白色充氣帳篷之;藉由虛擬場景的誘導,徒步繞行於螺旋構造的高塔,開啟一場肉身的科幻儀式。當步入高塔的頂端,觀者將卸除虛擬實境裝備,沉浸於燈光、雷射、煙霧、聲響、漂浮粒子與風共同構成的超現實景觀之中,並在聲響漸次驅動的高頻閃與濃霧中漸漸進入出神狀態。

JAMES TURRELL

جيمس توريل
詹姆斯·特瑞尔
ג’יימס טורל
ジェームズ·タレル
설치작품 제임스 터렐
ДЖЕЙМСА ТАРРЕЛЛА
Roden Crater

特瑞爾的作品挑戰人們快速觀看藝術作品的習慣。 他認為觀者在一件藝術作品上花費的觀看時間太短,以致於無法認真欣賞作品本身。
作品展出方式是嘗試在密閉空間裡投影出”看似”不同質量與重量的色彩光線,讓觀看者對光線產生極度特別的體驗。運用大量色彩與視覺營造錯視,響人的心理感受。
詹姆斯·特瑞爾自己闡述: “我將當作一種料, 但是感知才是我的媒介。我希望你能看你所看,感你所感。”他希望他的作品可以增強人們的感知,並且將這個感知延伸到一個供人沉思和啟示的場所。

LEO SELVAGGIO

URME
我的作品www.youareme.net探索了将开源方法应用于身份识别时发生的情况。实际上,我已经放弃了对在线角色创建的控制,并向公众提供了我的身份和图像,以作为要操纵,创建甚至销毁的材料。在我们高度监视和敏感的社会中,我对公众公开访问我的信息可能会做什么感兴趣。我不仅关注所谓的公共和私人信息的动,而且关注精心策划的在线身份的创建。诸如Facebook之类的社交技术如何塑造我们展现自我的式,以及如何编辑生活中的现实以进行在线消费?如果我们通过我们的技术创造或重塑自,那么,如果这个过程是一个公开讨论的过程,那么我到底是谁?这会扩大我是谁的可能性,还是破坏我的网络社会关系和信誉?

Keith Lyk

Cycling Wheel
杜象說他喜歡看到作品《單車輪子》展出時被觀眾轉動的樣 - 即使在之後的展覽中觀眾都沒機會再轉動它。《單車輪子》是杜象首件以「現成物」製成的作品:他的本意是鼓勵觀眾與它互動,可惜它卻一直被封印起來,沒有再和觀眾互動。然而,杜象的概念一直被藝術家們重塑及借用。《 Cycling Wheel: The Orchestra 》就借用了《單車輪子》的概念,讓被封印的輪子重新運作。藝術家將輪子本身轉化為控制聲音和光影的機器,把三台單車輪子塑造成表演工。表演把燈光和聲音和輪子結合,幻化成杜象回憶中那飛舞的火焰。

SEIRAN TSUNO

今天介绍的这位在精神病院工作过 5 年多的津野青岚(Seiran Tsuno),就是足够让人眼前一亮的古案例——她的设计从外观上就像是笼罩在上的幽笼子,精致而抽象,扭曲中破坏了人类固有的形态。夸张的肩膀、胸部和大腿,微妙之中,向世界做出尖叫的姿态,最后却又静静地坐回原地展现它的独特之处。

Marcel·lí Antúnez Roca

Epizoo
Epizooのパフォーマンスにより、観客はメカトロニクスシステムを使用してMarcel.líの体を制御できます。このシステムは、パフォーマーが着用する外骨格であるボディロボット、コンピューター、機械的なボディ制御デバイス、垂直投影スクリーン、2つの垂直照明装置、および音響機器で構成されています。
整形外科用ロボットのメカニズムは、空気圧メカニズムが取り付けられたベルトとヘルメットの2つの金型によって身体に固定されています。これらのメカニズムにより、アーティストがパフォーマンス中に回転する円形のプラットフォームに直立したまま、Marcel.lÌの鼻、臀部、胸筋、口、耳を動かすことができます。空気圧装置は、コンピューター制御の電気バルブとリレーのシステムに接続されています。ビデオゲームに似たインターフェースを備えた専用アプリケーションがコンピューターによって実行されます。その11のインタラクティブなシーンには、アーティストの姿を再現し、メカニズムの位置と動きを示す、コンピューターで生成されたアニメーションシーケンスがいくつか含まれています。このようにして、ユーザーはマウスを使用して、照明、画像、音声、およびアーティストの体を制御できます。
アートの世界では、Epizooはコンピューター技術を人体に応用した初期の例です。このパフォーマンスは、おそらく、観客がアーティストの体を含むステージ上の要素を制御できるようにするリモートコントロールデバイスを備えた最初のパフォーマンスです。 Epizooはオープン以来大きな関心を呼んでおり、現在までにヨーロッパ、アメリカ、アジアの50を超える都市で上演されています。

SHEN WEI

Шен Вей
שן וויי
沉伟v
Undivided Divided

沉伟是沉伟舞蹈艺术的创立及总监,他于一九九五年获取亚洲文化协会奖助出席美国舞蹈节。自此,跻身中国首席编舞家之列并进入了国际舞台,获大奖无数,包括二零零四年的尼金斯基新进编奖r以及二零零七年的麦克阿瑟奖助

milo moiré

Nackte Leben
2014年,她曾有過2度全裸上。一次是結合認知心理學的《劇本系統》,她在身上寫字取代穿衣,挑戰人類大腦認知。另一次是《生育的藝術》,將灌滿顏料的蛋塞進陰道,「彩蛋」自下體擠出來後落地破裂,顏料潑灑成抽象畫,連結生命誕生與藝術創作,兩種不同形式的「創造」。Milo Moiré不只是行為藝術家,她還身兼心理學家和畫家,目前住在德國杜塞道夫,每次出動都掀起話題。她對社會現有價值觀和體制發出挑戰書,保守人士批評她譁眾取寵,相反地,也有些人讚賞她刺激思考,你得呢?

JACQUELINE KIYOMI GORDON

LISTEN WITH HEADPHONES
由杰奎琳·吉米·戈登(Jacqueline Kiyomi Gordon)在旧金山Yerba Buena艺术中心(YBCA)的新展览系列“控制:文化中的技术,无时无刻不在发生”中建造,是一种塑造声音,运动和感知的装置。该装置雄心勃勃,具有建筑雄心,需要探索一个房间,房间内布满11.1.4环绕立体声系统和定制的减震声板,以突出艺术家所描述的“声音之间移动,声音内部移动之间的交换”的含义。雕塑,与其他人一起移动”,并在此过程中产生“亲密感”。借用消音室和声学测试实验室中使用的隔音板的材料和几何形状,戈登的身临其境的声音环境部署了临床声音设计,以进行探索和互动。
位于“戈登(Gordon)”空间中央的位置是“爱的座位(Love Seat)”,这是一对相邻的围墙,游客可以坐在那里聆听。聆听者共享一个共同的视线,但在身体上是分开的,他们可以在相对(相对)的声音隔离中享受片刻。在展览随附的文章中,“控制:文化中的技术”策展人策奇·莫斯(Ceci Moss)简洁地将戈登的方法描述为“调音的情绪”,以“进入并指挥”进入该空间的人。
不出所料,戈登竭尽全力地雕刻了《永远发生的一切》中的音响效果,在展览中她看到她与Meyer Sound Laboratories的专家紧密合作。她在下面的视频中简要地介绍了她的过程,并且值得深入研究创建者在该项目上的帖子,因为它提供了一些有价值的“细节”,以及合作者Jon Leidecker(又名Wobbly)和Zackery Belanger的评论。

TEIJI FURUHASHI

古橋悌二
Dumb Type
Lovers
360 VR Video

情報化による全自動的な資本主義社会のなかで、制度により規制された私たち現代人の身体と愛の在り方を静謐に表した映作品です。作者の古橋悌二は、京都を拠点として1984年に結成されたアーティスト集団「ダムタイプ」の中心メンバーとして活躍し、1995年にHIV感染のため他界しました。
≪LOVERS≫は1994年に発表された後、幾度かの改訂を経ていますが、本作は、2001年のせんだいメディアテーク開館記念展に際してダムタイプの高谷史郎氏が再現制作したもので、当館の寄託作品となっています。現在、ニューヨーク近代美術館(MOMA)に収蔵されているもの以外では唯一展示可能な状態として残る作品です。なお、仙台で12年ぶりの公開となる今回は、2001年の際には省略された部分も再現し、オリジナルに近い仕様で公開します。

Lin Tianmiao

Toy 1#

连天苗在北京生活和工作,主要创作装置作品。 她的职业生涯是将丝绸,线和纺织品转变为精美的艺术品,并尝试摄影和录像。 她的艺术具有感官上的质感和触感。 她那幅令人难以忘怀的单色肖像(如上所示)具有雌雄同体的面孔,被缝在画布上的丝线遮盖着。 这些作品印刷在手工纸上,融合了光刻,压纹和嵌入元素的结合,赋予了它们独特的纹理和尺寸: 在当代中国出现了新的关于自我和个人身份的混合概念。” 由此产生的作品令人难以忘怀,令人着迷。

Martin Kersels

Olympus
“马丁·凯瑟斯(Martin Kersels)这种刻薄和非常规的语言起源于六十年代和七十年代的激进艺术形式,其特征是高低文化元素的混合,理论观念以及矫正和退化的材料。
这位艺术家于1960年出生于洛杉矶,他为都灵个展创作了一些机械雕塑,照片和素描,其灵感来自于地下文化中最具争议和颠覆性的偶像:伊吉普·波普(Iggy Pop),磁石摇晃的社会衰弱诠释者,著名为他的舞台表演。他的音乐简陋而病态,没有希望和乌托邦,却陷入decade废,灭亡和虚无主义。在“ Fat Iggy”项目中,Kersels解构了Iggy Pop图标,以阐述新的神话。
这位歌手所代表的肥胖身体的decade废使他从神话中重获新生,而在展览空间中心突出的钻石形象则与明星的轨迹形成鲜明对比。实际上,石头冰冷而不可触动的美丽源于它进入大地子宫的漫长而无声的旅程。与短暂的幽灵联系在一起的喧闹声中,只有碎片,破碎的镜子散落在房间周围,无法恢复和谐统一的形象。”
珍妮·多利亚尼(Jenny Dogliani)

REIN VOLLENGA

儚く、空気のような、アーティストRein Vollengaの作品は、彼の「ウェアラブル彫刻」で特に注目に値します。 Vollengaのユニークで内臓的な作品は暗く魅惑的であり、彼の作品は、より深く動物的なセクシュアリティを祝い、個性と断片化されたアイデンティティを崇拝する、より暗く、よりフェティッシュな領域に挑戦し続けるファッションの先見者の多くに受け入れられてきました。 Vollengaはベルリン出身で、彼の作品に浸透しているチュートンの前衛的な性質に反映されています。また、戦前のベルリンの退廃と「官能的なパニック」の時代を思い起こさせる、危険で少し不吉で快楽主義的な感覚もあります。彼の作品は、未来的なボール仮面舞踏会の退廃の魅力をすべて思い起こさせます。彫刻の帽子やアクセサリーで形作られるウェアラブルアートで有名なこのアーティストは、今やファッション業界のエリートたちの注目と後援を得ています。あなたがそうするならば、より厳しくてゴシックな、21世紀のダリ。 ChasseurはRein自身と座り、彼の仕事について話し合った。その起源と性質、そして何が男をマスクの後ろに追いやるのか。

GILLES BARBIER

Жиль Барбье
L’ivrogne

虽然有些人可能会发现吉尔斯·巴比尔(Gilles Barbier)的名为L’ivrogne的雕塑既有趣又古怪,但其他人却会发现它令人大开眼界和清醒,这是适当的。 标题本身的意思是法语中的“醉汉”。 它描绘了一个醉汉倒在他的运气上。 跪在地板上lou绕着,螺旋状的思想旋风从他的头顶向上爆发。 瞥见他忙碌的内心沉思,几乎就像一个拼图的碎片,可以安排和重新安排,以弄清他醉酒的抑郁症的含义。 从帽子和星星到头骨和炸药,吉尔斯·巴比尔(Gilles Barbier)创作的《 L’ivrogne》是由随机物体组成的混合媒体雕塑。 由蜡制成,整个作品可能带有卡通色彩,但涉及到一个严重的问题。

Kate Gilmore

كيت غيلمور
קייט גילמור
케이트 길모어
КЕЙТ ГИЛМОР
Leak from the Top
この写真は、メイン州スカウヒーガンで2012年夏に行われたパフォーマンス/ビデオで撮影されました。 この作品では、4人の女性がバケツの穴からこぼれ出る濡れた絵の具を保持しようとしています。
ケイト・ギルモアは、ポストフェミニストの性とジェンダーに対する批判において、彼女自身の身体性を押し付けています。 ギルモアは、ダダイスムの不条理、風刺漫画の誇張、政治的正しさの厳格さを思い起こさせる、自主規制と挑戦的な目的を持って、パフォーマンス、ビデオ、彫刻、写真の集合体を形作っています。 したがって、ギルモアは、自分の構造の文字通りの壁を乗り越えようとする謙虚な努力の中で、かかとの高い靴に邪魔されていることに気付くかもしれません。 ギルモアは、自我と自我の本質と仮定を活気づけるだけでなく、個人の誠実さのためにそれらを決闘に配置します。

g. mazars

the un-built
提案は、エル・リシツキーのさまざまな作品を反映した記念碑を設立することです。目的は、3次元構造で空間と奥行きの概念を知覚できるようにすることです。このシステムは、空虚さ、深さ、投影を明らかにするためのツールになります…
最初に、このシステムは不在、言い換えれば未構築を明らかにすることを提案します。ウォルケンブルーゲルはエルリシツキーの最も有名なプロジェクトの1つですが、残念ながら身体的な症状はありません。このプロジェクトは、wolkenbrugelのサイズに一致する3次元の直交グリッドで構成されています。次に、成形の方法で差し引くことにより、物理的にそれ自体を再構築することなく、エル・リシツキープロジェクトの空間的存在を再構築します。架空のプロジェクトは見えないが知覚できるままです。この刻印から、記念碑の仮想投影を完了するのは訪問者の想像力です。
夜になると、光のネットワークがウォルケンブルーゲルの仮想輪郭を明らかにします。構造全体に分布する輝点は、招待されたアーティストの介入を動的にサポートするものでもあります。
2番目のステップでは、フレームはグラフィックラインのステージングの構造的サポートです。エル・リシツキーが最もよく使う色である赤く塗られたさまざまな構造要素が、それぞれの視点に応じて独自のグラフィック構成を作成します。一緒に空間に配置されたこれらの赤い線は、さまざまなグラフィック構成を形成します。変位によって、訪問者はこれらの構成を構築および分解し、深さを表示します。これらの赤い線はスペースを定義します。

ZILVINAS KEMPINAS

リトアニアの芸術家ジルビナスケンピナスの作品は、動的であるだけでなく、ミニマルでもあります。現在ニューヨークに住んでいるケンピナスは、最もシンプルな手段を使用して、複雑で雰囲気のある素晴らしい美しさの部屋の状況を作り出しています。彼のインスタレーションは空気と軽さで遊びます–レリーフは時間とチャンスに基づいています。 Zilvinas Kempinasの芸術は、「月の明るい側」で繰り広げられます。重力は廃止されたように見え、光のパレットは彼のインスタレーションの素材に浸透して活性化します。 彼のアートワークが私たちを連れて行く旅は、私たちをここと今、知覚の装置、エネルギーの集合体、スケッチ、そして宇宙への介入へと導きます。彼の芸術は、光学的に物理的であると同時に、酔わせるような美的イベントで構成されています。彼が採用している手段は、シンプルで日常的でありながら、型にはまらないものです。ビデオテープ、ファン、FLチューブ、空間、リズム、空気、光との共生です。このようにして達成される効果は非常に複雑で、すべての感覚を含み、場所の感覚と自分の時間と動きの知覚を変えます。それは常に、彼自身が演劇の、しばしばミニマルな環境でプレーヤーになる見る人を対象としています。

 

 

MAKOTO TOJIKI

The Man with No Shadow

“ Makoto Tojiki是一位艺术家和设计师,他以光为主要表达手段。 Tokiki是1998年近畿大学(Kinki University)工业设计工程专业的毕业生,他的个人时间是在受雇担任工业设计师的同时,致力于光的实验。 2003年,他开始了他的全职艺术家生涯。 他最近的“无影”系列作品受到光影相互联系以及如何进行操纵和控制的启发。 Tojiki通过分解光线和阴影来捕捉其共生的本质,从而开始了他的创作过程,从而产生了短暂的图像,就像阴影本身一样短暂而神秘。”

Brenna Murphy

Liquid Vehicle Transmitter
アーティストのブレンナマーフィーは、彼女の迷路のような仮想空間を物理的な現実に重ね合わせる現実のフラクタル環境を作成します。
ポートランドを拠点とするアーティスト、ブレンナマーフィーは、彫刻、ゲームデザイン、インスタレーション、パフォーマンス、サウンド、インターネットに携わっており、人間の意識を結び付け、拡大するデジタルテクノロジーの能力に関心を持っています。マーフィーにとって、デジタルツールは、人間の経験の外にある異星人としてではなく、意識と認識を深める電子補綴物として機能します。迷路はマーフィーの実践における継続的なテーマです。彼女のインスタレーション、ウェブサイト、仮想環境は、放浪、移動、発見を促進する一連の連動スペースとして設定されています。彼女の作品で参照されている自然に発生する幾何学的形態のように、それらは展開構造の密な配列として互いに有機的に分岐しています。 YBCAでの彼女の展示会のタイトルであるLiquidVehicle Transmissionerは、マーフィーの作品の多くに見られる流動性をほのめかしています。
彼女の新しいインスタレーション、創発的な実体の聖歌の配列のために、マーフィーはさまざまなスケールで自己相似パターンを含む一種のフラクタルを設計しました。 3D印刷された彫刻、LEDライト、ライトボックス、木製のカットフォームの正確に構成された集合体から構築されたインスタレーションは、彼女の複雑で目がくらむようなインターネットベースの作品の実際のバージョンに似ています。マーフィーの仮想ビデオゲーム環境のように、創発的なエンティティのチャントアレイは、訪問者の空間と次元の両方の認識に基づいて再生され、意識の高い状態の探索を促します。
マーフィーは、彼女のアプローチにおいて深くポストヒューマニストであり、彼女の創造的なプロセスを、作品を制作するために使用されるツールとの直感的で調和のとれた関係を模索する瞑想の一形態と見なしています。彼女の複雑な形の配置は、彼女自身のエネルギーと視聴者のエネルギーに焦点を合わせ、それらを引き込みます。観客との調和のとれたつながりのこの感覚は、彼女がメンバーであるアートコレクティブ、MSHRおよびオレゴン絵画協会のアクティブな要素でもあります。

Matthieu Bourel

gif

目前在柏林生活和工作的法国艺术家Matthieu Bourel的手工,数字和动画拼贴,基于图像的力量和各种视觉组合带来的转移。他将自己的作品定义为“数据主义”,并且在融合元素时,经常试图唤起一个故事,尽管这个故事不存在于已知的现实中,但却在观众面前有力地展现出来,并激发了“一段时间的怀旧之情”。存在’。 艺术家介入迷住的观众的思想和记忆,歪曲现实,丰富或不可逆转地消除我们觉得自己生活在其中的世界。因此,当复制普通女人肖像时,可以很容易地重现其含义。某些元素的似乎无限重复有时是对社会制度和结构的评论,涉及人类的行为和信仰,揭示了隐藏的意图并一面揭开面纱,直到除了可能的真理或至少一种更真诚的现实方法之外,再没有其他东西了,通常充满讽刺和紧张。 Matthieu Bourel似乎感兴趣的另一个主题是身份,其特征在于身份的缺乏(例如,没有头部)或多样性。 “人们常常会寻求并渴望结合那些似乎带有一种熟悉而遥远的情感的新兴叙事符号”。确实,我们倾向于根据自己的人际关系来解码图像,仿佛这个故事突然讲述了我们所害怕的事物,以及时不时面对和理解自己,自我,他人,时间和空间的回避。

Jonathan Latiano

Colony III

ジョナサン・ラティアーノ自身が説明しているように、彼の足跡を残した最初の芸術体験の1つは、素晴らしい美術館の廊下ではありませんでした。「フィラデルフィア自然科学アカデミーの陳列棚とジオラマの前でした。私の周りの物理的な世界についての私の理解を形作り、文脈化するようになったのは、まさにこれらの物語と科学的探求です。私がすべての作品のインスピレーションを見つけるための出発点として使用するのは、生物学、天文学、物理学、地質学の研究を通してです。」日常のあらゆる素材を使ったインスタレーションを通じて、自然現象を静的に再現する作品。したがって、自然と人工の間に詩的なコントラストを作成します。 しかし、ラティアーノの彫刻作品が力を発揮するのは、彼が特定の空間、いわゆるサイトスペシフィックアートのインスタレーションを行う機会があるときです。場所自体が作品を形作るアイデアの引き金となることを可能にします。したがって、空間自体とその視聴者との関係についての考察を促進します。 「私は、定義された領域の境界内に存在するゾーンを強調するよう努めています」と、この物理的な宇宙における彼の位置を理解するための個人的な試みとして、ジョナサンは言います。

Alicja Kwade

a table is a table
Alicja Kwadeのミクストメディア作品は、身体が空間と時間にどのように生息しているかについての精神的知覚と身体的体験を操作します。 クワデは、練習で不完全なダブリング、鏡像、繰り返しを頻繁に使用します。 たとえば、Dimension + 1- + 9(2012)とDimension -1–9(2012)は、1秒よりも速く刻む時計のペアです。 日産(Parallelwelt 1 + 2)(2009)は、2台の日産車を鏡像として特徴づけています。 彼女の一般的な素材には、コイン、金属パイプ、鏡、ガラス、ライト、自転車などの日常生活で見られるアイテムが含まれ、それらを歪ませて錯覚を作り出します。 結果は、時にはしゃがんだり伸びたりして、擬人化されたように見えることがあります。

ABSALON

cell No. 1
ABSALONは、体系的かつ連続的な方法でスペースに取り組んでいます。人間の本質的な活動や、長方形、正方形、三角形、円などの基本的な形を出発点として、遭遇した空間を空にしてから、単純な形で再構築して補充することから始めます。これらのテストアセンブリは、後でオブジェクト、ドローイング、写真、フィルムを使用してさらに開発され、アーティスト自身の体の測定に基づいて熟考するための個別の禁欲的な生活ユニットであるABSALONのセルルで完全に一周します。厳密に幾何学的な形の語彙に還元されたこれらの作品は、ユートピア的なアイデアをほのめかすことなく、絶対的な抽象化の感覚を伝えます。代わりに、彼らは、アブサロンが彼の身体的存在を社会のコーパスと対峙させるために6つの大都市に公に配置することを計画していた異所性の空間を開きます。彼らは社会生活のために作られました。」 (アブサロン)

PROXY DESIGN STUDIO

mechaneu v1

我們知道 3D 列印可以模擬人體器官、食物、建築物等各種繁複的物體,但這些大多為靜態物件,來自紐約的設計工作室 proxy design studio 則進一步挑戰精密的齒輪機械,印出一顆完整的球體齒輪群組,只要轉動其中一個,其他齒輪也會跟著被牽動,看起來超歡樂的!
《mechaneu v1》由 64 個齒輪組成,由球體內部的框架來支撐,設計師先用電腦軟體想辦法排入大小各異的花形齒輪,再透過 3D 列印印出來,《mechaneu v1》上的每個齒輪都能互相牽引作用,達到牽一髮動全身的效果,看著齒輪各自轉動的模樣頗有點療癒放空的效果,proxy design studio 則希望能藉此研發出更多機械動能相關的設計。

DANIEL WIDRIG

Даниэль Видрик
Little Black Spine

芸術デザイナーのダニエル・ウィドリグは、このウェアラブルアートシリーズの背後にいます。 これらの3D印刷された作品は、彼のKinesisコレクションの一部です。 これらの彫刻の付属品のいくつかは骨のように見えますが、他は非常に抽象的なものです。 これらの印象的なデザインはすべて黒で行われているようで、非常に想像力に富んでいます。 このウェアラブルアートコレクションの背後にあるアイデアは、それらを身に着けている人の体に合わせたカスタムアクセサリーを作ることです。 ピースが外骨格に似ている場合、これは特にクールです。 これらのぴったりとしたアートワークは、平均的なアクセサリーよりも興味深いものです。 彼らは体のさまざまな領域に重点を置くことを意図しており、まさにそれを行います。 Widrigのクリエイティブな印刷コレクションは、大胆で非常に詳細です。 これらの作品はあなたの体を生き生きとした呼吸する芸術作品に変えます。

MAURIZIO CATTELAN

マウリツィオ·カテラン
Маурицио Каттелана
INRI
自学成才的当代意大利艺术家,1960年生于帕多瓦,目前居住在纽约。 他的艺术建议定位在雕塑和表演之间(艺术家或一群艺术家参与的艺术行动,其中,身体作为公共场所中的“祖传”要素使用),主要是在游戏中工作。 幽默感和已建立符号的传递构成其主要的表达武器。

FASE – ANNE TERESA DE KEERSMAEKER & MICHELE ANNE DE MEY

Rosas

ロサスは、振付師でダンサーのアンヌテレサデケアスメーカーを中心に構築されたダンスアンサンブルとプロダクションの構造です。彼女は1982年にデビューしたFase、スティーブ・ライヒの音楽への4つの動きで、すぐに国際的なダンスシーンの注目を集めました。過去27年間、彼女はダンスカンパニーとともに、印象的な一連の振り付け作品を作成してきました。ロサスのダンスは、時間と空間の動きを伴う純粋な文章です。その中心にあるのは、動きと音楽の関係です。いくつかの作品では、ダンスとテキストの関係も調べられます。 (続きを読む) ロサスは、ダンサーの恒久的なアンサンブルを持つ数少ない会社の1つです。 Anne Teresa De Keersmaekerは、プロジェクト指向を超越した組織モデルを決定的に選択し、個々のダンサーとの集中的な作業を継続できるようにしました。同社の主要な作品では、アンサンブル全体がステージに登場します。さらに、DeKeersmaeker自身が踊る小規模な作品もあります。ロサスは、新しい作品を制作する一方で、30年の期間をカバーする蓄積されたレパートリーも実行し続けます。このようにして、独自の芸術的過去を新世代のダンサーや観客に引き継ぐことができます。

SHEN WEI

Шен Вей
שן וויי
沉伟
Folding
沉伟的作品“折叠”(图为公园大道军械库)于2002年在纽约首次上演
胸白,胸甲白,脸白,并带有细长的发卷(头饰?他们的头是细长的吗?),第一批舞者从黑暗中冒出来,紧a在蓝绿色的阴暗地板上,拖着长裙摆,这些长裙摆的颜色各不相同。将它们分为两组:红色和黑色。红军们经常在国会中扮演举动,旋转,独立的生物,而黑军人则用布成双成对地密封在一起(例如令人毛骨悚然,悲惨地交织在一起的杰克和迪诺斯·查普​​曼的作品),并花费大量时间从事极其缓慢的性交活动。甚至是较慢的葬礼游行,将他们死气沉沉的双胞胎恋人拖走了。
看来,红军有个国王,而黑人则有一个皇后(最终他们一个人出现)。来的动向发生了一个奇妙的变化,当红军发现团结一致时,讽刺的是,他们似乎拒绝了他们自己的一个(沉伟的王者角色,同样如此),而成对的黑人似乎找到了一个更开明的人。他们的配对斗争中的个性。另外,这标志着我第一次看到全身氨纶套装,它的穿着者是真人版的“角色”,我认为这是一个动员的浮雕,出现在背景中像是一些小故障。在这个二项式世界的软件中。也许这个不露面的角色是红色和黑色的合成,或者是崇拜者的至高无上的梦想,将两个部分折叠成一个整体。也许这个角色只是个次要角色,但是因为它脱颖而出,它具有波巴·费特的所有明星般的特质,并且陪伴着我进入了第二次中场休息。
最后的作品《未分割的分裂》上周在军械库中获得了世界首屈一指。舞蹈首先是近距离偷窥的一种练习。次要的是它关注性的各种表达方式-觉醒,压抑的范围,自由,偏见,模式和失败。我和其他人一起在网格上的60个单独的瓷砖上漫游,我的第一个想法(以及其他所有人)是我的上帝,舞者拥有地球上最不真实,雕刻最精美的尸体。我永远不会再发生性行为,直到我看起来像那样或与那个样子的人在一起。
我看过大约五十种以裸体为特征的舞蹈,几乎每次都在推动正式的脱敏或去性行为,时是由编舞者或舞蹈家发起的,但主要是由我自己做出的,以便让我看到过去的裸体并与之交往。在不同级别上具有更高灵敏度的性能。这通常需要大约20秒钟的时间,然后舞蹈的表现力和运动学所伴随的抽象在一定程度上使身体脱性别-我认为这不是脱胶过程,而是更接近于暂时的集体异化。但是,有时候,我发现自己面对着滑稽表演的现代舞蹈表演,尽管观众之间的距离已定,但仍邀请观众保持性意识。这发生在未分割的分割中。

MARIN MAGUY

Маги Марин
マギー・マラン
Cendrillon
「1985年に作成されたマギー・マランによるこのシンデレラは、振付師の現在の創造物(過激で献身的)を見ると驚くべきものです。これは確かに必ずしも妖精ではありませんが、光景と不思議の側面を想定した物語です。シンデレラは幼稚な世界で巨大な人形に変身したキャラクターを作成します(プリンスチャーミングはロッキングホースで彼の美しさを求めます)。ダンサーは全員、顔をハードマスクで覆っているため、表現ができません。ただし、ステージ上の各キャラクターは不穏な方法で生きているこれらのパフォーマーは、それぞれの動きが強い意図を持っている栄養のある身体言語を通して彼らを生き返らせます。この作品がその期間に完全に刻まれているのは彼らと彼らを通してであり、パフォーマーがそれを呼吸している限り生命を見つけます彼らの人形のキャラクターに。
したがって、このシンデレラから発せられる香りは常にとても気がかりです。私たちは幼稚な世界にいますが、悪夢は決して遠くにはありません。二人の姉妹は、人形のファンタジーが生き返るホラー映画からほとんど出てくるでしょう。オーレリー・ガイヤールによって繊細に踊られたシンデレラは、最初の行為に甘さと空想をもたらすことによってバランスを取ります。その瞬間、幼稚な世界が点線で描かれています。私たちは巨大なプレイルームのようですが、2つの界の間にある幻想的で夢のようなものです。しかし、このフェアバランスはロングボールシーンには現れなくなりました。ここでは、音楽が止まり、幼稚なせせらぎの余地ができます。すべてのキャラクターが遊び場のように演奏します。そして、さまざまな読書グリッドが消える2度目は、子供向けのシンプルな眼鏡の前にいるだけの印象を残します。ここでは、大人はもう自分自身を見つけることができません。」AmélieBertrand

SCOTT SNIBBE

Deep Walls

《 Deep Walls》是投影的电影回忆内阁。当一个人走进其投影光束时,交互式墙开始记录他的阴影以及跟随者的阴影。当最后一个人离开框架时,阴影在十六个矩形小橱柜中的一个内无限重播。与结构主义电影一样,重复性视频的收集成为其自身的对象,而不是严格地具有代表性的“电影”。 “深墙”在电影循环之间创建了复杂的时间关系。每个小阴影胶片都有精确的记录持续时间:从几秒钟到几小时。 16帧之间的时间关系变得复杂(以类似于Brian Eno的磁带循环实验的方式),将不同持续时间的单个记录循环播放,以创建连续几天都不重复的构图。 Deep Walls的灵感来自Jan Svankmajer和Quay Brothers的超现实主义电影以及Joseph Cornell的雕塑。在他们的电影和雕塑中,小尸体和强迫性地收藏在橱柜和抽屉中的物品代表着心理和精神状态。组织的理性过程带来了一种无意识的非理性。 Deep Walls的名称受到建筑师克里斯托弗·亚历山大(Christopher Alexander)的“图案语言”(Pattern Language)设计图案的启发。他建议建造厚厚的房屋墙壁,以便居民自己可以雕刻出橱柜,抽屉和窗户来个性化房屋。本着亚历山大的精神,这部作品逐渐记住了其表面上的环境内容。

SUN K. KWAK

ニューヨークのアーティストSongK Kwakは、ダクトテープを唯一の表現素材(ほとんどの場合黒)として使用して感情を表現し、その言語は壁の彼女の体のジェスチャーに投影されます。キャリアとして、黒いマスキングテープは2Dと3Dの表面の間を自由に移動します。通常のテープの柔軟性とアクセスしやすさから、彼はストロークを身体の延長として指定します。このプロセスは、さまざまな視覚的および環境的空間を妨げられることなく流れる環境と統合する試みです。黒い線は、独特の建築とその周辺の間に生じる多くのエネルギーのダイナミズムを伝えています。韓国で生まれ、アーティスト、クワクとして教育を受けました。ニューヨークで勉強している間、彼は独自のフリーハンドマスキングテープ技術を開発し、階段、公共の建物のロビー、小さなアートギャラリー、建物のファサードなどの建築空間の表面に直接ペイントしました。彼は暴露します。彼のインスタレーションは、ドローイングと彫刻の中間にある空間と体験を生み出します。

CHUNKY MOVE

Glow

Glow是艺术总监Gideon Obarzanek和互动软件创作者Frieder Weiss撰写的具有启发性的30分钟编舞文章。 在复杂的视频跟踪系统的光芒之下,孤独的有机物在人类形态的内外变异,变成了陌生,感性和怪诞的生物状态。 利用最新的交互式视频技术,可以根据舞者的动作实时生成数字景观。 身体的手势会延伸,并进而控制围绕它的视频世界,而不会呈现出完全相同的两种表演。