Studio Roosegaarde

Lotus
Lotus Oculusは、光と熱に反応するスマートフォイルでできています。ミラノサローネでは、光に敏感な壁が見る人と相互作用し、呼吸するように花を広げ、光がそれを通して輝くことを可能にします。この光の遊びで、ロータスオクルスはミラノの歴史的な現代美術館の建築を活性化します。 Studio Roosegaardeによって特別に開発された素材とデザインは、ブルガリの歴史における自然と素材の根本的な使用に触発されています。 Lotus Oculusはまた、パンテオンの素晴らしさに敬意を表し、動きと影の有機的なアーキテクチャを作成することで、その遺産を継承しています。アーティストのDaanRusegaardeは、このダイナミックな対話を「テクノ詩」と呼んでいます

Andrius Arutiunian

The Irresistible Powers of Silent Talking
サイレントトーキングの魅力的な力は、自動化された欺瞞検出システムとその国境監視への使用を調査する施設です。これは、EUに入る移民の顔の微妙な表情をスキャンするために開発されたiBorderCtrlアルゴリズムに基づいています。仮想アバターが最初に人にインタビューした後、iBorderCtrlは、非公開の一連の基準を使用して、その信憑性のレベルを決定します。基本的に、それは真実または欺瞞についてのアルゴリズムの仮定に基づいて決定を下します。

Sabrina Ratté

フロラリアI
Donna J. Haraway、Ursula K. Le Guin、Greg Eganの著作に触発されたこの作品は、私たちを投機的な未来へと導きます。そこでは、当時絶滅した植物種のサンプルが保存され、仮想アーカイブルームに展示されます。編集と視覚的戦略を通じて、このアーカイブルームは、リストされた植物から発せられる記憶によって引き起こされる干渉の影響下で散発的に変化し、その場所に出没し続ける過去の痕跡を明らかにします。フローラリアは、テクノロジーと有機物の融合から生まれた生態系のシミュレーションであり、過去と未来が現在の永続的な緊張の中で共存しています。

Nobumichi Asai

Kagami / Real-Time Face Generator
人間の顔を立体的に生成する「立体鏡」インスタレーション「kagami / Real-Time Face Generator」。体験者の顔をフェイススキャナーでスキャンすると、コンピューター上で3Dモデルデータが生成。そのデータをもとに、約5000本のロッドがモーターにより押し出され、リアルタイムに立体的な「顔」が造り出されます。その「顔」に、「花鳥風月」をテーマにした朝顔、竹、蝶、カワセミ、トキ、夕焼け、桜、金(月)などをモチーフとしたエレクトリック・メイクアップアートがプロジェクションされます。本作は、「OMOTE」にインスピレーションを受けた花王株式会社のプロジェクトチームとWOWがコラボレーションして制作。企画から完成まで約1年を費やして完成し、本年9月に新設されたKao COCOLABミュージアムに設置されました。

Akiko Nakayama

Alive Painting
私は絵を描いている。動き続ける光景を描きたい。私は、絶えず変容する姿を描くため、流動性を用いた”Alive painting” を始めた。”Alive painting” では、様々な性質を持つ材料を用い、相互に反応させることで絵を描く。それによって、要素の流れと色彩がもたらす美的な快楽と、生々流転をその場に現すことを試みる。材料の化学的性質に加え、風、重力、振動などの外的要因によって予期せぬ反応が現れてくるので、二度と再現不能の景色がゆるやかに出現し、その経験そのものを鑑賞者と共有する

SHIRO TAKATANI

高谷史郎
史郎の高谷
La chambre claire
La Chambre Claire (or Camera Lucida) is a show built up from precise, symmetrical movements, inviting spectators to embark on a thought-provoking journey into their most intimate and personal territory. In this, his first solo work as creative artist and director, Shiro Takatani pays homage to the French writer Roland Barthes and his essay on photography, La chambre claire (1980). The result is a performance that blends theatre, the art of movement and installation to compose a great fresco full of subtle, elegant minimalist images that advance towards an aesthetic climax. Reflecting on photography and memory, the production invites us to embark upon an intimate, solitary journey to look inside ourselves and formulate a personal interpretation of what we see.
.
La Chambre Claire (oder Camera Lucida) ist eine Show, die aus präzisen, symmetrischen Bewegungen aufgebaut ist und die Zuschauer zu einer zum Nachdenken anregenden Reise in ihr intimstes und persönlichstes Gebiet einlädt. In seiner ersten Soloarbeit als kreativer Künstler und Regisseur huldigt Shiro Takatani dem französischen Schriftsteller Roland Barthes und seinem Aufsatz über Fotografie, La chambre claire (1980). Das Ergebnis ist eine Performance, die Theater, Bewegungskunst und Installation miteinander verbindet, um ein großartiges Fresko voller subtiler, eleganter minimalistischer Bilder zu komponieren, die sich einem ästhetischen Höhepunkt nähern. Die Produktion reflektiert Fotografie und Erinnerung und lädt uns ein, eine intime, einsame Reise zu unternehmen, um in uns selbst zu schauen und eine persönliche Interpretation dessen zu formulieren, was wir sehen.
.
La Chambre Claire(またはCamera Lucida)は、正確で対称的な動きから構築されたショーであり、観客を招待して、最も親密で個人的な領域への示唆に富む旅に出ます。この中で、クリエイティブアーティスト兼ディレクターとしての彼の最初のソロ作品である高谷史郎は、フランスの作家ロラン・バルトと彼の写真に関するエッセイ、ラ・シャンブル・クレア(1980)に敬意を表しています。その結果、劇場、動きの芸術、インスタレーションを融合させて、美的クライマックスに向けて前進する繊細でエレガントなミニマリストのイメージに満ちた素晴らしいフレスコ画を構成するパフォーマンスが生まれました。写真と記憶を反映して、この作品は私たちを親密で孤独な旅に乗り出し、自分自身の内部を見て、私たちが見ているものの個人的な解釈を定式化するように誘います。

 

Lars Spuybroek

Oblique WTC
.

著者によると、この建物は単一の巨大構造を形成しており、複雑なネットワークを形成しており、個別のコンポーネントに分解することはできません。 この質感は、ウールニットと比較されます。 中には公共のスペースを含むいくつかのスペースがあります。 通りは曲がった塔に合流しているように見え、その中のエレベーターは坂を上って街の地下鉄に降りる列車になります。

.

Здание, по мысли автора, образует единую мегаструктуру, сложную сеть, не раскладывающуюся на отдельные компоненты. Эта структура сравнивается с шерстяной вязкой. Внутри располагаются различные пространства, в том числе и общественные. Улицы как бы вливаются в гнущиеся башни, а лифты внутри них становятся поездами, взбирающимися по наклонным плоскостям и спускающимися в городской метрополитен

.

The building, according to the author, forms a single megastructure, a complex network that cannot be decomposed into separate components. This texture is compared to a wool knit. Inside there are various spaces, including public ones. The streets seem to merge into bending towers, and the elevators inside them become trains that climb inclined planes and descend into the city subway.

 

Cerith Wyn Evans

СЕРИС ВИН ЭВАНС
ケリス·ウィン·エヴァンス
FORM IN SPACE…BY LIGHT
アートワークは、ほぼ2 kmのネオン照明から作られ、天井から吊り下げられ、直線、曲線、らせん状に構成されています。
ウィン・エバンスは、実験的な映画やコラボレーション作品を制作する映画製作者として最初に注目を集めました。 その後、彼は、言語と知覚への関心を伝えるために、彫刻、写真、映画、テキストを組み込むように実践を拡大しました。

DAVID SPRIGGS

ストラタクローム
仮死状態のように提示される発光インスタレーションは、表現された身体と大衆、その色の共鳴が軍事、芸術、社会、技術の領域に属する現代の力の指示対象の合成された知覚を提供します。 Spriggsのアプローチの目的は、現実を固定するために現実を驚かせることであり、権力を支配する人物を特定する方がよいでしょう。この点で、彼の戦略はアナモルフィックプロセスと同じです。視聴者の目の消失点を作成するのではなく、遠近法の慣習を逆にして、視聴者が消失点になるようにします。

Soichiro Mihara

三原 聡一郎
The Blank to Overcome
file festival
Part of the ”blank” project that the artist has been creating since 2011, “The Blank to Overcome” utilizes air pumps, power supply control circuitry, water, solution, glycerin, ethanol and electricity to produce bubbles in the air. The theme of ”blanks” denotes a space for an unsolved ”inquiry” through the perspectives for thinking about the post-3.11 present: how the bubbles are always shifting as a giant cluster, almost without mass or structure, and the facing up to this; and the framework since modernity that has prescribed society, and the ”involved” or the ”other”. From this work debate will surely emerge.

.

克服するための空白

アーティストが2011年から作成している「ブランク」プロジェクトの一部である「TheBlankto Overcome」は、エアポンプ、電源制御回路、水、溶液、グリセリン、エタノール、電気を利用して空気中に気泡を生成します。 「空白」のテーマは、3.11以降の現在について考えるための視点を通して、未解決の「問い合わせ」のためのスペースを示しています。泡は、ほとんど質量や構造がなく、巨大なクラスターとして常にシフトしており、これに直面しています。 ; そして、社会を規定してきた近代以来の枠組み、そして「関与する」または「その他」。 この仕事から議論が確実に浮かび上がるでしょう。

ポンプ

ANGELIN PRELJOCAJ

フレスコ画
“アンジュランプレルジョカイのラフレスコ画のインスピレーションは、古代と現代の両方です。表面的には、修道院に到着した2人の巡礼者が、5人の女性を描いた壁画(フレスコ画)に出くわした、700年前の中国のおとぎ話に基づいています。男性の一人(チューという名前)は、絵の中の女性のイメージに夢中になり、彼女の世界に夢中になります。彼らは、男がフレスコ画の内側の聖域から嫉妬深いクランスタイルの黒人の騎士に襲われて絵から投げ出される前に結婚します。チューはその後、死すべき世界でほんの数秒しか経過していない間に、彼がこの別の人生を生きてきたことを発見します。プレルジョカイの現代的なひねりは、ポケモンゴーの流行が絶頂に達した2016年にこの作品を作成したことから生まれました(若者は携帯電話で漫画の生き物の画像を探していました)。彼は、仮想現実のこれらの遠い類似点をつかみ、古代でも現代でもなく、物語と抽象の両方であるこのフルレングスの作品を作成しました。” Graham Watts

JENNY HOLZER

珍妮•霍尔泽
ג’ני הולצר
ジェニー·ホルツァー
제니 홀저
Дженни Хольцер
all fall

Jジェニー・ホルツァーは1950年米国・オハイオ州生まれ。現在NY州在住。 70年代後半より自作のテキストを使用した、様々なメディアの作品を発表しています。その中でもLEDを使用した表現が代表的です。 使用されるテキストは、格言的で、として暴力的で過激にも感じられ、多様な現代社会の状況を反映しているといえます。本展ではホルツァーの代表的な表現方法であるLEDを使用したインスタレーションと、モノクロームの写真作品を展示します。 インスタレーションは、84個もの小型のLEDサインがミニマルに配置され、それぞれ同じ内容のテキストが反復していきます。文字が間に反響するかのように、暗闇の中を増幅していくイメージを醸しだし、言葉の表現だけでなく視覚的にも非常に迫力のあるプレゼンテーションとなります。

Sebastian Hempel

Leuchtstabbild
セバスチャンヘンペルの作品は、彼が取り組んでいるスペースと同じくらい動きに満ちています。 それらにはセンサーが取り付けられており、潜在的な観察者またはユーザーの存在に反応し、それらは次に彼らの体によって芸術的なイベントを引き起こします。 この機械的プロセスは、内容の点で影響があります。 まず、ユーザーの物理的な存在がアートワークを完成させます。 仕事は観察の瞬間にのみ真に実現することができます。 作品がこのように「操作」されるとき、それはそのような「アニメーション」または活力を通してそれ自身の魂を引き受けます–単にその動きの中に根ざした魂。
作品の前に身を置き、作品の技術的、視覚的、構造的な可能性を提示するメカニズムをトリガーすることにより、作品内で自分自身を再現し、表現します。 このように、この作品は私たちを振り返り、美術史の中で数え切れないほどの描写があります。

JKMM ARCHITECTS

アモスレックス
アモスレックスは、美術館での体験の一環として都市公園を再考しています。その構造は大きなコンクリートのドームで作られています。この原則は、美術館での使用に非常に機能的です。これにより、長い柱のないスパンと柔軟な展示スペースが可能になります。ドームには、下のギャラリーに自然光を導入する天窓と、上にある厳選された生命の景色が含まれています。通りのレベルでは、新しい都市の広場が独自のアイデンティティで作成されました。ドームは、人々、特に子供たちが楽しむための起伏のある風景を形成します。 Lasipalatsiの建物は、1930年代の機能主義時代の貴重なインテリアと細部を尊重して復元されました。

SVEN MEYER & KIM PORKSEN

ソニックウォーター
ソニックウォーターはサイマティックスのインスタレーションです。
サイマティクスは、砂や水などの物質を通してや振動を視覚化するプロセスです。最初は音がしました cymaticsがそのような強い魅力を発揮する理由は、私たちが「音を見る」ように条件付けられていないからです。 Cymaticsは、聞こえるものの本質を明らかにする魔法の道具のようなものですが、通常は見えません。それを使えば、さまざまな形の自然の原型を再現することができます。ですから、音には形があり、サイマティックスはそれが物質に影響を与えるだけでなく、形を引き起こすことを理解することを可能にします。実際、私たちは音が宇宙自体の形成に根本的な影響を及ぼしたと考えています。しかし、それは別の話です。主に、私たちはこの主題の単純さに魅了されています。必要なのは、音と、水などの非常に基本的な媒体を作成することだけです…まあ、最もクールなサウンドビジュアライザーになる可能性があります(そして私たちの見解では)。

Zackery Belanger, Guillermo Bernal, Seth Edwards, and Eric Ameres

マンタ
マンタは、音、立体視、マルチタッチ、脳波などのマルチモーダル入力に応答して、その状、つまり音響特性を変化させる表面です。適応可能な音響は一般的ですが、マンタは新しいレベルの連続性と応答性を探求し、個々の要素と修正処理を超えて音響システムを進歩させます。

SCOTT SNIBBE

深い壁
ディープウォールは、映画のような思い出の投されたキャビネットです。人がその投影ビームに入ると、インタラクティブな壁が彼の影とそれに続く人の影の記録を開始します。最後の人がフレームを離れると、影は16個の小さな長方形の戸棚の1つで再生され、無期限にループします。構造主義映画のように、反復的なビデオのコレクションは、厳密に表象的な映画ではなく、それ自体がオブジェクトになります。

ANNE NGUYEN

自給自足
Autarcie(…。)は、前向きのダンスの動きと自由な余談を交互に繰り返す戦略ゲームで、ブレイクダンスとポップの2つのヒップホップダンスの専門分野が接触します。 50分間、4人のダンサーが、非常に異なるパフォーマンススペースとテクニックを使用して、必死の儀式を行います。舞台の正面は、4人の力強い個性が集結し、観客を対象とした戦士の踊りを考案するラリーポイントです。彼らはこの共通の調和のポイントを超えて空の空間に引き寄せられ、各ダンサーは領土、同盟、階層を追求してその空間に身を投じます。

TEAMLAB

世界の均質化と変革
空中に浮かんでいる個々のボールは、ワイヤレス接続を介して相互に通信します。見る人が触れたり、物にぶつかったりすると、ボールの色が変わります。音は色に関連して生成されます。ボールはこの色情報を他のボールに送信し、他のボールはその情報を近くのボールに送信し、情報が拡散してすべてのボールの色が統一されます。インターネットは世界中に広がっています。個人はつながり、情報は自由に行き来します。人々は情報の仲介者としての役割を果たし、情報が広まるとすぐに世界は団結します。すべての個人が自由かつ簡単に情報を送信できます。個人は、情報を世界に送信する仲介者として機能し、情報を瞬時に変換します。

BART HESS & NANINE LINNING


過去数十年の間に、私たちが日常的に取り巻くテクノロジーほど根本的に変わったものはありません。現代のコミュニケーション手段は、世界をポケットサイズのグローバルビレッジに縮小させます。医療技術は、その自然の限界を超えた人生を約束します。ロボット工学、サイバネティックス、および人工知能の分野での開発により、人工生命の不穏な考えと同じくらい魅力的なものが私たちの手の届くところにあります。ナニン・リニングの新作SILVERは、人間と技術の親密な、そしてますます押し付けがましい関係に取り組み、その美学の美しさを示していますが、進歩と自己改善がますます高まるという約束にも疑問を投げかけています。

RICHARD DUPONT

デュポン氏は、コンピューターで自分の体の3Dスキャンを操作し、ラピッドプロトタイピングやコンピューター数値制御ミリングなどのデジタル製造方法と、従来の石膏鋳造やその他の面倒な手作業を組み合わせて、古風で未来的な姿を表現します。古代ギリシャのクーロス像に似た姿勢の彼の立っているヌードの1つは、1つの軸で見ると波紋に溶け込んでいるように見え、現代世界における人間の精神的な経験を示唆しています。

FUERZA BRUTA

ウェイラツアー
ブルートフォースウェイラツアー、舞台芸術が驚くべきダイナミクスとスピードを実現するショー。本質的な体力トレーニングで、ディキ・ジェームスが率いるグループは、オルフェオ・スーパードモの表面全体を占めています。 VOSとのインタビューで、監督は風が主人公であると発表しました。そのため、大衆が非常に近く、参加して、物事が起こる巨大な泡が設置された。

MAIKO TAKEDA

大気圏再突入
武田麻衣子の作品は、幻想的な夢の世界のシュールな生き物のようです。彼女の最新作「大気圏再突入」のかぶとは、刺激的に異なり、繊細で未来的です。セントラル・セント・マーチンズと王立芸術大学を卒業した東京生まれの卒業生は、「作品を着ている人とその近くの人々の周りに、シュールで繊細なドラマを作成する」ことを目指しています。彼女は、自分の作品を身に着けている人々に、「日常生活、パーティー、または自宅のプライバシーの中でシュールな瞬間を体験または共有する」機会を与えることを想像しています。 「私は自分の作品が人々にそれらの魔法の経験を与えることを望んでいます」

JEPPE HEIN

回転ミラーオブジェクトII
壁に取り付けられたミラーリングされたオブジェクトは、中心軸を中心にゆっくりと回転し、周囲の壁にさまざまな光の状態を反射します。それぞれの動きで、ミラーリングされた表面は天井、床、壁のセクションを反映します。その結果、オブジェクトは、反射された断片の絶え間なく変化する組み合わせによって部屋が永続的に再構築されたかのように、空間のばらばらな知覚を作成します。線、色、形の抽象的な構成は、万華鏡を通しての眺めを彷彿とさせます。

FUJIKO NAKAYA

霧の彫刻
1970年、中谷は、芸術技術実験グループ(E.A.T)から、大阪万国博覧会のペプシパビリオンの作品を制作するよう依頼されたときに、最初の霧の彫刻を作成しました。建物を囲む白い霧の作品を制作するにあたり、中谷は霧を彫刻媒体として使用した最初の芸術家になりました。 E.A.Tは、アーティストとエンジニアの間の協力関係を促進することに専念している組織です。中谷はアメリカ人エンジニアのトーマス・ミーと協力して、大阪委員会の霧を作成しました。この技法は、その後の霧の彫刻のために、わずかな節度を残して使用し続けています。中谷は、映画やビデオにも携わっていますが、彼女です。彼女が最もよく知られている霧の使用。ナカヤは、純水霧を使用して、インスタレーション、パフォーマンス、ステージセット、環境公園のデザインを作成し、他のアーティストやパフォーマー、振付家、作曲家と協力することがよくあります。中谷の霧への関心は、私たちの視覚との関係から発展してきました。濃い霧の中で、私たちは方向感覚を失い、見えないことに不満を感じます。このように、中谷の彫刻は私たちの他の感覚を活性化し、私たちの失明を補います。

QUAYOLA

捕虜
「キャプティブは、デジタルおよび物理的な彫刻の継続的なシリーズであり、ミケランジェロの未完成のシリーズ「プリジオーニ」(1513-1534)と彼の「非フィニト」の技法を現代的に解釈したものです。
この作品は、形と物質、完璧な人工物、複雑で混沌とした自然の形の間の緊張と平衡を探求しています。ルネサンスの彫刻を参照しながら、このシリーズの焦点は、純粋な比喩的な表現から物質自体の明瞭な表現に移ります。オリジナルの「プリジオーニ」のように、古典的な人物は未完成のままであり、彼らの創造と変容の歴史そのものを記録しています。

WOW INC

Bakeru
作品について
東北に古くから伝わる祭りや伝統行事をモチーフにした体験型の映像インスタレーション作品。この作品では、人間以外の存在に“化ける”という不思議な行為を、インタラクティブな映像表現によって体験できる。「なまはげ」「鹿踊」「加勢鳥」「早乙女」の4種類の伝統行事をモチーフにし、WOWの解釈を加えてビジュアライズした。スクリーンの前でお面を付けると、自分のシルエットがそれぞれの姿に変化して、その行事が人々にもたらす恵みがアニメーションで映し出される。自分以外の存在、人間以外の何者かへと“化ける”という不思議な力を、楽しみながら体験する試み。東北の風土が生んだ伝統文化に、まったく新しい表現を通して触れてもらうことで、その価値を次の世代へ受け継いでいきたいという願い込めた作品。

Antony Gormley

ЭНТОНИ ГОРМЛИ
أنتوني غورملي
葛姆雷
アントニー·ゴームリー
Feeling Material

Gormleyは、Allotment(1995)、Domain Field(2003)、Another Place(1997)、Inside Australia(2003)などの大規模なインスタレーションで、個人とコミュニティの関係を調査してきました。彼の最も有名な作品の1つであるエンジェルオブザノース(1998)は、現代の英国彫刻のランドマークです。フィールド(1991)は、地元の人々によって彫刻された数百または数千の小さな粘土像のインスタレーションであり、4大陸の地域コミュニティを含む世界中のさまざまな場所で制定されました。 「彫刻は、その継続性において、人生への信仰の行為です」とゴームリーはコメントします。 「私たちは皆、このようなことをします。私たちは、人生の継続性を保証する石をポケットに入れています。それは、物事がうまくいき、人生が大丈夫になることを期待することと関係があります。」最近では、Clay and the Collective Body(2009)のギャラリースペースや、ロンドンのトラファルガー広場にある高く評価されているOne&Other(2009)委員会を超えて、市民の積極的な参加への関与が続いています。

Marcel·lí Antúnez Roca

Epizoo
Epizooのパフォーマンスにより、観客はメカトロニクスシステムを使用してMarcel.líの体を制御できます。このシステムは、パフォーマーが着用する外骨格であるボディロボット、コンピューター、機械的なボディ制御デバイス、垂直投影スクリーン、2つの垂直照明装置、および音響機器で構成されています。
整形外科用ロボットのメカニズムは、空気圧メカニズムが取り付けられたベルトとヘルメットの2つの金型によって身体に固定されています。これらのメカニズムにより、アーティストがパフォーマンス中に回転する円形のプラットフォームに直立したまま、Marcel.lÌの鼻、臀部、胸筋、口、耳を動かすことができます。空気圧装置は、コンピューター制御の電気バルブとリレーのシステムに接続されています。ビデオゲームに似たインターフェースを備えた専用アプリケーションがコンピューターによって実行されます。その11のインタラクティブなシーンには、アーティストの姿を再現し、メカニズムの位置と動きを示す、コンピューターで生成されたアニメーションシーケンスがいくつか含まれています。このようにして、ユーザーはマウスを使用して、照明、画像、音声、およびアーティストの体を制御できます。
アートの世界では、Epizooはコンピューター技術を人体に応用した初期の例です。このパフォーマンスは、おそらく、観客がアーティストの体を含むステージ上の要素を制御できるようにするリモートコントロールデバイスを備えた最初のパフォーマンスです。 Epizooはオープン以来大きな関心を呼んでおり、現在までにヨーロッパ、アメリカ、アジアの50を超える都市で上演されています。

MARCELO JÁCOME

Planos-pipas n17
「マルセロ・ヤコームのプラノスピパス(アーティストの母国ポルトガル語で「凧の飛行機」)は、ダイナミックで直感的なドローイングの品質を維持しながら、紙を彫刻素材として扱います。竹のフレームに張られた鮮やかな色のティッシュペーパーのシートが綿の糸でつながれているこの作品は、さまざまなコンポーネントが半混沌とした一体感で動いていることを示唆しています。立ち直る:角が出会って建築の形を模倣するか、半屋根のほぼ避難所になります。立体的な形とのそのちらりと見える関係は、三次元性へのヤコムの遊び心のあるアプローチの一部です。この作品は、凧自体と同じように、文字通り説明を回避しているように見えます。凧の本質は広告でのみ明らかにされます。 istance、スレッドの終わりに。ヤコムの作品は物事の端で踊り、まばゆいばかりの色と線の閃光で私たちの手から滑り落ちます。」Ben Street

teamlab

チムラボ
soft black hole

人が触れることができるところのすべてが、沈み込むほど、やわらかい空間。空間は真暗で、床と壁の境目はない。人々が作品空間に入ると、空間自体が、人々の身体の重さに影響を受け変化する。そして、人々の身体は、変化する空間に影響を受ける。人々は、互いに作品空間を通して、それぞれの影響を受け合う。
あなたの身体は空間を変化させ、そして、その空間は他者の身体を変化させる。

Nobuyoshi Araki

荒木 経惟
НОБУЁСИ АРАКИ
Cosmosco
冒頭に荒木は “札幌でのトークショウの最前列に、「センチメンタルな旅、冬の旅」をもった少女がいた。その少女に一目惚れしてしまった。” とある。あるひと時の、随分年の離れた写真家とその少女コスモスコの恋は、この写真集の最後には見事に終焉を迎える。more

NOBUYOSHI ARAKI

荒木 経惟
НОБУЁСИ АРАКИ
冒頭に荒木は “札幌でのトークショウの最前列に、「センチメンタルな旅、冬の旅」をもった少女がいた。その少女に一目惚れしてしまった。” とある。あるひと時の、随分年の離れた写真家とその少女コスモスコの恋は、この写真集の最後には見事に終焉を迎える。more

DI MAINSTONE

skorpions
概念
さそり座は、ゆっくりとした有機的な動きで体を動かしたり変化したりする一連の動的電子衣服です。彼らは呼吸し、脈動し、独自の内部プログラミングによって制御されます。それらのプログラミングが単純なセンサーデータに応答しない限り、それらは「インタラクティブな」アーティファクトではありません。彼らには志向性があります。彼らは生きるために、存在し、生きるためにプログラムされています。それらは、制御、予測、予測不可能性などの特性を利用する生きた行動の動的彫刻です。彼らは彼ら自身の個性、彼ら自身の恐れと欲望を持っています。

処理する
Skoprionsは、カナダのモントリオールにあるXSLabsのDiMainstoneとJoannaBerzowskaのコラボレーションの結果です。 DiはXSLabsチームと緊密に協力して、アート、ファッション、テクノロジー、パフォーマンスを組み合わせたこれらのキネティックコスチュームを作成しました。 Skorpionsは、電子ファブリック、形状記憶合金Nitinol、磁石などの機械式アクチュエータ、ソフト電子回路、および従来の繊維構造技術を統合しています。パターンのカット、縫い目、およびその他の構造の詳細は、エンジニアリング設計の重要な要素になりました。

TAIYO KIMURA

Sleep Walkers
木村太陽の作品世界は「批判」という言葉に端的に象徴されるのではないでしょうか。誤解されがちですが「批判」とは決して何かを悪く言うとか、否定的であることを前提としてはいません。むしろ、省察や精査を重ねることでより良い可能性を模索しようとする、極めてポジティブな態度です。
その意味で木村太陽の批判の対象となるのは、因習やシステム、自然や人間の生理と政治性の関わりなど、我々自身を取り囲む日常の些細な事象で、愚直なまでに根気の要る作業を積み重ねる制作プロセスは、大いなる回り道を辿るかのようです。そして個々の作品の仕掛けやギミックは、真摯でありながら、とてもユーモラスでシャイにすら感じられます。
それは、木村が威圧的で教条的な視点に立つことや、意味ありげな態度をとることを忌避しているからに他なりません。このことは、コンセプチュアルアートやミニマリズムそのものへの批判でもあり、こうした「批判の入れ子状態」こそが、木村太陽のアーティストとしての在り方を、独自のものにしています。

REIN VOLLENGA

儚く、空気のような、アーティストRein Vollengaの作品は、彼の「ウェアラブル彫刻」で特に注目に値します。 Vollengaのユニークで内臓的な作品は暗く魅惑的であり、彼の作品は、より深く動物的なセクシュアリティを祝い、個性と断片化されたアイデンティティを崇拝する、より暗く、よりフェティッシュな領域に挑戦し続けるファッションの先見者の多くに受け入れられてきました。 Vollengaはベルリン出身で、彼の作品に浸透しているチュートンの前衛的な性質に反映されています。また、戦前のベルリンの退廃と「官能的なパニック」の時代を思い起こさせる、危険で少し不吉で快楽主義的な感覚もあります。彼の作品は、未来的なボール仮面舞踏会の退廃の魅力をすべて思い起こさせます。彫刻の帽子やアクセサリーで形作られるウェアラブルアートで有名なこのアーティストは、今やファッション業界のエリートたちの注目と後援を得ています。あなたがそうするならば、より厳しくてゴシックな、21世紀のダリ。 ChasseurはRein自身と座り、彼の仕事について話し合った。その起源と性質、そして何が男をマスクの後ろに追いやるのか。

YOHJI YAMAMOTO

山本耀司
יוז’י ימאמוטו
ヨウジヤマモト

彼は自分の哲学と前衛的な精神を服で表現し、現在のトレンドからかけ離れたデザインを頻繁に作成しています。基本的に、彼は特大のシルエットが特徴のラインを作ります。通常、光沢のあるテクスチャのドレープ(ゆるいギャザーとボロボロ)が特徴で、フィギュアの輪郭や動きに応じて自然に変化します。多くの場合、単一の色(特に黒)と単一の色合いが使用されます。山本洋二は服を通して自分を表現しようとしていると言えます。その想いや精神に共感するお客さまを魅了し、熱烈なファンに。川久保玲のコムデギャロンや三宅一生の三宅一生などと並んで、1980年代に国内外で高い評価を得たカリスマ的なデザイナーブランドが「DCブランドブーム」を形成した。 (DCはDesigners&Charactersの略です。現在はDesigners’Brandsと呼ばれています。)彼は現在、Brother、Dolls、Zatoichiなどの北野武の衣装デザイナーを務めています。彼はまた、Soulmates Never Die(Live in Paris 2003)ツアーショーの最中に、アディダスラインでプラセボのプロバイダーとして認められています。

CHRISTOPHER DANIEL

كريستوفر دانيال
克里斯托弗·丹尼尔
כריסטופר דניאל
Кристофер Дэниел
California Roll House
その極端な環境に自己適応する構造、韓国の練習暴力的なボリュームによってプレハブの「カリフォルニアロールハウス」は最新のものを使用します
周囲の砂漠で快適な雰囲気を維持するための持続可能な技術と機械化されたシステムで。 カーボンファイバートラスフレーム
システムは不規則なラッピングフォームをサポートし、軽量で強力なスケルトンを提供し、その上に頑丈な外部シェルが取り付けられて、
強烈な太陽。 透明なガラスパネルは、太陽の角度に応じて不透明度を自動的に変更し、夜間の涼しさを吸収し、日中を拒否します
ソーラーゲイン。 次に、屋根要素が中庭に変わり、水圧で入ることができる平らな人工地表面を提供します。
家の内外で唯一のドアであり、すべてのスペースにサービスを提供する電動ドア。 インテリアカーテンは、天窓でプライバシーのために部屋を細分化します
余分な光のために。

DANIEL FIRMAN

ДЭНИЕЛ ФИРМАН
丹尼尔·菲尔曼

ダニエル・ファーマンの身体の物理学とエネルギー、動きとその空間との関係への関心は、その中心にある彫刻作品に反映されています。
毎回「キャラクター」と見なされ、振り付けと物語の推進力で捉えられた人物は、観客が距離を保つのと同じくらい自分自身を作品に投影するように促す現実的なモードで扱われますが、顔はまだ隠されています時間内に中断されたこれらのキャラクターに追加の謎をもたらします。
これらの等身大のキャラクターは、日常の物を積み込み、衣服に邪魔され、単に空間で停止またはバランスを取り、場所の認識を変えることができる、時には混乱し、過度の身体的および道徳的状況を翻訳します。
チャンスとデザイン、身体と精神、時間と動きのサスペンドを組み合わせた彼の作品は、パフォーマンス、成形、写真、電子画像、建設、さらにはリサイクルなど、さまざまな技術とプロセスを使用して設計されています…دانيال فيرمان

Shirana Shahbazi

抽象化と表現を交互に繰り返すShahbaziの鮮やかな色の写真は、デジタルツールを使用せずに、鮮明なスタイルの商業スタジオ写真で作成されます。彼女の抽象的な構図を作るために、彼女は塗装された台座やその他の幾何学的なボリュームを写真に撮ります。時々彼女は同じオブジェクトの複数の画像を作成し、露出の間にボリュームを回して、表面と深さの間に動的な相互作用を作成し、幾何学的な色とパターンの豪華なフィールドを作成します。 Shahbaziは彼女の写真を驚くべき組み合わせで配置します。ここで彼女は、ギザギザの山々の硬いエッジと飛行中のダイバーの正確な形と抽象的な幾何学を並置します。 Shahbaziのアレンジメントは、さまざまなジャンルの写真の類似点を強調し、外側と内側、有機的なものと製造されたもの、自然と構築された風景の間の構造的な類似点を示しています。彼女の写真は、さまざまな媒体に翻訳され、表示されるたびにさまざまなグループに配置され、新しい反復ごとに視聴者の認識とは異なって再生されます。 Sharina Shahbaziは、1974年にテヘランで生まれました。彼女はドイツのFachhochschuleドルトムントとチューリッヒのHochschulefürGestaltungundKunstで写真を学びました。 Shahbaziはチューリッヒに住み、働いています。

Panamarenko

帕纳马伦科
Панамаренко
Car

パナマレンコの作品には動物が遍在しています。 アーティストは、要素から解放され、新しい想像上の空間、出来事、詩的なオブジェクトを探索するために、その形と動きに触発されています

Adam Putnam

Stilts
その感覚の多くは不明瞭ですが、パトナムの作品が生み出すより衝撃的な感覚と並んで、そしておそらくそれを超えて残っています。 この意味で、衝撃は劇場のセットやイメージに直接具体化されますが、より静かに不安定化することは述べられておらず、場所を特定することもできません。 彼の作品のこれら2つの一見相反する側面の関係は、おそらくここで最も強力なものです。 パトナムが言う不安なことの中には、郷愁と子供時代の世界はセクシュアリティと欲望の世界から切り離せないというものがあります。 地下室の内外を問わず、2つの世界は、時には美しいが、しばしば厄介な方法で衝突し続けます。

 

JOHANNES VOGL

ЙОХАННЕС ФОГЛ
Column of steam
「ヨハネス・ヴォーグルにとって、芸術は、感覚が研ぎ澄まされ、知覚が活性化される、高められた強度の絶え間ない例外的な状態で周囲の現実に対処するための奇跡的な手段であるようです。日常の注意深い観察者として、Voglは、火山の(創造的な)エネルギーと警戒を伴う永続的な警戒状態にあり、各ステップと反応で爆発します。ここで、芸術分野は、無限の解決策が適用され、新しい予期しない構造が刺激的な現実と魅惑的なフィクションの交差点で上演されている、真の可能性と可能性のオープンで無制限の領域です。 Voglは、そのようなコンストラクターであり、全能の想像力の領域内で、理由を超えて、機能性と超現実的なアプリケーションのようなおとぎ話の端にあるオブジェクトの情熱的な発明者です。 「波を見る」、2005年は、特定の自然現象を体験するために必要なすべての条件を備えた、すべて満足のいく快適な微小環境を作成しようとするVoglの試みの典型です。アーティストは自給自足の構造の作者であり、物事の通常の目的と機能を混乱させるほとんど寄生的なメカニズムとして現れ、»Kleiner Mond«、2006年の場合のように、特定の競争力ももたらします。模倣と模倣のほとんど叙情的な例。 Vogl’sは、日常のジェスチャーの非常に敏感な詩学であり、気取らない、本物の現実の補足であり、適度な量の皮肉とユーモアのセンスが今日の(不完全な)世界の不安定さと不十分さのバランスをとる遊び場に一瞬変わりました。」
アダムブダク

JAMES HOPKINS

جيمس هوبكنز
詹姆斯·霍普金斯
ジェームズ·ホプキンス
제임스 홉킨스
Джеймс Хопкинс

私の彫刻はしばしば遠近法の錯覚を体現しています。これは、芸術を見るときに最も信頼できる感覚である視覚が信頼できない可能性があるという発見に続く認識論的根絶を示唆しています。 私の実践は、オブジェクトと言葉の本質的な特徴の調査と、時にはこれと他の根本的な不安定性のフォールアウトについての瞑想にリンクしています。 私は、芸術における遠近法と空間の表現を芸術技法の核心であると考えており、イリュージョニスティック芸術の武器庫で最も重要なリンクは遠近法のトリックであると考えています。 私の作品は、遠近法アートにおける空間のレンダリングを評価するために、固定された視点に依存するかどうかに関係することがよくあります。 そして、固定された視点以外の領域から行われた観察が不完全であると見なされる可能性があるかどうかについて、その後の質問を提起します。

nicole andrijevic and tanya schultz

Sweet sweet galaxy

オーストラリアのアーティストデュオ、ニコール・アンドリエビッチとターニャ・シュルツは、キャンディランドと呼ばれる野心的なプロジェクトを型破りなレイアウトで実施しました。これは、おとぎ話の世界やウィリー・ウォンカを彷彿とさせる一種の巨大なボードゲームのように、ギャラリーの床に設置されました。 砂糖、顔料、ワイヤー、粘土、ビーズ、ビーズ、キラキラ、発泡スチロール、その他のさまざまな素材などの日常のオブジェクトを使用して、このデュオはファンタジーと想像力が支配する遊び心のある宇宙であるキャンディランドに命を吹き込みました。

REYNOLD REYNOLDS

레이 놀드 레이놀즈
Рейнольд Рейнольдс
secret life

シークレットライフはシークレットトリロジーの最初のものです。人生を構成する知覚できない状態を探求し、その後にシークレットマシン(2009)とシックスイージーピース(2010)が続くサイクル シークレットライフは、アパートに閉じ込められた女性が自分の人生を送っている様子を描いています。人間の欲望の物語の地平を超えて、映画は私たちに共有された神聖な現実を垣間見ることができます。新しい技術と勇敢な哲学的ビジョンを組み合わせることにより、一時性の究極の形而上学的タブーに逆らう作品。そして、芸術的な媒体で描かれることはめったにないものをあえて提示します。 ありえないことは、レイノルズの特徴的な美学、ありふれたものへの畏敬の念で満たすことができるレンズによって可能になります。 あなたは今までに何時を見、経験するのか疑問に思いましたか?時間についての致命的な仮定がなければ、アパートの居住者はもはやユニークな場所に限定されませんが、ここでは、時間の目を通して見ると、空間自体が生き生きとしています。空間と時間の文脈がなければ、女性の心は崩壊し、彼女の経験の組織化を無視し、感覚だけを残します。視聴者は尋ねるかもしれません:それは彼女の心ですか、それとも制御不能で制御不可能な環境を作り出すのは時間そのものですか?この作品は、すべての生物が意識を持っていることを示唆しています。つまり、すべての生物が意識を持っているということです。空間がその活動で増加する間、女性は彼女の世界でこれまで以上に受動的な要素になります。彼女は機械的な速度で動き、彼女の心は時計のようであり、その手は彼女の人生の出来事を時間のタペストリーに固定します。その間、真実はカメラの機械的な目に超越的に反映されます。彼女の考えは彼女を逃れ、生き返り、彼女の周りの空間に生息する植物のように成長します:生きる、探す、感じる、呼吸する、そして死ぬ。

Sal Vanilla

Light Painting Experiment
パトリック・ロションによるライトペインティング
舞踏ダンスグループのサルバニラのメンバーとつながりました。舞踏は60年代に生まれたコンテンポラリーダンスです。最初はライトペインティング、次にビデオ、そしてライブパフォーマンスという一連のコラボレーションを開始しました。サルバニラと私のコラボレーションは、純粋な共生でした。私たちは一つの創造的な生物のようでした。撮影ではほとんど言葉を使わず、ほとんど話さなかったので、これまでに見たことのない一連の画像を作成しました。これは新しいことです。彼らはそのような独特の方法で動き、1つの集合的な脳を持っているかのように彼らの体で形を成しました。それはまるで異なる体でできた一つの生き物のようでした。そのようなテーマで、私から出てきた光は、これまで私がしたことを超えていました。ちょうどいいタッチ、ちょうどいい色、ちょうどいいタイミング、ちょうどいい露出。いつもそうとは限りません。いくつかの写真撮影は奇妙で時々期待外れの結果を生み出しましたが、サルバニラでは非常に多くの画像がうまくいきました。 36のロールで、私は少なくとも12の強力でユニークな画像を手に入れました…

Matthias Lohscheidt

Evolution Of Silence

作品「EvolutionOfSilence」は、人工生物が住む仮想世界を描いています。各クリーチャーは、そのDNAによって定義されたトーンを作成し、ホログラフィック投影内の光線によって視覚的に表されます。これらの生き物の個体数は、進化的アルゴリズムで着実に進化しています。
仮想世界は、環境条件として聞こえないキーを提供します。クリーチャーのトーンがキーにフィットするほど、トーンの音が大きくなり、光線が強く広くなり、他のクリーチャーにとって魅力的で長生きします。したがって、他の生き物と交配することで多くの子孫を生み出すことができます。ただし、逸脱したトーンは静かで、光線が非常に薄く、比較的早く消滅します。
このようにして、世界の人口は、不調和で混沌としたサウンドスケープから調和のとれた構造へと進化し、環境によって提供される鍵にますます適合します。
2〜3分後、環境キーがランダムに変化し、サウンドスケープはすぐに再び混沌とします。人口は数世代にわたってこの新しい環境に適応します。

Jonathan Latiano

Colony III

ジョナサン・ラティアーノ自身が説明しているように、彼の足跡を残した最初の芸術体験の1つは、素晴らしい美術館の廊下ではありませんでした。「フィラデルフィア自然科学アカデミーの陳列棚とジオラマの前でした。私の周りの物理的な世界についての私の理解を形作り、文脈化するようになったのは、まさにこれらの物語と科学的探求です。私がすべての作品のインスピレーションを見つけるための出発点として使用するのは、生物学、天文学、物理学、地質学の研究を通してです。」日常のあらゆる素材を使ったインスタレーションを通じて、自然現象を静的に再現する作品。したがって、自然と人工の間に詩的なコントラストを作成します。 しかし、ラティアーノの彫刻作品が力を発揮するのは、彼が特定の空間、いわゆるサイトスペシフィックアートのインスタレーションを行う機会があるときです。場所自体が作品を形作るアイデアの引き金となることを可能にします。したがって、空間自体とその視聴者との関係についての考察を促進します。 「私は、定義された領域の境界内に存在するゾーンを強調するよう努めています」と、この物理的な宇宙における彼の位置を理解するための個人的な試みとして、ジョナサンは言います。

Phillip King

Tra-La-La

もちろん、これらの彫刻はどこかにいくつかの前例があったに違いありません。 Tra-La-Laに祖先がある場合、それはブランクーシ鳥でなければなりません。 しかし、フィリップのこの作品の起源は、粘土の塊を両手で円錐形に絞り、その点から膨らんだビーズを引き出し、それが柱になり、右のハンドルで回転し、 下降する柱とその周りをねじります。 あるいは、粘土が空中で始まり、これらの変化を経て地面に到達し、そこで円錐に広がったのかもしれません。 しかし、彫刻自体には一連の出来事はありません。 すべてが同時に提示され、あなたの反対側の空間に浮かんでいます。存在であり、人物でも物体でもなく、夢のようです。 ウィリアム・タッカーはアメリカに住み、働いているアーティストです。

Gerrit van Bakel

異世界への憧れと、クリエイティブな個性そのものを指針とすることがロマンティックアートの特徴です。 ロマン派の芸術家は、彼の合理主義と達成への焦点でブルジョア社会から離れます。 対照的に、彼は彼自身のインスピレーションだけに従う創造的な個人の自由を提案します。 この個人主義が伴う社会的孤独の中で、ロマン派は連帯と調和を切望しています。 彼は自然に夢中になりたいと思っており、宗教的な安全を求め、伝統的な伝統と結びついています。
彼の時代の唯物論に反して、Gerrit vanBakelは理想主義者として自分自身を提示しました。 強力で効率的な技術とは対照的に、彼だけが無駄なマシンを思いついた。そのパフォーマンスは賞賛に加えて、笑顔を生み出した。 ロマンチックなユートピアのように、彼は世界に直面しました。

Los Carpinteros

ロス·テロス
ЛОС-КАРПИНТЕРОС
Kosmaj Toy
ロスカルピンテロスはハバナを拠点とするアーティスト集団で、現在はマルコカスティージョとダゴベルトロドリゲス(2003年に去った3人目のメンバー、アレクサンドルアレチア)で構成され、彫刻、インスタレーション、映画などの幅広い作品を制作しています。彼らの作品の私のお気に入りは、レゴやその他の構造的または建築的作品のこれらの素敵な抽象絵画です。ショーンケリーギャラリー経由:
アートと社会の交差点に興味を持っているこのグループは、建築、デザイン、彫刻を思いがけない、そしてしばしばユーモラスな方法で融合させています。彼らは、機能的なものと機能しないものの間のスペースを交渉するインスタレーションとドローイングを作成します。グループのエレガントでユーモラスな彫刻、ドローイング、インスタレーションは、物理的な世界、特に家具の世界からインスピレーションを得ています。彼らの注意深く作られた作品は、ユーモアを使って、オブジェクトと機能の間の矛盾、そして実用性と無用さを設定する視覚的な構文を利用しています。 Los Carpinterosにとって、ドローイングは、芸術的な精緻化のプロセスだけでなく、建築や大工の計画の形式も示唆する、模擬の技術草案または青写真の形式として不可欠な役割を果たしてきました。

Verena Friedrich

VANITAS MACHINEの設置は、永遠の命への欲求と延命措置の可能性に対応しています。技術的介入によって非常にゆっくりと燃え尽きるろうそくに基づいて、VANITAS MACHINEは、科学技術の助けを借りて人間の寿命を延ばす努力に現代的なアナロジーを作成します。 古典的なヴァニタスのシンボルの1つである燃えるろうそくは、瞬間の無益さ、人間の生活の一時性、そしてすべての存在の終わりの確実性を思い起こさせます。しかし、この目的は本当にまだ避けられないのでしょうか? 過去2世紀の間に、工業国では平均余命が大幅に伸びました。さらに、科学的研究の文脈では、老化の生物学的原因が調査されています。老化の多くの理論は、生理学的要因と環境要因の両方に向けてすでに開発されています。 老化の最初の理論の1つは、いわゆる「生存率理論」でした。これは、生物の寿命がエネルギー代謝回転に相互に関連しているため、カロリー摂取量、酸素消費量、心拍数に関連していると主張しています。代謝率、生物の寿命が短くなります。 VANITAS MACHINEでは、実験装置の中央にキャンドルが置かれています。人間の呼吸プロセスと同様に、燃えているろうそくは酸素を消費し、二酸化炭素と水を生成します。酸素とエネルギーの代謝回転が高いほど、キャンドルの燃焼時間は短くなります。 VANITAS MACHINEは、制御された条件下でキャンドルを「生きた」状態に保つために特別に開発されました。環境要因からそれを保護し、酸素供給を正確に調整することによって、キャンドルの「代謝」、したがってその「寿命」に影響を与えることができます。

PRAVDOLIUB IVANOV

Pravdoliub Ivanovは、1964年にブルガリアのプロブディフで生まれたビジュアルアーティストです。彼は現在ソフィアに住み、働いています。彼は1993年にソフィアの美術アカデミーを卒業し、最近では特に2006年のヴェネツィアビエンナーレへの目覚ましい参加のおかげである程度の成功を収めています。彼の作品は芸術の主題に強い影響を与えています。西向きの東のブロック。数年前から、彼は皮肉とユーモアを帯びた作品を始めており、マウリツィオ・カテランを紛らわしく挑発的な精神で思い起こさせます。 Pravdoliubは私たちの西洋の習慣を乗っ取って、状況をより良く逆転させ、正常性を不条理に変えます。この不条理は、単なるユーモアではなく、冷戦の終結とベルリンの壁崩壊以来の東の国々とその状況をテーマに展開しています。 Pravdoliubの手にある日常の物の変容は、変わった、風変わりで想像を絶する作品を生み出します。
習慣

FÉLIX LUQUE SÁNCHEZ

The Discovery
第1章–発見では、フェリックスルケは、視聴覚、彫刻、情報から物語のモードまで、さまざまな形式的な表現モードで遊んでいます。 技術の進歩をどのように制御できるかなど、本質的な哲学的質問に答えるのではなく、 その目的はどのような倫理的根拠に基づいて選択できますか? 機械の究極の使命を決定する資格があるのは誰ですか? 機械は私たちを破壊することができますか? –それどころか、インスタレーションは、SFの大衆文化や、人工知能に関するテクノユートピアや神話に関連する画像を使用して、これらの現代の哲学的問題を再構築することを目的としています

ANDRÉ BROESSEL AND RAWLEMON

spherical glass solar energy generator concept
Rawlemonの太陽エネルギー設計者は、太陽光(および月光)を最大10,000回集中させることができる球形の太陽追跡ガラスグローブを作成しました。同社は、そのß.toricsシステムは従来の2軸太陽光発電設計よりも35%効率的であり、完全に回転する耐候性の球体は月明かりから電気を集めることさえできると主張しています。
ß.toricsシステムは、バルセロナを拠点とするドイツの建築家AndréBroesselによって発明されました。彼は、建物の壁に埋め込んで、窓とエネルギー発生器の両方として機能できるソーラーシステムを作成しようとしました。しかし、このプロジェクトは、太陽光効率の機能だけでなく、月のエネルギーを生成するように設計されています。
球体は、拡散した月光を安定したエネルギー源に集中させることができます。未来的なß.toricsシステムは、そのすっきりとした美しいデザインで大きな注目を集めています。 (太陽光発電の大きな可能性にもかかわらず、私たちはあまり多くの美しい太陽光発電技術を見たことがありません)。建築家がこれらのエネルギー生成オーブを代替エネルギーアジェンダや将来の建物の設計にどのように組み込むかを楽しみにしています。

ARNO FABRE

Арно Фабр
Les Souliers
Les Souliersは、踏みつけとコンピューター制御によって機械的にキューに入れられた30足の靴のアンサンブルです。これらの靴は床にぶつかってこすり、数値のMIDIスコア(max / mspソフトウェアで実行)によって開発されたオリジナルの構成に従ってアコースティック音楽を作成します。靴の選択、彼らが演じる作曲、そして舞台美術は、エレクトロニック・アーツや人形劇のフェスティバルでよりユニークなプレゼンテーションとともに、国際的な現代アートや音楽祭で展示されている特異な作品を作ります。
歩く人を見ることは、ひどく刺激的で有益な活動です。
ウォーキングは、その生理学的な複雑さに魅了されています。筋肉、骨、関節、感覚器官、および神経系は、動的平衡を維持しながら体の変位を引き起こすことができる構造を形成します。この「機械的」システムが実際に動作しているのを見るのはエキサイティングです。
多くの点で、この注意深い観察は、歩行者を理解することの豊かさを引き出すのに役立ちます。意識的なコミュニケーションまたは無意識の表現として、歩くことは、脅迫、服従、挑発、さらには誘惑を言う別の言い方です。それはまた、社会的所属、非対称性、障害、怪我、および倒錯のスピーチを明らかにします。歩くことは、存在の物語によって特徴づけられる古風な言語です。それらのメッセージを無視するのは恥ずべきことです。

MAX STREICHER

インフレータブルは、1989年以来、マックスストライヒャーの作品において重要な位置を占めています。彼の彫刻やインスタレーションのほとんどで、彼は工業用ファンとシンプルなバルブメカニズムを使用して、リアルなジェスチャーで縫製されたフォームをアニメーション化しています。 タイベック(そして最近ではナイロンスピンネーカー)のような軽くて紙のような素材の彼の使用は、彼らの発展の特徴、特に彼の動きへの焦点にとって重要でした。 この材料の無重力は、それがその中の空気の作用に驚くほど微妙に反応することを可能にします。 Streicherは、楽な自然主義を提供するため、空気を使用して作品をアニメーション化します。 見た目だけでなく、気持ちも良く、呼吸の感覚を思い出します。

MIKA TAJIMA

米卡·塔吉玛
ميكا تاجيما
here or there
ミカ・タジマ(ロサンゼルス、カリフォルニア1975)Here or There、2007は、さまざまな素材で構成された建築インスタレーションであり、観客に作品とその周辺の空間との交流の機会を提供します。 2番目のインスタレーションであるseriesFurnitureArtは、ニスを塗ったプレキシグラスパネルで構成され、グリッドのような順序で壁に配置されています。 アーティストは、抽象的なイメージを地理的な場所に関連付けるのが理想的です。 但馬美香の作品は、2011年にオースティンのビジュアルアートセンターやフィラデルフィアの芸術大学などの重要な会場で展示されました。

FABIAN BÜRGY

Фабиан Бюрги
Smoke

この作品は、バージーが視聴者とのランダムな出会いを通して素材の美学を探求しているところを示しています。 彼が使いがちな素材は、通常の環境から取り出されて他の場所に置かれ、それによってそれらはミニマリストの彫刻になります。 その場合、彼らは外見が暴力的であると認識される可能性があり、部屋を満たす黒い煙は明らかに信じられないほど速く不快になる可能性があります。 しかし、彼の作品は、現実のものとそうでないものの境界に挑戦しています。 美学と象徴性の間。 視聴者とインスタレーションが同じものを共有するようになり、視聴者は空間について考えるようになります。 それはまた、その持続時間としての作品の重要性のエーテル的な性質に疑問を投げかけます